海外旅行が安い時期はいつ?安くなる時期は繁忙期より閑散期

海外旅行をしたいけれど、旅費が高くて諦めている方も多いのではないでしょうか。旅費は何かと高く付きますよね。ただ、安い時期を選んで渡航すれば安くなることもあります。ここでは旅費が安い時期・安くなる時期について解説します!

海外旅行が高くなる時期を避けよう

どうも!ブッチギリで庶民的な旅人こと、チキンジャーニーのハルです!

海外旅行を楽しみたいのは山々なのですが、高いとやはり資金繰りが大変ですよね!安い時期を狙うなら高い時期を避けるのが基本です。まずは、どんな時期が高いのかについて知りましょう!

下記で紹介する時期を避け、海外旅行の安い時期を狙っていきましょう!

1.ゴールデンウィーク(春休み)

安くなる時期:3月初旬~4月中旬、5月中旬~下旬

ゴールデンウィークは4月下旬~5月初旬に訪れる連休で、主に昭和の日や憲法記念日、みどりの日、こどもの日などが重なる大型連休です。土日の休日はもちろん、有給休暇を活用すれば7連休~9連休ほど休むことができます。

この時期は、当然ですが海外旅行を計画する人も多くなるため、各航空券や各ホテルが高くなります。個人手配はもちろん、ツアーに参加する場合も高くなりがちなので、避けておきたい時期です。

安い時期を狙いたいなら、ゴールデンウィークから少しズラして予約する方が安くなります。

また、大学生がかなり長期の春休みになることが多いですし、卒業シーズンなどと被るため、空席や空室も少なくなりがちです。そのため、他の一般的な旅行者は高くなることもあるので注意が必要ですね!

2.お盆(夏休み)

安くなる時期:6月初旬~8月初旬、8月下旬

お盆は夏期休暇とも言われており、8月の中旬で取得する連休のことを言います。暦では国民の祝日などがないものの、この時期は企業も休業するし学校も長期休みに入っているので、必然的に旅行シーズンとなります。

日本では年末年始と並んで大型連休となるため、この時期を利用して海外旅行を考えている方も多いでしょう。当然、それに合わせて旅行代金も高くなることが多いです。

また、学生も社会人も帰省ラッシュとなるため、国内の交通網も影響を受けます。それらを加味して旅行しなければならないため、負担はより大きくなるかもしれません!

お盆は大人しく過ごし、休みを取得するなら少しズラすだけで大幅に料金が安くなったりしますよ!

3.シルバーウィーク(秋休み)

安くなる時期:9月初旬~中旬、10月初旬~11月下旬

シルバーウィークは数年に一度しか訪れないのですが、9月の連休が上手に土日と重ならなければ、長期休暇にすることも可能です。

そんなシルバーウィークになること自体が稀ということもあり、連休が上手に取れる年には多くの方が海外旅行に出てしまいます。そうなると、料金も高くなることは必然ですね!

ただ、まだまだ浸透していない大型連休ですし、年によって振れ幅も大きい連休だけに、この時期はそこまで高くなることは少ないですね。

4.お正月(冬休み)

安くなる時期:12月初旬~中旬、1月中旬~2月下旬

海外旅行が高くなる時期として、避けておきたいのがお正月です。学生たちは冬期休暇ですし、社会人も年末年始に入ります。逆にお正月を過ぎれば料金は安くなる傾向が強いですね!

この時期は海外旅行に出かける方も多く、年の中でも大きな長期休暇になることが多いです。そのため、必然的に航空券やホテルの予約も多くなります。

予約する人や購入する人が多いということは、より多くの利益を確保するため、料金も高くなりがちです。高い価格設定にしても予約が入るので、航空券やホテルの相場も自然と高くなってしまうわけです!

また、海外旅行ではなくても年末年始の帰省に合わせて航空券やホテルを予約する方が多いのもこの時期です。空席や空室が少ない場合は、より高くなることがあるので注意しましょう!

5.国民の祝日

安くなる時期:各祝日の前後

国民の祝日はそれぞれの月ごとにあり、多くて数日間の連休になることが多いです。一番多いのが月曜日や金曜日に祝日が入る3連休ですね。

これらの時期は料金も少し高くなっていることが多いです。ただ、期間自体が短いため、近年はそこまで価格に幅が出ていないこともあります。

祝日を狙って出発する方は有給休暇を使い、前日や前々日に出発できるようにすると安く済ませることが可能です。もしくは連休の中日に出発すると安くなることもありますね!

安くなる時期の諸事情と注意点

安くなる時期は、それぞれの航空会社やホテルによって知っておきたいことも多いです。さまざまな事情があって料金は上下するので、その流れを知ることも重要ですね!

1.予約・購入が減る

安くなる時期というのは、基本的に予約や購入が減っている時期です。航空会社もホテルも利用者を増やしたいため、料金を安くすることによって利益を確保しようとしています。

だからこそ予約・購入が減ると同時に、自然と料金も安くなっていくのです。もちろん、キャンペーンやセールを利用する場合は、話も変わってきます。

タイミングによって海外旅行に関わる企業の動きが変わるため、安くなる時期を見極めて予約・購入することが必要となりますね!

2.観光客を呼びたい

安くなる時期は、実は観光客が少ない時期だったりします。観光地は常にさまざまな国からの渡航者で溢れているものですが、やはり大型連休など以外では、訪れる観光客の数も減ります。

観光大国では、観光客が減少すること自体が死活問題となりますよね!だからこそ、少しでも観光客を呼び込んで、ハイシーズンの時の利益をローシーズンでも確保しようとしているわけです。

繁忙期よりも閑散期の方が安くなるのには、そういう事情もあったわけですね!それゆえ、日本の大型連休はもちろん、世界各国の連休も避けて海外旅行すれば、かなり安くすることも可能となります!

3.シーズンごとに違う

海外旅行は目的地によって、それぞれ料金が異なります。ベストシーズンは自然と料金も高くなりがちです。ただ、その国のベストシーズンはそれぞれまったく違います。

ハイシーズンなのかローシーズンなのか、繁忙期なのか閑散期なのか。それぞれの状況によっても大きく違ってきますね。

渡航先によっては、日本が大型連休でも安く行けるところはあるので、そちらを選んでいくというのも良いかもしれません!安い時期とは言っても国ごとに違うということも知っておくべきですね。

まとめ

海外旅行はできれば安くいきたいのが本音です!そのためには、少し工夫して高くなる時期を避けてみるのが良いかもしれません。

なかなか休みは取れないかもしれませんが、少しズラすだけで大幅に安くなることもありますよ!そういう工夫によって、お得に海外旅行を楽しんでみてください。

ここで解説した安い時期や安くなる期間を参考にし、夢の海外旅行に飛び立ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です