【ベトナム】チャンアンの絶景世界遺産!進撃のパキスタン人【海外旅行記2日目】

【ベトナム】チャンアンの絶景世界遺産!進撃のパキスタン人【海外旅行記2日目】

2015年11月ベトナム旅行2日目。陸のハロン湾に潜入!古都ホアルーと絶景タムコックを含む、チャンアンの景観関連遺産巡り!小さな船で奇岩の下を進む恐怖!パキスタン人のおっちゃんたちも迫る!旅仲間と巡る世界遺産の珍道中!

ベトナム【ハノイ】海外旅行記

1日目:喧噪の町ハノイを一人旅!ホテルのドアノブが!
2日目:チャンアンの絶景世界遺産!進撃のパキスタン人
3日目:幻想的な世界遺産!ハロン湾とティエンクン鍾乳洞
4日目:世界の機窓から!北海道は雪化粧で純白の絨毯

エピソード

どうも!パキスタン人が好きになったチキンジャーニーのハルです!

2015年11月、3か国目のベトナム2日目はチャンアンの景観関連遺産へ。陸のハロン湾と名高い絶景に心打たれるのも束の間、船の後ろから迫ってきたのは、テンションが高過ぎるパキスタン人のおっちゃんたちだった!笑

1.朝からフォーッ!向かうは陸のハロン湾!

昨日は夜到着したし、窓から外の景色でも……きちゃねぇ!いや、これがアジアっぽい!僕はこの煤けたススワタリみたいな街並みが好き。

廃墟マニアの僕にとって、この煩雑な建物の感じが良い!そもそも廃墟じゃないし!住んでいる方も手を振ってくれて、なんだか心がギュッとなる。

僕が宿泊したホテルでは、朝食にフォーが出るんですよね!人生初のフォーに挑戦。うん、美味しい。でもこのパクチーの香りが強烈ぅ

いや、美味しいんですよ?僕の味覚は基本的に「美味しい」と「めっちゃ美味しい」しかないので、美味しいんです。ただ、パクチーはちょっと苦手!笑

うわぁ!建物の坩堝やぁ!ベトナムはフランスの植民地だったこともあり、その面影を残す建物が未だにあります。そこに新旧ベトナムの建物が混ざり合い、奇抜な街並みになっているんです。

写真がスマホで残念画質なのですが、もうちょっとすると僕も気付いて一眼レフで撮影し出すので、もうちょっと我慢してくださいね!笑

しばらく移動して、休憩。移動の疲れなんてないのですが、ちょっと休憩で立ち寄った店を散策しますぞぉ!

それにしても朝だってのに観光客が多い。店は雑に並べられたお土産品が並び、僕は頭の中で「アジアっぽい!」と鳴り響く。勢いでお土産を買ったら、ガイドのグエンさんも「何買ったの?」とニコニコ!

2.文化の眠る古都!ホアルーにて歴史学習

しばらく移動して到着したのは、ベトナムのかつての古都ホアルーです。天気はイマイチですが、それが厳粛なこの雰囲気を感じさせてくれる。

ここはニンビン省にある世界遺産で、チャンアンの景観複合体と呼ばれたり、チャンアンの景観関連遺産と呼ばれたりしています。ホアルーだけではなく、この一帯を含めた複合世界遺産として登録されているのが特徴です。

グエンさんの知識をスポンジのように吸収しながら、かつてこの地がベトナムの都だったことを学ぶ僕!顔もめちゃ真剣ですよ。

獅子舞かな!狛犬かな!見たこともない生物が鎮座。あ、そういえば獅子舞も狛犬も生物じゃないや!笑

ガイドのグエンさんはスポットの説明をしながら、どんどん進んでいく。僕とマミさんはカルガモの親子のようにピッタリ尾行していく!笑

古都は、昔の日本の雰囲気に似ているかも。神社や寺のような情景が広がっていて、どこか心懐かしくなる感じ。

3.老夫婦と昼食!絶品の揚げ春巻き

おぉ!アジアンテイストな建物が見えてきましたよ。古都ホアルーを観光するなら、昼食はここで決まりだね。

ツアー観光客も多く訪れていて、店の中はガヤガヤ活気がある!この地域では、水牛が有名なのだとか。銅像もあるから、写真を撮ってみては?

まぁ、ホアルーの入り口に本物の水牛と写真が撮れるところもあるけど、そっちは有料だから銭ゲバの僕にはこっちで十分!笑

シャキシャキの野菜の炒め物に、とろみのあるスープ、サクサクな揚げ物。ベトナム料理はフォーだけじゃない!

揚げ春巻きぃぃい!あまりの美味しさに撮影を忘れたのですが、揚げ春巻きが本当に美味しかったです!

一緒に参加していた老夫婦との会話も弾む。なんでも世界の色々な国を旅してきたらしく……本当、素敵だなぁ。

4.いざ乗船!奇岩の下に広がる洞窟探検

昼食後は小さな船に乗り込んで、タムコックという洞窟の探検に出発!船は想像以上に薄く、ちょっと揺らしたら転覆しそう!こえぇっちゃぁ!

でも見て!このエメラルドグリーンの水の色。季節によって透明度は違うみたいですが、藻が繁殖していて幻想的というよりオバケみたい。

さぁ、冒険らしくなってきたよぉ!

はっ!この船、岩に向かって進んでる……?もしかして、このまま岩の下に入るの?やばい!岩に飲み込まれる!

そうです。このツアーでは、船で岩下の洞窟に飛び込むのです。イタリアの青の洞窟とかでは、そういう話を聞いたことあるけど、まさかここでそんな体験するなんて!

頭ギリギリ!身体を小さくして、みんなでようやく入れるくらいの隙間しかない。

入口はとても狭いけれど、入ってみると意外と広いじゃん。うん、4LDKくらいはあるかな!ただ、頭上注意

カメラの用意に手間取って写真が取れないというハプニングと、頭上から水が滴ってくること以外は万事大丈夫!

洞窟を抜けると、そこには海坊主ならぬ山坊主が現れました。

洞窟を抜けた先に、また洞窟。ちなみにタムコックというのは、ベトナム語で3つの洞窟という意味

シーズンになると大勢のツアー客がいるので、このように渋滞になることも!決して、クラクションは鳴らさないでくださいね!笑

さて、先ほど撮り忘れた洞窟内を撮影してみます!じめじめしていて、身体からキノコが生えてきそうなくらいの湿気。蒸し風呂みたいな温度。

この狭さの中でも、船頭のおばちゃんは器用に船を漕ぐ。結構洞窟を進む時間は長いから、防水の服があると良いかも!

映画「サンクタム」を彷彿とさせる洞窟を抜け、出口が見えてくる!この洞窟を抜ける瞬間、太陽の光が入り込んできて幻想的に輝くのがとても綺麗。

タムコックには古都時代の建造物が残されています。そんな橋の上を歩く男性!

目が合うと手を振ってくれました!こういう旅の一瞬って、強烈に憶えていたりするものだよね。

5.パキスタン人のおっちゃんたちが迫る!

すべての洞窟を抜け、ギーコギーコと船を漕ぐ音を優雅に楽しむ僕。ベトナムを旅してるんだなぁ。

Are you Chinese?」……横を振り向くと、笑顔のおっちゃん3人組が猛スピードで船を漕いでくる。その前に船沈みそう!ちょい落ち着けぇ!笑

No!Japanese!」そう答えると彼らは「We are Pakistani!」と大盛り上がり!カメラで写真を撮ってくれたので、僕らもパシャリ!おっちゃんたち、かわいいよぉ

あれ?この船ってこんなスピード出るんだっけ?

彼らが全力で漕ぐから、後ろのおばちゃんも必死!肉弾戦車は水面を削るように進撃。根っからの仲良し3人組という感じで、本当に楽しそう。

ただ、沈没しないように気を付けてね!笑

気付いたらおっちゃんたちの姿は米粒みたいになっちゃって、遥か先に消えていきました。僕らも船乗り場に帰着。

ハノイに戻るために車に戻ると、その近くの売店でさっきのおっちゃん3人組がアイス食べてる!船に乗っているとわからなかったけれど、熊みたいにでけぇ!

気付いた僕を見て、手を伸ばすおっちゃん。僕の手をぎゅっと握る。え!ときめく!なんかこの人たちとは、また世界のどこかで会う気がする。

パキスタン人が親日っていうのは本当だったんだ!

6.ホアンキエム湖周辺を散歩!バイク怖い!

ホテルに戻ってきた頃には、すっかり夜。マミさんと食事をしても良かったのですが、せっかくの一人旅ということで単独行動することに!

海外で知らない町を孤独に歩く。心細いけれど、なんか吹っ切れて楽しくなってきた!

ハノイの発展に驚く。失礼な話ですが、正直もっとオンボロな建物ばかりだと思っていました。これが経済成長中の国なんだね。

11月ということもあって、ホアンキエム湖周辺には、イルミネーションも飾ってあり、予想以上にハイカラですなぁ。

ただ、街を歩いていると、バイクがびゅんびゅん突っ込んできます!地元の人は横断歩道とか使わずに渡っているのですが、本当に交通事故にならないかハラハラする!

僕も何度か轢かれそうになりつつ、裏路地にも入ってみる。好奇心が止まらない。

そこで小さなお土産屋を見つけて、言葉が通じないなりになんとか買い物。その後、無事ホテルに戻れました!ふぅ、心臓にちょっとは毛が生えたかな?

まとめ

ベトナム2日目は超絶怒涛の面白体験ばかりな1日!ベトナムの世界遺産と言えばハロン湾しか知らなかったけれど、チャンアンの景観関連遺産も見るべき!タムコックの洞窟探検は、まさに冒険!

ガイドのグエンさんはもちろん、旅する老夫婦、パキスタン人のおっちゃん3人組などなど。出会いの1日だった!

順調なベトナム旅。世界遺産を1つ制覇し、明日はいよいよ本物のハロン湾を見に行くぞ!龍が舞い降りたという伝説が残るハロン湾、一体僕にどんな景色を見せてくれるんだろう。

【ベトナム】幻想的な世界遺産!ハロン湾とティエンクン鍾乳洞【海外旅行記3日目】

アジアカテゴリの最新記事