【デンマーク】ニューハウンの夜景!橋に繋がれた愛の南京錠【海外旅行記2日目】

【デンマーク】ニューハウンの夜景!橋に繋がれた愛の南京錠【海外旅行記2日目】

2016年11月デンマーク旅行2日目。アイスランドからの帰路、再び幻想都市に降り立った僕ら。北欧でも屈指の夜景が見られるという夜のニューハウンをぶらり街歩き。そこに広がっていたのは、おもちゃ箱をひっくり返したような街。クリスマスムード一色の街にかかる橋に繋がれた鍵。それは恋人たちの南京錠だった!

デンマーク【コペンハーゲン】海外旅行記

1日目:腹黒サンタの贈り物!おとぎの国のチボリ公園

アイスランド旅行記

2日目:ニューハウンの夜景!橋に繋がれた愛の南京錠
3日目:難攻不落のカステレット要塞!人魚姫に恋した男
4日目:最高の北欧旅!おとぎの国から帰国

エピソード

どうも!愛の南京錠で繋がれたいチキンジャーニーのハルです!

2016年11月、7か国目のデンマーク2日目はアイスランドから再び戻ってきて、コペンハーゲン観光を再開!夜になるとより幻想的になる夜景のニューハウンに向かい、一人旅気分でぶらり散歩!夜風が気持ち良い北欧の橋に繋がれていたのは、恋人たちの愛でしたとさ!

1.再びデンマークに!メトロに四苦八苦

ホテルは初日と同じパークインバイラディソンコペンハーゲンエアポートホテル(Park Inn by Radisson Copenhagen Airport Hotel)……やっぱり長えぇ!笑

夜景が綺麗!コペンハーゲンは夜景が綺麗なことでも知られていますよね。ホテルからだって十分綺麗!空港方面の地平線がキラッキラしてる!

アイスランド旅は、正直僕だけなら心が折れていたかも!でも、年下なのにしっかりした旅仲間アヤカがいてくれたから、大成功だった!僕らの冒険心はまだまだ止まらない。そんなこともあって、今日は1人で行動することに!

日本に帰国する飛行機までは23時間もある。一人旅気分で、僕はさっそくメトロに乗ってコペンハーゲンの中心部に向かいますよ……ってホテル周辺の静けさが怖いよぉ!笑

チケットがわかりにくい!デンマークの交通機関はオートメーション化が進んでいて、ホテル近くのメトロには駅員も運転手はいません。すべて自動で管理!

改札がなくて、乗り方も迷う!チケットは写真の券売機で購入します。しかぁぁぁし!このチケットの購入方法がややこしやぁ~はぁ~ややこしやぁ~!

日本のように自分が下りる駅までの運賃ということで購入するのではなく、エリアが分けられていて、そのエリアごとに対応した範囲のチケットを購入するのが特徴です!なお、現金もクレジットカードも可。

「改札がないってことは買わなくても良いんじゃ……」と思うかもしれませんが、ランダムにチケットを検査する駅員がいるので、しっかり購入しましょう。

2.眩しい!豪華絢爛なコンゲンスニュートー駅

メトロで背の高い北欧の人の中に座りながら、今回の旅で自分の成長をヒシヒシと感じる僕。チキンもここまで来たかぁ。

世界の果て、アイスランドはまた絶対に行きたい。そして、僕が一番好きな国になった。まだまだ余韻を残しながらも、コンゲンスニュートー駅に到着。

こちらはコンゲンスニュートー広場にほど近い駅で、メトロでは主要な駅の1つです!駅までクリスマスムード一色なんて、さすが北欧!

3.両岸に広がるニューハウンの夜景

アイスランド旅で大きくなったチキンの背中は、哀愁さえ漂わせるほど。北欧の夜道を1人で歩けるほど、「今の僕に怖いものはない」と膝が笑って言う!

ふらふらと駅周辺を歩き回っていると、すぐにニューハウンに到着しました。コンゲンスニュートー駅からは、徒歩3分~5分というところでしょうか!

こ、これがアンデルセンの愛した街か。街の光は強くなく、ほんのりと彩り豊かな街を照らす。その光を横目に、僕はひたすらに歩いてこの街の空気を受け止める。

夜景がとても綺麗というニューハウンは、まさに童話の世界のよう。童話には不釣り合いな僕も、ここぞとばかりにカメラのシャッターを切る。

にゅや~っ!ニューハウンには、カフェやレストランも並んでいて、夜でも営業している店が多いです。何とも素敵な夜の過ごし方ね。

ちなみにニューハウンとは新港という意味で、昔は廃れてしまったこともあるようですが、今では水路が張り巡らされ、多くの観光船やヨットが訪れる人気観光地となっています。

情緒漂う雰囲気の中で、カメラの音だけが響く。何とも素敵な北欧の夜。光を失った代わりに、夜のニューハウンは幻想都市となる。

今にも眠ってしまいそうな街を歩く。足音がうるさくて眠れないと怒られそう。それくらい静けさが包む夜。

北欧ということで、夜1人で歩いていても大丈夫。治安について云々言われることもありますが、平和な雰囲気ですよ。

街を歩いていると、「ここからの角度が良さそう」「こっちから写真を撮ったら綺麗かも」と冒険心を駆り立てられる。同じ場所を違った角度から見るってとても大切なこと

ここからの夜景なんて、まさに幻想都市ニューハウンらしい。これが冬も深まると、雪が一面に広がって、より北欧らしい景色になるんですよね。

夜はカラフルなおもちゃ箱のような光景ではないものの、幻想的な時間を過ごせます。昼と夜の二面性を楽しみたいのが、ニューハウンですね。

自分の足でその街を歩き、そこを切り取る楽しさ。これこそが、海外旅行の楽しみ方だと思います。自分だけが好きな場所を見つけるのも旅の醍醐味

淡くも儚く輝く優しい光に包まれ、ニューハウンは絶景に変わる。僕もこの街、大好きになりました。好きになっちゃいました。

4.繋がれた愛の数だけ南京錠

んんっ?ニューハウンの両岸を繋ぐ橋に、南京錠が沢山!これは、世界中でおこなわれている愛の儀式らしいですね。何ともロマンチックなこと!

恋人たちはここに鍵をかけ、永遠の愛を誓う……ひぃぃいぃぃぃいぃ!非リア充の僕にとっては、一瞬で虫歯になっちまうくらいの甘い甘い話。恋人たちの熱で心臓が溶けちゃうぞ。

童話の世界でカップルたちも盛り上がるってかい?

はーい、イチャイチャするならホテルに帰ってくださーい!笑

5.北欧の夜!素敵な街と恋の物語

夜は嫌いな人も多いでしょう。僕も夜は寂しくなることがあります。今は恋人たちがイチャイチャしていた光景を見たから、余計に寂しい!笑

でも、北欧の夜はノスタルジックでロマンチックです。数々の童話が生まれたということもあって、街の雰囲気もおとぎ話のよう。

身体も冷えてきたってことで、ホテルに戻ります!

運転手がいねぇ!あ、ちなみにコペンハーゲンのメトロは、一度チケットを購入すると1時間ほどは乗り放題となります。

エリア1~エリア5ほどまであるのですが、僕が利用しているエリア2は1時間有効なので、その間なら運賃も無駄にかかりません!

それにしても、本当に運転手がいない。駅にも駅員がいない。全自動ってすごいですが、ちょっと人がいないのは怖いかも

そんな感じでホテルに戻り、僕は先に就寝。

まとめ

デンマーク2日目は、ニューハウンの夜景に心奪われました!それと同時に、愛の物語を紡ぐ恋人たちの甘さに卒倒してしまいそう!童話の中を歩いているような気分になれる街は、まさに幻想都市!

かつての歴史を匂わせながらカラフルな街並みを残すニューハウンは、自分の足で歩いて観光するのが楽しいです。夜は昼とは違う一面が見られるので、ぜひ!

明日は昼のニューハウンとその周辺を巡ります!兵隊が闊歩するアマリエンボー宮殿や戦禍の歴史が眠るカステレット要塞を観光!デンマーク、まだまだ僕を楽しませてくれるかぃ?

【デンマーク】難攻不落のカステレット要塞!人魚姫に恋した男【海外旅行記3日目】

ヨーロッパカテゴリの最新記事