空港は何時間前に到着?海外旅行の国内線・国際線別チェックイン時間

海外旅行や国内旅行で、空港には何時間前までに着くべきなのかって悩みますよね!国内線と国際線ではチェックイン締切時間や限界時間も、それぞれ異なります。そこで、ここでは空港には何時間前に到着すべきなのかを解説するので参考にしてくださいね。

空港到着の理想時間と限界時間

どうも!旅では常に10分前行動の優等生、チキンジャーニーのハルです!

海外旅行でも国内旅行でも、空港には何時間前に行くか迷いますよね。結論から言ってしまうと、国内だと1時間前海外だと2時間前がマストです。

ここでは各ポイントごとに理想時間と限界時間を考察します。なお、各航空会社を比較した上で目安にしているため、空港や航空会社によっては異なる場合がある点、注意してください!

航空会社によっては、国内線でチェックイン締切時間が20分前のところもあれば、10分前のところもあります。国際線だとさらに50分前だったり、40分前だったりします。

理想時間と限界時間はそれぞれ異なるため、できる限り理想的な時間で空港に到着できるようにしましょうね!

ハイシーズンは目安よりもさらに10分早めに行動、オフシーズンでもゆとりを持って行動するのが安心。

国内線は何時間前までに到着?

国内線の場合は、出発1時間前を目安に空港に到着するようにしましょう。なお、時間の目安は空港や航空会社によって異なります。

1.チェックインカウンターへはいつまで?

・理想時間:40分~60分前
・限界時間:35分前

国内線の場合は、チェックインカウンターに60分前に到着するのがベストです。40分ほど前に到着しても搭乗手続きはできるのですが、航空会社によっては40分前に締め切ってしまうこともあるかも。

限界時間としては35分あれば何とかなります。ただ、それはあくまでも限界ギリギリの時間なので、できれば出発の60分前にはチェックインを済ませておくようにしましょう。

ただ、人によっては事情があって20分前や15分前でも搭乗手続きできたという話も聞きますね。本当かどうかは経験したことがないので、なんとも・・・。

ほとんどの航空会社では、60分前にはチェックインができるようになっています。

2.荷物を預けるのはいつまで?

・理想時間:40分~60分前
・限界時間:35分前

荷物を預ける場合は、チェックインと同時におこなうという方が大半だと思います。ただ、荷物によっては重量オーバーになったり、預けられないものがあったりする場合、時間がかかります。

荷物を預けるだけだと時間はそこまでかかりませんが、荷物のトラブルは意外と多いもの。

早めに行動しておくことに越したことはないでしょう。こちらも出発の60分前が目安となります。

3.保安検査場へはいつまで?

・理想時間:25分~40分前
・限界時間:25分前

保安検査場は、国内線の場合はそこまで混雑しないと思っている方も多いです。しかし、かなり混雑する場合あります。理想的なのは、出発の40分前には通過しておくこと。

シーズンによっては、手荷物検査だけで相当時間がかかることもあります。また、飛行機に慣れていない方は、金属探知機に引っかかるかも知れません。そうなると、さらに時間がかかって焦ります。

国内線だとしても、40分ほど前には終わらせておきたいですね。最低でも出発25分前には通過しておきたいところ。

4.搭乗口へはいつまで?

・理想時間:25分~30分前
・限界時間:25分前

一般の航空会社によっては、10分前までに搭乗ゲート前に集合すれば良いというところもあるのですが、できれば最低でも25分前には集合しておきたいです。

LCCと呼ばれる格安航空会社などの場合は、25分前にゲートを締め切るというところもあります。この締切時間に関しては、航空会社によっても大きく異なるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

ここは航空会社によって差が出るところですね!また、ゲート変更にも注意が必要です。

国際線は何時間前までに到着?

国際線の場合は、出発2時間前を基準に空港に着くようにしてください。なお、時間の目安は空港や航空会社で違うので注意が必要です。

1.チェックインカウンターへはいつまで?

・理想時間:90分~120分前
・限界時間:50分前

国際線の場合はチェックインにも時間がかかる場合があるし、諸々の手続きも国内線より多いので、早めに空港に到着しておくようにしましょう。目安としては120分前がベストです。

人によっては90分前でも大丈夫という方もいるし、実際に90分前でも間に合うことがほとんどです。しかし、すべての行動がギリギリになってしまうので、できれば120分前、本当に余裕を持ちたい場合は180分前でも良いです。

限界時間は50分前にしましたが、これは僕がアイスランドに行った時、飛行機の遅延でギリギリだった時間を目安にしています。

遅れそうな場合に航空会社に電話し、「どこにいるのか」「どれくらいで到着するか」などを明確に伝えると良いです。航空会社もギリギリまでは何とか対応してくれる場合がありますからね!

2.荷物を預けるのはいつまで?

・理想時間:90分~120分前
・限界時間:50分前

国際線だと預け荷物も厳しい場合があります。それぞれの航空会社によって条件も異なるので、できれば早めに済ませておくようにしましょう。

目安としては120分前ですが、90分まででも大丈夫。

荷物を預けるだけなら、出発時間よりもかなり早い時間から受け付けてくれることが多いです。チェックインも合わせて済ませておくと、時間的にも余裕が生まれて良いですね。

3.保安検査場へはいつまで?

・理想時間:50分~60分前
・限界時間:40分前

保安検査場だけで所要時間が10分~20分ほどかかることもあります。国際線はより検査も厳しくなっているため、入念に時間をかけている空港もあるでしょう。

出発時間の60分前には保安検査場に向かい、手荷物検査を受けておいてください。

保安検査場には、飛行機に慣れていない方も多く、時間がかかることも多いです。特にハイシーズンは身動きができないくらいに並んでいることもあります。

国際線は出国審査を受けなければならないし、搭乗ゲートまで遠いことも多いです。その所要時間も考えて通過しておくことが必要となります。

4.出国審査はいつまで?

・理想時間:40分~50分前
・限界時間:30分前

出国審査は、その国を出ることを審査するための場です。国内線ではありませんが、国際線になるとここで審査に通らないといけません。

普通の方であれば、まず止められることはないでしょう。ただ、混雑状況によっては5分~15分ほど必要となる場合があります。

こちらは50分前に通過しておくと安心ですが、ここまでくれば後はゲートに向かうだけなので、実は30分前くらいでも間に合うでしょう。

ただ、航空会社によってゲート締切時間も違うので、状況に合わせて行動することが必要。

5.搭乗口へはいつまで?

・理想時間:30分~40分前
・限界時間:20分前

搭乗口に到着するのは、40分前くらいがちょうど良いです。ただ、30分あれば十分。限界時間としては、出発時間の20分前くらいでしょうか。

ギリギリになると搭乗を開始していることも多いから、そこはしっかり考えて集合しておくことが必要となります。

また、国内外に限らないのですが、ゲートが変更になることも多いです。気付いたら搭乗口が変更されていることもあるので、その場合も考えて行動することが必要です。

まとめ

空港に到着する時間の目安としては、国内線の場合は1時間前、国際線は2時間前が最適です。ただ空港は状況も毎回違うし、航空会社によっても違います!

早めに行動することを心掛けて、乗り遅れることのないようにしましょう!思わぬトラブルがあるのが、旅行です。トラブルがあっても、対応できる時間を考えて行動するのが良いでしょう!

ここで紹介した何時間前に空港に到着すれば良いのかを参考に、スムーズな搭乗を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です