世界の治安が良い国ランキング!海外旅行でおすすめの平和な国

世界の治安が良い国ランキング!海外旅行でおすすめの平和な国

海外旅行をする時に気になるのが、その国の治安ですよね!世界には治安が良い国も沢山あります。せっかく旅行するなら、平和な国に渡航したいという方も多いでしょう!そこで、ここでは治安が良い国・平和な国についてランキングで紹介します!

治安が良いと海外旅行も安全

どうも!世界の平和を願っているチキンジャーニーのハルです!

海外旅行先の治安は気になるものですよね!僕も渡航する国の治安が大丈夫なのかどうかとても気になります。海外旅行は安全に観光するというのが大前提ですので、治安が良い国を選びましょう!

この記事では、治安が良い国をランキング形式で紹介します。また、僕が実際に行ったことのある国ではどうだったのかなど、生の情報も合わせて解説しますね!

また、外務省の海外安全ホームページや世界の平和度指数、実際に渡航した時の体験談なども加味しています。

なお、治安は世界の情勢によって変化するものなので、渡航前に必ず調べるようにしてくださいね。

世界の治安が悪い国ランキング!海外旅行で渡航したくない危険な国

世界の治安が良い国・平和な国ランキング

海外は日本と違い、危険な国も多々あります。情報を調べずに渡航すると危ない目に遭ってしまう可能性もあるでしょう。ただ、治安が良ければそんな心配も必要ありません!

もちろん、平和な国でも注意しなくてはならない点もあります。しかし、海外旅行初心者や初めての海外出張という方は、当然治安の良い国を選ぶ方が安全です!

世界でも屈指の治安の良さを誇る国はどこなのか!次の行き先の参考にしてみてください!

1位.アイスランド

・治安が良い度:★★★★★

アイスランドは欧州の北西に広がる国で、火と氷の国と呼ばれる島国。世界で最も平和な国に5年連続で選ばれるほど、この国は治安も良く平和であり幸福な国です。

とても寒そうな国名ですが、実はそこまで極寒というわけではなく、氷点下になるのは冬の夜くらい。最高気温は13℃程度で、最低気温は-6℃ほど。寒くても人々はとても優しく温かいのが特徴で、世界一治安が良い国の名に恥じない国です!

男女が平等な社会であり、平均寿命も82歳と高く、犯罪率も低いです。隣国との関係も良好で、住民の満足度も高いのが治安の良さに繋がっている根拠とも言えますね。

観光スポットも豊富で、世界遺産シンクヴェトリル国立公園をはじめ、セリャラントスフォスやブルーラグーン、スカフタフェットル国立公園の氷の洞窟なども有名。

僕が訪れた時も、困っていると現地の家族連れの人が助けてくれたり、バスの運転手が親切にしてくれたり、本当に人柄が良い国です。夜も1人で歩けるほど平和で安全な国だと言えますね。

旅行シーズンは5月~1月となっており、6月~9月がベストシーズンです。オーロラ観測を楽しみたいのなら9月~3月がおすすめなので、通年して観光を楽しめる国ですね!

【アイスランド】絶景温泉ブルーラグーン!ハルパとハットルグリムス教会【海外旅行記1日目】

2位.デンマーク

・治安が良い度:★★★★★

デンマークはコペンハーゲンが首都の国。世界屈指の安全な国と言われ、男女平等で医療や福祉も充実しています。社会的支援の充実度でも高い評価を得ている国です。

治安が良く、一人旅やバックパッカーにも人気の国です。健康寿命も長く、社会が寛容で人生選択の自由度、政府の汚職が少ないという点も治安の良さに繋がっています。

観光地としてはニューハウンをはじめ、アマリエンボー宮殿やクロンボー城、ロスキレ大聖堂、イルリサットアイスフィヨルド、ワッデン海などが有名。おもちゃ箱のような建物、自然と文化が共存した景色も人気です。

国民の幸福度では世界一とも言われ、ノルウェーやスウェーデンなど北欧諸国と肩を並べて治安が良いのが特徴。僕が訪れた時は、一見するとクールに見える人が多いけれど、接してみるととても優しい人が多いという印象でした。

旅行シーズンは6月~8月が人気で、湿度も低く快適な旅に最適です!夏は白夜になる日もあるので、「寝るよりも観光したい」という方にも最適でしょう!

【デンマーク】腹黒サンタの贈り物!おとぎの国のチボリ公園【海外旅行記1日目】

3位.オーストリア

・治安が良い度:★★★★★

オーストリアは中欧でも屈指の平和な国。戦争や紛争が発生せず、中立政策を一貫しているのが平和維持に大きく貢献しています。柔軟な外交政策もあり、周辺諸国とも関係良好なのが特徴です。

医療が発達しており、国民の変更寿命も長いのが、さらに治安の良さに繋がっています。誰もが健康で豊かな心を持つ住みやすい国、それがオーストリアです。

また、音楽の町ウィーンや中世の町ザルツブルグなど、歴史と文化も国民の心の支えになっていると言えます。宗教的な建物も多く、心の拠所があるというのは治安の良さにも繋がるのかもしれません。

世界遺産が豊富なことでも有名で、世界で最も美しい村と言われるハルシュタットの文化的景観やウィーン歴史地区、ザルツブルク市街の歴史地区、グラーツ市歴史地区とエッゲンベルク城など、観光名所が満載です!

ベストシーズンは地域によって違いますが、夏の5月~9月がおすすめです!逆に冬の11月~2月も幻想的な景色を楽しめるでしょう!文化だけでなく、歴史が好きな人におすすめできる国です。

4位.ニュージーランド

・治安が良い度:★★★★★

ニュージーランドはオセアニアに位置する自然が美しい国。日本人のワーキングホリデー先としても人気の国ですね!穏やかな気候と美しい自然を持つ平和な国です。

国内の犯罪率はとても低く、政治的にも安定しています。軍事力の縮小などもあって、そもそも戦争や紛争の引き金になる要素が少ないと言えるでしょう。自由や平等を重んじている点も、治安の良さに繋がっています。

絶景が多く、テカポ湖やワカナ湖などの湖が人気です。星空観測ツアーも充実していて、観光大国という点も魅力。その他、トンガリロ国立公園やワイトモ洞窟、世界遺産テワヒポウナムなどが有数なスポットですね!

ベストシーズンは10月~3月で、雨も少なく乾燥しているため、星空観測にも最適。南半球ということで日本と季節が逆なので、12月に真夏のクリスマスを過ごすなど、面白い過ごし方もできちゃいますよ!

5位.スイス

・治安が良い度:★★★★★

スイスはヨーロッパの国で、永世中立国という平和的な国。国全体が平和を大切にする国風で、教育の質の高さや社会福祉の充実などでも評価されている国です。

世界各国に経済的支援や投資をおこなうのはもちろん、国内でも雇用支援や生活保障を徹底しています。保険も充実しているからこそ、国民が安心して暮らせるわけです。

また、多民族が暮らしていて多文化主義の国としても有名です。さまざまな人種や言語の人が暮らしている国という点でも、社会全体の寛大さが感じられますね!

スイスが誇るアルプス山脈はもちろん、レーティシュ鉄道やベルン旧市街、ザンクト・ガレンの修道院、サン・ジョルジュ山、シュタウプバッハ滝、リッフェル湖など観光地も満載。

ベストシーズンは5月~9月が暖かく、旅行者にも人気です。平均寿命も世界一にランクインすることも多く、国民が豊かで満たされているのも平和に繋がっていますね。

6位.フィンランド

・治安が良い度:★★★★★

フィンランドは北欧に位置し、オーロラやサンタが有名な国。首都にヘルシンキを持ち、治安はとても良いです。教育レベルが世界最高水準で、平均寿命も高いのが特徴となっています。

報道の自由度がとても高く、男女平等な社会で差別もほとんどありません。穏やかな人が多く、誰に対しても壁を作らずに接してくれる人柄の国です。経済も安定しているのが、国民にとっても安心に繋がっているのかもしれません。

観光ではオーロラはもちろん、ムーミンワールドやサンタクロース村などが有名。他にもスオメンリンナの要塞郡やペタヤヴェシの古い教会、ラウマ旧市街、テンペリアウキオ教会などもあります。

ベストシーズンは6月~8月で、観光に最適な期間は短めです!夏が温暖なため過ごしやすく、冬は寒冷で観光には不向きかもしれません。ただ、5月~7月は白夜となるので、地球の神秘に耳を傾けてみるのもあり。

7位.カナダ

・治安が良い度:★★★★★

カナダは北米の国で、自由に国アメリカに隣する移民の国。大自然と大都会が共存している平和な国で、経済と文化の両面でランクの高い国です。雇用の多さでも定評のある住みやすい国ですね!

移民の国ということもあり、社会全体が寛容な点も特徴です。ピエール・トルドー首相が多文化主義宣言を実施したことで、多民族国家としても成熟していきました。言語も英語やフランス語が公用語。

人々が尊重し合う社会で、差別を嫌う国柄なのが平和にも繋がっています。軍事関係も縮小し、平和を望む人が多いのも魅力です。

観光名所としては、世界遺産のカナディアン・ロッキー山脈や恐竜州立自然公園、ケベック旧市街の歴史地区、ナイアガラの滝、イエローナイフなどが有名。世界遺産も豊富で、観光にも困りません。

近年でも留学先やワーキングホリデー先として人気です。もちろん、日本人の移住者も多いです。僕が訪れたバンフも、親切な人ばかりでした。絶景も多いですし、最高の国ですよ!

ベストシーズンは5月~9月となっており、夏は比較的暖かいものの、冬は-10℃前後になる地域もあります。夏はアクティビティやレジャーのシーズンで、冬はウィンタースポーツのシーズン。

【カナダ】ロッキー山脈麓のバンフ国立公園へ!ヒッピー現る!【海外旅行記1日目】

8位.日本

・治安が良い度:★★★★★

日本はアジア屈指の治安を誇る国。勤勉で真面目で礼儀正しい人ばかり。実は根暗で人見知りする人が多いのは、他国には内緒にしておきましょう!笑

銃刀法により、一般人が危険物を持てない法律が平和に繋がるのはもちろん、殺人やテロなどの凶悪事件も比較的少ない傾向にあります。住んでいると「そうでもないよ」という人も多いですけどね!

日本は海外からの観光客も多く、世界遺産や絶景、アニメや漫画などのサブカルチャー、日本食などのグルメも愛されている国です。海外支援にも前向きな国で、逆に海外で助けてもらった日本人も多いです。

社会全体のインフラ、経済、教育、医療、福祉などを見ても高水準となっています。また、パスポートの信用度も世界有数で、日本人というだけで優遇される場合もあるのが利点です。

9位.オーストラリア

・治安が良い度:★★★★☆

オーストラリアは南半球、オセアニアに属する国。国土の広さはもちろん、生活レベルが高いのが特徴です。インフラが整い、医療や福祉なども充実しています。

経済的な自由に焦点を当て、労働者に対する賃金の高さなども治安の良さに繋がっています。最低賃金が高水準でありながら、労働時間は短いというのが生活の充実度にも直結しているのです。

世界最高峰の自由度の高さや社会の寛容さも相まって、治安の良い国としても常に上位に位置しています。平和維持活動や災害救助、発展途上国支援など、さまざまな点で貢献している点も魅力。

僕が訪れたケアンズも長閑な田舎町で、過ごしやすかったです。現地の人は冗談が好きでチャーミングなのも特徴。世界遺産グレートバリアリーフやウルル(エアーズロック)などもあり、自然と文化も両立しています。

ベストシーズンは面積が広いので、それぞれの地域で異なります。また、南半球なので日本と季節が逆になるのが特徴です。比較的10月~4月が過ごしやすく、海も透明度が高いです。

【オーストラリア】南半球の国へ!眠れない飛行機の夜【海外旅行記1日目】

10位.チェコ

・治安が良い度:★★★★☆

チェコは中欧の国に囲まれた小国。もともと共産主義国家だったのですが、自由化されたことによってより成長を続けている国となっています。高所得国家の仲間入りを果たし、今後も更なる期待が持てます。

集団スリや置き引きなど、軽犯罪が多いのは気になるところですが、文化的な景観や心の拠所も多く、人気の高い国となっています。徴兵制度も廃止されたことで、より自由な職業選択が可能となったのも治安の良さに繋がっています。

中世の街並みが色濃く残り、プラハやチェスキークルムロフなど美しい町が多いです。また、カルルシュテイン城やカレル橋、旧市街広場などが人気スポットも満載。

ベストシーズンは5月~9月です。5月にはチェコビールフェスティバルがありますし、プラハの春音楽祭などもあります。朝晩は冷えるものの過ごしやすいので、観光もぜひ!

治安の良さに油断しないこと

治安が良い国だとしても、油断は決してしないことが重要です。日本人は特に危機管理能力が低いと言われているので、十分警戒しておくようにしてくださいね!

1.外務省の海外安全ホームページ

・サイト:http://www.anzen.mofa.go.jp/

治安が良い国であっても、国の情勢によって急激に悪化することもあります。戦争や紛争、テロに犯罪など、色々なトラブルが増加することもあるかもしれません。

治安の良さには油断せず、渡航前に外務省の海外安全ホームページで治安を確認しましょう。危険のレベルは白から赤でエリアごとに指定されています。中近東やアフリカは厳重な警戒が必要ですね。

警戒のレベルは以下の通りです。

・レベル1:十分注意してください。
・レベル2:不要不急の渡航は止めてください。
・レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
・レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

このレベルが指標にはなるものの、それぞれの状況に応じて治安は変化するものです。

余計な心配はしなくても良いですが、最低限のリスクヘッジと危機管理をおこなった上で渡航してくださいね。直近の海外安全情報を確認しておいてください。

2.リスクヘッジと危機管理

治安が良い国でも気を付けなくてはならないのが、軽犯罪です。どの国も日本と比べると、やはり犯罪件数は高いです。犯罪発生率が2倍の国もあれば、100倍の国もあります。

強盗や窃盗もありますし、スリや置き引きもあります。日本で暮らしていると犯罪とは無縁の人もいるでしょう。しかし、海外では日本の常識が通用しません。

どの国でも油断することなく、命の安全はもちろん、貴重品の管理もしっかりおこなってくださいね。

治安が良いと言われている国にも、危険地帯や近付かない方が良いエリアはあります。それらを守らずに足を踏み込めば、被害に遭うということも避けられないかもしれません。

必要最低限のリスクヘッジと危機管理を忘れずに!

3.的確な情報収集

渡航する国の情報は、調べておくと良いです。何も調べずに渡航して、犯罪に遭ってしまっては本末転倒です。犯罪する人が悪いのは明確ですが、知識を持たずに被害に遭っても泣き寝入りするしかありません。

その国のことを知らずに「最悪だった」「治安が悪かった」ということを言う人がいます。しかし、何も調べずに被害に遭った場合は、自己責任とも言えるかもしれませんね。

犯罪は治安が良い国にも隠れているものです。できる限りの情報収集は事前にしておくべきです。旅行を楽しむためにも、その国のことはある程度調べておきましょう。

まとめ

海外旅行を存分に楽しむためには、治安情報も事前に知っておきたいものです。もともと平和な国であれば、旅行も安心してできますよね!

世界には治安が良い国も多く、そのランキング上位に来るのは、いつも常連だったりします。つまり、その国はいつも安心安全の国だと言えるでしょう!

ここで紹介した世界の治安が良い国・平和な国を参考にして、海外旅行先選びにも活用してみてください!ぜひ、素敵な旅行を!

旅行コラムカテゴリの最新記事