【台湾】花蓮ぶらり旅!山紫水明の太魯閣国家公園【海外旅行記3日目】

【台湾】花蓮ぶらり旅!山紫水明の太魯閣国家公園【海外旅行記3日目】

2016年4月台湾旅行3日目。台北の都会に飽きて、花蓮に向かう僕!なぜ花蓮なのかと言えば、大理石の奇岩怪石や美しく流れる水が見られるらしいので!ここにある太魯閣国家公園はそんな絶景が見られる観光名所!台湾のイメージとは一味違った一面に、夏を感じる僕!風光明媚に包まれ、聞こえてきたのは夏の声だった!

台湾【台北】海外旅行記

1日目:台北一人旅!悪臭漂う雙城街夜市の絶品グルメ
2日目:霧雨の基隆と野柳地質公園!紅提灯の九份で神隠し
3日目:花蓮ぶらり旅!山紫水明の太魯閣国家公園
4日目:思い出を胸に帰国!美味しいエバー航空の機内食

エピソード

どうも!山紫水明を語る詩人、チキンジャーニーのハルです!

2016年4月、5か国目の台湾3日目は美しい自然溢れる花蓮に向かいます。ここにある台湾屈指の自然の名所が、太魯閣渓谷にある国立公園。透き通る水に耳を傾ければ、聞こえてくるのは風光明媚な夏の声だった!

1.南国の田舎町!風光明媚な花蓮

早朝、4時30分に起床して、台北駅からある場所に向かう僕。ツアーに参加したのですが、多国語ガイドだったのでチンプンカンプン!笑

日本語でも案内してくれるのですが、舌が切れるほど早口なので、何を言っているのかわかりません!なんでそんな早口なのよ!

僕の耳にはキーボードのタイピング音にしか聞こえませんでした!笑

台北から鉄道で約2時間。やってきたのは自然が美しい花蓮。ここは台湾の中でもちょっとした都会なのですが、町を抜けるとすぐに自然豊かな景色が開けてくるんですよね。

ねっとりじっとりした湿気!全身を湿気が包み込んで……うぇ、キノコ生えてきたっ!キノコは野柳地質公園で十分見たからもう良いよぉ……。笑

2.森と岩に包まれて!太魯閣国家公園

はいっ!チキンがやってきたのは、風光明媚な絶景で人気の太魯閣国家公園!ここは国家公園に指定されていて、台湾原住民タロコ族の所縁の地。

大理石でできた岩盤が浸食された渓谷であり、透き通る水の美しさでも知られる公園です。さっそく歩いてみましょうか!

岩盤が掘られ、そこに作られた道は観光客で溢れています。ゾンビのようにのろのろ歩く人々を見ていると、景色の美しさもあって黄泉への道に見えてくる。

自然が描く絵画のよう!太魯閣渓谷に響く蝉の声が心地良いなぁ。日本は4月ってことで、まだまだ肌寒い。でも台湾は感覚的に7月くらい!夏が香ってきますよ!

木々と岩々の間を散歩しながら、夏の声に耳でも傾ける僕。松尾芭蕉みたいなことを言いながら、さらに奥まで細道を進んでいきます!笑

水の美しさで有名な太魯閣国家公園ですが、透き通っていて本当に綺麗!エメラルドグリーンというよりは、翡翠のよう

翡翠を薄く溶かしたような水!そのせせらぎを聞いているだけで、癒されます。心がどうにかなってしまいそうなほど、穏やかな時間。

3.人力で掘られた渓谷トンネル!九曲洞

岩盤に穴がボッコボコ開いてる!山奥に住まう筋肉隆々の仙人が、修行にでも使っているんでしょうか。

いやいや、ここはツバメが住んでいる岩肌なんですよぉ。なんでもツバメの巣も沢山あるのだとか。って……宝の山じゃん!ツバメの巣食べたことないけどね!笑

ここは太魯閣国家公園でも有数の絶景が見られる九曲洞!人力で掘削されたトンネル。その人力による削り跡は、まさに血と涙の結晶!

先人の力強さに驚かされるばかり。

ほれ、見なはれ!九曲洞でもここからの景色は、絶景です。一句読みたくなってくるけれど、自分の語彙力のなさに衝撃を受ける。

浸食された奇岩怪石がゴロゴロ転がっていて、秘境っぽい。台湾と言えば台北のような都会を思い浮かべる人が多いけれど、花蓮はもちろん、太魯閣国家公園は絶対におすすめ!

こんな巨大な渓谷に道を作った人がいてくれたからこそ、僕は今ここを歩けています。強く生きた人の面影を感じながら僕もその先へ。

粗削りな洞窟を抜けると、岩穴の隙間から蜿蜒たる絶景が顔をのぞかせる。被っているヘルメットに水が落ちてきて、ピチャッと音を立てるんですよね。

この太魯閣国家公園は、音で楽しみたい場所。水や風の音が岩に染み入る九曲洞!岩に蝉の声が染み入るのも、きっとこのせいだ。

僕は哀愁を漂わせて黄昏ているのに、ガイドがとっても早歩きで進んでいくんです。早口で早歩きでせっかち!脛の筋肉おかしくなっちゃうよ!

4.素朴な昼食!原住民の郷土料理

太魯閣国家公園を歩き回った後は、素朴な昼食としましょう。ガイドが予想以上に早歩きだったので、脛の筋肉もぷるっぷる!

昼食は原住民の郷土料理をいただきます。味が濃いものが好きなチキンにとっては、どれも薄味。でも、それが素材の良さを活かしていて、美味しいです。

原住民の生活や文化を大切にしているということで、ここで働く人は民族衣装で接客してくれます。女の子が沢山いるのですが、素朴美人の横顔にドキドキ!

5.翡翠が光る大理石工場!青く輝く七星潭

太魯閣渓谷を満喫した後は、石の加工で有名な大理石工場にやってきました!本当は全然興味なかったのですが、ガイドの方が連れて来てくれたんです。

石なんか見たって……って獅子舞が現れた!この獅子舞の口の中には、石の玉が入れられているんですよねぇ。ガイド曰く「あくびをした時に入れたんだ」ってさ!笑

アッハァ~!とでも叫んでいそうな馬の石像もありますよ。なぜ、このデザインにしたのか。僕にはわかりません。もはや芸術の域なのかな!

巨大な翡翠の石!こちらの工場内には、さまざまな石の加工品が販売されていて、お土産の購入にも最適。でも、この巨大な翡翠はプライスレス。

おっちゃんの絶妙なセールストークで、商品を早口解説。ここでも早口!これもツアー特有の楽しみ方なのかな!笑

台湾と言えば、海ってイメージはあまりありませんでした。でも、花蓮にある七星潭は、絶景のビーチとして人気の観光地。天気が微妙なのですが、水の色が驚くほど綺麗。

のんびりとしている時間が流れていて、なんだか帰りたくなくなるなぁ。このままこの海岸で30日間くらいボーッとできそう!笑

花蓮観光を堪能し、鉄道で台北まで帰ります。僕は海外旅行中の移動が好きなのですが、鉄道での移動は格別。「旅しているな」って感じられる!

ガタンゴトンと揺られながら、旅の叙情が頭の中を舞う。

そんな僕に話しかけてきたのは、台湾旅行中のアメリカ人っぽい女の子。

ア:「Excuse me. Where is the rest room?
ハ:「Sorry,I don’t know.

あれ?自然とやり取りできるようになってるじゃん!今まで英語で話しかけられるだけで失神しそうだったのに!チキン、絶賛成長中。

6.大食漢が闊歩する!雙城街夜市で食べ歩き

台北に戻ってくる頃には、太陽もとっぷりと沈んでいました。暗くなってきたらやること……そうです、夜市の散歩です!

台湾の有名な夜市としては、士林夜市饒河街夜市がありますよね。ちょっと怪しい華西街観光夜市とかも良いかも。でも逆に多過ぎる!

僕は、ホテルから近い雙城街夜市にばかり通っていました!もうすっかり常連。初日にもがれた僕の鼻も、屋台に並ぶんじゃないかってくらい通っている。

そこで見つけた、サイコロロースト牛!牛肉好きな僕にこんなのを見せたら、選択肢は一つ、食べるしかない!笑

札幌ラーメンだと?!札幌出身の僕に思わぬ挑戦状。本場で舌が肥えた僕を満足させられるラーメンを出せるのかい?

さっそく濃い味の味噌ラーメンをガツガツ飲み込む!味が濃くて美味しい!台湾は意外にも薄味の料理が多いから、舌も蘇る!

ってここ、日本人が経営しているんじゃないだろうか!笑

台湾の旅について調べていたら、何でも東方美人茶が有名なんだってね!せっかくなので本場で飲もうと思ったのですが、コンビニで発見しちゃったので、買っちゃった!

香りが良いなぁ!喉をスーッと通るのが心地良い。美味しい!

台湾は弾丸旅行だったのですが、絶景にグルメに人々の優しさに、本当に良い旅になりました。一人旅ってことで心細かったことも忘れ、気付いたら旅に没頭。

東方美人茶で、僕の肌もテカテカぷるぷるになるかな。そんなことを考えながら、チャンネル数が多過ぎる台湾のテレビを見つつ、今回の旅を振り返る僕。

まとめ

台湾3日目は、花蓮周辺でのんびりとした時間を過ごす1日でした。息を呑むような絶景という感じではなかったものの、風光明媚な景色が広がっていて、長閑な日になりましたね。

山紫水明の太魯閣国家公園は、一度訪れてみるべきです。台湾の中でも自然を楽しみたいという方にはおすすめですね。

明日でこの弾丸ツアーも終わりです。移動だけなのですが、エバー航空の機内食に感動!弾丸でアジアを回る楽しさに、気付いちゃったみたい。

【台湾】思い出を胸に帰国!美味しいエバー航空の機内食【海外旅行記4日目】

アジアカテゴリの最新記事