【デンマーク】腹黒サンタの贈り物!おとぎの国のチボリ公園【海外旅行記1日目】

2016年11月デンマーク旅行1日目。アイスランドへの経由地として北欧の玄関口、コペンハーゲンへ向かう僕。まさかの飛行機遅延で顔面蒼白!旅仲間と合流して向かうは、おとぎの国。クリスマスに浮かれるチボリ公園で、おもちゃのような世界に魅了されるのだった!

デンマーク【コペンハーゲン】海外旅行記

1日目:腹黒サンタの贈り物!おとぎの国のチボリ公園

アイスランド旅行記

2日目:ニューハウンの夜景!橋に繋がれた愛の南京錠
3日目:難攻不落のカステレット要塞!人魚姫に恋した男
4日目:最高の北欧旅!おとぎの国から帰国

エピソード

どうも!顔面蒼白なサンタクロースこと、チキンジャーニーのハルです!

2016年11月、7か国目のデンマーク1日目は飛行機の遅延で顔面蒼白。しかし、降り立ったコペンハーゲンで待っていたのは、おもちゃの国!神秘的なイルミネーションが煌めくチボリ公園を観光。そこはまさに夜のおとぎの国だった!

1.チキンが顔面蒼白!向かうはコペンハーゲン

数ある国の中でも、死ぬまでに絶対に行きたいと思う国、それがアイスランドだった。でも、アイスランドに行くにはデンマークで乗り継ぎが必要。

早朝、僕は顔面蒼白だった!濃霧で飛行機が遅延し、コペンハーゲン行きの飛行機に乗り遅れそうなのだ。全身を凍えさせるほどの冷や汗。海外旅行史上初の尋常じゃないほどの焦燥

何とか予定の1時間遅れで成田空港に到着するも、今度は保安検査場にカメラと腕時計を忘れる始末。ぷるっぷるな唇も、カッサカサ!

ハリウッドスター凱旋並みの優遇を受け、空港係員の方に誘導されながら搭乗ゲートへ。美人な係員の方と旅仲間アヤカの迅速な対応で、何とか・・・間に合ったぁぁあ!!もう泣きそう!笑

一足早い腹黒サンタからのプレゼント、さすがに笑えないぜ。って遅延したのは濃霧のせい。濃霧のバカ!もう知らない!

「いやぁ、アイスランドの温泉でかこうと思っていた汗、全部出ちゃった」なんて11時間のフライト中、そればっかり!アヤカと打ち解けながら、今夜の宿に到着。

初っ端から真っ赤な鼻をへし折られた僕ですが、こういうトラブルも旅の思い出になるよね!いや、でもアヤカにも冷や汗をかかせてしまうことになったのは、本当に反省しています。ごめんなさい!

・・・ってホテル、オシャレぇ!今は見たくない飛行機が飛んでいるよ。このカラフルなホテル。おとぎの国デンマークらしい。ちなみにここは、パークインバイラディソンコペンハーゲンエアポートホテル(Park Inn by Radisson Copenhagen Airport Hotel)・・・長えぇ!

コペンハーゲン空港からメトロですぐのところ!便利よ!

夜のコペンハーゲン!さて、今夜訪れるのは、アヤカが行きたいと言っていたチボリ公園。僕は完全にノーマークだったけれど、行ってみて度肝を抜かれた!いや、度肝は日本で抜かれてきたけどさ!笑

僕の度肝か?欲しけりゃくれてやる!この世の度肝をそこに置いてきた!

ってな感じで、まずはコペンハーゲン空港の駅から、コペンハーゲン中央駅に向かいますよ!

2.レトロで幻想的な駅!コペンハーゲン中央駅

アイスランドへ向かう飛行機までは、15時間以上もある!コペンハーゲンは国鉄やメトロが充実しているため、数時間あれば市内観光が可能ですよ!

空港の駅から電車でコペンハーゲン中央駅まで約15分!なんて素敵な駅なの?北欧の駅はこんなに素敵なのねぇ!

北欧コペンハーゲンには、こういうレトロな街並みが広がっています。まさに、おとぎの国という名に相応しい

基本的に改札などはなく、切符を自分で購入して乗るスタイル。M1とM2と呼ばれる路線が空港から繋がっていて、その2つを使いこなせれば、コペンハーゲンの移動は完璧です!

ただ、切符が買える場所や買い方などはちょっと迷うのよね。でも、何とでもなる!テンションの高い僕とアヤカで、この街を散策するぞ!

ただ、コペンハーゲン中央駅のちょっと怖い話。裏路地などに入ると治安が悪いらしいです。暗闇に紛れて悪人がうろついているとの噂も聞くので、駅舎の周辺でも油断しないように!

3.世界最古のテーマパーク!チボリ公園に潜入

やってきたのは、コペンハーゲン中央駅の向かい側にあるチボリ公園。駅舎から徒歩1分くらいなので迷子になることはない・・・はず!

駅側の入口とは別に他の入り口もあるようですが、どちらから入っても良いですよ!アヤカがチケットを予約していてくれて、そのままピピッと簡単に入場。

それにしても大混雑!クリスマスシーズンに浮かれる人ばかり。

ひゃわぁあぁあん!なんなのこのメルヘンな世界!イルミネーションとクリスマスのオーナメントが眩しいよぉ。

僕の目の保養になるのは、世界中の女性だけだと思っていたのですが、クリスマスシーズンのチボリ公園は目の保養になる。・・・セクシーだ。

このチボリ公園、ディズニーランドができる前までは、世界最古で世界最大級のテーマパークだったらしいです!

世界最古で世界最大。歴史を肌で感じながら、創業者の想いとか訪れた人の想いとか・・・あ、すごいメルヘン!

チボリ公園、そこは誰もが子供に戻れる場所

トイレの看板だって、こんなにオシャレなんだからぁ!北欧でこんな素敵な時間を過ごすなんて、もしかしてすごいことしているんじゃないかな。

クリスマスじゃなくても楽しめるチボリ公園ですが、冬限定のイルミネーションやマーケットを楽しめるこの時期に訪れるべき!

4.キラキラ輝く光のイルミネーション

キラキラと輝く北欧式クリスマスを過ごせるチボリ公園。ここは1843年に建築された遊園地です。年間来園者数は約350万人にもなる場所で、世界屈指の人気観光地。

入園料は日本円で80DKR~100DKRですね。季節や時期によって変化するので注意。北欧の観光地ランキングでも、常に上位の人気スポットだけに、日夜大混雑!

チケットは事前購入がおすすめです!

宮殿のような建物も!北欧は建物の文化も独特で、おもちゃ箱の中に迷い込んでしまったような世界が広がっていますよ。

ほら!ツリーにも電飾がビッシリ。アヤカもテンション高めで、僕もテンション高めで、変な日本人2人になっちゃってるかも!まさに、光の楽園。

5.時計台とクリスマスツリーの幻想的な公園

僕には絶対見たい時計台がある。それはイギリスのロンドンにあるビッグベン・・・はっ!あれ、ビッグベン?ビッグベンだよね!

クリスマスツリーの輝きの中で、朧気に光る時計台。宝石のようなオーナメントも良いけれど、ひっそりと街の時を刻む時計台が僕は好き。

ぼんやりと光る時計台の存在感が、よりチボリ公園を彩ってくれる。もちろんロンドンのビッグベンも良いけれど、コペンハーゲンの時計台も見ておくべき!

厳密にはチボリ公園内にある時計台ではなく、コペンハーゲン市庁舎のものです。

サンタも見惚れる光の空間!こんな綺麗なクリスマスは初めてかもしれない。僕と言えば、クリスマスはサンタに色々なものをお願いしていたものです。

でも、大人になってそういう気持ちもどこかに忘れてきてしまった。大人になってから、もう一度子供に戻ることって大切なんじゃないかな。今なら何をお願いしますか?

あらぁ、ハートがこんなに沢山。色々なイルミネーションは見てきたけれど、こんなに素敵なイルミネーションは初体験。

僕の真っ赤な心臓もドキがムネムネですよ!こんなところにカップルで来た日にゃぁ、もうすごいことになりますんで、気を付けてくださいね!笑

6.海賊船襲来!シダレヤナギの電飾花火

チボリ公園にはアトラクションも多いのですが、それぞれのエリアごとにテーマがあって分かれています。ここはクリスマスマーケットエリア

海賊先襲来!ぼんやりと揺れる水面に浮かぶ海賊船。チボリ公園にあるという秘宝を求めて、海賊が襲撃してきたのか。

・・・と、そんなことはなく、あの海賊船はレストランになっているんですよね。何を食べるのかな?トロールの肉かな?古代魚の骨かな?毒リンゴかな?笑

シダレヤナギの電飾がチリチリと光る花火みたい。夜空に打ちあがった花火の光が降ってくるような。幻想的ですね。

おやぁ?幻想的なメルヘンワールドの中に、アジアの建物もありましたよぉ!これはこれで美しいですね。

アイスランドをメインにしていた今回の北欧旅行ですが、チボリ公園だけで十分満喫してしまっている!笑

7.おもちゃの兵隊!恐怖のくるみ割り人形

北欧のクリスマスは、フィンランドが本場だと言われているのですが、同じく北欧のデンマークもやっぱり素敵。北欧式クリスマスは、世界で一番美しいと思う!

こういう小さな建物にも細かく装飾していて、クリスマスを心から楽しんでいる感じ。初めて過ごす海外のクリスマスは、ここが良いんじゃない?

寒空の下、僕らひたすらに歩き回る。ここはおもちゃみたいな空間ですねぇ。自分自身がおもちゃになってしまったかのような錯覚。

ひえぇっ!くるみ割り人形みたいなおもちゃの兵隊が、不気味に笑っている。ずっと見ていたら、くるみのように頭を噛み砕かれ・・・っておとぎの国で怖い話はやめましょうか!笑

コペンハーゲンはアマリエンボー宮殿などもあり、兵隊を生で見られることも多いです。デンマークらしい光景を見たいなら、合わせて訪れてみてくださいね!

8.ぐるぐる回る!煌めくメリーゴーランド

この写真!見てよこれぇ!緑の電球に写るメリーゴーランド。僕のセンスが滲み出てしまった写真ですね。みなさんには見えるでしょうか?

心がメルヘンな人にしか見えません!あ、普通に見えました?ってことは、まだまだ童心を忘れていないということ!

ぐるぐると回るメリーゴーラン・・・ん?これ、僕の思っているメリーゴーランドじゃない!笑

椅子が吊るされていて、回転の遠心力によって浮くアトラクション。夜にはライトアップされ、まるでジュエリーみたい。でも、回転速度は意外と早いぞ!

僕、メリーゴーランドというものを、初めてこんなにじっくり見たかもしれません。乙女心の琴線に触れてくれますねぇ。

煌めくメリーゴーランドに、頭がぐるぐるしてくる。「世界中をぐるぐる回れ」そう言われているような気がしてくるコペンハーゲンの夜。旅仲間と来られて良かったぁ!

一人旅ではなかなか来られませんからね。ロマンチックなところ過ぎて。

9.サンタからの本当の贈り物

何かとトラブルがある今回の旅ですが、こんなに素敵なものを見られました。これこそが、サンタの本当の贈り物だったのかもしれませんね!

さて、素敵な僕の言葉も飛び出したところで、そろそろコペンハーゲンも夜が深くなってきた。

チボリ公園では、こういうクリスマスグッズも販売されていますね。セットになっているのではなく、お気に入りのものを見つけて購入して、オリジナルクリスマスツリーを作れるというのも素敵。

こ、これは!映画「ホームアローン」でケビンが泥棒相手に仕掛けたトラップのやつかな?

足に刺さったら痛そうなので、決して真似はしないでください。

「幻想的だったねぇ」・・・2人とも旅の大切な初日を満喫。チボリ公園、本当に素敵なところです。

僕らは再びコペンハーゲン中央駅に戻ってきて、見慣れたセブンイレブンに立ち寄り、ホテルへ戻る。

これから始まる幻想の北欧旅行。本当の目的はアイスランド。世界の果てにある秘境、そこには何が待っているのかな。

まとめ

デンマーク1日目は、トラブル満載の珍道中!まさにチキンらしいドタバタした旅の始まり!でも、訪れたコペンハーゲンは、本当におとぎの国でした!

クリスマスは北欧で過ごしてみるというのも、良いのではないでしょうか。きっと素敵な時間になることは間違いないです。ロマンチックの欠片もない僕が言うんだから間違いない!笑

世界の果て、アイスランドの前夜祭。それはチボリ公園で過ごす、煌めきのクリスマス。さて、明日は炎と氷の国アイスランドに向かう!そんな秘境にはまだ見ぬ絶景が待っているのだった!

デンマーク2日目:ニューハウンの夜景!橋に繋がれた愛の南京錠【海外旅行記2016年11月】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です