海外旅行の円高と円安とは?どっちがお得で損をしないの?

海外旅行をする上で重要なのが、お金事情ですよね!そのお金の価値を左右するのが円高や円安と言われる相場・レートです!しかし、それらの違いについて、あまり知らないという方も多いかもしれません。ここでは旅行する際に知っておきたい円高と円安について解説します!

お金の価値は国によって違う

どうも!円高と円安がこんがらがっちゃうチキンジャーニーのハルです!

海外旅行をする時、円高や円安という言葉を聞いたことはありませんか?

お金の価値は常に変動し、円の価値が高くなったり、逆に安くなったりします。その時の相場やレートの状態に合わせて、円高や円安という言葉を使うわけですね!

ただ、この円の価値というのは、それぞれの国によっても異なります。アメリカとイギリスの円に対する価値は違うということです。

まずは円の価値がそれぞれ違うということを知り、その上で円高や円安について知っていきましょう!

海外旅行の円高・円安事情

海外旅行をするなら安い方が良いですし、お得に損をせず観光できるのが一番ですよね!

しかし、相場やレートについて知っておかないと旅費が高くなってしまうこともあります。ここからは、それぞれの言葉について説明する野で、旅行前にチェックしておいてくださいね!

1.相場・レートとは?

相場やレートというのは、外国為替市場で使われる用語で、違う通貨同士を交換する際の比率のことを言います。

先進国の日本円を基準に考えてみると信用度も高く、それでいて安定している通貨で価値は高いです。逆に発展途上国などの通貨は世界的に見ても影響力が低く、価値も安いことが多いです。

大人気アイドルのグッズ1つと地下アイドルのグッズ1つでは、割に合いませんよね。それらを交換するとなると大人気アイドルグッズ1つに対して、地下アイドルグッズが5つほど必要かもしれません!笑

アメリカの1ドルを手に入れるためには、日本の1円ではなく100円以上が必要となります。

もちろんドルだけではなく、ユーロやポンド、元などそれぞれの国によって相場やレートは異なります。それらの価値によって、交換比率を表しているのが為替・レートということになります。

2.円高とは?

円高とは、円の価値が高くなっている状態です。

1ドル=100円を基準にすると、1ドル=90円の状態を円高と言います。

1枚10ドルのTシャツを購入する際、900円で買える状態です。

円高の状態だと日本円の価値が高くなっているため、海外旅行もお得になることが多いです。円の価値が高いので、当然ですが海外で現金を使う場合は安く買い物ができます。

3.円安とは?

円安とは、円の価値が安くなっている状態です。

1ドル=100円が基準だと、1ドル=110円の状態が円安だと言えます。

1枚10ドルのTシャツを買う時、1,100円で購入できる状態です。

円安の状態は日本円の価値が低くなっています。そのため、海外旅行では損をするかもしれません。円の価値が安いので、買い物をする際などには支払いも多くなります。

損をせずお得に海外旅行するコツ

旅人にとって予算や費用はとても重要なものですよね。せっかくなら損をすることなく、お得に海外旅行を楽しみたいものです。ここからは、そのコツについて紹介しますね。

1.相場・レートのリサーチ

海外旅行をする前には、渡航先に合わせて相場やレートの情報収集してみてください。その国の通貨に対して、日本円の価値がどうなっているのかを知っておくと良いです。

相場やレートは常に変動しているため、海外旅行当日の状況を予測することは難しいです。実業家や投資家でも、完璧に的中させるのは無理でしょう。

ただ、現在どのような状況になっているのかを知ることで、旅行の予算や費用を割り出すこともできます。

2.外貨両替の工夫

外貨両替の時、円高や円安の影響を受けることは少ないです。そもそも円の価値も外貨の価値も日によって異なるため、両替の際には損をすることも得をすることも少ないでしょうね!

ただ、気を付けておきたいのが為替やレートです。これらが急激に変化した場合、両替の金額にも影響が出てしまいます。

基本的に両替は最小限にし、現地では現金よりもクレジットカードを利用した方が良いです。

僕の場合は現地のコインが欲しかったりするので、最低で2万円~3万円ほど両替しています。残りの支払いなどはクレジットカードを使うことが多いです。

海外旅行では「必要な時に必要な分だけ両替するのが良い」と聞きますし、僕もそう思うことはあります。ただ、両替は手数料もかかるし、時間も無駄になります。その点は工夫が必要ですね!

3.クレジットカードの活用

海外旅行の際には、クレジットカードの利用がおすすめです。クレジットカードなら両替手数料がかかりませんので、損をすることもありません。

また、支払いの際にぼったくられることも少ないです。現金支払いの場合、国によってはぼったくりの被害に遭うことがあります。クレジットカードでも料金を吹っかけられればぼったくられるのですが、現金よりは安心ですね!

円高や円安の影響を最小限に抑えるためには、クレジットカードを持っていきましょう。

ちなみに、僕の場合はクレジットカードは2枚ほど持っていくようにしています。現金は窃盗や強盗に弱いですが、クレジットカードならそういう犯罪の防止にも繋がりますからね!

まとめ

海外旅行をするなら、円高を狙い、円安は避けることが必要です。ただ、各国の経済事情によって常に相場やレートは変動しています。そのため、あまり気にし過ぎるのも良くないです。

普通に海外旅行する分には、円高でも円安でも数千円程度の差しか出ない場合が多いです。ただ、経済的な指標で見ると円高も円安も世界経済に大きく影響を与えることもあります。

ここで解説した相場・レートはもちろん、円高や円安について知り、海外旅行を損することなくお得に楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です