【台湾】霧雨の基隆と野柳地質公園!紅提灯の九份で神隠し【海外旅行記2日目】

【台湾】霧雨の基隆と野柳地質公園!紅提灯の九份で神隠し【海外旅行記2日目】

2016年4月台湾旅行2日目。東洋のハリウッドと言える基隆、東洋のカッパドキアと呼ばれる野柳、提灯が紅色に染まる九份!台湾のハイライトである人気の絶景を求め、チキン一人旅!珍妙な異世界に迷い込む酔狂な旅!刻一刻と染まる夕暮れの九份で、僕の心は神隠しに遭ってしまうのだった!

台湾【台北】海外旅行記

1日目:台北一人旅!悪臭漂う雙城街夜市の絶品グルメ
2日目:霧雨の基隆と野柳地質公園!紅提灯の九份で神隠し
3日目:花蓮ぶらり旅!山紫水明の太魯閣国家公園
4日目:思い出を胸に帰国!美味しいエバー航空の機内食

エピソード

どうも!神隠しに遭ったかのような生活を送るチキンジャーニーのハルです!

2016年4月、5か国目の台湾2日目は霧が包む基隆から、摩訶不思議な野柳地質公園、紅色の提灯が美しい九份を巡る大周遊。チキンを待っていたのは、面妖で怪異で珍妙で奇妙奇天烈な世界だった!

1.基隆のハリウッド!桃色のトトロ現る!

早朝、台北を出発してやってきたのは、霧が霞む基隆という町。年間降水量が多い基隆ですが、台湾では2番目に大きな規模を持つ港を有していることでも有名。

貿易や物流の重要拠点として発展した地域らしいですね。夜市などの観光業も盛んで、周辺には歴史を感じさせるレトロな建物も広がっていますよぉ!

後ろに笑顔優しい純白のおじさんが!しかも青い小人を沢山乗せて……。なんとも奇妙な世界!僕は背中に違和感を抱きながら奇妙なポーズ。これ、憑依されてんな!

そんな奇妙な観光地を手当たり次第に回っていきますよ。天気が悪い!晴れ男の僕ですが、雨で青菜に塩状態。しょぼくれちゃいます。

でも、このカラフルな建物は面白いですねぇ。南国の建物のような雰囲気を纏っていますね。観光地だってのに、人が全然いねぇ!

何じゃこの珍妙な生物は!日本で言う獅子舞や狛犬みたいなもの?でも金色に輝いているし、何か玉のようなものを抱えている!

知らない文化だけに、こういうものの意味がわかればもっと楽しいんだろうな。いや、知らないからこそ、この摩訶不思議な世界に魅了されるのかもしれない!

基隆には、アメリカはロサンゼルスハリウッドがある!まさに東洋のハリウッド!

霧が霞んでいてわかりにくいと思いますが、山の斜面を見てください。ぼんやりと「KEELUNG」と見えるでしょ?うん、これは……なんと表現すれば良いのか。

……とりあえず、ハリウッドに「ごめんなさい」しよっか。

建物の間を縫うように進むと、そこはまるで異世界。伝統的な建物と緑溢れる木々の中を彷徨っていると、ゾクゾクしちゃう。

ゲコゲコ……不気味なカエルの鳴き声。妙に響くその声は、背筋を凍らせる。奇妙ってよりは怪しさが潜む場所。

雨だとさ、せっかくの絶景もちょっと残念になっちゃうよね。これはこれで良いんだけど、やっぱり晴れたらもっと綺麗だったろうなぁ。

うおぉぉい!そこの目ぇ閉じてるピエロ!おいおいおい!そこの風船持ってる桃色のトトロ

なんてもん置きやがる!不気味な雰囲気でただでさえ冷えていたのに、ゾッとするじゃないか。

目を閉じてるピエロが乗ってる車なんて、誰が運転するんだよぉ!その髪型、どうなってんだよぉ。隣のトトロは、誰が膨らませた風船持ってんだよぉ!

……奇想天外過ぎるよ、台湾!笑

2.キノコ岩の絶景リゾート!野柳地質公園

海岸をドライブしながらやってきたのは、野柳風景特定区。ここには野柳地質公園が広がっていて、台湾でも随一の珍百景を見られるのだとか!

基隆に比べて、観光客の数が半端じゃない!野柳はそういう意味でも、台湾屈指の観光スポットだと言えますね。

ポカポカ陽気に包まれて、南国気分で歩きます。台湾は温暖な気候で、育っている木々も南国っぽい。曇りだけど、気持ち良いなぁ。

このキノコみたいな岩はなんだ?!ジョン・トラボルタの顎かな?きっと彼が逆さまにして埋められているんだな!

……って感じの奇妙な絶景。人が多過ぎてなかなか進めそうもないから、しばらく遠くから眺めてみる。なお、赤線より先は進入禁止。その赤線が景観ぶち壊しなのがまた惜しい!笑

これは絶景だなぁ!でも、曇っているから水の色や木々の色、岩の色がそこまで映えない。晴れていたらきっと絶景だったろうに!

でも、リゾートみたいでとても綺麗ですね。これは晴れている時にもう一度見たいかも。

完全に空が白飛びしちゃっているのは、ご愛敬ってことで!笑

水はエメラルドグリーンで、透き通っていますよ!泳いでいる人とかもいるのかな。

スカシカシパンが埋まっている!ここは地質学的にも貴重な場所らしく、このスカシカシパンもまた面白い。いや、スカシカシパンって言いたいだけ!笑

パンはパンでも食べられないパンは?……そう、スカシカシパン。フライパンなんて答えやがったら、スカシカシパン喰わせるからね?笑

3.東洋のカッパドキア!クイーンズヘッド

こ、これは!もはやアレにしか見えない。……いや、足の親指ですよ?やめて!変な想像をした人は帰って小龍包でも喰って寝てください!笑

その奇妙な岩の絶景から、ここは東洋のカッパドキアと呼ばれているらしい。いや、スケール的にトルコのカッパドキアには絶対勝てないのですが、この妙チクリンな形はかわいい。

この海岸、陸自体が斜めに傾斜して隆起しているんですよね。これまた面白い!

橋の上に人乗り過ぎ!いつか崩落すっぞ!

岩に近づいてみると、そこまで大きくはない岩が、ポコンポコンと飛び出ています。

一人旅中の台湾人が「写真撮ってください」と言うので撮ってあげると、僕のことも撮ってくれました!こういう出会いも大切

でも、僕の顔死んだ魚のようですね!笑

野柳地質公園最大の人気スポットが、このクイーンズヘッドです。現地語では女王頭

僕が撮影した角度だと女王の頭には見えませんね。もっと違う角度から撮影しないと……って人多過ぎて撮れねぇ!観光シーズンは撮影注意です!

ただ、いずれ風化や浸食で、女王の頭が落ちる日が来るらしい。その時、きっと何かが起こる。

岩の絶景かな!海と森と岩の絶景。これは台湾でもおすすめのスポットです。

こっちにはクイーンズヘッドに似た岩もある!でも、僕からしたらエイリアンの頭って感じだな。前の人、めっちゃ接写してるけど、何を撮っているのかな。

プリンやないかぃ!巨人がスプーンで食べたみたいな。こりゃ美味しそうだぁ。キノコってよりは、プリンみたいな岩ですよね。

地質公園内は、比較的自由に歩き回ることができます。こんなところだって入っちゃって良いんです。岩に挟まれながら、色々なトリック撮影とかもできそうですね!

野柳地質公園を出ると、お茶屋を発見。入ってみると、そこには日本語が話せる台湾人のおばあちゃんがいました!

しかも、お茶まで出してもらっちゃって……。なんだか和みますなぁ。ここは歴史あるお茶屋らしく、香りが豊かでとても美味しいお茶でした!

4.市内観光で台北101に潜入!

一度台北に戻ってきて、市内観光。あの有名な台北101にも行ってみました!ホテルから遠いのでタクシーで!

台北101は夜の方が良いですね!街並みが日本に似ているから、夜市とかの方が楽しめると思います!海外旅行感があまりないんですよね。

どうしても台北101を楽しみたい方は、夜景が見える夜がおすすめ。展望台からの眺めは絶景らしいですよ!

5.崖の上の町!九份の九戸茶語で夕食

台北から北上すると、崖の上に見えてくるのが九份です。あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台として有名。

僕もこの旅行記で「千と千尋の神隠し」を匂わせてきたので、露骨だなって思った人もいるでしょう!そうです、僕は九份の回し者!笑

まぁ、映画の舞台はさまざまな温泉や湯屋を取り入れたものとなっているので、「特定のモデルはない」と否定されています。ただ、映画の雰囲気を堪能できるのは事実!

まずは夕食ってことで、九戸茶語にやってきました!ここは、台湾でも美味しいグルメを提供している店。絶品ですぞぉ。

料理名はわかりませんが、豚の角煮イカの姿揚げがとても美味しかったです。

九戸茶語からの景色!九份は海岸沿いの町なのかと思っていたら、坂の上にある町だったんです。霧がかかって幻想的。

自分の想像を超えるのが海外旅行の面白いところ。もちろん、イメージが壊されることもあるのですが、それも刺激的でしょうね!

6.紅色に染まる提灯!九份で神隠し

日が沈んでくると、徐々に提灯に火が灯り始めます。九份は急勾配の階段や道が蜘蛛の巣のように張り巡らされているので、歩きやすい靴が必要ですね!

頬を赤く染める提灯!階段を一段一段上がる度、異国情緒漂う雰囲気に誘われる。この迷路みたいな街並みを歩いていると、幻想的な雰囲気に心を奪われる。

心だけがどこかに消えてしまいそうなほど美しい町。ここにずっといたら心が神隠しに遭っちゃう!笑

レトロで神秘的な街並みに現れる阿妹茶酒館。ここがかの有名な場所か。

ここで働かせてください!思わずあの映画の名言が頭の中に浮かんでくる!

ここからの角度が、九份で一番有名ですよね!僕も思わずカメラのシャッターを切りまくる。あんなに静かな町も、夜になると一層異国を匂わせる。

……海の向こうは、不思議の町でした。

段々畑のような場所に、ギシギシと音を立てて窮屈そうに建物が重なり合う。

そこを縫うように細い路地を彷徨って、三半規管がとろけちゃう。こんなに摩訶不思議な町を歩いてみたいと思いませんか?

九份と言えば、階段がとにかく多い!膝が悪い僕は、上るだけでもうガックガクですよ!笑

階段の数は正確にはわかりませんが、100段や200段なんて普通にあると思います。しかもアップダウンが激しいから気を付けて!

名門高校の運動部が駆け抜けて行きそうな階段だぁ!

こちらが九份の映画館、昇平戯院。1934年に完成した映画館で、今は無料シアターとして九份のドキュメンタリー映像やレトロな映画を放映しているようです!

過去の残影を残す娯楽施設で、なんだかちょっと切ない。こういう歴史ある映画館は、いつまでも残っていて欲しいと思います。

油屋の裏側から下に伸びる階段。きっと千尋が絶叫しながら下りてくる!今にも湯気の音が聞こえてきそう。

「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせる景色と言えば、先ほどの阿妹茶酒館が有名ですが、ここからの眺めが僕のおすすめ。メイン通りから少し外れたところにあるんですよねぇ。

随分高いところにあるんだなぁ。九份は山の上にあるので、展望がとても良いですね!

再びメイン通りに戻ってきて、しばらく日が沈むのをのんびり待ってみる。入り組んだ街並みに夜の空が降ってくると、さらに提灯も燃え上がる。

この景色を見たことは一生忘れないでしょうね。いつまでも見ていたくなる橙色の世界は、まさに絶景でした!

一度あったことは忘れないものさ……想い出せないだけで。

きっとどこかでまた思い出すんだろうなぁ。台湾随一の絶景と言えば、ここで決まり!

ホテルに戻ると、大きな丸眼鏡のキュートな女の子がいました。僕と同じく、台湾を旅している子らしい。「日本人ですか?もしかして一人旅?」と彼女。

「はい!あなたもですか?(これ、アバンチュールあんじゃねぇの?)」なんて思っていたら、笑顔で「どこかのツアーで一緒になれたら良いですね!おやすみなさい」だって……!

え?惚れて良いってこと?

かわいいな、こんちくしょうめっ!

モテない男にあんな笑顔は反則です。こっちは惚れないように必死なんですから、やめてください!笑

旅先での恋に溺れそうになりながら、幸せ気分で就寝した僕でした。笑

まとめ

台湾2日目は、台湾の奇妙奇天烈な景色を堪能しながら、絶景に酔いしれる1日だった。基隆をはじめ、野柳に九份など、台湾には奇想天外な景色が沢山あるんですね!

一度は訪れたかった九份。思っている以上にゴチャゴチャしていて、建物が窮屈そう。でも、紅提灯に照らされる姿は、心がほんのりする異国情緒の町そのものでした。

台湾には九份しかないんじゃない?そんな人は、ぜひ訪れてみて!明日は自然の絶景が楽しめる太魯閣国家公園に行きます!太魯閣渓谷の旅も、ぜひ!

【台湾】花蓮ぶらり旅!山紫水明の太魯閣国家公園【海外旅行記3日目】

アジアカテゴリの最新記事