海外旅行の宿泊での英語!ホテル・ゲストハウス・民宿に泊まろう

海外旅行で疲れを解消するなら、宿が必要!でも、言葉の壁でホテルやゲストハウス、民宿に泊まれなかったら悲惨!事前に予約する場合もしない場合も、最低限の英語は必要です。そこで、ここではチェックイン・チェックアウトなどのシーン別に宿泊で使える便利な英語を紹介します。

宿泊で便利な英語まとめ

どうも!海外の宿にいつも興奮するチキンジャーニーのハルです!

英語が話せないと「今夜の宿、どうしよう」なんてこと、考えちゃいますよね!僕も英語ができないので、不安です。でも、実はホテルやゲストハウス、民宿などで使う英語は簡単なもので大丈夫!

ここでは、チキンな僕が実際に使っている簡単な英語を紹介します。宿泊に関する英語は、実は簡単なんですよ!心配しないでくださいね!

チェックインで便利な英語

scene.1:チェックインしたい時

Check in, please.:チェックインをお願いします。

到着日、宿泊するホテルに到着したら、まずは受付に向かいましょう。海外ではレセプションやフロントと呼ぶこともありますね。そこで、チェックインしたい旨を伝えるだけで大丈夫。

宿泊施設によっては、スタッフの方から「Checking in?」と聞かれる場合も多いです。予約している場合は自分の名前、予約していない場合は利用したい日数や部屋などを伝えましょう!

scene.2:予約している時~Do you have a reservation?~

I have reservation under Haru.:ハルで予約しています。

予約している場合は、自分の名前を伝えると良いです。例文ではハルになっていますが、そこは自分の名前にしてくださいね!笑

ちなみに、予約している場合は、そのホテルの予約確認書を提示すると早いです。日本から予約していく場合は、バウチャーを印刷していくことで、スムーズなチェックインが可能ですよ。

scene.3:予約していない時

Do you have a room available for tonight?:今夜利用できる部屋はありますか?
Do you have any rooms available?:利用可能な部屋はありますか?

予約していない場合は、まずは利用できる部屋があるのかどうか聞いてください。ハイシーズンの場合は、満室ということもありますからね。満室の場合は、他のホテルを探しましょう!

利用できそうな場合は、利用する人数と日数、部屋などを指定してくださいね。

scene.4:記入を求められた時~Fill in this registration card, please.~

I got it.:わかりました。

ホテルによっては、宿泊カードなどに記入を求められることがあります。その場合は、わかる範囲で良いので、記入していくようにしましょう!

日本人の場合は、正直名前だけで良い場合も多いですし、記入とは言っても難しいことは何もないので安心してください。

scene.5:パスポートとクレジットカードを求められた時~May I have your credit card and passport, please.~

Sure.:もちろん。

身分確認のために、パスポートやクレジットカードを要求されることもあります。その場合は、素直に提示しましょう。

また、海外のホテルではデポジットが必要となることもあります。これは預り金と呼ばれるもので、ミニバーを利用したり、テレビを見たり、食事をしたり、設備を壊したりした場合の保証として使われます。

デポジットの支払いはクレジットカードの利用が可能なことも多く、何もなければ普通に返ってくるので安心してくださいね。

scene.6:支払い方法を聞かれた時~How would you like to pay, cash or card?~

Cash, please.:現金でお願いします。

ホテルによっては支払い方法を聞かれることがあります。その場合は、自分が支払う方法を伝えましょう。クレジットカードの場合は、「Credit card, please.」で通じます。

部屋で便利な英語

scene.1:設備の使い方がわからない時

Please tell me how to use this 〇〇.:この〇〇の使い方を教えてください。

海外のホテルでは、設備の使い方がわからないなんてことも!僕はシャワーの出し方がわからなくて悪戦苦闘したことがあります。

そんな時は、無闇に触らず、スタッフに使い方を聞きましょう。「Please tell me how to use ~.」で使い方を教えてもらうことができますよ。便利なフレーズなので覚えておきましょうね!

scene.2:追加でタオルが必要な時

Can I have extra towels?:追加でタオルをもらえますか?

何かをもらいたい時に使えるフレーズが「Can I have ~.」です。英語の授業では疑問形の「Can」は「Could」にすると教わった人も多いと思いますが、その限りではありません。

Can」はフランク、「Could 」は丁寧な言葉。相手に何かを要求したい時に使うことが多いので「Could you ~.」で使うことが多いです。

ホテルで何か必要となった場合は、フロントに連絡して、欲しいものを伝えましょう!タオルは必要となることも多くて、追加でもらうこともありますね!

scene.3:鍵を預けたい時

Could you keep my key.:部屋の鍵を預かってくれませんか?

海外旅行のホテルによっては、外出時に鍵を預けるシステムとなっているところもあります。また、紛失が怖い方は、預ける必要がなくても預けておきたいですよね。

ホテルの限りではなく、何かを預かってもらいたい時に使えます。その他、「Please keep ~.」でも通じます!

鍵の場合は、部屋番号を伝えると返してもらえるので安心してください。

その他、荷物を預けたい場合は「key」を「baggage」「luggage」などにしても良いですね。

scene.4:部屋を変えてもらいたい時

I would like to change the room.:部屋を変えてもらいたいのですが。

英語の万能フレーズが「I would like to ~.」です。省略すると「I’d like to ~.」になります。何かをしたい時は「I want to ~.」で習った方が多いはずですが、海外の大人はむしろ「I’d like to ~.」を使うことの方が多い印象。

ホテルの部屋は、実際に入ってみると汚かったり、破損していたり、設備が壊れていたりすることがあります。その場合は、気兼ねせずに部屋を変えてもらいましょう!

トラブルで便利な英語

scene.1:部屋の番号を忘れた時

I forget my room number.:部屋の番号を忘れてしまいました。

僕は鳥頭なので、自分の部屋番号も忘れてしまうことがあります!笑

いや、笑い話じゃなくて、結構焦るんですよ。ただ、部屋の番号を忘れてしまったら、レセプションやフロントで聞けば教えてくれます。

scene.2:鍵を失くした時

I lost my key.:鍵を失くしました。

たまにあるのが、部屋の鍵を失くしてしまうことですね。海外はカードキーとかも多くて、気付いたら紛失してしまっていることも・・・。

そんな時は、素直にホテルに伝えてください。代用の鍵を用意してくれます。ただ、ホテルによっては紛失した弁償代が必要となる可能性もあるかもしれません。

scene.3:部屋から閉め出された時

I left the key in my room.I’m locked out.:鍵を部屋に忘れて、閉め出されてしまいました。

オートロックのホテルの場合は、部屋に鍵を忘れたまま閉め出されてしまうこともあります。誰かと同室の場合は良いですが、一人旅の時はかなり焦る。

閉め出されたことをレセプションやフロントに伝えると、合鍵で対応してくれるから、冷静に対応してくださいね!

scene.4:設備が故障していた時

〇〇 is broken.:〇〇が故障しています。

部屋の設備が壊れている場合は、こちらのフレーズが便利です。色々なものに使えるので、「~ is broken.」は覚えておくと良いでしょうね!

エアコンの場合は「The air conditioner is broken.」で対応してくれます。シャワーの場合は「The shower is broken.」など、上手に使い分けてくださいね!

チェックアウトで便利な英語

scene.1:チェックアウトしたい時

Check out, please.:チェックアウトをお願いします。

ホテルでの滞在も無事終わり、帰国する時にはホテルをチェックアウトしなければなりません。難しいことは何もなく、ただ受付に伝えるだけで良いです。

合わせて鍵を返却すれば、それで終わり。最近のホテルによっては、鍵をボックスに返却するだけで、チェックアウト扱いになることもあるので、そこは事前に確認してください!

scene.2:タクシーを呼びたい時

Could you call a taxi?:タクシーを呼んでいただけませんか?

帰国日の場合、そのままホテルからタクシーで空港に向かうということもありますよね。その場合は、スタッフにタクシーを呼んでもらうと便利です。

時間を指定した場合は、「~ at seven o’clock?」など時間指定すると良いです。

scene.3:感謝を伝えたい時

I enjoyed my stay. Thank you.:楽しい滞在になりました。ありがとう。

スマートにホテルを後にしたいなら、感謝の気持ちを伝えるのもスタイリッシュですよね!僕はチキンなので、なかなか言えないのですが、これが言えたら完璧。

まとめ

海外旅行で宿泊する時は、英語が必要となることもあります。楽しい海外旅行にするためにも、宿泊で使える英語は覚えておくと便利ですね!

最低限で良いので、旅行で使える英語を知り、世界を広げていきましょう。ホテルもゲストハウスも民宿も、その他の宿泊施設も流れは基本的に同じです。使う英語も限られるので、逆に安心!

こちらで解説した宿泊で便利な英語を参考に、スマートに宿泊を乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です