【オーストラリア旅行】世界遺産グレートバリアリーフ中止!キュランダ村のコアラ【観光3日目】

「動物界のアイドルに胸キュン」

どうも!
コアラに悩殺された「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2015年6月、2カ国目のオーストラリア旅行3日目
世界遺産グレートバリアリーフを見るため飛行場へ向かう僕ら。
しかし、そこで待ち受けていたのはまさかの観光中止宣言!

泣く泣く向かったのは世界遺産の熱帯雨林、キュランダ村。
僕らを癒してくれたのは、動物界のアイドルだった!

オーストラリア【ケアンズ】海外旅行記

【オーストラリア旅行】南半球の国へ!飛行機の眠れないの夜【観光1日目】

2017年6月22日

【オーストラリア旅行】天空の城パロネラパーク!マンガリーフォールズとジャングル探検ツアー【観光2日目】

2017年6月23日

【オーストラリア旅行】世界遺産グレートバリアリーフ中止!キュランダ村のコアラ【観光3日目】

2017年6月24日

【オーストラリア旅行】人生初の熱気球ツアー!身体が吹き飛ぶ強烈タックル【観光4日目】

2017年6月25日

【オーストラリア旅行】後泊からの地元北海道へ!少しだけ大きくなれた旅【観光5日目】

2017年6月26日

オーストラリア旅行3日目のエピソード

1.世界遺産グレートバリアリーフ観光!まさかの欠航

旅の疲れも徐々に出てきた3日目。
あの絶景を見に行くぞ!

世界の絶景本を読んでいた時、その宝石のような景色に心を奪われた。

全長2,600kmと世界最大であり世界遺産でもあるグレートバリアリーフ
そんな夢の絶景を遊覧飛行で見られるなんて!

……でも、雨雲が接近中!
セスナのパイロットが雨雲レーダーを手に、欠航を告げる。
「(このイケメンパイロットめ)」ってパイロットのせいじゃないか!

せっかく世界遺産を見るためにやってきたのに、まさかの欠航に衝撃!
……でも天気だけは仕方ない。
でも、それでもショックだなぁ!

2.スカイレールで空中散歩!密林のキュランダ村に潜入

ケアンズ周辺には秘境村があるんだってね。
グレートバリアリーフ遊覧飛行が欠航になったけれど、落ち込んでもいられない!

気持ちを切り替えて、次の目的地であるキュランダ村へ向かおー!
……って空晴れてきたけど、どういうことよ!
これ普通に遊覧飛行できるよね?笑

……はっ!ジャングルの上だ!
ちなみにキュランダ村に行くためには、2つの方法があります。
1つが高原列車を使う方法、もう1つがスカイレールを使う方法。

どちらか片方で往復することもできる他、片方ずつ利用することも可能。
観光するならどちらにも乗ってみたいところ!

往路をスカイレール、復路を高原列車で予約した僕ら。
いざジャングルの上をウィー……っと進む!

ここは世界最古のジャングルとして知られる世界遺産の熱帯雨林
鬱蒼とした密林も、上から見たら絶景かな、絶景かな!

スカイレールはキュランダ村に直行するのではなく、いくつかの駅で降車も可能。
せっかくだから途中下車してぶらり旅しようよ!笑

太陽で透けた木漏れ日が綺麗。
途中下車してみると、そこには木で作られた小道がある!
ここをカランコロン歩くのが気持ち良い。

熱帯雨林のジャングルを散策することができちゃうんです。
でも、たくさん虫がいるから虫除け必須ね!
冬でこれなんで、夏なんて虫だらけだと思うよ。

ジャングルの中とは言っても、駅は高台にあるから景色も一望できる!
さすがに熱帯雨林の中を通ってキュランダ村に行くのは無理だと思う。

このスカイレールから見える景色が、なかなかの絶景ね。
ただ、蒸し暑くて燻製になっちゃいそう。

これが熱帯雨林ってやつなんだね。
鬱蒼とした木々たちの洗礼に、身体から汗がじんわり……。
それにしても果てしないなぁ。

再びスカイレールに乗り込み、ジャングルの上を行く。
まるで鳥にでもなったかのような気分だね!

再び降りてジャングルの中を探索してみますよぉ!
途中下車する度にこんな木の小道があるからジャングルも歩きやすい。

密林は太陽の光が届かないほど、森の木々たちが覆い尽くしています。
この道がなかったら、きっと帰って来られなくなる!笑
くれぐれも柵から出ないように!

森の中を散策し、気分は冒険家。
僕はチキンなので、変な虫に刺されないかビクビク!笑
さすがにそこまで変な虫はいないと思うけどさ。

散策道からは滝も見えるなど、絶景ポイントの展望台がいくつか設置されています!
キュランダ村の観光では、ぜひ隅々まで歩き回ってみてくださいね!

スカイレールからだと熱帯雨林に流れる川も眺められます。
色が緑でワニの背中みたいだなぁ。
自然の宝庫で生きる動物たちにとってとても大切な川。

ジャングルの血管とも言えるかも。
ここで命が生まれ、命が終わる。
それが繰り返されて、この世界最古の熱帯雨林は守られてきたんだな。

3.動物たちの楽園!キュランダコアラガーデンズ

しばらく深い森の上を進んでいくと、見えてくるのがキュランダ村。
森の中にひっそりと佇む村で、秘境の地という雰囲気。

ただ、リゾートとしても人気があるため、観光地化されています!
僕らはこの村で有名なキュランダコアラガーデンズに向かうことに!

ちょこんと出迎えてくれる動物たち!
動物好きにはたまらない場所だねぇ!

はいはい、キュランダコアラガーデンズなのにしばらく爬虫類が続きますよ!笑

ワニのベッドか!笑

……ぬらぁっ!
顔を出したのはみんな大好き爬虫類の群れ!

……あれ?
僕はコアラを見に来たんだけどなぁ!
いきなり怖い顔揃いのワニたちにビビる!笑

でも、ワニって凶悪な顔をしているけれど、よく見たらとってもキュートですよね!

くわぁぁいぃぃぃい!
爬虫類ばっかりだと思ったらやっと出会えました。
そう、森の木にひっそりと掴まるコアラです。

この愛くるしいモフモフな身体
よだれが止まりません!笑

木の割れ目にモチケチをキュッと挟んで、ちょこんと座る姿!
……ねっ?可愛いでしょ?

ここはリビングかどっかかな?笑
見てよ、このカンガルーのリラックスぶり!
平日働いて土日休むサラリーマンやん。

こいつ、エサをもらっている身だってのに、なんて態度なんだ!
でも癒されるから……あげちゃう!笑

どの動物たちも生き生きとしているねぇ!
僕はペット大好き人間だから、こういう動物にも目がないんです。

ギュッと抱きしめたくなるなぁ、この身体。

閲覧注意!
ヘビが苦手な人は逃げてください!
……ってもう手遅れですね。
苦手な人で写真を見ちゃった人、ごめんなさい。

このひんやりとしてそうな身体。
僕は美しいと思いますが結構な嫌われ者。
かなりの勢いで嫌われているから、僕も共感しちゃうのかも!笑

ヘビと会話できるハリー・ポッターが羨ましいよ!

4.昼食はシンプルなホットドッグ

キュランダ村には色々なマーケットもあり、ショッピングも楽しめます。
僕はここでブーメランやアクセサリーを購入しましたよ!笑
いやはや、若気の至りですなぁ。

……あれですね。
修学旅行で必要ないものも買っちゃう心理みたいな。
海外旅行は財布の紐もユルユルになってしまうから注意が必要です!

狩りをするには、ちと小さすぎるブーメランだったけどね。
ただのお土産として、良しとしましょう。

ジャンクフード大好きな僕は、ファーストフードが大好きです!
その中でもホットドッグはパリッとしたソーセージとふんわりしたパンが絶妙ですよね。

ここはキュランダ村の中にあるファーストフード店です。
名前をチェックし忘れたのが残念なところ!

……はむっ!
シンプルだけど、このホットドッグめちゃくちゃ美味しかった

自分のせいですが、オーストラリアに来てゲテモノ肉を喰った身としては、やっぱり定番が美味しいのよね!

5.幻の蝶を探せ!オーストラリアンバタフライサンクチュアリー

蝶などの虫にはあまり興味がない僕。
ただ、幻の蝶がいるとか言われると興味が出てくるってもんよ。

ここはオーストラリアンバタフライサンクチュアリー
名前が長いんで覚えなくて良し!笑

園内には生きている蝶が普通に飛び回っています。
この展示方法は、なかなか面白いですね!
ただ、顔にひっついてバタバタされそうで怖い。

蝶が苦手って人は、看板や標本もあるからそちらで満足でしょう。
そもそも飛び回っている蝶が嫌なら「なぜ来た!」って現地の人に怒られそうですけどね!笑

虹色に輝く蝶がめちゃくちゃ綺麗!
……あれ?写真に写っていない……。
飛び回っている蝶を撮影するのは難しいねぇ。

でも蝶の世界、意外と面白いぞっ!

6.世界の車窓から!キュランダ高原列車

一通りキュランダ村を散策したので、ケアンズに帰ろう!
ケアンズ観光の際には、キュランダ村まで足を延ばすのも良いかも。

スカイレールやキュランダ高原鉄道ですぐアクセスできるのでおすすめ。
車での行き方もあるみたいだから、レンタカーでも良いかも。
ただ、個人的には現地ツアーを使うと便利ですよ。

行きはスカイレールだったから、帰りはキュランダ高原列車

……あれ?
この駅の雰囲気、9と3/4番線かな?
ホグワーツの世界に繋がっているのかな。

いやいや、待て待て。
ここはロンドンじゃなくてケアンズだ!笑

この高原列車、どこかで見たことはありませんか?
実はあの「世界の車窓から」のオープニングで10年間も使われていたものなのです!

どこか懐かしさを感じさせる駅舎。
ボーッという音とともに出発し、トコトコと進んでいきます。
窓からは心地良い風が吹き込んでくる!

7.世界最古の森に現れる!幻想的なバロン滝!

キュランダ高原列車は途中で下車することが可能です。
その駅から見えてくるのが、バロン滝

僕らが訪れた時は水量が少なく、迫力はイマイチでした。
ただ、この森の中にある滝というのは、幻想的ですよね。

8.車窓から見える絶景!旅らしい景色

高原列車はトコトコゆっくり進むので、景色を思う存分満喫できます!
どこまでも行けてしまうような穏やかな時間。

海外旅行に慣れていない僕らは、疲れもあって睡魔に襲われる。
その中で時折見える絶景。
なんて贅沢な時間の使い方でしょうか。

この車窓から見えた景色は、きっと一生忘れない

旅には色々な移動方法があるけれど、鉄道とか列車が好き。
どこまでも僕を運んで行ってくれる気がするからかな。

旅ってやっぱり最高だね!
こういう移動中に考えること、それは旅のこと。

僕は旅をしている自分に酔っているのかもね!
いや、こんな景色見たら酔っちゃうよ!
乗り物酔いって意味じゃないですよ?

9.ナイトマーケットで爆買い!夜の海岸通り

さて、ケアンズに戻ってきたということで、お土産を買わないと!
気づいたら日も沈んできた。
まさか、高原列車があんなにゆっくりだとは計算外!笑

ってことでやってきたのは、ショッピング好きなら絶対に立ち寄りたいナイトマーケットです!
さてさてお土産を買いまくりますか。

このナイトマーケットには、ワーキングホリデー中の日本人もいます。
もちろん日によって違うと思いますが、日本語が通じることも。

夕食はナイトマーケット内にある中華バイキングにしました!
オーストラリアに来て中華って完全に頭イってるわな。

でも、これがまた本当に美味しかったです!笑
やっぱり中華料理って間違いないよね。

ケアンズは美しい海岸通りが個人的に好き。
夜になると雰囲気も一気に変わってしまいます。

メインの通りには音楽をガンガン流している店があるなど、リゾートっぽさもより際立ってくる

さて、ホテルに戻ろうか……って思ったら足が痛い。
今日は1日たっぷりと歩いたからなぁ。

普段引きこもっている僕にとって、海外旅行の徒歩移動は死活問題!笑
マジで膝の爆弾がいつ爆発するひやひやしたよ。

ゾンビのように足を引きずりながらホテルに帰って就寝!
相変わらずこのホテル、シャワーが使いづれぇなっっっ!!!笑

まとめ

オーストラリア3日目はグレートバリアリーフ観光が中止で撃沈。
でも、キュランダ村が予想以上に良くかった。
観光するならぜひスカイレールや高原列車に乗ってみてもらいたいよ。

何よりこの国を代表とする動物、モフモフのコアラにも出会えた。
他の動物たちとも触れ合えて、母性がどんどん育まれましたよ。
キュランダ村は絶対に訪れるべきです!

明日は帰国日だけど、今回の旅の目玉がもう1つ!
それは人生初の熱気球に乗るってこと!
この大地を熱気球から征服してやるぞっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です