【アメリカ】砂漠に煌めくラスベガス!絢爛なカジノ&ホテル観光【海外旅行記1日目】

【アメリカ】砂漠に煌めくラスベガス!絢爛なカジノ&ホテル観光【海外旅行記1日目】

2016年2月アメリカ旅行1日目。アメリカのラスベガスへ!グランドサークルを見るため僕らは旅立った。砂漠の真ん中に現れたのは煌めきのラスベガス!世界が密集した絶景都市に心奪われる!昼夜で表情を変える街は、娯楽の宝石箱だった!

アメリカ【ラスベガス】海外旅行記

1日目:砂漠に煌めくラスベガス!絢爛なカジノ&ホテル観光
2日目:旧国道ルート66!壮大な世界遺産グランドキャニオン
3日目:ナバホ族の聖地!奇跡の絶景モニュメントバレー
4日目:秘境の迷宮アンテロープキャニオン!癒しの地セドナ
5日目:アメリカ文化のルーツ紀行!西部劇にタイムスリップ
6日目:ロサンゼルス経由で帰国!日付変更線の謎
7日目:ベーグルで飛行機酔い!バイバイみんな

エピソード

どうも!ラスベガスの夜が忘れられないチキンジャーニーのハルです!

2016年2月、4か国目のアメリカ1日目は移動とラスベガス観光!旅仲間のマサさん、アッケ、タクミと街を練り歩く。ド派手で厚化粧な街並みに正気を失いそう!クレイジー過ぎて血液が沸騰する!

1.成田空港のデルタスカイクラブ!優雅なラウンジ

アメリカ、それは僕が一番行きたかった国の1つ。グランドキャニオンモニュメントバレーホースシューベンドアンテロープキャニオンセドナなど死ぬまでに見たい絶景の宝庫!

それらを総じて人々はこう呼ぶ。グランドサークルと……。次の冒険はここしかない!考えるだけで心臓がバチバチと火花を散らしそう

待ってろぃアメリカ!さっそく僕は旅仲間を集め、出発!アメリカ好きのマサさんと道産子のアッケ、そして新潟の大学生タクミが今回の旅仲間。

新千歳空港から成田空港に向かい、目指すはラスベガス。フライトまでデルタスカイクラブのラウンジで優雅なひと時……ん~、マンダム!

2.シアトル経由でラスベガス!夢の旅の始まり

さぁさ!アメリカに行きますよぉ!あのアメリカですよ!アメリカンドリームですよこれぇ!

花火みたいに心臓が「ドン!ドドン!」と脈打っている。もうポーカーフェイスじゃいられない。成田空港からまずはシアトル・タコマ国際空港へ!所要時間は10時間ほど。

ゴオォォオォ!旅の始まりはいつも唐突。アドレナリンで昏倒しそうになるほどの旅が待ってる!

シアトル・タコマ国際空港に到着!ここからラスベガスに飛びますよぉ!

シアトルにはスターバックスコーヒーの本社があるからちょっとコーヒーでも……と言いたいところですが、乗り継ぎだけなので今回は我慢。キャラメルマキアート飲みたい。

ラスベガスのマッカラン国際空港へ。10時間のフライト後に、さらに2時間30分ほど。もう頭がフワッフワだよ!とろけたバターのようだよ!笑

機窓から見えるのは、標高4,392mのマウントレーニア。登山家の間でも美しい山として有名ですが、標高1,800m以上からは氷河に覆われている極寒の地。イエティいそう。

日本を出発してから約13時間、ようやくネバダ州ラスベガスに到着。あれ?でも日付は出発日と同じ。人生初の日付変更線越え……こんがらがっちゅれーしょん。

出やがったなぁ!さっそくカジノが出てきた!こんにゃろめ!カジノを全面に押し出しやがってからにぃ。……やりたい。でもダメだ、ここは抑えるんだ!

3.ラスベガス市街へ!誘惑の坩堝だ!

空港からレンタカーでラスベガス市街へ向かいますよ。しばらく洋楽に耳を傾けながらドライブと洒落込むぜぇ!心も身体もラスベガス一色に染まってやるぅ!

あ、あれが!見えてきたのは、あの有名な「WELCOME TO LAS VEGAS」の看板。人気スポットの1つで、記念撮影には最適!でも僕らは興奮のあまり、スルーしてた!笑

ストリップ通りを車で散策。見えてきたのはMGMグランド(MGM Grand)です。見た瞬間に瞬間に絶叫しちゃいそう。ここは富豪カーク・カーコリアンが建てたホテル。

このホテルを象徴するのが、全米最大の金色のライオン像。さすが欲望に塗れた街だ。百獣の王でさえ、ここでは黄金に塗り固められてしまうんだ!

ここにいたら身体が金色に染められちゃう!

うぉー!自由の女神もいるぞ!このニューヨークニューヨーク(New York New York)でも歓喜のあまり絶叫。

あぁ、ここはニューヨークだったか……いやいや、ここはラスベガス。騙されちゃいけねぇ!世界が密集した街、それがラスベガスなんですよね!さすが自由の国。

マンハッタンのエンパイアーステートビルクライスラービルまであるぅう!

巨大なコーラ&ギター!ここじゃ派手なもん勝ち!街全体がキラキラしていて、目がバタフライで遠泳中!

……あれ?目ん玉どっか行っちゃったわ!

カラフルでオシャレで派手な街並み。こんな刺激に満ちた場所、初めて。まさに未知の世界。

ラスベガスには何でもあるなぁ。ここはパリス(Paris)……誰もが憧れる花の都パリ。エッフェル塔凱旋門もあるし、気分はシャンゼリゼェ!

建設当初、このエッフェル塔はフランスのものと同サイズで建築予定だったのですが、空港が近いってことで縮小させたんだとか!遊び心が浮足立ち過ぎだろぃ!笑

4.レトロなカジノ街!ダウンタウンに潜入

ストリップを楽しんだ後は……ってそっちの店じゃないからね!ストリップ通りってことだからね!ブロンドの巨乳美人を見たい人は、夜の店へ行きなはれ!笑

さて、古き良きラスベガスを支えたダウンタウンに潜入しますか。……ってここにニップレスのナイスバディ美女がいる!天国かここは!笑

溢れ出る鼻血を抑えて観光続行します。

頭上を飛ぶヒーロー現る!アイアンマン?スパイダーマン?それともスーパーマン?誰だ!アベンジャーズか?!

あぁ……普通の人でした!こういうアトラクションもダウンタウンでは楽しめるみたい。

「ヘイ!そこのナイスガイ!カジノで遊んでいけよ」

「いやん、こっちで遊んでいってぇ~♡」

ネオン色の誘惑がフワフワと宙を舞う。財布の紐が緩むどころか吹っ飛んでしまいそう。理性も吹っ飛ぶくらいの刺激に満ちた街。これがダウンタウンか!

5.ヴォンズで買い出し!

海外旅行の楽しみと言えば、買い出しですよね!色々な店があるけれど、僕らがやってきたのは地元で人気のスーパー、ヴォンズです。

食べ物や飲み物、日用品から薬まで揃うから、ラスベガスに行くならぜひ立ち寄りたい店ですよね!アッケのテンションがすげぇことになってる!

旅行記とかを色々と見てみても、ここに立ち寄っている人が多いみたいです。タクミは彩り豊かな商品を見ても、冷静沈着!

僕が購入したのは、瓶のバドワイザーです。ビール苦手なんですけどね。そもそもアメリカは路上での飲酒が法律で禁止されています!

でも、僕らは路上で飲んじゃいますよ!……ってラスベガスとか人気観光地では飲酒が許可されているところもあるので、大丈夫です。

ただ、街にはハイになったクレイジーな酔っ払いが溢れているけどね!笑

6.闇夜を照らすエンターテイメントシティ

夜の帳が下りると、そこは絢爛なネオンの世界。艶めかしいほどに誘うラスベガスを、ビール片手に歩く!ラスベガスと言えば、夜景を見ないと語れない!

さっそく目の前に見える光のピラミッドがルクソール(Luxor)!夢にまで見たエジプトのピラミッドを、まさかラスベガスで見るとは!それと、マンダレイベイ(Mandalay Bay)も。

こちらがアーサー王伝説の聖剣をイメージしたエクスカリバー(Excalibur)!角度が違ぇ!本当はファンタジーの城ようなデザインなのですが、写真の角度ミス!笑

さてさて、再びストリップ通りにやってきた僕らは、建物内に潜入してみますよぉ!見えてきたのは豪華絢爛なカジノ。目が弾けそう!

もしかしたら世界のセレブが休暇で訪れているかも!そんな期待を胸に、上からじっと観察してみる。まるでこのカジノを狙う泥棒のような目で!笑

ドーンと現れたのは、お菓子で作られた自由の女神。赤い自由の女神を見られるのは、ここだけかもしれない!

街中には映画「トランスフォーマー」のバンブルビーや「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウもいるぞ!

もちろん偽物だけど、ジョニー・デップがコンビニで買い物してるのを見られるのは、おそらくラスベガスかロサンゼルスだけ!笑

7.人気バーガーショップ!シェイクシャック

街がとにかくキラキラ輝いている!歩くだけでこんなに楽しい街は他にあるのかな。きっとこれから先の海外旅行でも、なかなかないと思う!

空腹に耐えきれず、夕食として選んだのは日本にも進出してきている人気バーガーショップ、シェイクシャックです。

シャクゥッ!濃い目のチーズバーガーにチキンバーガーなどなど、もうヨダレ溢れ過ぎ。ジャンクフード大好きな僕も、めっちゃガツガツ食べました!こりゃ太るぞぉう!

8.世界が密集した絶景都市

見てぇこれ!ラスベガスで一番良い写真が撮れた瞬間!それぞれのテーマを持つカジノ&ホテルが、砂漠の夜を照らす。街は人生の楽しみ方を知っている人で溢れてる。

夜景が美しい場所は沢山あるけれど、エンターテイメント性ではラスベガスが世界一なんじゃないかな!宝石箱の意味、わかったでしょ?

夜になるとそれぞれのホテルがライトアップされ、より幻想的な景色に。市庁舎を模した客室と金色に輝くエッフェル塔、凱旋門がまさに絶景。

うわぁあぁぁあ!これが、あの「オーシャンズ11」に登場したベラージオ(Bellagio)の噴水ショーですね!ここで撮影されたんだ。感動のあまり泣きそう。

憧れの世界を歩く快感、訪れた人だけわかる特権。

この噴水ショーは無料で楽しめる観光名所の1つです。他にもラスベガスには無料で楽しめるショーが沢山あるんですよねぇ!マイケル・ジャクソンの曲がまた感動させる……うぅ。

ポォーーウ!……って本物がいるぞぉおお!そして、いきなり始まるスーパースターお墨付きのキレッキレダンス。

キレ良過ぎて写真には残像のみ!まさに、復活のM

こんなショーが至る所で繰り広げられる街。ラスベガスには幸せな人しかいないんじゃないかな。毎日こんなエンターテイメントが見られるなんて、信じられないだろぉ?

気分はすっかりダニー・オーシャンの仲間!映画の中にいるみたい。そんな感覚。夢の舞台に立っている自分に酔いしれちゃう。

ここにいるだけで、アルコール度数20%の感動が押し寄せてくる。

この噴水は、ずっとずっとずっと見ていたくなる。でも、まだまだ他にも観光名所が豊富なラスベガス。一晩で楽しむには無理があったのかも!

しんみりしたところで、再び街歩きを続けるよん!少し歩けば、街並みが一気に変わる。それがラスベガス!千変万化する街並みに脳がクラクラする!

ここは高級ショッピングモールのザフォーラムショップアットシーザーズ。イタリアはローマにあるトレヴィの泉をモチーフにした外観が芸術的。

無料ショーの中でも人気なのが、ミラージュ(The Mirage)ですよね!ここの火山噴火ショーが大人気。何でも炎の熱気が襲ってくるのだとか!

ボルケーノ、楽しみだなぁ!……って終わってるぅし!こちらもすごく楽しみだっただけに、ショック。でもラスベガスを観光できた充実感で、お腹いっぱい!夢いっぱい!

歩き疲れたので、今日宿泊するデイズイン(Days Inn)に戻って就寝!

まとめ

アメリカ1日目は、移動の疲れも吹き飛ぶ脳汁全開の1日!ラスベガスは、豪華でド派手でクレイジーでイカレた街!カジノとホテルの観光だけで思い出フルスロットル!

煌びやかなカジノとホテルの数々、酔ってハイになった人々や至極のエンターテイメント。ハレンチなニップレス美女にハリウッドスター、キングオブポップも!

1日目から激し過ぎなアメリカ旅。果たしてグランドサークルではどんな絶景が待っているの?これ以上の刺激を受けたら、きっと僕は死んでしまう!いざ、冒険の旅へ!

【アメリカ】旧国道ルート66!壮大な世界遺産グランドキャニオン【海外旅行記2日目】

北米カテゴリの最新記事