【オーストラリア】天空の城パロネラパーク!熱帯夜のジャングル探検【海外旅行記2日目】

【オーストラリア】天空の城パロネラパーク!熱帯夜のジャングル探検【海外旅行記2日目】

2015年6月オーストラリア旅行2日目。早朝からケアンズを散歩!ゲテモノ肉を喰らい、午後には天空の城パロネラパークへ!夜にはジャングル探検など盛り沢山!オーストラリアの大自然を冒険するチキン、一体生きて帰れるのか!

オーストラリア【ケアンズ】海外旅行記

1日目:南半球の国へ!眠れない飛行機の夜
2日目:天空の城パロネラパーク!熱帯夜のジャングル探検
3日目:世界遺産グレートバリアリーフ!秘境キュランダ村に潜入
4日目:大地を望む熱気球!タックルで吹っ飛ぶチキン
5日目:懐かしき故郷!北海道へ

エピソード

どうも!ゲテモノ肉に撃沈したチキンジャーニーのハルです!

2015年6月、2か国目のオーストラリア2日目はロマン溢れる冒険尽くし!天空の城パロネラパークやジャングル探検に心躍る!冒険の匂いがしてきたぞ!

1.ケアンズ到着!南半球を包む紫と橙の朝焼け

長いフライトに耐え、降り立ったのはケアンズ国際空港!ケアンズはオーストラリア北東にある小さな町で、グレートバリアリーフの拠点になる町です!

入国審査と税関はほぼスルー。ふぇ?こんなに簡単なの?それほど、日本のパスポートは信頼されているってことかな?

僕らは屍のようになりながらゲートを無事に抜け、現地ガイドと合流。もうすでにゾンビみたいになっていますが……グガァ!笑

移動で撃沈寸前の僕らに、まさかの「ドライバーが遅れているみたい」との凶報!なんで遅刻するんっ!もぉ~遅刻なん……はっ!

綺麗な朝焼けだ!長旅の疲れも吹っ飛んでしまうくらい、紫と橙が混ざり合った美しい朝焼け

心なしか南半球の香りが漂ってくるじゃありませんか!見たこともないような色の朝焼けに感動し、僕らの旅もスタート。

2.ホテルを出発!ケアンズをのんびり散歩

お腹が空いたぞ!まずは腹ごしらえじゃい!……パンとフルーツだけ……だと?!

遅れたドライバーがニコニコしながら「Hello!」と挨拶。ふふっ、これぞオーストラリアクオリティ。「……(このスキンヘッド野郎めぇ)」なんて思わないけれど、こっちはヘトヘトで気絶寸前!

ホテルかわいい!チェックインも無事に済み、荷物を置いてさっそく街の中心部に出る。ホテルは中心部から少し遠い。……これが僕の下半身を蝕むことになるとは。

ちなみに、ホテルはケアンズクイーンズコート(Cairns Queens Court)です。

移動の睡眠不足と疲労困憊なのを忘れ、ノンストップで街散策に出るという奇行……。

きっと、南半球だから脳みその回転も逆になっていたんだな。この時、僕らは正常な思考能力を失っていた!笑

海外の街並みってなんでこんなに素敵なんだろう。歩くだけで楽しくなってきたぁ!笑

さっそくケアンズの中心部に向かおうと思ったのですが、その前にケアンズと言えば海岸線を見ないといけません。テクテク散歩しながら、やってきました!

ちなみに、この海岸通りにはワニなどが出るみたい!気付いたらガブッ……なんてことも!

3.灼熱の太陽!破壊力抜群の紫外線

ケアンズはリゾートでありながら、遊泳は禁止されています。なぜならワニが出るから!「んじゃあ、どこで泳ぐのさ」って思いますよね?

ケアンズで泳ぎたいなら、こちらのプールがおすすめです。ここは無料プールで、ケアンズエスプラネードラグーンと言います。ここなら、カナヅチでも泳げる!

紫外線で身体が焦げそうだったら、プールに飛び込もう!あ、飛び込みは禁止ですけどね!笑

それにしても静かな朝だなぁ。日本にいたらこんな過ごし方できない。のんびりと歩きながら、ヨットハーバーにやってきました!

いつかヨットで旅をするのも良いなって思います!もちろん、遭難が怖いのでさすがにヨット旅はやらないと思いますけどね!

オーストラリアは珍しい植物も多く、カーテンのようになっている樹木を見かけることも多いです。これはカーテンフィグツリーと呼ばれるもので、文字通りカーテンのように見えることもありますね!

他にも街路樹が装飾されていたり、オシャレなんですよね。ケアンズはのんびりしたいバカンス向きの町ね。

4.ゲテモノ肉!クロコダイルもカンガルーも喰らう!

灼熱の太陽に身体をどんどん焦がされていく僕ら。このまま肌を焼かれていたら北京ダックになっちまう

少し海岸線で休憩して、のんびりと波の音に耳を傾けてみます。ん~、なんて優雅な時間なんでしょうか。……って太陽あちぃわ!

まだ店がオープンしていなかったのですが、何とか時間を潰して目的だった店にやってきました。ここはダンディーズ・オン・ザ・ウォーターフロントという店で、珍しい肉料理を食べられる店です。

日本語が話せる美人スタッフがいて、本当に助かりました!

注文したのは、オーストラリアンフェア。これは人気メニューでA$40です。ゲテモノ肉を食べるならこのメニューで間違いない!

クロコダイルやカンガルー、エミュー、バッファロー、バラマンディ、シュリンプなどが綺麗に盛り付けられていますねぇ。さて、一口……。

んぐっ!獣臭くて硬いけれど、美味しいとは思う!いや、バッファローとか硬くて喰えたもんじゃないんだけど、チキンは贅沢言いません。ガブガブ食べる!

ちなみに、古代魚のバラマンディとシュリンプは本当に美味なり!

「いやぁ、ついにゲテモノ肉を食べた!」かなり時間がかかったけれど、完食。

遭難して空腹だったらもっと美味しく感じたのかな?

5.天空の城!夢の庭園パロネラパークに潜入

午後からは現地で天空の城と謳われるパロネラパークにやってきました。ジブリ映画「天空の城ラピュタ」に似ているというこの地は、かつて移住してきたスペイン人のホゼ・パロネラが建設した庭園。

熱帯雨林に囲まれている幻想的な建物が特徴的で、とても神秘的。

僕もいずれチキンパークって庭園を造ろうかな。

こういう建物と緑が混然一体になった景色というのは、心躍る。男のロマン心をコチョコチョしてくる!

熱帯雨林ということもあって、見渡す限りのジャングル。どこまでも果てしなく広がっている鬱蒼としたジャングルは、ちと怖い。

水辺には魚もウヨウヨしていて、太公望も爆釣必至!あっ……でも、これ喰えるの?もしかしてバラマンディ?笑

こちらは現地ガイドの方にもらった写真なのですが、日によってはカモノハシも見られるとのことです!

モンスターボールがあったら捕まえたい!パロネラGO!

天空の城……確かにその景色を彷彿とさせる情景もあるのですが、そんな宣伝文句を使わなくても、ここは十分素敵な場所。

熱帯雨林の湿気によって建物に茂った苔が秘境のよう

大きな滝を背に、ミンタと写真をパシャリ。まさに幻想秘境なり。ちなみに、このツアーでは日本人の女の子が一人旅で参加していて、写真を撮ってもらいました!ありがとう!

幻想的な雰囲気の中を歩いていると、時間なんて忘れてしまう。気付いたら、太陽も少し傾いてきて、夕焼け色の空!

パロネラパークは美しい。オーストラリアに来るまではまったく知らなかったスポットですが、ここは一度訪れる価値がある!1人の男が愛する人のために作った城と庭園ロマンしかない!

庭園の中には吊り橋もあります。この吊り橋、渡ろう。ここからの景色がまた絶景なんです。

石で作られている建物と緑、そして水が共存する姿に感動。僕はチキンでありながら、感受性も豊かだから、こういう景色にすぐに感動しちゃう。

吊り橋の恐怖と感動でチキン肌になっちゃった!

吊り橋から見える絶景に感動したのは、きっと夕焼けだったからだな。夕焼けは人の心を揺さぶる。ノスタルジックな気分になるよね。

吊り橋は思っている以上に揺れないから、大丈夫。揺れるのは心だけ。渡った先から見るパロネラパークがまた一段と綺麗なんだ。

ここにきてようやくパロネラパークの看板と写真を撮る!一緒にツアーに参加できて良かったし、こういう出会いもまた楽しみの1つ。

旅先の出会いは、何よりの宝物!出会った人の数だけ、思い出が増えるよ!

6.マンガリーフォールズを背にハンバァーグ!!

さてさて、今日はゲテモノ肉しか喰っていないから、かなり空腹。次のスポット、マンガリーフォールズを見ながらディナーとしましょう!

この日のディナーは、包み焼きハンバーグです。日本人好みの味付けで、個人的には好き。生粋の子供舌の僕は、ハンバーグが大好きなのです。ハンバーグ師匠も好きです!

7.夜のジャングル探検!ツチボタル現る!

夕食を堪能した後は、星空を見上げて、南半球の夜空を目に焼き付ける。しかし、この写真は星ではありません。なんとツチボタルなのです。

真っ暗なジャングルの中、僕らはライト片手に密林の奥深くへと進んでいきます。

なんか動物の鳴き声がする……喰われる!でも夜のジャングルってなんでこんなに興奮するんだろう。冒険心がアンストッパブル。

そこで草葉の陰から見えてきたのが、ツチボタルたちによる天然のイルミネーション。ほんのりと光る生命の灯火に、また僕は感動するのだった。

8.トトロの住処!聖堂の樹に包まれて

次にやってきたのは、カーテンフィグツリー国立公園カセドラルフィグツリーです。昼間にケアンズで見たカーテンフィグツリーが巨大化したもの。他の木々を飲み込み、密林の中で圧倒的な存在感を放つ。

これは聖堂の樹とも言われていて、枝の隙間がステンドグラスのようになっています。中は空洞になっている部分があり、まさに聖堂。……これは住める。

ビンビン来てるぞぉ!まさに生命の源。その力強さに、身体の芯から震える。

本当に大き過ぎる。ここならトトロが3匹くらいはシェアハウスができちゃうね!

オーストラリアの大自然、恐るべし。最後は記念撮影もさせてもらって、たっぷりと南半球の熱帯雨林を満喫したのでした!

移動日からぶっ続けで行動したため、僕らの体力は完全枯渇!羽を痛めた蝶のようにふらふらしながら部屋に戻ってきました。

ゾンビ、就寝します!

まとめ

オーストラリア2日目は、南半球の大自然を肌で感じる1日でした。それにしても、パロネラパークやマンガリーフォールズ、聖堂の樹などなど、知らないことはまだまだある!

この国にやって来なければ、きっとわからなかったこと。初めてのゲテモノ肉も色々な意味で奇想天外だったし、ジャングル探検は心臓がバクバクする。

順調に体力を削っているオーストラリア旅ですが、楽しみはまだまだこれから。明日はこの旅の目的であるグレートバリアリーフの遊覧飛行ツアーがあるし、楽しみだ!

【オーストラリア】世界遺産グレートバリアリーフ!秘境キュランダ村に潜入【海外旅行記3日目】

オセアニアカテゴリの最新記事