【マレーシア】傘舞う世界遺産の古都マラッカ!ブギッビンタン観光【海外旅行記5日目】

【マレーシア】傘舞う世界遺産の古都マラッカ!ブギッビンタン観光【海外旅行記5日目】

2017年2月マレーシア旅行5日目。西洋と東洋の文化が混在する世界遺産、古都マラッカへ!オランダ広場やセントポール教会など、世界各国の文化が入り交じる光景はかつての歴史を匂わせる!マレー鉄道でクアラルンプールに戻った後は、ベリーズチョコレートキングダムやブギッビンタンを観光!夜は青島ビール……え?

マレーシア【クアラルンプール】海外旅行記

1日目:ANAの悶絶絶品スープ!首都クアラルンプールへ
2日目:市内観光後にペナン島へ!超絶マッサージで昇天?!
3日目:モスクにUFO出現?オランウータン保護島に棲む森の人
4日目:キャメロンハイランドの茶畑!夜のペトロナスツインタワー
5日目:傘舞う世界遺産の古都マラッカ!ブギッビンタン観光
6日目:バブルバスで悶絶!移住したい国は心の故郷

エピソード

どうも!世界遺産の古都を歩くチキンジャーニーのハルです!

2017年2月、9か国目のマレーシア5日目は世界遺産にもなっている古都マラッカを探索!西洋と東洋の歴史が渾然一体となった町は、パラレルワールド!マレー鉄道で次はどこに行こうか!そんな人混みが苦手な僕を待っていたのは、巨大繁華街ブギッビンタンだった!

1.オシャレな朝食!青く輝くペトロナスツインタワー

朝食が豪華です!おはようございます!朝食はビュッフェスタイルなのですが、ここのアップルパイは絶品

優雅に朝食を楽しんでいる髭面の僕に、ソッと寄り添ってコーヒーを入れてくれるサービスの良さ。朝から王様気分を味わえる!笑

空の青を吸い取ったガラスペン!空の青が反射するペトロナスツインタワーは、まさに近未来都市の象徴。

夜景が綺麗なことで知られているペトロナスツインタワーですが、個人的には朝が一番綺麗なんじゃないかなと思うくらい!

ただ、近くで撮影すると入りきらない。広角レンズを買う口実にしちゃおうかな!笑

2.傘が降る都!世界遺産の古都マラッカ

ほいっ!やってきたのはマラッカ海峡の港湾都市。世界遺産にも登録されている古都マラッカです。

かつてここは東西交通の要衝として発展し、オランダやポルトガル、イギリスの統治下で街並みが形成されていった歴史があります!

あの旅の名著「深夜特急」でも有名な都市ということで、知っている人も多いのではないでしょうか?夕陽が綺麗なのだとか。

傘が舞う町!マラッカは列強国に侵略されながらも、アジア特有の文化を残しているのが特徴。西洋と東洋が融合した美しい街並みは、歩いているだけで心躍る。

傘が空を舞う町って素敵じゃない?空を仰ぐと無数の傘。こりゃ、雨が降っても大丈夫ですね!笑

太陽が気持ち良いなぁ!傘から差し込む太陽光。ん~!古都マラッカ、最高です。

3.赤く染まる東洋文化!オランダ広場にて

オランダの風が……!東洋文化を飲み込んだのが西洋文化。そう思えるのが、ここマラッカにあるオランダ広場

美しい色合いが、何ともオランダらしさを彷彿とさせますね。ここだけオランダの風が吹いているみたいだ。

美しいぃぃいぃ!ここはオランダ統治時代に作られた建物が並んでいます。その美しさに、思わず生唾をゴックンしちゃう。

真っ赤な広場!マラッカの真っ赤な広場。マラッカ……真っ赤……いえ、似ているけれど関係はないですよ!笑

さてさて、このオランダ広場にあるのが、マラッカキリスト教会です。真紅の教会に純白の十字架。いくつもの教会を見てきた僕ですが、このような色合いや形は初めて!

一歩歩けば変わる景色!同じ国、同じ町なのに一歩歩けば街並みがガラリと変わる。それがこの古都、マラッカなんですねぇ。

東洋文化が西洋文化に色を変えられた歴史。赤く染まった古都には、一言では語れないような歴史が眠っている。

4.まるでヨーロッパ!セントポール教会からの眺め

ここはヨーロッパかぁ!オランダ広場から丘の上に行ってみることに!

オレンジ色の屋根が美しく、より西洋文化の影響を受けていることがわかります。歴史は複雑かもしれないけれど、こんな美しい街並みが見られるなんて感動。

マラッカの丘の上にあるのが、宣教師として知られるフランシスコ・ザビエルの像があるセントポール教会です。

古びた遺跡のような教会は、異様な威圧感がある。でも、優しく包み込まれるような荘厳な建物!

ザビエルの目を背に受けて!背中にザビエルの視線を感じながら、遠くの街並みに目を向けてみる!笑

内部にはザビエルが殉教した際、9か月間遺体が安置された場所があるらしい。

遠くを見る黄昏チキンの背中から、どことなく哀愁も漂っていますねぇ!笑

遠くに見える街並みは、まるでアドリア海の真珠、クロアチアのドゥブロヴニクのよう。いえ、あちらの方が美しいと思いますが、ここも綺麗です!

激動の時代に揺さぶられながら風化した建物は、どれも美しい。どんなに老朽化しても、その美しさは言葉にできないものがある!

セントポール教会は今まで見てきた教会の中でも、より歴史を感じる教会。

青天井の教会ということもあって、快晴だとより美しいです。古びたものが好きな僕にとって、ここはお気に入りのスポット入り確定!

これ、マレーシアらしい写真ではないでしょうか?

歴史ある建物と緑の木々が原色豊かに混在する風景。カラフルな景色は、写真を撮るのも楽しかったりする。

そして、帰国してから写真を見て、その情景を思い出すんだ。それが僕の旅の楽しみ方。

5.マレー鉄道に乗って!ベリーズチョコレートキングダム

タイガービールで乾杯!昼食はニョニャ料理。ニョニャってのは女の子って意味らしく、男の子のことはババというらしいです!

朝から歩いたってのと暑さで体力も奪われる。でも、海外旅行の疲れって心地良いよね。仕事とかの疲れとはまた違った心地良さがある!

何このミントグリーンの食べ物!怖い!……恐る恐る食べてみるけど、あれ?結構美味しいかも!

言っておきますが、僕の味覚には基本的に超美味しいと美味しいしかありませんからね!笑

はてさて、マラッカ観光を楽しんだ後は、マレー鉄道でクアラルンプールに帰ります。マレー鉄道って聞いた時は、もっと古いのかなって思っていたけれど、ピカピカマンボって感じね!

旅仲間のアッケとは、ダラダラダラダラと語ってますよぉ。こうやってどうでも良い話をする時間。人生で大切な時間だと思うの。

クアラルンプールに戻ってから、やってきたのはベリーズチョコレートキングダム

ここにはマレーシア中のチョコレートが集まっているんじゃないかってくらい、沢山の種類が揃っています。ツアーだと必ず立ち寄るみたいね。

誰だよ、こんなところにこんなデカい石置いた……え?これチョコレートやないかい!

甘党の僕、思わず頬張ってしまいそうになる!

チョコレート工場の真っ白な顔のあの人も驚くくらい。マレーシアでチョコレートを買うならここかな!でも、意外と値段も高いから気を付けて!笑

6.人混みにクラクラ!巨大繁華街ブギッビンタン

人混みが苦手な僕がやってきたここは、クアラルンプールの大繁華街ブギッビンタン!若者が集まる現代都市だぁ!

今まで自然や文化に癒されてきた僕、ここにきて疲れが爆発!笑

ブギッビンタンは日本にも負けない大都会。田舎暮らしの僕にとっては、この風景はそんなに心躍らない。ただ、入り組んだビルが混ざり合う景色は、ある意味でアジアらしいね!

今日も疲れたねぇ!でも、楽しい。そんな会話をツアーの人と楽しみながら、青島ビールで乾杯といきましょう。

中国で最も古いビールの1つなんですけど、青島ビールは飲みやすいです!一緒にツアーに参加した人たちとも仲良くなれて、良い思い出になりましたよ。

コンビニに立ち寄ってからホテルに戻り、今回の旅を振り返りましょう!

まとめ

マレーシア5日目は、世界遺産の古都マラッカを街歩きする1日。西洋と東洋の文化が織り成す景色は、本当に美しかった!マレー鉄道でのまったり旅も堪能!

ブギッビンタンでは、あまりの人混みにクラクラしましたが、それでもマレーシアの発展を感じずにはいられない!高度経済成長を遂げ、よりマレーシアが発展すると良いですなぁ!

明日はいよいよ帰国します。長かったようで短いマレーシア旅。アジアは色々な発見があって面白い!

【マレーシア】バブルバスで悶絶!移住したい国は心の故郷【海外旅行記6日目】

アジアカテゴリの最新記事