海外旅行の空港・飛行機でロストバゲージ!荷物遅延紛失の確率と対処対策予防

海外旅行の空港・飛行機でロストバゲージ!荷物遅延紛失の確率と対処対策予防

海外旅行で日本の空港を出発し、飛行機に乗って現地に到着したものの……荷物が出てこない。海外でそんな状況に陥ってしまったら怖いですよね!ロストバゲージと呼ばれるこれらのトラブルは、確率こそ低いものの起こるべくして起こる問題です。そこで、ここでは海外旅行でのロストバゲージの確率や対処、対策や予防について解説します!

海外旅行の空港で発生するロストバゲージとは?

どうも!未来のロストバゲージ経験者、チキンジャーニーのハルです!

海外の空港に到着して荷物を待っている時間。あれって長いですよね!待てども待てども出てこない。……え?もしかしてロストバゲージ?

そんな不安に苛まれている人も少なくありません!僕も毎回不安です。今まで一緒に旅を続けてきたスーツケースが世界のどこかに旅立ってしまったと思うと、涙が出てくる!笑

そもそもロストバゲージとは何かというと、簡単に言えば空港で預けた荷物がなくなってしまうことです。飛行機に乗った際、搭乗時に預けた荷物がターンテーブルに出ず、そのまま紛失扱いとなってしまうこと

最悪の場合、荷物は返ってきません……。

遅延の場合はディレイドバゲージなんて呼び方もしますね。

ただ、自分が預けた荷物は、どこかしらにあるはず。どこかの空港か飛行機か、とにかくどこかしらに必ずあります!この世界から消えるなんてことはあり得ません。

実際はロストバゲージやディレイドバゲージから数時間以内に80%は発見されていると言われているくらいです。

まず、ロストバゲージやディレイドバゲージに遭ってしまった場合は、冷静に対処することが必要です。対策さえしっかりおこなえば、荷物が返ってくる可能性も捨てきれませんよ!

ロストバゲージの原因と対処・対策

そもそもなぜロストバッゲージやディレイドバゲージが発生するのかと言えば、色々なことが原因となります。

タグの付け間違いコンテナへの積み間違い積み忘れ単純な操作ミス選択ミス、トラブルや問題などの発生による間接的な紛失・遅延などもあるでしょう。その他、他人が自分の荷物を持って行ってしまったり、故意に盗んだりすることもあります。基本的には人為的なものがほとんどです。

ただ、理由や原因はどうであれ、対処と対策をすぐにおこなえば、手元に戻ってくる可能性を高めることもできるかもしれません!

1.限界まで待機

手荷物受取所で待機している方の中には「なかなか出てこないから」と早々に諦めてしまって、勝手にあたふたしてしまう人もいます。でも、まずは限界まで待機していましょう!

空港で預けた荷物というのは、決して順番通りに出てくるとは限りません。チェックインが早かったから荷物が早く出てくるということでもないわけですね!コンベアが完全に停止するまでは待機してみてください!

それでも荷物がないという場合は、遅延や紛失、盗難、他の乗客のミスなどが考えられます。

ロストバゲージやディレイドバゲージの場合はその場で返ってくる可能性は低いですが、中には間違って持って行ってしまった他の乗客が気付き、コンベア周辺に戻しに来ることもあります。

今一度、コンベアの周りをしっかり確認しましょう!

また、初歩的なミスですが意外とあるのが、コンベア自体の間違いです。大きな空港になると複数のコンベアが同時に回っていることもあり、自分が乗ってきた飛行機のコンベアではない可能性もあります。

移動で疲れていると初歩的なミスも多くなるので、それらも合わせて冷静にもう一度確認してみてくださいね!

2.カウンターで手荷物紛失証明書を発行

ほとんどの空港には、手荷物受取所に乗客相談用カウンターがあります。呼び方は異なりますが、コンベア周辺には必ずと言って良いほど設置されているはずです。まずそちらに相談して手荷物紛失証明書を発行しましょう。

用意するのは、チェックインして預け荷物を渡した時に航空会社のチェックインカウンターで受け取るタグです。

それを「My baggage is not come out.」や「I’m looking for my suitcase, but it’s missing.」と伝えれば状況を確認してくれます。さらに「This is my claim tag.」と添えて、タグを見せるとスタッフも対応しやすいですね。

状況によって変わってくるのですが、大抵の場合は荷物がどこにあるのかわかるので、遅延なり紛失なりの対応を進めてくれます。

この時、書類に必要事項を書かなくてはならないのですが、多くの場合は担当者が代理で書いてくれるので安心してください。

なお、手荷物紛失証明書の他に、問い合わせの証明書控えなどもあると後々の手続きがスムーズです。

3.保険会社と航空会社に連絡

ロストバゲージやディレイドバゲージに遭ってしまったら、とりあえず航空会社に連絡し、保険会社にも連絡しましょう!

3-1.保険会社の対応

荷物の状況はどうであれ、ロストバゲージした場合は保険会社に連絡すると安心です。遅延や紛失の補償が付いている保険もあるので、その旨を保険会社に伝えてください。

保険の補償項目では、ロストバゲージは携行品損害という項目となります。いわゆる紛失としての扱いとなるので、荷物は諦めて気持ちを切り替えて旅行を楽しむようにしましょう!

荷物の遅延であるディレイドバゲージは航空機寄託手荷物遅延費用が適用できます。6時間以上荷物が遅延した場合、3日~4日以内に購入した日用品などは保険で対応できることが多いです。

補償の範囲はそれぞれの状況で異なるので、保険会社に確認しておくことをおすすめします!

もちろん、海外旅行関連の保険に加入している場合のみですし、電話やメールができる環境でないといけません。その点は注意が必要ですね!

3-2.航空会社の対応

その他、自分が利用した航空会社にも連絡しましょう。日系航空会社であれば、日本人が対応してくれる場合もあります。英語が使えない場合は、そういう対処もありですね!

なお、荷物の状況が把握できた場合は、どれくらいで手元に届くのか気になる人も多いでしょう。そういう場合は「How long will it take to receive my baggage?」と聞いてみると、何日程度で届くかが教えてくれます!

滞在するホテルに届けてもらいたい場合は「Could you send my baggage to ○○ hotel?」と英語で伝えればOKですね。

その他、必要となる英語については勉強しておくと良いです。また、荷物の詳細を英語で伝えなくてはならないこともあるため、特徴の英単語を覚えておくのも良いですね。

ただ、パニックになりそうな状況で英語での説明は難しいので、旅行前にスーツケースやバッグの写真・画像を撮っておくのもありです!

旅行に必要なものをすべて荷物に入れてしまっていた場合は、日用品などであれば航空会社が補償してくれる場合や見舞金を支給してくれる場合もあります。必要なものに応じて受け取りましょう。

ロストバゲージさせないための予防

ロストバゲージやディレイドバゲージになる確率は低いですが、実際に現実として発生しているトラブルでもあります。実際は「運だから仕方ない」と言われることも多いです。

ただ、少しの工夫でこういうトラブルを予防することもできます!僕も実践しているからこそ、未だに荷物のトラブルに巻き込まれたことがないのかもしれません!

まずは、予防できるところを自分で見つけて実行してみましょう!

1.貴重品は預け荷物ではなく手荷物

未だに現金やスマホ、パソコン、カメラなどの貴重品を預け荷物にしてしまう方が多いです。これらは基本的に手荷物にしましょうね!

特に現地ですぐ使うものや必ず必要となるものなどは、手荷物にまとめてしまうのがおすすめです。

そうすれば、万が一ロストバゲージやディレイドバゲージに遭ってしまっても、途方に暮れるということは避けられると思います!

より万全を期すのであれば、数日分の着替えや洗面用具、その他の日用品も手荷物にしておくと良いですね。

リスクの分散をするためにも、預け荷物には最低限のものだけ入れておくようにすると安心です。

2.自分ものだとわかるように工夫

バックパックだと同じようなデザインが多いですし、スーツケースも似たようなものが多いです。勘違いして他の乗客が持って行ってしまう可能性も高いです。

スーツケースには、ネームタグやネームプレートなどはもちろん、キーホルダーやストラップなどを付けておくと良いです。その他、ステッカーやシールなどで自分のものだとわかるようにすることが重要となりますね!

ただ、空港では1日に何千何万というスーツケースやバッグを扱っています。そのため、扱い自体はかなり雑になるということを覚えておいてください!

何かを付けていても外れてしまったり、壊れてしまったりすることを前提に考えておく必要があります。

個人的におすすめなのがスーツケースベルトですね。これを巻いておくだけで、格段に自分のものだとわかりやすくなるでしょう!

3.不要なタグやバーコードは除去

何度も海外旅行に行っている人や毎年のように海外出張がある人は、前回空港や飛行機を利用した時のタグやバーコードが残っている人も多いです。

これらの効力はもちろん渡航する間だけなのですが、ずっとそのまま剥がさずに残している人もいます。そうなると空港の地上係員やカウンタースタッフが困惑してしまうことも……!

荷物を預けると毎回タグを発行してくれるので、その都度他のものは除去しておくようにしましょう。

これらが原因でロストバゲージやディレイドバゲージが発生するということは少ないですが、稀に関連するトラブルがありますよ。

4.海外旅行保険への加入

万全を期すのであれば、海外旅行保険に加入しておくこともおすすめします。荷物の遅延や紛失、破損などに対して補償してくれる保険も沢山ありますからね!

もちろん、海外旅行保険は各社によって違いがあるため、自分が加入するものに関しては、しっかり調べておきたいですね!

補償範囲や補償項目が違ったりすることもあるので、後々トラブルにならないように確認しましょう。

携行品という項目は自分で申し出て加入するものが多いです。クレジットカード付帯の保険も使えなくはないですが、補償の有無に違いがあるので気を付けましょう!

また、保険に加入しておけば、万が一問題が発生した時にも連絡してサポートしてもらえる場合があります。日本語デスクなどがある保険会社の場合は、24時間日本語対応のものもありますね。

ロストバゲージやディレイドバゲージは自分で対応できますが、保険会社と相談しながら対応した方が安心とも言えるでしょうね。

5.必要事項のメモと記録

スーツケースやバッグ、バックパックに関する必要事項はメモしておきましょう。メーカーや種類、サイズに色、その他の特徴に関してメモしておけば、荷物の発見や状況の確認がスムーズです!

また、携帯電話やスマホで写真・画像を撮影しておけば、伝える時もとても簡単です。

極力わかりやすく説明するためのものなので、自分なりにどう伝えるのが良いのか考えてみてくださいね!

海外旅行でロストバゲージする確率

紛失や遅延、破損などの荷物のトラブルが発生する確率は0.65%~2%程度だと言われています。

ただ、これはあくまでも目安の数字で、空港によって大きく異なります。管理が適当な空港では発生率も高いですし、丁寧に管理している空港は発生率も低いです。

ただ、人為的なミスが絡むため、どうしても0%にするということは難しいです。近年は少しずつ発生確率も減少傾向にありますけどね。

実際に100人に0.65人~2人ほどは、荷物のトラブルに見舞われてしまうのが現実となっています。

大型飛行機だと300人~500人前後が定員、小型飛行機でも70人~100人前後が定員です。それでいて、世界では何千何万という飛行機が飛び交っています。

そう考えると、この確率はまだまだ高いと言えるでしょう!

ロストバゲージの確率を厳密に計算することは難しいですが、予防をしっかりおこなって、対処や対策も確認しておくことが重要となりますね!万が一の時こそ、冷静に。

まとめ

海外旅行でロストバゲージやディレイドバゲージに遭ってしまうと、かなり焦りますよね!未経験の方も多いと思いますが、何度も飛行機に乗っていると、必ずとどこかで問題が発生するはず!

ただ、対処や対策、予防をしっかりしておけば、荷物のトラブルや問題もそこまで怖がる必要はありません。現に80%の荷物は紛失後や遅延後でも発見されていると言われています。

ここで解説した海外旅行のロストバゲージの確率や対処対策、予防の方法について知り、旅先でのパニックを少しでも減らしましょう!

移動カテゴリの最新記事