【アイスランド】絶景温泉ブルーラグーン!ハルパとハットルグリムス教会【海外旅行記1日目】

2016年11月アイスランド旅行1日目。世界の果てにある火と氷の国アイスランド。絶海の孤島に広がる絹のような温泉、世界最大級の露天風呂ブルーラグーン。レイキャビクで待つのは幾何学的ガラス建築のハルパや溶岩玄武岩を模したハットルグリムス教会。世界の果てにあったのは未知の絶景だった!

アイスランド【レイキャビク】海外旅行記

デンマーク旅行記

1日目:絶景温泉ブルーラグーン!ハルパとハットルグリムス教会
2日目:黄金の滝グトルフォス!世界遺産シンクヴェトリル国立公園
3日目:裏見の滝セリャラントスフォス!氷河湖の幽霊とオーロラ
4日目:氷の洞窟スーパーブルー!神秘のヨークルスアゥルロゥン
5日目:スナイフェルス半島で凍死?海賊のロマンを追って
6日目:さらば火と氷の国!デンマークへ

デンマーク旅行記

エピソード

どうも!ブルーラグーンで全身とろけたチキンジャーニーのハルです!

2016年11月、8か国目のアイスランド1日目は、いよいよ世界の果てアイスランドへ!コペンハーゲンからレイキャビク入り!火と氷の国で待っていたのは、絹のような絶景露天風呂だった!

1.到着!ケプラヴィーク国際空港で袋小路

世界の果てってどこだろう!その答えを探しにやってきたアイスランド。

世界一周の終点、一人旅最後の地、バックパッカーのゴール。その先に広がる景色を思い浮かべるだけで、骨の髄から流れる血液までバチバチしてくる!

火と氷の国、地球最後の秘境、極限の氷の大地、生命の鼓動が鳴り響く火山の世界。訪れた誰もがこの国に恋をする。僕もまた、アイスランドに心を奪われた旅人の1人

気分はさながら、かつてこの極寒の地を侵略した海賊!いや、空賊かな!バイキングがこの地に足を踏み入れた時、あまりの寒さにアイスランドと名付けたという逸話も・・・。

日本を出発して約30時間!ついに世界の果てまでやってきました!そう、ここはアイスランドのケプラヴィーク国際空港。チキン史上最高の冒険に心臓も爆発寸前!

凍える空気の中、期待と不安入り交じる顔で入国!正式名称レイブルエイリークソン国際空港は、北欧諸国からだとシェンゲン協定で入国審査がないんですよね!

さっそく空港で両替して、世界最大の露天風呂へ向かう・・・って、あれ?バスどこ?どっから乗るの?どれ乗るの?

異国の地で棒立ちの若者。どの運転手に聞いても首を傾げられる。ええい!予約時間も迫っているから、タクシーに乗り込む!前途多難もなんのその・・・今の僕は好奇心で無敵状態なんだ!

2.絶景のミルキー露天風呂!ブルーラグーン

ケプラヴィーク国際空港から、タクシーで約20分。ゴツゴツしたレイキャネス半島の溶岩大地に、苔がモコモコ。すでに秘境!

溶岩にモクモクの湯気を発見!渋い顔の運転手が到着したことを告げるも・・・えぇぇ!タクシー代が高過ぎるぅ!料金が9,500アイスランドクローナって!高えぇっちゃぁ!

これ、ぼったくりじゃないんです!アイスランドでタクシーは高級な乗り物。でも、憧れの温泉秘境ブルーラグーンに無事到着!予約時間が・・・!急ごう!

渋いおじさんに荷物預かり所を教えてもらって、いよいよ乳青色の温泉へ向かう!・・・しかし、ここでちょっとした珍事件発生!

旅仲間アヤカが荷物のタグを受け取って2秒で紛失しちゃった!ドタバタ探し回る僕ら。本当に珍道中過ぎるぜ、おい!笑

一本道を進むと、その先に美しく洗練された建物が見えてくる。ここがブルーラグーンへの入口さぁ!ようこそ、極楽浄土の露天風呂へ!

建物の脇道を進むと、見えてくるのが一面に広がるミルキーブルーの世界。ソーダみたいにキラキラしてる。

ほえぇ~!絹のようにつるつると柔らかそうな温泉ですねぇ・・・はっ!早くエントランスに行かねば!

受付は沢山の観光客でごった返してる!世界有数の温泉ということもあって、予約必須!アイスランド屈指の人気スポットなので、事前予約が確実かな!

受付では、優しいスタッフにロッカーやラグーン内で使えるリストバンドの説明を受け、いざ入場!

ただ、ロッカーが特殊で使い方が謎。キョロキョロしていると地元のおじさんらしき人が教えてくれました!アイスランドの人、超優しい!

ちなみに水着着用必須で、入浴前に身体も洗うことが絶対条件。全身を隅々まで洗い、チキンもつるつる。さぁ、準備万端!

冬のアイスランドはとにかく寒い!心臓がパキッと凍えてしまいそう。ラグーンへの入口でアヤカと合流し、いざ・・・うひぃい!足がちぎれるぅ!

ロッカールームからラグーンに入るまで10mほどあるのですが、足を一歩出すだけで指がピキッとなる。バイバイ、僕の指。

この時期、アイスランドの太陽は神秘的。朝焼けと夕焼けが溶け合い、ずっと黄金色のまま。

あふぅぃいやぁあん!足の先から頭の先まで、じんわりとミルキーな温泉が染み込む。異国の温泉・・・まさに天にも昇る露天風呂じゃぁ!・・・身体がとろける。

温度は38℃~40℃くらい。ぬるいと聞いていたけれど、ぬっくり気持ち良いじゃないのぉ。旅の疲れが溶けていくぅ!はっ!人生初の混浴じゃねぇかぃ!

ブルーラグーンは世界最大の露天風呂。海の向こうにこんな温泉があったなんて・・・。

温泉内はカメラの持ち込みも可能。防水のカメラがあると安心。もしくは、ロッカーと行き来自由なので、撮影してからゆっくり入浴ってのもあり!

その他、シリカ泥も置いてあるので、顔に塗って美肌泥パックもできちゃう。みんな白い顔でのろのろ歩いているから、ゾンビみたい!天国のような三途の川だね!笑

いやぁ癒された。一言で言うなら、超気持ち良いぃ!全身ほっかほかのもっちもち。入浴後はエントランス内にあるカフェで休憩。

軽食はもちろん、飲み物なども売っているので、僕らもここらでランチにしましょう!ブルーラグーンは長風呂になっちゃうから、先に食べておくのもあり!

僕はレモネードとハム&チーズサンドで!うましっ!

物価が高いアイスランドでは、これだけでも1,500アイスランドクローナくらい!1アイスランドクローナで1円ほどなので計算はしやすいですね!ただ、どこでもクレジットカードが使えるので、現金は必要ないかも!

ブルーラグーンは、ロッカーとラグーンは行き来自由なのですが、ゲートを出ると再入場はできないので注意。ただ、エントランスから抜け出してラグーンを見渡すことはできますよん!

入浴時にカメラを持ち込めなかった方は、こちらで撮影してみてくださいね!乳白色のミルキーな温泉に浸かっている人々は、みんな幸せそう!

ラグーン内にバーもあるので、ドリンクも楽しめまする。拙者、アルコールには弱い故、シラフで入るのが良いと思うで候。

逞しいおじさんの背中に失礼して・・・パシャリ!

青白く光る水面は、ゆらゆら揺らめく天国のような温泉。絹を溶かしたような絶景温泉に、心も身体もとろんとろん!

3.レイキャビクへ!バスの優しいおじいさん

名残惜しくもブルーラグーンを後にする僕らですが、相変わらず市内行きのバスがわからない。もはやバス恐怖症になって怯えまくり。

でも、あるバスのおじいさんドライバーに聞くと「ふむぅ・・・乗れい!」と言わんばかりに乗せてくれました!きっと、異国の地で怯える日本人を放っておけなかったんだろうなぁ。

困っている人を見たら放っておけない、それがアイスランドの人。

市内に到着すると、運転手のおじいさんが「ここがホテルだよ」と教えてくれました!アイスランドの人々の優しさに感動

平和で幸せな国だからこそ、みんな優しくて余裕があるんだろうなぁ。

今夜の宿、センターホテルアーナルフォル(Centerhotel Arnarhvoll)に到着。美人でチャーミングな笑顔のスタッフに癒され、さっそく街を散策しますぞぉ!

4.北極光の乱反射!幾何学的ガラス建築のハルパ

ホテルを出ると、そこにはミラーボールのような建物があった!ここはダンスホールなんかぁ!いや、2011年に完成したハルパという建物です。

正式名称はハルパレイキャビクコンサートホール&会議センター。幾何学的にガラスパネルを敷き詰めているのが特徴で、夜になるとエレクトロニックな光を放つ。

夕焼けに染まる最果ての町、レイキャビク

ハルパはレイキャビクの海岸通りに建てられていて、ここからの夕焼けがまた幻想的。どこか物寂しそうな街並みを見ていると、切なくなるね。

北極圏に近いアイスランドは、街中からオーロラを見ることもできるそうです。このハルパの上空にもオーロラが帯び、乱反射させることもあるのだとか!

そんな絶景を見られると信じ、ハルパの周りをぐるぐる。夕焼けを反射するモダンガラスアートの建築に、思わず巨匠も唸りそう。

水を反射させ、光も反射させ、まるで鏡のようになった建物は、アイスランドを代表とする新時代のランドマーク!

5.夜の市内観光!巨大怪鳥現る!

レイキャビクの中心地にやってくると、賑わいの声が聞こえてくる。寒空の下、厚着をした地元の人が歩く切ない雰囲気の街。

11月ということもあり、街はクリスマスムードが漂う。そんな中、僕とアヤカもこの街の魅力に惹き込まれていく。

うおぉ!こんなところに26歳前後なのに、ものすごい老け顔のメキシカン配管工が!キノコを食べるでもなく、踏みつけて時計を見てやがる!笑

街はリトルヨーロッパという感じで、愛くるしい。レイキャビクは、可憐で洗練された小さな町だから、徒歩での観光が可能ですよ。

アイスランドは極寒の地ってほど、寒くはないです。これは島を囲うように流れる暖流の影響。ただ、天気は変わりやすい国なので、防寒着は必要ですね。

世界有数の治安が良い国とも言われていて、女性が1人で歩いていても大丈夫。チキンが1匹で彷徨っていても大丈夫。

ぼんやりと現れる黒い火山!幻想的な一本道の先に、ミステリアスな教会が佇んでいる。

遠くからではシルエットがよくわかりませんが、天辺には白く光る十字架も見えますね!

見たこともないでかい鳥じゃあぁ!喰われる!

街を散策していると、突如現れる巨大怪鳥。こいつはアイスランドでマスコット的な存在として愛されているパフィンって鳥!大きなクチバシに、キュートなたれ目。

レイキャビクのお土産屋にも立ち寄りつつ、観光を満喫。予想以上に寒くはないものの、そこは氷点下の世界。パフィンの羽毛が欲しい!

6.火山建築!溶岩玄武岩を模すハットルグリムス教会

あの黒い火山の正体は、街のランドマークにして最大の建物、ハットルグリムス教会でした。火山が噴火して、溶岩が冷え固まる姿を模して建造され、完成までに40年という歳月がかかったそう。

1937年に設計、1945年に着工、1986年に完成。悠久の歴史とともに作られた教会は、ファンタジーの世界そのもの!

その高さは74.5mにもなり、収容人数は1,000人。中には展望台もあり、エレベーターで上がるとレイキャビクの街を一望できます。

僕らが到着する頃にはすでに閉まっていたのですが、夜景としても美しい。世界のどこを見ても、このような形の教会は他にないのではないでしょうか!唯一無二の火山教会

その圧倒的な存在感は、近くで見ると大迫力。荘厳な建物と言われるのがよくわかる。

あまり見上げていると、首を痛めちゃうから気を付けて!細かな装飾などはないものの、シンメトリー調に洗練されたデザインは、見事な火山と教会の調和!

幻想的な教会に心打たれた後は、地元のボーナスという店へ・・・って入口どこなの?オドオドしていると「こっちこっち!教えてあげる」と地元の家族。

「あ、でも閉店してるね!」と残念そうなおじさん。「どこから来たの?」「何日間いるの?」「よし、他の店も教えてあげよう」と本当に親切。

僕らの拙い英語にも笑顔で答えてくれて・・・なんでこんなに優しいの。親切でフレンドリーで人懐っこくて本当に優しい。優しい人しかいない国、それがアイスランド。

7.地元民の国民食!絶品ホットドッグ

アイスランドは、とにかく物価が高い!そりゃもう現地の人もひっくり返るくらい高くなっているんだってさ!

そんなアイスランドの人にとって、リーズナブルで美味しい国民食と言えば、ホットドッグ。420アイスランドクローナと安くて美味しい!何やら「宇宙一美味しい」とか「世界一美味しい」だとか「アイスランドで一番美味しい」とか言われている店もあるくらい。

その有名な店だと思って入ったら、実は違った店だった!でも、パリパリのソーセージにふわふわのパン、絶品ソースとサクサクなトッピングで絶妙。

あれ?ほっぺどこいった?・・・あぁ、もうほっぺ落ちてたわ。

まとめ

アイスランド1日目は、空港で足止めを食らうも、絶景露天風呂ブルーラグーンに心も身体も癒された1日。レイキャビク市内は幻想的なハルパやハットルグリムス教会もあり、最果ての町を思う存分満喫。

そして、何よりアイスランドの人々の優しさに触れた日でした。世界中に心優しい人はいるけれど、この国の人々は本当に心から優しい。その気持ちに触れる度、アイスランドが好きになる。

明日は秘境の地に眠る絶景を探しに行こう!息もできなくなるような光景が待っている!朝焼けと夕焼けを交互に繰り返すアイスランドの旅は、僕の人生を変えることになる。

【アイスランド】黄金の滝グトルフォス!世界遺産シンクヴェトリル国立公園【海外旅行記2日目】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です