【アイスランド】裏見の滝セリャラントスフォス!氷河湖の幽霊とオーロラ【海外旅行記3日目】

【アイスランド】裏見の滝セリャラントスフォス!氷河湖の幽霊とオーロラ【海外旅行記3日目】

2016年11月アイスランド旅行3日目。アイスランドの美しき大自然を追う。暗鬱で雄大なセリャラントスフォスや異様に喉が乾いた人々が集まるスコゥガフォス、太古の風景を残すエイヤフィヤトラヨークトル、氷の幽霊が漂うヨークルスアゥルロゥン。白く覆われた世界を抜け、狙うは幻想的なオーロラ!

アイスランド【レイキャビク】海外旅行記

デンマーク旅行記

1日目:絶景温泉ブルーラグーン!ハルパとハットルグリムス教会
2日目:黄金の滝グトルフォス!世界遺産シンクヴェトリル国立公園
3日目:裏見の滝セリャラントスフォス!氷河湖の幽霊とオーロラ
4日目:氷の洞窟スーパーブルー!神秘のヨークルスアゥルロゥン
5日目:スナイフェルス半島で凍死?海賊のロマンを追って
6日目:さらば火と氷の国!デンマークへ

デンマーク旅行記

エピソード

どうも!雪国のオーロラハンター、チキンジャーニーのハルです!

2016年11月、8か国目のアイスランド3日目は、白く覆われた世界にある滝や氷河、湖を巡る!天気は曇天!まだまだ未知の絶景が眠るこの島を縦横無尽に冒険!絶海の氷の世界に浮かぶオーロラは見つけられるのか!

1.つるつるの裏見の滝!セリャラントスフォス

氷点下に震える異世界!ここはどこ?

まだ薄暗いアイスランドを、ガイドの車で走る僕ら。早朝、ガイドとガッチリ握手をして、絶景ハンティングツアーに出発。

遥か向こうまで、どこまでも果てしなく続く氷河の世界。ぼんやりと朝陽に照らされる姿は、未知の惑星のよう。何度もこの国に惚れてしまう。

青白く光る絹の糸が美しい。やってきたのは、アイスランドで一番有名な滝と言っても過言ではないセリャラントスフォス

発音が難しいアイスランド語では、セリャランスフォスという方が合っているかも。断崖絶壁から降り注ぐ天然のシャワーを浴びてみたくなる!

ただ、極寒のアイスランドで滝行なんてした日には、心臓まで凍って全身砕け散るよ!笑

凍えちまう!今日は連日のアイスランドの中でも、格段に冷える。滝の水飛沫でより体温を奪われるから、防寒着必須ですよ!

美しい滝に青白い顔をした僕。天気が曇天なのは残念ですが、それが厳寒な雪国の切なさをより醸し出してくれますね。

テッカテカのつるっつる!氷が濡れることによって、より滑らかになっている。まさにデッコボコなスケートリンク

アイゼンがないとつるっと転んで怪我しちゃう!転倒者続出警報発令します!笑

セリャラントスフォスは、滝の分類としては直瀑というもので、垂直に水が落ちるのが特徴。特異な地形で、滝の裏側に小道があることでも有名ですね。

滑らかな結氷の絨毯!氷と水が作り出す神秘的な光景。これ、実はアイスランドでも隠れた氷の絶景だと思う。

ポコポコと丸みを帯びた氷が敷き詰められている景色は、まさに異世界を旅しているかのよう。

セリャラントスフォスは、遥か続く断崖絶壁から落ちる滝。滝に向かって歩いて行くと、アイスランドらしい景色が遠くまで広がっていきます。

滝の裏側を見たいという方は、4月~10月に訪れるのがマスト。5月~8月は太陽が沈まない白夜、12月~1月には極夜になります。

それぞれ時期によって表情を変える滝を楽しむのも乙なもの。

氷彫刻の城!煌めきを帯びた淡い氷が作り出す光景は別世界。雪の女王が魔法で作ったのかな?笑

冬しか見られない景色だけに、僕はもっともっと先に進もうとする。この先に行きたいんだ!でも、冬は凍結していて危険ということで、滝壺への入り口は封鎖されていました!残念。

これ以上進んだら、氷漬けにされてしまう!笑

下から見ると雄々しくも禍々しくもある。人間を寄せ付けない自然界の厳しさを、轟音とともにお腹の中まで響かせられる。

ここにもニョロニョロ!ツアーの場合、滑りやすいポイントでは、ガイドが身体を支えてくれます。僕みたいに体幹がぐにゃぐにゃな人でも大丈夫!

滝周辺には氷筍みたいなものがニョキニョキしていて、これまた異様な光景。童心に返って、氷と戯れる僕ら!

集合時間になるも、寒さのあまりトイレへ。しかし、しばらく待っていてもなかなか出てこない……。

そんな中、僕の後ろにいたアイスランド人が「誰も入っていないんじゃない?」という感じで背中をツンツンしてくる!

そんな甘い言葉に釣られて扉を開けると……嘘だろ!誰か入ってるじゃん!

後ろをキッと睨むとアイスランド人「Sorry!」と大笑い。僕は苦笑い。トイレの中の人は照れ笑い。もうなんなの、この珍百景!

2.滝壺注意!大迫力のスコゥガフォス

異世界の滝!アイスランドの滝と言えば、グトルフォスやセリャラントスフォスが有名ですが、このスコゥガフォスもぜひ訪れていただきたいです。

スコゥガフォスは、アイスランド最大の滝で最大落差60mの滝。圧倒的な水量を誇る滝で、幅25mの雄大な直瀑。

大迫力のグトルフォスやセリャラントスフォスにも心を奪われたけれど、スコゥガフォスも異世界のような雰囲気を携える風光明媚な滝。

荒涼とした冬のアイスランドに、悠々と水が流れ落ちる。この壮観な滝にやってくるのは、絶景を求める旅人や大自然を肌で感じたい観光客、世界を旅するバックパッカー……そして異様に喉が渇いた人たち!

スコゥガフォスは滝壺と地面が平行のため、そのまま歩いて滝壺周辺まで進めます。ただ、滝壺は凍えるような冷気と水飛沫が飛んでくるから防水加工の防寒着必須

ってか、座り込んじゃっている人もいるし!笑

岩盤のビッグウェーブ!ここは世界でも屈指の荒波が生まれる地で……って、え?これ岩か!

苔が生えた岩肌が隆起していて波のよう。まるで巨人が掴んで剥がしたような。ある意味、不気味で怖い。

岩が波打っている奇景がまた異世界に迷い込ませてくれる!

アヤカがどんどん滝壺に吸い込まれる。僕もガクガク震える膝を抱えながら、頑張って前に進む。強くなる水飛沫を避けながら、滝壺に到着!

神々しいとも言えるほどの豪壮な滝に、腰が抜けそうになる。……本当は氷で滑って立てないだけなんだけど!笑

ひょえ~!串刺しにされるぅ!飛び散った水飛沫は雫となり、そこに氷柱ができる。ぽたぽたと降ってくる雫が気持ち良い。

雪国育ちの僕は昔、氷柱を食べていたなぁなんて思い出すよ!笑

でも、よくよく考えたら氷柱って食べ物じゃないからね!みなさんは真似しないでくださいね。もちろん、アイスランドでも食べちゃダメ!

全身びっちゃびちゃ!いやぁ、もうマイナスイオンどころの騒ぎじゃない!全身がこんなに濡れたの……初めて!笑

もっともっと濡れよう!そして風邪を引いてしまえ!それが生きているってことだ!!!

チキンな僕が滝壺の中に立っているってすごいことだよね。両手を広げて、世界の果てからこんにちは。まさに、夢見心地。世界に一歩踏み出しゃ、こんなこともできるさ!

馬も寒そうだぁ!11月でも放牧しているということは、真冬になってもこの状態ってこと?そりゃ、酷な話じゃないか!ねぇ、馬さん。

思わず、防寒着の脇に手を入れる僕。中に貼っているカイロをあの子たちに貼ってあげたい。

見よ!このボケ感!あ、ボケ感って言っても悪口じゃなくて、一眼レフカメラのことなんです。

僕はアイスランド旅の前、必死に貯金して貯めたお金でCanonの一眼レフ80Dを購入しちゃいました。もっと良いカメラもあるんだけど、観光で使う分には十分過ぎる!

構図とかは上手じゃありませんが、それでもこの物寂しい雰囲気が伝わる写真。切なくて……素敵

3.柱状節理の断崖絶壁!ブラックサンドビーチ

次の目的地へ向かう中、目の前に広がるのは巨大な氷河、エイヤフィヤトラヨークトル

ちなみに、ヨークトルはアイスランド語で氷河を意味しています。

金色の草原と聳え立つ岩盤!苔が茂る溶岩台地と凍て付く氷河を抜けてやってきたのは、海岸線に浮かぶ奇妙な奇岩群レイニスドランガルと漆黒の砂浜が広がるブラックサンドビーチ

ペタペタふむふむぅ!地質学者顔負けの神妙な面持ちで岩に触れる僕。ここは六角柱が連なる柱状節理の断崖絶壁。……本当に地球なのか?

この柱状節理は、世界中のさまざまな場所にあり、スコットランドのジャイアンツコーズウェイやアメリカのデビルズタワーなどが有名ですね。

鬼ヶ島かここは!血に飢えた鬼が棲んでいそうな断崖絶壁、鬼の城。ゴツゴツしている未知の惑星のような光景は、一度見たら忘れられない威圧感を放つ。

ブラックサンドビーチを見に来たのに、岩肌ばかりを見ているとはこれいかに……。

どこまでも広がる真っ黒なビーチ!テンション高めな僕らはさておき、奥に広がる奇岩群。海に浮かぶ奇妙な岩は、レイニスドランガルと呼ばれるものらしい。

海に浮かぶ蝋燭岩!言うなれば鬼ヶ島の灯台というところかな。不気味で奇妙奇天烈な風景、僕は好きよ。

4.氷の幽霊が漂う!ヨークルスアゥルロゥン

旅の途中、立ち寄ったドライブインのようなところでバーガーを注文!無類のジャンクフードボーイ、思わず頬に手を当てて唸る。

うみゃぁ~!とろけるチーズに肉汁たっぷりのパティ、ふわふわバンズにカリカリなベーコン。タトゥー満載のお兄さんが作ってくれたバーガーは絶品!上には目玉焼きがライドオン!付け合せのポテトも美味しい。

ただ、時間がギリギリなのか、ガイドが「まだ食べてるなぁ~?」的な笑顔で急かすので、バスに持ち込んでバクバク!笑

氷の幽霊が漂う氷河湖!知らない国、どこを走っているのかもわからない。見たことのない世界が土石流みたいに流れ込んでくる。淡々と流れる絶景の濁流の中、僕は物思いに耽る。

何やらどこかに着いたらしい。バスから出てみると、そこに広がっていたのは、雪が滾々と降る真っ暗な氷河湖

ここはヨークルスアゥルロゥン。夜空が反射する明鏡止水の氷河湖に浮かんでいたのは、氷の幽霊だった!

ゆらゆらと漂う氷山の一角を眺めながら、僕らはロッジでぬくぬく温まります。雪に覆われたこの場所もまた、僕の知らなかった場所。

アイスランドは、いつも未知の世界を見せてくれる。そこで見た景色は、一生忘れないでしょうね。

5.世界一美味しいロブスターのピザ

うまぁぁあいぃ!世界一美味しいピザじゃぁ。ロブスターがふんだんに入っているこちらのピザ、美味し過ぎて泣きそう。

ここは今日宿泊するホテルに併設されたレストラン。ロブスターの濃厚な風味が喉の奥まで流れ込み、快感で腰が抜ける。そこにチーズのコクが染み渡る。深みのあるバジルソースとともに……ゴクリ。

いやぁ、本当に美味し……ん?日本語が聞こえてくるぞ!隣の席に目をやると、日本人のカップルが!なんやかんやで仲良くなり、今夜のオーロラハンティングを一緒に回ることに!

世界一周の経験もある人で、夜の食卓は旅話に花が咲くのでしたとさ。

6.曇天残念!朧気に光るオーロラ

オーロラハンターとともに、北極圏の奇跡を探しに行こう!アイスランドはオーロラも見られるのですが、今日は生憎の曇天。

肉眼で確認できるものはない。ずっとこのオーロラを見たかっただけに、悲し……お!ふと、何かを指差すガイド。その方向を見てみると、ぼんやりとオーロラが!

肉眼では確認できないし、写真にもほとんど写っていないのですが、幽かに広がっているとのこと!

残念な結果でしたが、オーロラを一緒に探したカップルとの出会いは、僕の思い出をより良いものにしてくれた。それだけで十分だよ。

北極圏の奇跡!オーロラを見ることはできなかったけれど、旅先での出会いこそが奇跡なんじゃないかな。……なんか上手いこと言って良い感じの話にしちゃった!笑

本当にこの旅で感じる旅先での出会いの大切さ。オーロラとの出会いはまた次の楽しみにしておこう。

僕らはホテルに戻って、就寝。

まとめ

アイスランド3日目は、冷涼な銀世界の滝や氷河、湖、オーロラのハンティングツアー!知らない世界が自分の中に流れ込んでくる快感は、まさに旅の醍醐味。そして出会いの大切さも教えてくれた日でもあった。

凍り付くセリャラントスフォスや異世界のようなスコゥガフォス、巨大なエイヤフィヤトラヨークトルにブラックサンドビーチ、レイニスドランガル、氷が揺らめくヨークルスアゥルロゥンなど。息を呑むような切ない氷の世界。

明日は奇跡が織り成す氷の絶景を追う!目指すはヴァトナヨークトルの氷の洞窟。スーパーブルーと言われる洞窟が広がるスカフタフェットル国立公園、青い氷が浮かぶヨークルスアゥルロゥンへ!

もう死んでも良いと本気で思える絶景の旅!

【アイスランド】氷の洞窟スーパーブルー!神秘のヨークルスアゥルロゥン【海外旅行記4日目】

ヨーロッパカテゴリの最新記事