海外旅行の両替はどのくらい?いくら必要か比較

海外旅行の両替はどのくらい?いくら必要か比較

海外旅行の両替をするのは良いですが、肝心なのがその金額ですよね。いくら両替すれば良いのか、僕はいつも迷います。頭がねじれるくらい悩む!そこで、ここでは両替はどのくらい必要なのか解説します!

海外旅行の両替はどのくらい?いくら?

どうも!クレジットカードの利便性に気付いちゃったチキンジャーニーのハルです!

海外旅行で必要となる現地通貨は、人によって異なります。現地で使う予定の予算が5万円だった場合、2万円ほどは現金、その他はクレジットカードで払うなど使い分けると便利!

クレジットカードはとても便利なので、ぜひ持っていきましょう!もちろん、そうなるとこの記事も必要なくなるのですが、現地通貨が必要な場合もあるので注意!

なお、僕の場合は現地の硬貨が欲しくて現金を使ったりもします。硬貨集め、楽しいですよ!

http://chicken-journey.com/where-travel-money-exchange/

http://chicken-journey.com/when-travel-money-exchange/

1.予算の10割

・メリット:管理が楽で、現地通貨によってお得
・デメリット:現地通貨が余ることがある

予算分は、すべて予約してしまうという手もあります。僕の場合は、初めての海外旅行でグアムを訪れた時、予算のすべてを両替してしまいました!

現金の管理がとても楽だったのは良かったです。しかし、現金をそこまで使うということがなく、実は結構余りました。

そのおかげで「現金を使わなきゃ」という謎の思考回路になったことも……。予算の10割を両替すると現地通貨が余るので、そこは上手に使い分けることが必要となります。

2.予算の5割

・メリット:必要に応じて必要な金額だけ使える
・デメリット:数回の両替が必要となることもある

予算が10万円だった場合、日本円5万円分、現地通貨5万円分というように使い分けていくことができます。また、何かトラブルがあっても、両方の国の通貨を持っているというのは心強いもの!

また、必要な分を細かく両替していけるので、現地通貨が余るという可能性も低いです。

ただ、数回の両替が必要となるので、現地での両替が手間となることもあるでしょう。ここもどれくらい使うのかを自分で計算しておけば、いくら持って行けば良いのか判断しやすいですね!

3.予算の1割

・メリット:邪魔にならないし、必要な分だけ使える
・デメリット:現金が必要な場面で困ることがある

紙幣だろうが硬貨だろうが、やはり持ち歩くというのは邪魔になることも多いです。その点、予算の1割だけ現地通貨にしておくと、必要な時には便利ですし、その他は邪魔になりません!

必要な分だけ用意すれば良いですし、他はクレジットカードで支払えば問題はありませんよ。

ただ、現金が必要な場合もあります。例えばアジアなどでは屋台も多くて、現金しか使えない場合もあります。比較的アメリカやヨーロッパはカード社会ですが、その他の国では現金も重宝されます。

その場合、予算の1割だと少ない気もしますね!

どのくらいがおすすめ?

では、「どのくらいがおすすめなの?」と迷っちゃいますよね!

こればかりは、その人が現地で何を食べるのか、何を見るのか、何をするのかによって大きく変わります。

僕の場合は、予算の5割を現地通貨にしておき、残りの5割はクレジットカードで支払うようにしています。その方が楽ですし、大金を持ち歩かなくても良いので、安心です!

ただ、行き先によっても大きく変わってくることがあります。国によっては現金が重宝されることもあれば、クレジットカードが重宝されることもあるのです!

行き先の文化を調べて、必要な分だけ両替していくようにしましょうね!

金額の注意点

両替は重要ですが、金額によっては注意しておきたいこともあります。ここでは簡単に説明するので、両替の際には注意してください!

1.大金は持たない

海外旅行では、大金を持たないことが鉄則です。日本人は危機管理能力が低く、海外で犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。その多くが、窃盗や盗難です!

大金を持っていると、万が一盗まれてしまった時、やはり対処するのが大変です。クレジットカードの場合は、すぐにカード会社に連絡して止めてもらうことが可能ですが、盗まれた現金は元には戻りません。

両替する金額はできる限り少額に抑えて、必要最低限に留めておくことが重要です。

2.高額紙幣よりも低額紙幣

両替をする際、金額が大きいと高額紙幣で渡されることがあります。海外で高額紙幣を持つのは、やはり避けておきたいところです。こちらでは対比的に低額紙幣と表現していますが、とにかく細かい現金が必要ということです!

例えば、日本円を500ドル分で両替してもらう場合、「100ドル紙幣5枚」で渡されるのと「20ドル紙幣10枚、10ドル紙幣20枚、5ドル紙幣20枚」で渡されるのでは、どちらが良いでしょうか。

基本的に両替の際には使いやすさも考慮して低額の紙幣も織り交ぜる方が良いです。

高額紙幣の場合、国によっては偽札防止のため、あまり受け取ってくれないこともあります。特に100ドル紙幣や50ドル紙幣はあまり歓迎されないです。

できる限り少額の紙幣や硬貨を持ち歩くようにしてください!

まとめ

海外旅行に必要な両替は、結構金額とかでも悩むものです。どのくらい必要なのかについては、旅のスタイルによっても変わってくるので気を付けてくださいね。

僕の場合の話しになってしまいましたが、少しでも参考になればと思います!

ここで紹介した両替はどれくらい必要なのかを参考にして、現地通貨を上手に使っていきましょう!

準備カテゴリの最新記事