海外旅行の移動で日付変更線とは何?西から東・東から西で変わる意味

海外旅行の移動で日付変更線とは何?西から東・東から西で変わる意味

海外旅行で移動する場合、渡航先によっては日付変更線を越えることもありますよね!しかし、これが海外旅行初心者への罠!日付が戻ったり進んだり、頭がこんがらがってしまうこともあるかもしれません!そこで、ここでは海外旅行の移動で越える日付変更線について解説します!西から東、東から西への移動で意味が変わるので注意!

海外旅行の移動で聞く日付変更線とは何?

どうも!日付変更線の裏側がどうなっているのか気になるチキンジャーニーのハルです!

海外旅行と言えば4泊6日で計画したり、7泊9日で計画したり、日数ごとにスケジュールを立てるのが一般的ですよね。しかし、そこで海外旅行初心者の壁となるのが日付変更線です。

なお、ここでは日本を基準にした西と東の考え方で解説しています。北と南は1点ですが西と東はその国ごとに無数にあるため、その点は注意してくださいね。

1.日付変更線とは何か

そもそも日付変更線とは何か。それは太平洋の真ん中に引かれた経度180度の線のことです。180度の経線として位置し、そこを東へ通過する場合は1日戻り西へ通過する場合は1日進めるという解釈が一般的となっています。

海外旅行ではこの日付変更線を越えることもあるので、旅行の日数やスケジュール、時差については注意が必要です。出国日や帰国日にも関係してくるので、正しく理解しておくようにしましょう!

2.日付変更線の時差

西から東に越える時は、日付変更線の時差が+12時間から-12時間に変わります。時間自体は24時間戻る計算となります。つまり、日付が1日戻るので注意が必要です。

東から西に越える時は、日付変更線の時差が-12時間から+12時間になります。そうなると時間は24時間進めるわけです。つまり、日付が1日進むことになるので注意しましょう。

僕も日付変更線については頭がよくこんがらがるのですが、実際にはシンプルなものなので難しく考える必要はありません!

西から東だと日付はどう変わる?

日付変更線は太平洋の真ん中に位置しているので、日本から北米や中南米に渡航する場合に越えるのが一般的です。まずは航路や日付、注意点を確認しておきましょう!

1.西から東の航路

西から東の航路としては、日本からアメリカやカナダ、メキシコなどの北米に行くような航路が多いですね。もしくはアメリカで乗り継ぎをしてペルーやボリビア、ブラジルなどの南米に行くという方も多いかもしれません!

日本人の多くが訪れるハワイなども日付変更線を越える航路となります。太平洋の島国を訪れる場合は、航路が日付変更線を越えるかどうか知っておくことも重要ですね。

もちろん日本からだけではなく、韓国や中国などアジアの大都市から日付変更線を越える航路も同様です。

なお、1995年1月にはキルギス、2011年12月にはサモアなどが日付変更線を変更しています。キルギスは標準時を統一、サモアは東側から西側へと変更になりました。

このように国々によって日付変更線を越える航路になるかどうかという点も変わってくるので注意が必要です。

2.日付はどう変わる?

西から東へ越える場合は、1日戻るという解釈が一般的です。戻るというよりは重複という方がわかりやすいかもしれません。

例えば、1月1日に日本を出国した場合、現地に入国するのも同日1月1日になるのが一般的ということです。

東から西だと日付はどう変わる?

日付変更線は太平洋の真ん中にあるため、北米や中南米から日本に渡航する場合に越えることが多いです。航路や日付、注意点にも注目しておきましょう!

1.東から西の航路

東から西への航路としては、アメリカやカナダ、メキシコなど北米から日本に渡航する航路が多いです。南米のペルーやボリビア、ブラジルからはアメリカを経由して日本に入る場合などの航路もあります。

ハワイなどから日本に渡航する場合も当然ですが日付変更線を越えます。その他、太平洋の島国から日本に入る場合にも日付変更線を越える航路が一般的です。

直行便でももちろんですし、経由便や乗継便などでも日付変更線を越えることがあるので注意が必要となります。北米や南米から韓国や中国へ渡航する場合なども日付変更線は超えるので注意がしましょう。

日付変更線に関しては、今後も変更となる場合があるかもしれないので渡航する際には確認しておくと安心ですね!

2.日付はどう変わる?

東から西へ越える場合は、1日進めるという考え方が普通ですね。進めるというよりは追加と考える方がわかりやすいかもしれません。

例えば、1月1日に現地を出国した場合、日本に入国するのが1月2日~1月3日になるのが一般的ということになります。

海外旅行での日付変更線の注意点

海外旅行で日付変更線を越えるという方は、注意しておきたいこともいくつかあります。旅行前に確認しておき、予約の際などにも日付変更線のことを考慮しておくのが良いかもしれませんね!

1.日数に注意

日付変更線で勘違いしやすいのが旅行の日数です。

例えば、1月1日に出国して1月8日に帰国しようと思っても、単純計算でフライトが10時間前後ある場合は、そのまま計算するとどうしてもズレてきてしまいます。

西から東に越えた時に1日戻して、東から西に越えた時に1日進めるので、基本的に日数は変わらないと思っている方も多いです。

ただ、そこにフライト時間が加算されることによって、旅行の日数も変わってくることがあります。それらの点から、日付変更線を越える場合は日数なども良く考えておくことが必要となります。

また、たまにあるのが出国日や帰国日を間違えてしまうということです。

日付変更線を越えるということは日本の時間軸で考えているとズレが生じるので、予定の日数とは違った日数で海外旅行を計画してしまうこともあるかもしれません。そこは気を付けておくようにしましょう!

2.スケジュールに注意

日付変更線を越えると1日戻ったり進んだりします。そのため、スケジュールに関しても間違ってしまうことがあります。

例えば、1月1日に日本を出国してアメリカに入国する場合、フライト時間を考えて1月2日から現地での予定を立てることもあるでしょう。しかし、実際に到着するのは1月1日となります。

限られた時間の中で海外旅行するわけですから、そのズレは意外と大きな問題となってくることもあります。

また、1月1日から1月8日の予定で「7日に帰国すれば良いか」と思ってスケジュールを立てているとズレが生じます。実際には1月6日にアメリカを出国しなければ、日本の1月8日に入国することはできなくなるのです。

そのため、日付変更線を越える場合はスケジュールもそれに合わせて考えていくことが必要となります。

3.時差に注意

地球の時間というのは、それぞれの国が経線ごとに時間軸を決めています。すべての国が同じ時間ということはあり得ないですよね!

地球は丸いので太陽が昇ってくれば朝、沈めば夜になります。それらの時間軸を国ごとに決めているため、当然ながら時差というものも発生します。

アメリカの代表的な都市と比べてみると、日本とハワイだと+19時間、サンフランシスコだと+16時間、ニューヨークだと13時間というように時差があるのです。

日付変更線を越える場合は1日戻りますが、日本と現地ではさらに時差もあるので注意が必要ということになります。当然ですが往路でも日付変更線を越え、復路でも日付変更線を越えるので、時差もさらに影響が出てきます。

それらも考えて旅行の日数やスケジュールを考えるようにしてみましょう!

4.位置に注意

日付変更線の位置というのは、たまに変更となることがあります。代表的なものだと、1995年1月のキリバスや2011年12月のサモアがありますね。

日付変更線は世界でこれと言った決まりなどがないため、場合によっては変更となる場合があります。逆に言えばそれほど曖昧なものとも言えるかもしれません。

そもそも海の上に、実際に線が引いてあるわけでもありませんしね!笑

ただ、日付変更線を越える場合は、その国の最新情報を調べておくということも重要となるでしょう。

まとめ

海外旅行をする場合は、日付変更線のことも知っておかないと後々大変なことになるかもしれません!もちろん難しいものではないので、その仕組みだけでも知っておくようにしましょう!

ここで解説した日付変更線の解説を参考に、海外旅行の移動でこんがらがってしまわないようにしましょう!

移動カテゴリの最新記事