【アイスランド】スナイフェルス半島で凍死?海賊のロマンを追って【海外旅行記5日目】

【アイスランド】スナイフェルス半島で凍死?海賊のロマンを追って【海外旅行記5日目】

2016年11月アイスランド旅行5日目。極寒の豪雨の中、向かうはスナイフェルス半島!ミニアイスランドと呼ばれる風光明媚な絶景を巡るツアー。しかし、絶海の孤島を包む雨は予想以上に強い。悪天の中、びしょ濡れになった僕は、凍死寸前で死にかけるのだった!

アイスランド【レイキャビク】海外旅行記

デンマーク旅行記

1日目:絶景温泉ブルーラグーン!ハルパとハットルグリムス教会
2日目:黄金の滝グトルフォス!世界遺産シンクヴェトリル国立公園
3日目:裏見の滝セリャラントスフォス!氷河湖の幽霊とオーロラ
4日目:氷の洞窟スーパーブルー!神秘のヨークルスアゥルロゥン
5日目:スナイフェルス半島で凍死?海賊のロマンを追って
6日目:さらば火と氷の国!デンマークへ

デンマーク旅行記

エピソード

どうも!死にかけの不死鳥こと、チキンジャーニーのハルです!

2016年11月、8か国目のアイスランド5日目は、スナイフェルス半島へ!しかし、悪天を運んでくる凶悪な雲に包まれ、激しい豪雨!防水加工をしていない僕の羽毛はびしょ濡れ!極限の世界で不死鳥が死にかける醜態をご覧あれ!

1.ガイドが到着!スナイフェルス半島へ

まだまだ真っ暗闇!冬のレイキャビクは、朝もまだまだ暗い。時刻にして6時とか7時くらいかな。

天気予報では曇りとなっていたけれど、ミニアイスランドと呼ばれるスナイフェルス半島ツアーが楽しみ!スナイフェルスネス半島とも呼ばれたりするみたい。

……この時はまだ、あんなことになるなんて思わなかったんだ。

2.豪雨襲来!濃霧が包む海賊の灯台

ここどこよ!昨日あんなに天気が良かったのに、今日は打って変わって曇天雨天の大雨小雨

きっと運を使い果たしてしまったんだ。稀代のラッキーボーイもさすがに、アイスランドの洗礼には勝てないですね。

アイスランドの冬は、本来こういう天気が多いとガイドの方も残念そう。それより何より、車がどこに向かっているのかもわからない!笑

海賊の灯台!雨が降りしきる中、やってきたのは大昔の海賊が建造したという建物。正確なことはわかりませんが、灯台みたいな。

英語ガイドだと、説明を受けていても内容を半分くらいしか理解できない……自分の英語力が憎い!憎いぞぉ!ついでに雨も憎い!

ってか、雨が強過ぎて、ガイドの声も聞こえないよ!ねぇ!本当にツアー続行できるの?笑

3.海賊も逃げ出す海!アザラシウォッチング

濃霧が襲ってくるぞぉ!遥か向こうまでずっと霧がかかっている。この地にやってきた海賊も、こんな寒さに震えていたんだろうか。

ちなみに、アイスランドには海賊党という政党もあるんですよ!海賊党が目指すのは、オンライン投票で政策を決定し、アイスランドをビット世界の中立国にすること!

今では世界中に海賊党が広がり、ある意味で現代に蘇った海賊たち。自由を取り戻すべく、世界を転覆させるための新たな航海が始まっているのかも。

海賊が出たぞぉ!荒波に揺れながら、黒い頭がぷかぷか浮かんでいる。

……って、あれはアザラシだよ。ガイドが一生懸命説明してくれている中、僕は身体がどんどん冷たくなっていく。やば・・い。

マウンテンパーカーじゃ土台、無理な話だったってこと!笑

ニョキッ!海に浮かんでいる黒い点がいくつか見える。悪天候の中、アザラシウォッチングをするのも悪く……ないよね!笑

でもこんな大荒れの海、海賊だって逃げ出すわ。僕も今すぐ暖炉とかで温まらないと、身体の心から冷えて凍えちゃいそう。

言っておきますが、アイスランドの冬を舐めちゃいけない!防水加工の服装じゃないと痛い目を見るので、絶対に防水加工の防寒着を持っていくこと!

僕がこんなに身体を張って検証しているんだから、旅行する人は絶対に持っていくこと!笑

4.奇妙な穴が空いた海岸!パフィンの根城

海賊が財宝でも隠してそう!こういう奇妙な海岸は、場所も覚えやすくて良いと思うんだ。

でもこんな大きな穴、どうやって空いたんだろう。その幻想的な自然の造形美に、心打たれる僕だった。

……そう思うのも束の間。バードウォッチングしながら身体の悲鳴が止まらない。震えが止まらない!ガクガクガク……ブルブル。

そんな僕を見て、ガイドが「Welcome to Iceland!!!」と両手を広げて叫ぶ!……こ、これがアイスランドか!一緒にツアーに参加した台湾の人にも、「大丈夫ですか?」と言われる始末!笑

5.鬱蒼と茂る溶岩と苔の海

溶岩と苔!アイスランドは火山島なので、溶岩台地が広がっているのが特徴です。そこに蒸された苔がビッシリ。溶岩と苔の奇妙な景色。

あ、ちなみにこの写真、アヤカが撮影したものなんです。僕はどこにいるかって?

……バスの中ですよ!

体温が奪われて、本能的に「これ以上濡れたらやばい」と思った僕は、バスの中で大人しくしていることにしたんです!いや、最初は行こうと思いましたよ!笑

でも、手足の感覚がなくなってきているし、唇が紫だし、顔も青いんだし!わしゃ氷の洞窟かってくらい顔が青いんだものぉ。

6.凍死寸前!絶景のキルキュフェットル山

美しい小さな滝と小さな山!ここがリトルアイスランドの目玉、キルキュフェットル山です!

そこは、まさにミニアイスランド!連日のアイスランド旅で見た雄大な滝や広大な山に比べ、ここにあるのはミニマムサイズ。縮尺をギュッと縮めた感じで、幻想的な世界。

この写真もアヤカが撮影。また僕はどこにいるかだって?

……ご存知、バスの中ですよ!

ここで凍死寸前の顔で僕が言いたいのは、防寒着は必須ってこと。僕の身体がそう訴えています!海外旅行の準備は入念に!

見え隠れする黄泉の国。

レイキャビクのホテルに到着する頃には、僕の身体は冷たくなっていた……いや、死んではいないけどね。

その夜、冷え切った身体で入ったホテルのシャワー。あの温もりは忘れない。今までで一番気持ち良いシャワーだったぁん!

まとめ

アイスランド5日目は、スナイフェルス半島を真っ青な顔で飛び回る1日!リトルアイスランドやミニアイスランドと呼ばれる幻想的なミニマムワールドは、まさに絶景。

海賊のロマンに揺られながらも、僕を襲ったのは強烈な冷気と雨。凍死寸前になりながら、その先に見えたのは絶景で見え隠れする黄泉の国。

明日はデンマークで乗り継ぎをし、そのまま帰国します!人生を変えるほどのアイスランド旅は、絶景の宝庫でした。そこで出会った景色や人々、体験したことすべてが愛おしい。

【アイスランド】さらば火と氷の国!デンマークへ【海外旅行記6日目】

ヨーロッパカテゴリの最新記事