【メキシコ】メルヘンな絶景湖ピンクレイク!リオラガルトス秘境探検ツアー【海外旅行記4日目】

【メキシコ】メルヘンな絶景湖ピンクレイク!リオラガルトス秘境探検ツアー【海外旅行記4日目】

2018年4月メキシコ旅行4日目。桃色と水色が相反する絶景の湖ピンクレイクを目指してカンクンを出発!目の前に広がるのは想像を超える幻想的な光景!さらには野生動物が棲むリオラガルトスを探検。息を呑む景色と珍獣と悪乗り兄弟!美しい景色と動物と人々に出会うツアー!これぞまさに僕が思い描く大冒険!

メキシコ【カンクン】海外旅行記

1日目:太陽と海賊の国!カリブの5つ星ホテルグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン
2日目:神秘の泉グランセノーテ!古代マヤ文明の世界遺産チチェンイッツァ
3日目:トゥルム遺跡のイグアナとマリオ!海賊の隠し財宝を追え!
4日目:メルヘンな絶景湖ピンクレイク!リオラガルトス秘境探検ツアー
5日目:初中南米に大満足!カンクンからダラス乗り継ぎで帰国
6日目:旅の疲れが癒される熱々ラーメン!失神しまくり壮絶な帰路

エピソード

どうも!悪乗りメキシカンブラザーズのおもちゃにされたチキンジャーニーのハルです!

2018年4月、13か国目のメキシコ4日目は待ち焦がれた絶景の湖ピンクレイクへ!……世界には知らない景色しかない。リオラガルトスではジャングルクルーズを楽しむも、悪乗り兄弟のおもちゃにされる始末!奴らは海賊の末裔か!いざ、見たこともない絶景と混沌の大冒険へ!

1.サボテンと田舎町を抜けてどこまでも

朝から優雅ですなぁ!ここ数日間、贅沢しかしていない。さすがは人をダメにしてしまうリゾート、カンクンだね。こんな生活してたらダメになっちゃう!笑

今日も朝食は豪華ビュッフェ!ふわふわサクサクのクロワッサンと新鮮なサーモン、カリカリベーコンとサラミ、ハム、スクランブルエッグ、彩り豊かなサラダとフルーツ……全部美味しい!

グランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン(Grand Fiesta Americana Coral Beach Cancun)に宿泊するなら、この朝食で決まり!味噌汁も絶品よ!

さぁ、カンクンを離れて向かうのはどこでしょう?笑

メキシコの田舎町をのんびりと走り抜けていきますよ。どこまでも流れる景色を見ているだけで、旅を楽しんでいる自分に酔ってしまいそう!……いや、これは車酔いかな?笑

南国の田舎町!カンクンの煌びやかな豪華ホテルや派手なナイトクラブも良いけれど、こういう田舎町も味がありますよね!

かなりロングドライブですが、そんなの気にならないくらいに気持ち良いし心地良い。大人の現実逃避には最適な楽園、それがメキシコなんだろうなぁ。

途中で立ち寄った小さな商店。トイレがしたい!メキシコの海外旅行で思ったけれど、トイレが少ないなって思います。本当に観光地くらいにしかない。何はともあれトイレがしたい!

膀胱で暴れ回る衝動を何とか抑えてトイレに向かうも……なんだと?まさかの鍵!施錠!締切!禁足地!

ここにはサボテンと小さな祭壇のようなものがありました!メキシコはカトリックがブラジルに次いで多い国としても知られ、スペイン語圏では最も多いとも言われています!

身近な場所に宗教を感じられるものがあるというのは、この地の人にとっては大切なことですね。……これまたメキシコらしい!

どこまでも続いている田舎道。いつかバックパッカーになって、こういうところを何も考えずに歩いてみたい。バックパックに思い出を詰め込む旅、いつか絶対やってやる!

海外旅行では現地ツアーを使うことが多いから、観光は人気スポットだけってことも多いですよね。でも、たまに見られるこういう景色がまた好きなのさ!

2.桃色と水色が分かつ湖!奇跡の絶景ピンクレイク

ずっと続く田舎道を抜けてようやく到着したのが、ここ!何の変哲もない場所!……だと思いますよね?笑

窓から見えてきたのは美しい景色の三重奏。窓枠が切り取る絶景のティラミス。淡い水色と桃色、黄色が重なり合って……それはまるで美しいムースケーキ!

な、なんだここ?桃色と水色が地平線で分かれて……あぁ、表現できない色合い。

桜を溶かしたかのような優しい色彩の湖。天空に広がるのは白い綿菓子が浮かぶ空。そう、ここがメキシコを代表とする絶景の湖、ピンクレイクです!

別名ピンクラグーンと呼ばれることもある湖ですね。

さてさて、もっともっと近づいて見てみましょう!

それにしてもなんでこんな色に染まっちゃうんだろう。自然のものとは思えない。これが天然ってんだから驚き!

うわほぉおぉぉ!今まで世界を旅してきて、数多くの絶景に出会ってきたけれど、これは見たことがない。湖がピンク色なんて、奇妙奇天烈摩訶不思議のメルヘンワールド

あれ?絵本の世界に迷い込んでしまったのかな?

この白い泡は何だろう!……空に浮かんでいた綿菓子が落ちてきたのかな?それともメレンゲかな?笑

あぁ、旅してんなぁ。世界にはこんなメルヘンな絶景もあるんだなぁ。

海外旅行でメキシコを訪れるなら、このピンクレイクは絶対におすすめしたいですね。カンクンを拠点に観光するなら、現地ツアーなどを予約しておくと便利ですよ!

ザザッ!仁王立ちで写真を撮ってもらってみる。これは絵になる!

どこまでも続いている湖、一面がピンク色!ハネムーンにやってきたカップルたちを横目に、僕らも色々な写真を撮ってみますよ!笑

桃色と水色の合わせ鏡!世界中の絶景の中でも、ここまでメルヘンな光景は初めて出会ったかもしれない!

なぜこんな色になるのか。何やら確実な原因は不明なものの、塩分やバクテリアなどの影響で鮮やかな色になるのだとか!そこに太陽の光が差し込むと煌びやかなピンク色に光るんですよね!

アフリカのセネガルにあるラックローズと呼ばれるレトバ湖、オセアニアのオーストラリアにあるヒリアー湖など、ピンクレイクやピンクラグーンは世界各地にあります!いつか全部制覇してやるぞ!

3.金色に輝く湖!シャンパンの如きゴールデンレイク

……黄金が溶けた湖!ピンクレイクの反対側にはゴールデンレイクも!あ、こちらは僕が勝手に命名させてもらいましたよ!笑

湖面が金色に光っていて神秘的な光景。まるでシャンパンのような湖。ピンクレイクが注目されがちですが、こちらも絶景です!

フラミンゴだ!超広角レンズで撮影していたのでズームできていないのですが、フラミンゴもいました!シャンパンに浸かるフラミンゴ……なんて贅沢なんだ!

もちろん、本物のシャンパンではないので絶対に飲まないでください!ガイドの人曰く、触れるのもダメなんだとか!……皮膚が溶けるぞ!笑

絶景ぇぇえ!一緒に参加したハネムーナーも写真撮りまくり!幸せそうなカップルだぁ!羨ましいぞぉ!幸せになれよぉ!こんちくしょうめぇ!笑

ここは確かに新婚旅行におすすめ!こんなところを新婚旅行したら、一生忘れられない思い出になること間違いなし!

4.摩訶不思議で奇妙奇天烈な鏡張りの景色

火照る湖!この湖、太陽の熱さに火照ってるのかな?笑

太陽が天高く昇るのに合わせて、その色合いはより鮮やかで色濃くなっていく!桃色というよりは紅色に見える瞬間もあり!

何度見てもこの景色はすごい。すごいという稚拙な言葉しか出てこないのが悲しいところ!でも、あえて言わせていただくと……もうすんごい!

こんな絶景なかなか見られないから、目に焼き付けておく。これだから絶景ハンターはやめられない!目の前に広がる相反する2つの世界。天と地で分かれた色彩の絶景に言葉を失う。

色が濃くなってきて生ハムに見えてきた!自分の発想力に泣けてくる!笑

高級パルマハムが辺り一面に広がっていると思うと、夢がありませんか?良いじゃない!夢を見たって!……だってここはメルヘンの世界!誰もが夢を見られる桃源郷なのさ!

写真でこの桃色と水色が相反する世界を表現しようと思ったけれど、なかなか思うような写真にならない!こうやって色々と撮影してみると、プロの写真家って本当に尊敬。

何も出てこないから最終的にはピース、出しちゃった!笑

夢から覚める瞬間!……このメルヘンな世界で暮らすのも良いんじゃないかな。幻想の中にいた方が人生も楽しいはず!現実逃避という四文字を抱えて溺れちまおう!

でも、そろそろ次の目的地に向かわなければなりません!この入り口さえも何だか味があって愛おしくなってくる!スイートな時間をありがとう、ピンクレイク!

名残惜しいんで、最後まで悪足掻き!……おや?ここから見ると桃色と水色が混ざり合って紫色になっていますね!

条件によって色々な色へと変化するピンクレイクは、まさに幻想の湖。時には美しい桃色になり、時には水色に染まり、時には紫色に混ざり合う。

千変万化のメルヘンな世界、みなさんもぜひ訪れてみてください!

……まだ!まだ見ていたい!ガイドの人に「そろそろ行きますよ」と言われるまで、ずっと目に焼き付けていました。この景色、カンクンを訪れるならマストです!ベストです!

ちなみに、個人でのアクセスは難しいので、現地ツアーに参加するのがおすすめです!個人だと治安なども怖いですからね。ただ、条件によってこの色彩が見られないこともあるようなので、過度な期待は禁物です!

5.これぞ冒険!陽気なジャングルクルーズ

冒険は終わらない!「人生は冒険である」……その言葉、僕の胸には深く深く突き刺さっております!冒険しましょう!生きているうちに!

ちなみに写真に写っているのが今回のガイドです!褐色美人にハネムーナーたちもざわざわ!そのさらに前を歩いている大男も今回のガイド!

このコロンコロンなメキシカンもこのツアーのガイド!

陽気なメキシカンと、いざジャングルクルーズの旅へ!

ブオオオォオォォォオオ!荒々しいボートに乗り込んで向かうは、泥パックが楽しめる幻のビーチ

両岸に広がるのは鬱蒼と生い茂るジャングル!冒険の匂いがしてくるよ!全身で風を受けながら水面を切るようにボートは進む、進む!

水飛沫がピチャピチャ!……ガイドがゆっさゆっさと船を揺らす度、水飛沫が飛んでくる!顔がピタピタになるからやめてくれぃ!笑

ちなみに、これは観光客向けにやっているちょっとしたガイドの遊び心なのですが、酔う人は酔います!酔いやすい人は酔い止め必須のツアーでしょうね!

……ポツリ!見たこともない鳥がいる!ジャングルクルーズってよりは秘境探検という感じになってきた!

いよいよこんなところまで来てしまったかチキンジャーニーよ。もうチキンなんて言わせないって思っていたけれど、内心は未だ見ぬ景色に心臓バクバクなのさ!

6.カブトガニと悪乗り兄弟!幻のビーチで泥パック

上陸!……青い海に白い砂浜!カリブ海に浮かぶ海賊の島はここにある!

海にポツンと広がる砂浜の島。そこでひっそりと命尽きるカブトガニ。生きた化石も天国に召される場所。ここは生命の楽園なんだろう。

自然の厳しさを痛感するとともに、なぜか美しくもあると思ってしまう。そんな幻のビーチ。ついに到着!

遥か先に見えるのはオレンジ色の身体を持つフラミンゴ!ピンク色と言われるけれど、むしろ紅色や橙色に近いんじゃないかな。……じっくりと観察!

こちら側はラグーンになっているようで、海とはまた違った生態系がありそうですね。一度にさまざまな世界を魅せてくれる国、それがメキシコ。

リゾート好きなら卒倒してしまいそうなほど、うだるような太陽と心地良い潮風!地上の楽園がこんなところにあったんだね!

ここで1か月くらいのんびりとキャンプでもしながら生活してみたい。何も考えないでさ。ただただ「生きる」をするのさ。……良くない?笑

ニヤニヤしながら持ってきた……ほら持ってきたよ!笑

ついでに近くを歩いていたカブトガニもひょいっと摘まんで持ってきた!

一体何をする気なのか。なぁんか嫌な予感がす……ギャアアァアア!

ざわざわ……頭の上で手足がウニョウニョ動いているのがわかるぅぅうぁあ!カブトガニのヘルメット……言うてる場合か!

見てよ!この必死に真顔をキープしている僕の顔!人生でカブトガニを頭にかぶったことがある人なんて世界にもそうそういないはず!そういう意味では、貴重な体験!

頭砂まみれにして、カブトガニの磯臭さに包まれる経験なんてある?そうさ!人生なんでもやってみないと!……まぁ、カブトガニヘルメットで安全第一ってのはもう御免だけどね!笑

そしてこの顔である!それにしても酷い顔じゃぁないか!メキシコのマリオブラザーズは陽気過ぎる!マリオとルイージの悪乗りは止まらない!

この時、首にカブトガニの足がワッサーーって触れてて背筋がゾゾゾッ!それでも悪乗りブラザーズは止まらない!ニヤニヤしながら乗せてくる!……悪乗りやめぇ!

お騒がせしてごめんなさい!……カブトガニさん、心なしかちょっと怒ってる?

……ん?今度はカブトガニの愛の営みについて解説始めちゃったよ!どこまでも陽気なメキシカン!まぁ僕は嫌いじゃないけどさ、こういうの!

ふむふむなるほどなぁ……うん、新婚旅行中のカップルの前ではやめてあげてね!笑

パウダーサンドとは言えないけれど、このザクザク感を素足で楽しむのもまた一興!

散々悪乗りを楽しんだ後はいよいよここの名物、泥パックです!顔にやるのも良かったんだけど、カリブ海の亡霊みたいになるのは嫌だったので足だけパック!

ひんやりとした泥が気持ち良いですなぁ。ただ、若干ピリピリしてくるのは泥の効果なのかな?泥に生息する微生物が皮膚を食い破らないか心配なんだけど!笑

ただこの泥、人によっては肌が赤くなっちゃうこともあるみたいなので注意。

ささっ!泥パックをしたまま再びクルージング再開です!それにしても、一気にメキシコ人が好きになった。ああやって遊んでくれる人たちなら、僕はいくらでも身体を差し出すよ!

向こうに見えるのは塩田!雪山のような白い塊は全部塩なのだとか!すげぇ!どうりで風が塩っ辛いと思った!笑

7.生命力が溢れる!野生動物の宝庫

何だろう、この景色。まさに異世界だなぁ。

バイカーかな!塩田の方に目をやると、猛スピードで走っているバイクがいる。

そんな光景を見て映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」が思い浮かぶ!……いつかバイクで世界を旅するのも良いかもね。「水曜どうでしょう」のカブ旅みたいにならなければ良いけれど!笑

再び船はジャングルの中へ!

んっ?んんっ?なんかいるなぁ!……細過ぎる鳥だった!笑

まるでマングローブの枝に擬態しているかのような見た目。ダチョウを小さくしたみたいな感じかな。野生動物が闊歩するジャングルでは、生き延びるための進化が必要ってことだね。

ジャングルの中に生えるウネウネした木を発見!なんとも不思議な世界ですなぁ!

うわぁあぁぁああ!ジャングルの処刑人が現れたぞ!

ガイドが持つ魚の匂いに釣られてやってきたワニ!……う、腕ごとガップリと喰われそうで心配になってくる!

魚を食べてニヤリ……。

まだ食い足りないのか!……水面をひっそりと進みながら、どうやら僕の血肉を狙っている様子。ここで引いたら負ける!僕は引かないぞ!

野生動物の中でも凶暴なクロコダイルやアリゲーターに出くわしたら、とりあえず目を離しちゃダメ!気付いたらガップリよ!

コンドルなのかイーグルなのかファルコンなのかホークなのかわからない!でも、モフモフな猛禽類みたいな鳥もいました!何でもいるなぁ。

この周辺は300種類以上の鳥類がいるのだとか!中南米は鳥の楽園と言われる国もあるなど、鳥にとっての楽園でもありますね。

見てよ、この躍動感!餌付けされているのか、もちもちの身体を震わせながらボートに向かって飛んでくる!

かわいい!こんな動物たちの息遣いがわかるような写真、撮れて良かった!

まさに動物の森。毎日生きては死ぬことを繰り返す生命の営み。人間もその中にいることを忘れちゃいけないね。

良い感じのスペースがあるなぁ!ここに家でも建てて暮らしたいよ!笑

さて、ジャングルクルーズも満喫したことだし、次の目的地に向かいましょう!

ただ、船のスピードが尋常じゃない!前方が浮いてるよ!後方はもう水浸し!こんな乱暴な冒険も悪くない。

8.海岸通りの楽園!美しきリオラガルトス

これぞバカンス!ジャングルを抜けてやってきたのは美しい白い砂浜。ここは天国かな?その美しさ、言葉にできない!

メキシコのカンクンと言えばリゾート地として人気だけれど、こういう田舎の秘境みたいな場所の方がやっぱり好き!

遠くを見渡してみると茅葺屋根の建物があるよ!手製のビーチパラソルもあるねぇ!

僕ら以外には外国人の観光客が多くて、妙なハイテンションでこの楽園を楽しんでいました!こりゃ確かにテンション上がるよね!

メキシコ料理と言えばタコス!新鮮な野菜と香ばしい肉を包んで、チリソースでパックンゴックン!

ガイドの人が一言「ここは田舎の店なので、味はそれほど……」とのこと。でも、素朴な味わいで美味しかったと言いたい!やっとメキシコらしいグルメを食べた!

こちらはカッチカチのステーキ!海賊が喰うんかってくらい野蛮な肉だったんだけど、これはこれで良いのさ!

こうやって外国で違う食文化に驚くのも、海外旅行の楽しみなんだから!ただ、ビールはやっぱりうまい!暑いメキシコではビールが最高だね!

そんな目で見られたら……!店の中には沢山の猫がいましたよ!観光客に愛想を振りまいては、食べ物を恵んでもらっている様子!このおねだり上手め!

目がカリブ海のように美しい猫でした。こりゃ立派な招き猫だ。

ここはメキシコの港町リオラガルトス!港町とは言っても珍しいものは何にもない田舎の小さな町。……めっちゃ良いところじゃない?

そうでしょう!そうでしょう!このリオラガルトスの街並み、一瞬で魅了されました!だって、街中にカラフルな井戸が普通にあるんだから!建物も彩り豊かで本当にかわいい!住みたい!

実り過ぎたヤシの木もある!こんなにたらふく実がなるものなんだね!大量に喉が渇いた人がやってきても大丈夫!

喉が渇いたらさ、ここからヤシの実をもぎ取って飲んじゃおうぜ?笑

あぁ……僕が求めていたのってこういうところなのかも。海外旅行をしていると住みたいと思う町は色々と見つかるんだけど、このリオラガルトスは実際に住んでいる自分を妄想してしまうほど!

なんと言っても空の青さが半端じゃない!これもリオラガルトスだからなのかな!心も身体も解き放たれる!

これめっっっちゃ良くない?リオラガルトスの看板にて!素敵でしょ?

この写真撮ってもらっている僕、「これ最高の1枚になる」って実感しちゃうくらい!笑

それにしてもリオラガルトスは素晴らしい町だった。メキシコのリゾートと言えばカンクンだけれど、今度滞在するならリオラガルトスでのんびりするのも良いかも。

9.どこまでも続く田舎の風景

長閑な町だ!聞こえてくるのは潮騒と風の音くらい。たまに通り過ぎる車には現地の人が乗っていて、こちらに笑顔で何か言ってくる!

現地の言葉がわからなくても楽しい!メキシコはスペイン語が公用語なのでまったくわからないけれど、そんなこと気にならない!陽気なメキシカンが受け入れてくれていることは肌で感じられるさ!

ぼちぼちカンクンに帰りますよ!リオラガルトスの田舎町を走っているだけで、楽しいなぁ。

ぼやぁっと眠気が襲ってくる中、見えてきたのは教会の廃墟のようなところ。老朽化が激しいこともあって、すぐにでも建物が崩壊してしまいそう。

その脆さがまた良いなぁと思ったりする。あぁ、移動中はとにかく眠くなるねぇ。昼寝でもしようかねぇ。

しばし眠って目が覚める。あ、まだ田舎町か。うん、これはこれで良いんだけど変わり映えしないから眠たくなるのさ。ずっと夢見心地。

それにしてもカンクンの周辺は田舎町ばっかりだなぁ!長閑な景色が好きな人にとってはたまらないはず!

んあぁぁあぁあ!やっと帰って来た!長い冒険から帰って来たぞぉ!やっぱりこの景色は素晴らしいなぁ。何度見てもカリブ海の美しさに悶えてしまう!

ただ、連日ぶっ続けで大冒険を満喫していた僕らの身体は、もうボロボロ。この数日間の疲れが一気に襲ってくる!

外の景色を眺めたまま、何もしたくなくなるんだよね。それが良い。それで良い。

メキシコ最高!……さて、明日は帰国日ということもあって、今日が実質最終日。夕焼けのカリブ海を見ながら、今回のメキシコ旅について振り返ってみようかな。

カンクンに来る前は、リゾートってこともあって絶景はそこまでないと思っていました。今回の旅行はのんびりと海でも見ながら癒されようって思っていたんです。でも、実際にはグランセノーテチチェンイッツァトゥルム遺跡などなど美しい景色ばかり。

町だとカンクンの他、トゥルムやリオラガルトスなどの美しい田舎町もある!それをカリブ海と一緒に楽しめるなんて贅沢さ。

さて、明日は朝も早いからもう寝てしまおう。夢のような景色のまま、夢の世界へ。

まとめ

メキシコ4日目は絶景と秘境を巡る大冒険な1日!メルヘンな湖に感動したり、野生動物たちと触れ合ったり、ジャングルをクルージングしたり、田舎町でのんびりしたり!ぷっくりでっぷり大冒険ツアー!

ピンクレイクは予想以上に美しく、そのメルヘンな世界は一生忘れられない景色に!カブトガニを頭にかぶせられ、メキシカンにおもちゃにされたのも良い思い出!ジャングルを彷徨って動物たちの息吹を感じたのも良い思い出!……まさに冒険!

明日は早朝から空港に向かい、いよいよ帰国となります。海外旅行をするなら、その寂しさも抱き合わせ。メキシコがこんなにも素敵な国だと知れただけでも良かったです!

【メキシコ】初中南米に大満足!カンクンからダラス乗り継ぎで帰国【海外旅行記5日目】

中南米カテゴリの最新記事