海外旅行の飛行機は窓側と通路側!安全で人気で酔わないのはどっち?

海外旅行の飛行機は窓側と通路側!安全で人気で酔わないのはどっち?

海外旅行や国内旅行で飛行機に乗る時、窓側か通路側か……どっちが良いのか悩むことも多いです!飛行機に乗り慣れていない方は、そういうことも気になりますよね!そこで、ここでは窓側と通路側の中でも安全で人気かつ酔わないのがどっちなのかを解説します。

海外旅行の飛行機でおすすめの席

どうも!飛行機の窓側でも通路側でも悪戦苦闘しているチキンジャーニーのハルです!

飛行機に乗る時の悩み、それは窓側か通路側か……永遠のテーマであります!実際どっちを選んでも結局は目的地に行くために、選ばなくてはならないんですよねぇ。

ただ、せっかく乗るのであれば、安全かつ人気で酔わない座席を選びたいですよね!他にも色々な要望もあります。

早々に結論なのですが短時間フライトの場合は窓側長時間フライトの場合は通路側をおすすめします。

ただ、こればかりは好き嫌いなどもあるので、窓側が良いという意見があるのもわかります。

以下からは「安全」「人気」「酔わない」などの要素から、それぞれの席の特徴を解説しますね。

飛行機酔い予防対策!海外旅行で絶対酔わない方法19選

海外旅行の飛行機酔いを速攻で治す!対処法と治し方6選

窓側の席の特徴

窓側の席の特徴を知れば、座席選びでの参考になるかもしれませんね。それぞれの特徴を参考にしてみてくださいね。

1.安全性

窓側の座席は、安全にも考慮されています。そもそも飛行機というのは、緻密かつ厳正なチェックの下で製造されているものということもあり、安全性は十分配慮されているのです。

多くの方が気になっている飛行機事故などの際には、窓側でも通路側でも安全性は比較的変わりません。当然ですが、飛行機事故に遭遇する可能性はほとんどないので、そこは安心してください。そもそも車でも電車でも同様のことが言えるので、確実なことは言えないんですね。

万が一機内からの脱出が必要となった場合、通路側の方が早く行動できる点は違いもあります。少しの差ですが、窓側にいることで行動が遅れてしまうかもしれません。そういう意味では通路側が有利ですね。

ただ、機内で過ごす場合、他の乗客に転ばれたり衝突されたりする可能性が低いことを考えると窓側の方が安全とは言えます。

2.快適性

快適性に関しては、窓側の方が良いかも知れません。窓側の場合は、片側に乗客がいない状態なので、圧迫感や窮屈感もありません。短時間フライトでも長時間フライトでも、比較的快適です。

また、眠い場合は窓側に寄りかかって眠れるのも魅力。通路側の場合、片方に乗客、片方に通路があるので寝づらいです。リラックスして眠りたい場合は、窓側がおすすめです。

ただ、窓側の場合はトイレに行きたい時など、他の乗客に許可を得て通路に出なくてはなりません。そういう点を考えると、必ずしも快適とは言えない場合があります。もちろん友達や友人と搭乗する場合は気になりませんけどね!

総じて窓側はリラックスできるし、自由な姿勢で座れることも多くて快適ですね!

3.人気度

窓側は外の景色が見えるし、若干広く感じるので人気があります。実際に飛行機を予約する場合や航空券を購入する場合には、すでに窓側が埋まっていることもあるでしょう。

特に国内線は窓側を選ぶ方が多いですね。国際線の場合は通路側を選ぶ人が多い傾向があります。

景色も見えるし、気を遣わなくて良いという点では、窓側が人気です。

4.酔うか酔わないか

飛行機の座席で一番気になることと言えば、酔うか酔わないかという点だと思います。僕も酔いやすい体質なので、そこはチェックしています。

窓際の席の場合は、比較的酔いにくいとは思います。遠くの景色を眺めていると、気持ち悪い飛行機酔いも解消できるかもしれません。ただ、離着陸時は外の景色が目まぐるしく流れるので、酔いやすくなります。目のやり場に工夫しましょうね!

飛行機が上空で安定してからは、窓側の方が圧倒的に酔いにくいと思います。ただ、気持ち悪くなった場合などはトイレに行かなくてはならないことも出てくるので、通路側の方が安心という場合もあります。

通路側の席の特徴

通路側の席の特徴も知っておくべきです。飛行機に乗る前にしっかり確認し、空港で選べるようにしておくと安心ですね。

1.安全性

通路側は比較的機内の中央に寄るため、揺れなども少なく感じることが多いです。もちろん飛行機が揺れている場合は、どの席でも揺れることがあるでしょう。

緊急脱出などが必要になった場合などは、比較的すぐに行動できる通路側の方が有利ではあります。ただ、どちらにしても飛行機事故に遭ってしまった場合は、窓側との差異はほとんどありません。

その他、通路側の場合は横を通る人にぶつかられたりすることもあります。荷物が衝突したり擦られたりすることで、怪我をする可能性もあります。

安全性で言えば、窓側の方が良いと言えるかもしれませんね!

2.快適性

通路側の席では、すぐにトイレに行ける点や客室乗務員を呼びやすい点で快適だと言えます。窓側は人がいない点で快適ですが、利便性を考えると通路側の方が良いと言えるでしょうね!

また、通路側にはスペースもあるので、人が通ることなどを気にしないのであれば、窓側よりも快適だと思う方も多いです。特に高齢者や子供はトイレも頻繁に行くので、通路側が良いでしょう!

長時間フライトの場合は、通路側が良いと思います。

3.人気度

通路側は、人気がないように思われていますが、実は結構人気です。実際に通路側を選ぶことが多いのは、年齢を重ねた人や小さな子供がいる人ですね。

景色などを見るのは難しいということもあって、エンターテイメント性では人気がありません。しかし、実用性を考えるのであれば、通路側の方が人気がありますよ!

4.酔うか酔わないか

個人的に酔いやすい僕は窓側が好きなのですが、通路側もそこまで酔うということはありません。そもそも飛行機酔いは人によって原因や条件も違うので、一概には言えません。

ただ、通路側は酔った場合にすぐトイレに行けるし、キャビンアテンダントにも相談しやすいです。対処できる早さで言えば、通路側が有利ですね。

また、通路側は外の景色を見ないので、逆に酔わないことも多いです。離着陸時に外を見ていると、ぐるぐる回る景色に気持ち悪くなることもあります。

そう考えると通路側の方が良いとも言えるかもしれません!

まとめ

曖昧な結論になってしまったのですが、窓側にも通路側にもそれぞれか安全性や快適性があり、酔う酔わないの違いもあります。人それぞれと言えばそれまでです!

しかし、僕が選ぶ時には短時間フライトだと窓側、長時間フライトだと通路側にしています。そうやって自分なりに快適に過ごせる方法を見つけて、飛行機の座席を選ぶと良いかもしれませんね!

ここで解説した飛行機の座席は窓側が良いのか、通路側が良いのかを知り、最適な座席を選んでみてくださいね。

移動カテゴリの最新記事