【ベルギー】中世の世界遺産!花の都ゲントと水の都ブルージュ【海外旅行記4日目】

【ベルギー】中世の世界遺産!花の都ゲントと水の都ブルージュ【海外旅行記4日目】

2016年6月ベルギー旅行4日目。中世の世界遺産を求めて!訪れたのは花の都と謳われるゲントと水の都と称されるブルージュ!歴史の名残を肌で感じながら、絶景の中世都市を街歩き。城のロマンに震え、鐘楼から見る街並みに感動。天井のない美術館に酔いしれる僕だった。

ベルギー【ブリュッセル】海外旅行記

1日目:人生初ヨーロッパに思いを馳せ!成田空港付近で前泊
2日目:中世都市の面影が香る!荘厳な世界遺産グランプラス
3日目:絶景の市内観光!グランプラスの夜景に潜む亡霊
4日目:中世の世界遺産!花の都ゲントと水の都ブルージュ
5日目:血が滲む足!極寒のKLMオランダ航空で気絶
6日目:無事帰国!帰る場所がある安心感

エピソード

どうも!青天井の好奇心を持つチキンジャーニーのハルです!

2016年6月、6か国目のベルギー4日目はガイドと中世の世界遺産巡り!ベルギーを代表とする観光名所のゲントとブルージュの珍道中。中世の街並み色濃く残る花の都ゲントと水の都ブルージュは、まさに天井のない美術館だった!

1.歴史が眠る古都!花の都ゲントへ

朝食をしっかりチャージして巨大化したチキンたち一向。まずはブリュッセル中央駅へ向かい、そこでガイドと合流!

ヨーロッパは鉄道が発達しているから、都市間の移動は電車で楽々ですね。ベルギーの場合は、ブリュッセル周辺にゲントブルージュアントワープなどもあるので観光してみては?

「世界の車窓から」風の写真も撮っちゃった!笑

ブリュッセル中央駅から、約30分ほどの所要時間でヘント=シント=ピーテルス駅に到着!

ゲントは英語やドイツ語由来の呼び方なので、他にはヘントやガンとも呼ばれることがあります。すべて同じ場所なので、間違わないように!

いやっふぅ!ガイドの人と一緒に、みんなで自撮りしてみる!ヒカリンが自撮り棒を持って来てくれていたので、助かりました!

ゲントは駅周辺が近代的であり、路面電車で少し移動すると歴史的な建物が見えてきます。電車が来るまで、この景色をゆっくり楽しみましょうか。

2.中世の美しい街並みを散歩

これがかの有名なゲントの街並みかぁ。どの建物も細部まで芸術的な装飾が散りばめられていて、街全体が美術館のよう

芸術的感性が皆無の僕でさえ、この美しい街に来れば、ちょっとはアーティスティックに見えるのかな?笑

時計台がロンドンのウェストミンスター宮殿にあるビッグベンみたい!

これぞ花の都!美しい街並みはヨーロッパに多々あれど、花のように美しい街並みで語るなら、ゲントが指折りだと思う。

建物それぞれに名前があるようですが、すべてを把握することは難しいですね。それほど、ゲントには貴重な遺産が残されている証拠

この街の景観を見ながら歩けば、どの建物がどこにあるのかわからなくなってくる。これぞヨーロッパの怖いところ!笑

橋を渡って階段を下って見えてくる西洋の建造物。天高く伸びる尖塔は、何百年もの間、この街の歴史を見守ってきた存在。

その荘厳な建物は、それぞれが美術品であるかのような存在感を放っています。僕もこの景色を見つめながら、悠久の歴史に身を委ねて見たくなる。

壮麗なギルドハウス!ゲントはレイエ川スヘルデ川が合流する地点に作られた都市ということで、水と芸術が調和する街でもあります。

運河に沿って建てられている教会や大聖堂、ギルドハウス、城はヨーロッパの歴史そのもの。僕もヨーロッパに生まれていたら、騎士になって姫を迎えに行っていただろう!笑

いや、チキンが王子って笑えませんよね……反省します!笑

3.旧市街の古城!フランドル伯の城

聳え立つ古城!ここは1180年に築城されたフランドル伯の城。当時のフランドル伯、フィリップ・ダルザスによって建てられた城で、当時は戦争や拷問にも使われた城なのだとか。

現在では武具の展示の他、拷問器具の展示などもおこなっていて、ゲントの観光名所になっています。

城壁と運河と自転車と緑の木々。目の前の景色を切り取るだけで、美しい絵画になってしまう。それがゲントという町なのかもしれない。

こういう旅の何気ない風景が、堪らなく好きだったりします。素敵じゃありませんか?この景色。

旅仲間と攻め入るは、難攻不落のフランドル伯居城。見つかれば捕えられて拷問される。いくらドMの僕だって、拷問は御免です!笑

そんな中世の戦いを妄想しながら立ち入ると、当時の緊迫感も五臓六腑に伝わってくる!

天高く聳え立つ城壁が姿を現す。こんな城、落とせるわけがない。この時代まで残っているというだけで、ロマンを感じざるを得ないですね!

歴史眠る重厚な扉!ギギギと音を立てそうな重みがあるね。一段一段丁寧に積み重ねられた石。この城、どうやって築城したんだろう。

時間が止まっているかのような建物。ここだけ歴史から取り残された場所みたい。

4.絶品洋菓子キュベルドン!落書きの道

石畳の上をコツコツと歩き回ると、ここがどこだかわからなくなる。でも、それこそが海外旅行をしているという楽しみなんじゃないかな!

あんなにチキンだった僕も、海外に迷う楽しさに目覚めちゃってるわけよ!

花の都と呼ばれているゲントですが、夜景も綺麗らしいので、時間に余裕がある人は滞在してみても良いと思いますよ!

ベルギーのお菓子と聞いて、何を思い浮かべますか?

チョコレート?ショコラ?カカオ?……いえいえ、このキュベルドンも忘れてはいけません。三角形のとってもかわいいやつなんです!

僕は実際に食べてはいないんですけど、こちらもお土産にいかが?笑

芸術が迷子だよぉ!ゲントは街並みが綺麗ですが、若者の衝動は抑えられないもの!どの国でも落書きをしちゃう輩っているんですよね!

ここにもほら……あるでしょ?それも無駄にアーティスティックなペイント。才能を無駄遣いしていないで、芸術家にでもなりなさい!笑

落書きが許される場所!ここはゲントの中でも、落書きがある種許されている場所らしいです。

やっぱり我慢させちゃダメってことでしょうかね。どこでも息抜きは大切。ってやり過ぎだけどね!ってか、左のスキンヘッド2人はどういうコンセプトなの?笑

5.鐘楼からの絶景!水の都ブルージュへ

遅ぇっちゃぁ!これからブルージュへ向かおうって時に、まさかの電車が遅延。アクシデントは、旅に付き物。でも、目の上のたんこぶだよぉ。

でも、焦っても仕方ないので、駅で昼寝でもしましょうか。写真に写っているOne Directionのメンバーみたいな若者も、落ち込んでるし!笑

さぁ、やってきました!所要時間30分で、絶景の都ブルージュに到着!そして、ブルージュの中心地、マルクト広場へ!

マルクト広場には、天を貫くほど大きな鐘楼があるんですよねぇ。このブルージュ鐘楼塔こそ、街のシンボル!

しかも登れるんですよぉ。でも、その前に街を観光しないと始まらない!

壁を背に佇む僕ら。ヨーロッパのバンドが、思わずジャケット写真を撮影しちゃいそうなワンカット。

ブルージュは、他にもブルッヘやブルグ、ブラヘ、ブリュージュなどとも呼ばれています。スペインのサラマンカと並んで、2002年に欧州文化都市に選定されたのも特徴。

うひぃ!ブルージュはどの角度から切り取っても絵になるなぁ。ってこれゲントでも言ったけどね!笑

それぞれの町によって違いがあるんだけど、ブルージュは特に好きな街並みだなぁ!いつか、水の都と呼ばれるイタリアのヴェネチアにも行きたい。

ほっぺが迷子になった!美味しいぃぃぃい!

この進化型棒状ワッフル美味し過ぎます!ブルージュでたまたま見つけた店なのですが、ほっぺがいくつあっても足りないほど美味しいです!笑

店の床に知らん人のほっぺ大量に落ちてるんじゃないかってくらい、本当に美味しい!ヒカリンとグミさんが食べてて、ちょっともらっちゃいました!笑

さて、ほっぺも落ちたことだし、鐘楼からの眺めを見に行こう!でも、鐘楼からの景色を楽しむためには、階段を上らなければならないのです!

それも激狭な螺旋階段。膝がぐにゃぐにゃな僕、壁にぶつかりながら窮屈に上っていく!

ミンタが女の子のスカートの中を撮影する盗撮魔みたい。えー、このように階段はとても狭いので、入場制限もあります。その場合は、1人出てくれば1人入れるというシステム。

グループで旅行する場合は、人数に注意しましょう!

366段もの階段を上った先に見えてくるのが、オレンジ屋根の綺麗な街並み。ブルージュの美しさを一望するなら、この鐘楼からの絶景が一番。

それにしても、見てよこの景色!これぞヨーロッパ!ってこの言葉、何回言ったかな。笑

煉瓦のような絶景!この鐘楼は幾度となく破壊され、補強されてきた場所。でも、その鐘楼から見える景色は、ずっと変わらない。

18世紀頃に導入された仕掛け時計が作動し、とても美しい音色の鐘を鳴らすのも鐘楼の役目。鐘楼には47もの鐘があり、悠久の時を刻む。

僕が見たかったのは、こういう景色なんだろうなぁ。

6.ブレイデルデコーニンクでほっぺ崩壊

やってきたのは、ブレイデルデコーニンクという店。ムール貝や海老など、海産物が美味しい店!

まさにファンタジスタ!オシャレな店内で、まずはファンタを注文!笑

グラスにもオレンジ入れるなんてファンタスティック。こんなハイカラなもの飲んだことないよぉ!何より喉カラッカラだったから、生き返るぅ!

ほっぺが……!僕のほっぺは完全に崩壊。ここで食べた海老のガーリック料理が絶品過ぎました!

ほっぺがキュッてなる感覚がずっと続く至福の品。海老のグッキングッキンな食感が、噛む度に溢れ出しちゃう。

定番のフリッツも一緒にガツガツ食べる。もう止まらない。人生で一番美味しい海老料理だったかも。ヒカリンとグミさんは大量のムール貝食べてました!笑

でも、外は大雨。こりゃ暗雲立ち込めてきたぞぉ!

7.聖血礼拝堂に眠る血!雨の運河クルーズ

雨が小降りになったところで、やってきたのは聖血礼拝堂という場所。ここはあのキリストの血が奉納されていると言われる場所で、多くの参拝者が訪れる聖地です。

僕もその神秘的なオーラに、震えが止まらなかった。この震えの理由はわからない。シーンと張り詰めた空気に、触れてみては?

ブルージュを満喫したいなら、運河から街並みを見るのがおすすめ。僕らがクルーズに乗り込んだ時には、雨も小降りだったのですが、時折傘が必要なくらい。

それでも、雨に濡れるブルージュは美しい。水も滴る良いブルージュ。長閑な水の音の中から見る街並みは、一言で言うと素敵。

この景色を見られるなら、雨だろうが嵐だろうが台風だろうが、クルーズに乗る価値はある。

両手に伸びるかわいい街並みはもちろん、その先に見える教会と尖塔。蜘蛛の巣のような運河を縫うように進む僕ら。

クルーズも終了し、ブルージュの水路に沿って歩いてみる。ここは、現地ツアーや観光マップでも紹介されている場所ですね!

ブルージュも夜景を見るなら、このスポットがおすすめ。僕らは昼間だけの滞在だったので、夜景が見られなかったのが心残り。

8.世界遺産ベギン会修道院!美しき愛の湖公園

この街の地図を頭に印刷するかのように、隅々まで歩く。ただただ歩く。ひたすら歩く。足の裏の皮がベロンベロンでも歩く!

ただ歩く分、見えてくるのは絶景ばかり。曇っているのが残念?いや、曇っているからこそ、神秘的な光景になっているんだ。

ここはフランドル地方のベギン会修道院の1つで世界遺産。修道院群として登録されていて、ベネディクト派の修道女たちが宗教深い生活を送る聖地でもあります。

美しい緑の絨毯に癒されながら、脇道をゆっくりと歩く。

ベルギー旅はひたすらに歩く旅だったけれど、こんな景色に出会えるのなら、もっともっと歩いていたい。

修道院の中庭を抜けると、見えてくるのは愛の湖公園。ブルージュのNo.1ロマンチックスポットと言われる場所ですね。

明鏡止水の水面に反射する教会が、また一段と美しい。こんなところで愛の告白をされた日には、誰でも許しちゃうはず!告白するならここ!笑

白鳥が優雅に過ごす姿も見られ、平和なひと時を感じられますよ!ベンチで1日中過ごすのも良いでしょうね。おとぎ話のような景色はロマンチック。

ぐるっとブルージュも歩き回り、夕方になってきたところでブリュッセルに帰ります。今日も1日歩き回ったということで、もうヘットヘト!笑

それでもスーパーやコンビニ、お土産屋などを散策して、またまた大量にお土産購入。

ヒカリンとグミさんは、バーとかに行ったみたいだけれど、僕らは余りの疲労に撃沈。そのまま就寝!おやすみなさい。

まとめ

ベルギー4日目は、静かに時を重ねてきた古都ゲントとブルージュを周遊する1日。世界遺産を有する天井のない美術館に、僕らは心奪われました!

まるで金縛りから解けたように、ゆっくりと進む中世の時間は、タイムスリップした感覚を味わわせてくれました。花の都、水の都どちらも絶景の数々が眠っている場所。

初めてのヨーロッパの絶景に心踊った旅も、そろそろ終わりを告げます。まだまだ迷路のような街を彷徨っていたい。中世の都市のように、時間が止まれば良いのにな。

【ベルギー】血が滲む足!極寒のKLMオランダ航空で気絶【海外旅行記5日目】

ヨーロッパカテゴリの最新記事