【沖縄】神秘の西表島と琉球の面影残る竹富島!夜の森でカヤック【国内旅行記3日目】

2016年9月沖縄旅行3日目。石垣島周辺の離島をアイランドホッピング!自然の宝庫と言われる西表島、伝統的な琉球文化が残る竹富島などを巡る大航海!狙うは海にポッカリと浮かぶ神秘の島!夕刻には、燃える海の上をカヌーで進む神秘的な体験。琉球は絶景だらけの島々だった!

沖縄【石垣】海外旅行記

1日目:琉球の石垣島!絶品グルメとオリオンビールで乾杯!
2日目:石垣島一周ドライブ!鍾乳洞探検と川平湾の絶景ビーチ
3日目:神秘の西表島と琉球の面影残る竹富島!夜の森でカヤック
4日目:那覇空港から新千歳空港へ!絶景の丸い島発見

エピソード

どうも!海賊と呼ばれかけた男、チキンジャーニーのハルです!

2016年9月、沖縄3日目は船で石垣島周辺の島々を離島ツアー!それぞれの島にある絶景を求めて、アイランドホッピング!琉球の自然と文化の絶景に感動!夜はサンセット&ナイトカヤックツアー!琉球王国は神秘の島々だった!

1.島々の玄関口!石垣港ターミナル

はいさぁ~い!いやぁ、めっちゃ晴れてる!雨季だってのに、晴れるってところが、やっぱり晴れ男の僕らしいですよね!みなさん!僕を連れて旅行すれば、どこでも晴れますよ!笑

今日は西表島や竹富島などを巡るアイランドホッピングをするぞ!ってことでやってきたのは、島々の玄関口である石垣港ターミナル

僕らが使ったドリーム観光の高速船乗り放題チケットは、予約もしくは当日購入可能です。

青に染まる海!沖縄の海は、おそらく日本一美しい。そう思えるほど、青の色合いがとっても深い。こんな青い海、見たことない!

青過ぎる!いや、碧過ぎる!そこに白い砂浜と緑の木々が浮かんでいて・・・もうこれだけで感動して泣きそう!海は良いぞぉ!海は良い!

2.大雨で絶海の孤島状態!神秘の西表島

石垣島から35分~45分ほどで見えてくるのが、神秘の島と謳われる西表島!どんな神秘が待っているのか!冒険心が口から飛び出してきそう!

・・・おや?何やら空模様が怪しいぞ!暗雲立ち込めるとは、まさにこのこと。ターミナルから外に出ようと思ったら、雨が降ってきたぁ!やめてよぉ。

晴れ男、まったく役に立たねぇじゃねぇか!・・・と自分を心の中で叱責。

こんな時、未来からやってきた猫型ロボットがいたら、どら焼きと一緒に雨雲を食べてもらうのに。いや、バキュームしてもらうのに!

次の船が到着するまで、時間がかなりあるし・・・。こうなったらターミナル内を散策するしかない!んで、見つけたのが南国の定番、ドラゴンフルーツ。

そして誰もいなくなった!なんて寂しい光景なの!いや、でもこういう寂しい感じ。悪くないよね。

なんか寂しくなってきたから、西表島観光は諦めて、違う島に行くことに!いや、本当に写真を楽しみにしていた人、ごめんなさい!

3.八重山諸島の名物!八重山そば

八重山そば美味しい!・・・うんま、うん!うんまいよこれぇ!・・・はっ!いつの間にか天気が悪いのを忘れて、八重山そば喰ってた!

西表島から竹富島への船がまだまだだったため、一度石垣島に帰ってきましたよ!ここは港近くの店。八重山そばって言うか沖縄そばって言うのかな?とにかくうんまい!

もちもちした太麺に味噌ベースのスープが絡んで、コクが喉を突き抜ける。・・・快・・・感!

4.なごみの塔から一望!琉球が眠る竹富島

さぁさっ!やってきたのは琉球文化が色濃く残る竹富島ですぞ!石垣島からは、高速船で10分くらいにある島。

西表島や小浜島は全然人がいないのですが、竹富島はやっぱり沢山。レンタサイクルで自転車を借りて、島内一周を目指します!

さっそく走っていると、水牛がズシンズシンと闊歩してる!角がクールってか、かわいい。

ぬにょ~~!絶景かな、絶景かな。なごみの塔から竹富島の伝統家屋を一望できるので絶対おすすめ!

琉球の音が聞こえてきそうな集落。もちろん島民もいて、ここで暮らしている人もいます。つまり、琉球の人の生活に触れられる島ってこと!

石垣島は予想以上に都会もあったけれど、ここでようやく沖縄らしい建物を見た気がしますね。素敵な琉球の村。

急過ぎる階段じゃぁ!なごみの塔はこんな感じの斜度50%くらいの激坂を上がるんです!50%よりも傾斜がありそうな階段。階段というより、梯子みたい。

ただ、ここからの角度が竹富島らしい景色を望めるので、ぜひ上がってみてくださいね!ただ、転落注意!

5.赤いハイビスカス!天国へと続く西桟橋

シャーーーッという自転車の音を聞きながら、ハイビスカスを横目に進む。赤いハイビスカスって素敵やん。南国って感じがするよね。

島なのにENEOSもあったり、ハイビスカスが綺麗だったり・・・流れる景色が本当に心を癒してくれる。写真に残しておきたくなること間違いなし。

ここは天国かぁ島にはこういう桟橋がいくつかあるらしい。その中でも、この西桟橋は天国に続く道のよう。

海の先まで続いている桟橋にやってくると、その幻想的な風景がより神秘的になる。幻想と神秘の桟橋

それにしても、晴れてくれて嬉しいよ。きっとこれも竹富島のおかげですね!素敵な場所に連れてきてくれた竹富島、ありがとう!

桟橋の先は海に続いているみたい。・・・僕も両手を広げ、灼熱の太陽を抱きしめる!ここにいたら、本当に天に召されちゃうね!

桟橋が続いているってことは、このまま進めば海の中に入れるのかな。まさか!海底の楽園に続いているのでは?

海は角度によって、青になったり緑になったり・・・ゆらゆらと色を変える。透き通る水面に反射する太陽が熱くて、思わず目を閉じちゃうくらい!

桟橋でゆっくりした後は、自転車をベタ踏み!イセは部活でもやってんのかってくらい走って、どこかに消えていった。・・・まぁのんびりしましょう!笑

6.賑わうコンドイビーチと謎の浜辺

おやおやおやぁ?竹富島にこんなに人がいたんだ!炎天下の中、木々を抜けると見えてきたのはコンドイビーチ

眩しい水着ギャルを探しても良かったのですが、シャイボーイな僕にそんなことできるわけもない!早々にリア充の巣窟から抜け出さないと!あまりの幸せオーラにのぼせちゃうよ!笑

コンドイビーチからさらに自転車で移動すると、またビーチに抜けられそうな小道を発見。こうやって寄り道するのが、島一周の楽しいところ!

波風が気持ち良い!なんか自転車でブラブラしていたら、どこかの浜辺に抜けてきた。この謎の浜辺、すごく綺麗ですね!竹富島を囲う海は、天然の宝物でぃ!

砂浜ってよりサンゴ礁で形成された浜みたい。

カイジ浜ってのが近くにあるらしんだけど、そっちがこっち?あっちがそっち?こっちがあっち?地図がないとわからん!笑

7.琉球の原風景を抜けて

「石垣島旅行で何が一番良かった?」と聞かれたら、僕は間違いなく竹富島だと答えるでしょうね!琉球時代の伝統的な瓦屋根の集落が、何とも風情溢れている。

そんな琉球時代にタイムスリップして、僕らは自転車のペダルを踏む。もしかして、自転車で時速140km出ちゃったってか?

僕の自転車、デロリアンだったんだ。

うわぁあ~!なんて長閑な風景なんだ!竹富島そのものって感じ。僕が来たかった南の島、それは竹富島だったんだ!

この原風景の中を走っていると、何もかもどうでも良くなる。ここに来る前、色々と悩んでいた僕ですが、どうでも良くなっちゃった!笑

石垣に座ってさ、水でも飲もうよ。

8.竹富島で見つけた白いピラミッド

ぐるりと竹富島を一周して、最初に到着した港に戻ってきちゃった!ちなみにレンタサイクルの場所までは、この港から車で数分のところにありますよ!

白いピラミッド発見!まさか、竹富島でピラミッドを見られるとは!しかも白いぞ・・・なんてそんなつまらん冗談は置いておく。でも素敵!なんでも素敵という言葉で片付けちゃう・・・どうも、チキンジャーニーのハルです。

9.何もかもが絵になる!竹富郵便局

竹富島はどこも絵になってしまう!写真を撮れば、その切り取った景色が、そのまま絵になるんだよね。

この道のど真ん中にある木々と石垣が、また情緒を漂わせますね。ってか、イセどこいった?笑

つい景色に見惚れてたら、はぐれちゃった!

竹富島にも郵便局があるって知っていますか?

ここ、個人的に日本一美しい郵便局だと思います。そうです、島唯一の竹富郵便局。こんな風情ある郵便局でなら、手紙を100通くらい送りたい。

10.バイバイ竹富島!スーパードリームで戻る

レンタサイクルショップに自転車を返して、イセと合流。急ぎ足だった竹富島一周ですが、次訪れるならここに泊まってみたい!ありがとう、そしてバイバイ竹富島。

今回の旅で色々な船に乗ったけれど、このスーパードリームが一番大きくて綺麗だった!でも沖縄感は皆無!笑

座席もほら、こんなにピシィーーッと並べられているよ。みんなでワイワイ乗るなら、こっちのスーパードリームが良いかもね!

11.エアコン故障!ホテルがまさかのチェンジ

怒涛の離島巡りを堪能した後、ちょっと小麦色になった肌で、今夜宿泊予定のホテルピースランド石垣島へ。

しかし、チェックインしようとすると「あのぉ・・・フロア全体のエアコンが壊れてしまい、他のホテルに変更となってしまうのですが」とスタッフの方。

代わりのホテルはイーストチャイナシーというところ・・・ん?どこかで見たことある名前のホテルだけど。

ちきしょー!なんだよこの部屋。

オシャレだし、ベッドも綺麗だし、部屋も広くて快適だし、ベランダからの景色も・・・最高じゃねぇかぁ!笑

最初からこっちを予約すれば良かった!そう思えるくらい良いホテルでした。まさかのトラブルでしたが、これぞ七転び八起き・・・じゃなくて怪我の功名ってやつね。

12.夕焼けの島でカヤック!燃える神秘の海

太陽も水平線に溶けちゃったところで、サンセット&ナイトカヤックツアーに参加しますよ!

カヤックはツアーに参加するのが一般的なので、現地ツアーを予約すると便利です。なお、現地ガイドの方は15年ほど石垣島に住んでいる人でした。参加者はカップルと女子3人で旅している子たち。

茜色に染まる空に浮かぶ雲。まるで沖縄の島々みたい。空が海なのだとしたら、雲は島なんだね。

ギーコギーコとカヤックを漕ぐ僕ら。陰る恋人たちの姿も印象的ですね!日が沈むと一気に静まり返り、波の音とカヤックの音だけが海の上で響くんです。

夕焼けに燃える海!地球の裏側に隠れる太陽が沈む時、空と海が1つになる。まさに神秘の光景

そんな海を抜け、太陽が沈むと辺りは真っ暗。星空だけが空に浮かび、僕らはマングローブの中を進む。星空が降り注ぐマングローブ林には、虫と風と水の音だけ。

幻想的な石垣島での夜に、僕らは癒されたのでした。

まとめ

沖縄3日目は、船でぐるっと離島を巡る1日!西表島は雨で回れなかったのですが、一方で竹富島は最高の快晴でした。島巡りをするなら、ぜひ訪れてみてくださいね!

石垣島の周辺には、竹富島や西表島、黒島、小浜島、与那国島、波照間島などなど、神秘の島々が数多く点在しています。観光の際には、立ち寄る島を厳選してみてくださいね!

心癒される沖縄の旅もそろそろ終わり。明日は飛行機に乗って北海道に帰ります。あぁ、帰りたくない!

沖縄4日目:那覇空港から新千歳空港へ!絶景の丸い島発見【海外旅行記2016年9月】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です