【ベルギー旅行】美しき教会と美食巡り!グランプラスの夜景に潜む亡霊【観光3日目】

「亡霊も見惚れるグランプラスの夜景」

どうも!
神出鬼没の生霊こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2016年6月、6カ国目のベルギー旅行3日目
中世の歴史と文化を辿る市内観光へ出発!
美しい教会と美味しい美食にほっぺが崩壊。
チョコレートとワッフルを頬張りながらのんびり散策。

幻想の灯りに包まれる世界遺産グランプラスの夜景にもうっとり。
広場に座って談笑する人々の中、朧げな亡霊がぼんやり。
……この生霊、あなたには見えるだろうか?

ベルギー【ブリュッセル】海外旅行記

【ベルギー旅行】ヨーロッパの中心都市へ!前泊で成田東武ホテルエアポート【観光1日目】

2017年8月16日

【ベルギー旅行】世界遺産グランプラス!世界で最も美しい広場でビール【観光2日目】

2017年8月17日

【ベルギー旅行】美しき教会と美食巡り!グランプラスの夜景に潜む亡霊【観光3日目】

2017年8月19日

【ベルギー旅行】中世の世界遺産!花の都ゲントと水の都ブルージュ【観光4日目】

2017年8月21日

【ベルギー旅行】足の血豆が爆発!極寒のKLMオランダ航空で気絶【観光5日目】

2017年8月22日

【ベルギー旅行】帰国後にフレッシュネスバーガー!美食の国ジパング【観光6日目】

2017年8月23日

ベルギー旅行3日目のエピソード

1.おしゃれに朝食!ブリュッセル中央駅へ

今回の旅行での拠点はベストウエスタンシティセンター(Best Western City Centre)なのですが、リーズナブルなのに朝食も豪華!
さすがはベルギー、美食の国と言われるだけある。

彩り豊かなチーズやハム、ベーコンにソーセージ……全部美味しい!
何よりこのサックサクのクロワッサンが絶品。
これにサラダがあれば完璧。

シンプルながらも「これぞヨーロッパの朝食」という感じ。
おしゃれな朝食に朝から元気満タンでブリュッセル観光へ。

ホテルから徒歩15分、ブリュッセル中央駅にやってきました。
ブリュッセル国際空港からだと鉄道で20分ほどなので、空港から中心部まで電車で移動するのも楽だと思います。

今日はこのブリュッセル中央駅で日本人ガイドと合流して市内観光という流れ。
市内観光くらいなら日本語ガイドの現地ツアーは必要ないかもしれません。
でも、スポットごとに説明してもらいながら観光ができるので、ベルギーについて深く知ることができちゃいますよ。

小さい駅って聞いていたけれど普通に大きい!笑
この駅はベルギー旅行の拠点になる駅で北方面だとアントワープ、南方面だとゲントブルージュに行くことができます。
ちなみにこのブリュッセル中央駅には改札がないので注意。

ベルギーなのに鯉のぼりが飾ってますよ!
これは日本との友好150周年記念の鯉のぼりとのこと。
日本にいるとベルギーとの関係はそんなに強く感じませんが、そんなに長い歴史があったなんて初めて知りました!

ちなみにブリュッセル中央駅には鉄道の他にも地下鉄が直結しています。
鉄道駅の他、地下鉄駅としても使えるので、周辺都市の観光にも便利です。

2.街をぶらりと散歩!癒しの公園と厳格な王宮

ブリュッセル中央駅を抜けて、市内をのんびり観光しましょう!
見えてきたのは、ベルギーを象徴とする独創的な建物。

レンガを積み上げたようなデザインがおもちゃみたいで可愛い。
ガイドによると斜めにするのが難しいからあんな形なんだとか……って本当?笑

これは絵になるなぁ!
それにしても、街を歩いていたら色々なアートが見え隠れする。
こういう細部までこだわっているのがヨーロッパっぽさ満点!

ちょっとした街角に芸術が散りばめられていて、歩くだけで小さな楽しみが見つかる。

このCDのジャケットにできそうな写真を見てくださいな!
フレームの外からビートルズのメンバーが歩いてくるんじゃない?笑

ベルギーは路面電車も張り巡らされていて地元の人の足となっているらしい。
日本の路面電車とは違っておしゃれすぎる。
実用的ってよりも芸術的な路面電車ですよね。

ブリュッセルは街中でも森林浴ができます!
……目に飛び込んできたのは、緑溢れるブリュッセル公園

ここはもともとはブラバン公の庭園だったのですが、今では市民の憩いの場。
朝から散歩する人はもちろん、ランニングやジョギングのコースとしても人気。
ブリュッセルは石畳が多くて走りにくいですが、公園内には舗装された道もあって走りやすいですよ。

フランスの洋式が詰め込まれた公園で、18世紀頃の彫像や噴水も点在。
旅行日数に余裕があるなら、1日のんびりと芸術に触れても良いかもしれませんね。

公園を抜けると見えてくるのがブリュッセル王宮
この宮殿は夏季限定で一般公開されており、無料で訪れることができます。
夏にベルギー旅行を計画中の人は、ぜひ訪れてみてくださいね。

こちらはもともとブラバン公の館が置かれていた場所であり、ベルギーでも歴史が深い場所として知られています。

看板もこんなにおしゃれ!
なお、ベルギーはオランダ語やフランス語など多言語国家なので、街中の看板もそれぞれの言語に対応しているのが特徴となっています。

歴史的背景も垣間見えつつ、この国の文化を感じますよね。
街中では英語を使う人も多く、観光地などでは英語が通じます。
日本語も通じたらもっと良いんですけどね!笑

3.芸術家が心奪われる街!ロワイヤル広場からの風景

西洋の風吹く町を歩いて……。
やってきたのはゴドフロワ・ド・ブイヨン像があるロワイヤル広場
第一次十字軍遠征の指導者として知られる人物で、この広場も人気スポットです。

この目の前にあるのは聖ヤコブ教会と呼ばれており、周辺にはマグリット美術館王立美術館など芸術品の数々を楽しめるスポットが満載です。

このロワイヤル広場から後ろに目をやると……うわぁこれ!
僕が見たかったヨーロッパの風景ってこんな感じ。

ブリュッセルのランドマークである世界遺産グランプラスの市庁舎も!
……あれ?もしかしてここからの眺めがブリュッセルで最高峰なんじゃない?笑

旅仲間と一緒に写真も残しておかないとね。
朝だからか人通りも少なくて街が映える。

僕は今日もペラペラの靴で市内観光。
当然ながらブリュッセルは石畳の街並み……この意味、わかるよね?笑

芸術家がふと足を止めてキャンパスに絵具を重ねていく。
そんな情景が見えてもおかしくないほど絶景の街並み。

ロワイヤル広場から坂を下って中心部へと向かう。
その途中、見えてきたのがこの大きな建物。
名前も知らない建物……細かな装飾が歴史を感じさせる。

ヨーロッパはちょっと歩けば素敵な絶景に出会える。
そうやって少しずつ絶景を集めていくのが、ヨーロッパ旅行の楽しみ方かも。

ほぉぅら!この絶景よ!
あ、これ絵じゃないですよ?
ちゃんとした写真ですからね?笑

でも、絵だと錯覚してしまいそうになるほど素敵な1枚。
背比べをする中世の街並みから頭1つ飛び出た市庁舎。
グランプラスまでもう少し遠回りして歩こう。

4.心が浄化される!ノートルダムデュサブロン教会

ブリュッセル観光をするなら、やっておきたいのが教会巡り。
そのなかでも美しいステンドグラスを見られるのがノートルダムデュサブロン教会です。

15世紀頃のフランボワイヤン様式とゴシック様式が織りなす美しい教会です。
パリノートルダム大聖堂よりも規模は小さいながら、気品ある教会として人気があります。

目を凝らして見てみると、緻密な装飾が繊細で美しいのがわかります。
視力0.3しかない僕でもこの美しさは心で感じることができる!笑

教会内にはステンドグラスを通して極彩色の光が差し込む。
パリのノートルダム大聖堂のステンドグラスにも勝るとも劣らない。
そのあまりの美しさに僕の汚い心も浄化されていく!

真っ黒に染められた心を綺麗に洗濯したいならこの教会。
真っ白にするのに漂白剤なんていらない。
ここでは誰もが解放される場所。

まるでファンタジーの世界!
ゲームの中に飛び込んだような感覚。

太陽の光によって映えたガラスの色彩が全身を包んでくれる感覚。
ブリュッセルには色々な教会があるけれどここが一番おすすめかも!

まるでファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような、そんな教会ですね。
復元されたオルガンや天井からぶら下がるシャンデリア……魔法でも使えそうな気分になってくる。

5.贅沢スイーツにとろけるほっぺ!チョコレートとワッフル

ふわぁぁああぁあ!
ベルギーと言えば美食の国ですが、実はスイーツ天国でもあるんですよね。
むしろケーキやチョコレート、ワッフル、マカロンなどの方が有名かも。
甘党が卒倒しちゃいそうなほど強烈な誘惑。

観光なんて忘れてスイーツ食い倒れの旅でも始めようかな。

日本でも知られているベルギーの高級チョコレートブランドだと、ゴディバピエールマルコリーニが有名ですよね!
でも、地元の人からするとレオニダスも人気店とのこと。

店先からチョコレートの甘い香りがしてきて思わず立ち止まる。
お土産にパティシエが腕を振るったショコラはいかがでしょうか?

ブリュッセルの街並みはギュッと凝縮されていて窮屈そう。
でも、こうやってたまに緑の公園が広がっているんですよね。

観光で疲れたらここで休憩してみても良いかもしれません。
ここにも謎のオブジェが立つ広場がありますね。

ヨーロッパは街並みがおしゃれなので、SNS映えするスポットも満載。
なんてことはない街並みも絵になるから、思わず写真も撮っちゃうよね。

ちなみに石畳を歩き続けて足の裏がもう限界です!笑
歩く度にビリビリと電撃が流れるんじゃないかってくらい痛い。
それでも必死にクールフェイスして写真を撮る。

ヨーロッパ旅行をするならスニーカー必須……勉強になりました!!!

……ただただ歩き続ける。
旅は歩き続けることと見つけたり。
そんな言葉が頭の中でぐるぐるしながらも、足から血が滲む。

そんな僕の足事情はさておき街には軍隊の人も結構いました。
ブリュッセル国際空港のテロ直後ということもあり、銃を持って厳戒態勢中の様子。
なお、テロがあると旅行を自粛する人が多いですが、逆に安心だと思いますね。

物々しい雰囲気ですが、逆に安心して観光できるのは嬉しい!

ブリュッセルの街中には、かつての戦禍が残る城壁も
戦争は何も生み出さないけれど、歴史だけは如実に残す。

現代化する街の中で古い歴史が今も残されている。
こういう姿が日常の景色に溶け込んでいるのも海外らしい。

羞恥心もなく放尿する小僧!
ぐるっとブリュッセル中心部を歩いてやってきたのは大人気スポット、小便小僧
1619年にフラマンジン彫刻家のジェローム・デュケノワが作った像です。

その像の前でワッフルを頬張る小僧たち。
ベルギーらしいもの、ようやく食べた気がする。
サクサクで甘い生地と砂糖が溶けあったワッフルは絶品!

ほら、僕ってワッフル好きじゃないですかぁ?
そんなワッフルにうるさい僕もこのワッフルにはさすがにほっぺも落ちちゃう!

6.世界三大がっかり名所?小便小僧に遭遇

世界三大がっかり名所として知られている小便小僧の像。
妙に保存状態が良いと思ったら、実はこれ本物ではなくレプリカなんですよね!
1960年代に盗難を防止するため、王の家と呼ばれるブリュッセル私立博物館で保管されることになったのだとか。

深い歴史を持つ小便小僧は今でも元気です。
今はレプリカ小僧がここでちゃんとおしっこしています!笑
ちなみにこの小便小僧の近くには、小便少女もあるそうですよ。

説明が雑なのは水に流してくださいね……おしっこだけに!笑
ここではイベントも度々行われており、通常はおしっこではなく水が出ているのですが、ビールが出てくることもあるのだとか!

しかもそれを通行人に振舞うイベントがあったりして……全然がっかりじゃないじゃんね!

若者に人気なのは、小便小僧の像よりもこちらの「タンタンの冒険」の絵とのこと。
漫画の聖地と呼ばれる日本ですが、ベルギーも漫画文化は根強い!

オタクの僕も漫画が好きなので、ちょっとテンションがあが……いやいやいや観光名所なら小便小僧の方が良いと思うよ!

ガイドの人がおすすめしていたけれど、僕からしたら「ん?」という感じ。
おしゃれだとは思うけれど、あまり日本に馴染みのない作品だしさ!笑
でも、トリックアートのようになっているのはアーティスティック。

7.ショコラティエの誘惑!ギャルリーサンチュベール

どこもかしこもチョコレートだらけ!
やってきたのは1847年に建造されたギャルリーサンチュベール
欧州最古のアーケード式ショッピングモールとしても有名。

両手にショコラティエが軒を連ね、歩いているだけで甘い香りが誘惑してくる。
……やめぇっ!そんなに誘われたら我慢できなくなっちゃう!

アールヌーヴォー建築の通路内には有名ショコラティエや老舗カフェが並ぶ。
チョコレート好きなら絶対に立ち寄りたい高級店だらけです。
歩くだけで気分は「チャーリーとチョコレート工場」ですよ!笑

ショーウィンドーから見えるのは職人の想いがギュッと詰まったショコラ。
スイーツ好きならぜひご賞味あれ!

ベルギーのショコラティエと言えば、ピエールマルコリーニやゴディバ、レオニダスなどが有名ですが、このマリーも歴史あるショコラティエですね。

リーズナブルなチョコレートもあるので、お土産にも最適だと思います。
パッケージのデザインがとても良く、僕も購入したのですが本当に美味しかったです!

もうね、ほっぺ溶けてなくなっちゃうくらいに。

8.歴史の深さを感じる!サンミッシェル大聖堂

チョコレートも良いですが教会もブリュッセル観光には欠かせない。
次にやってきたのはサンミッシェル大聖堂です。
宗教も信じていない不躾な僕ですが、神聖な雰囲気に背筋も伸びる。

静寂に包まれた大聖堂内は心が自然と落ち着く空間。

ステンドグラスはノートルダムデュサブロン教会の方が綺麗。
でも、サンミッシェル大聖堂のものはガラスで美しい絵が表現されていて美麗。

大聖堂の中は聖域のような空気が充満している。
ブリュッセル中心部からも近いので興味がある人は立ち寄ってみてください。

9.旅仲間集合!可愛いショコラと面白い雑貨

なんだぁこの丸いの!
こういう形の食べ物って可愛いですよね。
僕が可愛らしいギャルならば、SNS映えを狙って写真を撮っていたに違いない。
ギャルならば……そう、ギャルリーサンチュベールだけに!笑

丸いものに萌えるという僕の性癖がバレたところで観光を続けましょう。
ショーウィンドーを眺める顔も相当なスケベ顔だったと思いますがお気になさらず。
店の人には下品な顔を見せてしまったので謝っておきます。

ギャルリーサンチュベールに戻ってきてショコラを爆買い!
ベルギー中のチョコレートがなく。

遅れていた旅仲間も到着してようやく全員集合!
ミンタとヒカリン、そしてグミさん……今回の旅のメンバーも集まって、より海外旅行も楽しみが増すってもんさ。

それにしてもマリーの卵型チョコレートが本当に美味しいです。
こんなに美味しいなら10本くらいは虫歯になっても良いかも!笑
お土産にも最適なサイズなので、ぜひぜひお土産に選んでみてください。

……きゃわいいぃ~!
チョ、チョコレートがこんなに並んでいるなんて夢の国かここは!
それぞれのチョコレートごとにデザインが違っておしゃれ。

店の中は甘い香りが充満していてめまいがするほど。
どれをお土産にしようか迷っちゃうくらいですね。

ベルギーと言えばゴディバの本場でもあります。
ただ、ゴディバは高級だから要注意!

海外旅行の最中って財布の紐も緩んじゃうんだけど、板チョコ1枚で600円とか1,000円とか、そんなのが普通に売られている世界。

それでもミンタはお土産で大量のゴディバを買っていました。
店の人はこう思ったことでしょう……「こいつ、虫歯が怖くないのか」と。

ベルギーと言えばチョコレートやワッフルが有名ですが、ビールも欠かせません。
街中にはおしゃれなグラスを売っている店もあります!

ほほぅ!角型グラスくびれたグラス、こりゃ面白いデザイン。
でも絶対にこんな形だと飲みづらいぞ!笑

ほわっ!こ、この心をギュッと掴む物体は何だね?!

クンクン……人目も気にせず匂いを嗅ぎまくってみる。
よく見たらアイスの棒が刺さった石鹸だ!

何よこれぇ!ベルギーの人ってこんなおしゃれな石鹸を使うの?
こんな石鹸だったらお風呂も毎日3回ずつ入るわね。

バスソルトだってこんなにおしゃれなのよ!
こんなキラキラしたバスソルトなんて入れた日には、もうすごいよ。
カップルとかでお風呂に入る時にも使っちゃえば良いと思うよ!笑

はぁぁあぁあ……乙女になっちゃう。
昔からこういうキラキラしたもんが好きなんですけど、僕はもしかしたらソッチ系の素質があるのかもしれない!笑

ケーキの石鹸もあったりするんだよぉ!
……これ、単純に使うのもったいないよね。
インテリアにして、一生飾っておきたいくらい。

店のスタッフも「どこから来たの?」とフレンドリー。
日本から来たことを伝えると「日本に行きたいなぁ」とのこと。
ぜひぜひ来てください、日本にも良い石鹸ありますから!笑

こちらの石鹸はお土産にしても良いし、プレゼントにも良いし、食べても良い……。
いや、食べるのはダメだけど本当に使い道もたくさん。

海外のこういう雑貨っていくら見ても飽きないよね。
女の子はみんなこういうの好きよね。
男の子の僕だって好きだもの!笑

奇妙な雑貨ワールドに迷い込んでしまった。
ヘンテコで摩訶不思議な雑貨は見ているだけでも楽しい。

そう、ベルギーと言えば美食の国ですが、実は雑貨の国でもあるのです!
面白い雑貨が山ほどあり、ブリュッセルの街中にも雑貨屋がたくさんあります。

……物騒な雑貨もあるでぇ!
こんな雑貨もあるなんて、ちょっとベルギーの闇を感じる!笑
でもちょっと欲しくなっちゃう可愛さもあるよね。

こんな鋭いベルギージョークもなかなか乙なもんでしょう?
もちろん、凄惨な串刺し殺人事件がないことを祈っています。

10.ホワイトビールで乾杯!雰囲気抜群のメトロポール

迷子になりながら何とかやってきたのが、人気レストランのメトロポールです。
ここはブリュッセルでも人気のホテルに併設されていて、美味しいベルギーグルメを堪能することができます。

僕らもここで夕食としますよ。
英語で予約していることを伝えるチキンな僕。
自分の英語が通じる感動もまた海外旅行の醍醐味。

注文したのはホワイトビール、ヒカリンはワイン、グミさんはチェリービール
回し飲みして見たけれどどれも飲みやすくて美味しい!
チューハイ1杯でも酔える僕、すぐ酔い始める。

食事はステーキやカルボナーラ、サラダなどをシェア。
名物の海老コロッケが本当に美味しかったです。

2杯目はトラストビールのシメイブルーを注文したけど、注文通らず!笑
そのまま美味しい料理を楽しんで夕食は終わり。

21時頃からようやく空が金色に焼けてくる。
黄金に包まれるブリュッセルはまさに黄昏の街
ヌーブ通りを抜けた先にあるこの通りの美しさにも感激。

雲の切れ間から降り注ぐ太陽光に癒され……って足が痛い!
足の裏の皮がめくれて激痛が一緒に歩いてくる。
何度も言いますが、ヨーロッパの市内観光は歩きやすい靴を!笑

これ、足折れてやしないかい?
ベルギーの夕焼けに包まれながら、ここに来て心霊現象が!笑
この時はまだ、あんなことになるなんて思っていなかった……。

それにしてもノスタルジックで綺麗な写真。
初対面の旅仲間と初ヨーロッパなんてこんな素敵なことないよね。

11.世界遺産グランプラスの夜景!……現れた亡霊

夜のベルギーは人通りも少なくなって、なんだかちょっと寂しい。
でも、思っていたよりも治安は良くて穏やかな夜。

ふらふらとショッピング通りのヌーヴ通りを歩いていると見えるドラッグオペラ
ブリュッセルでも人気のレストランでベルギー料理が楽しめる店とのこと!

ドラッグオペラって店の響きがおしゃれですし、建物もこんなにおしゃれ。
ヨーロッパは夜景がより一層映えますね。

ほわぁぁあぁ……これが夜のグランプラス。
世界一美しい広場が宇宙一美しい広場になる瞬間
ライトアップされて宝飾品のように光る建物そのものが芸術品になる時間。

時間にして夜の22時頃、地元民や観光客が集まってのんびり。
広場に座って談笑する姿はベルギーの治安の良さを物語りますね。

夜になると昼のような賑わいは静まり、穏やかな時間が流れる。
思えば、夜の世界遺産でこんなにのんびりしたのは初めてのことかもしれない。

世界遺産と言えば街中にあるものも多いですが、こうやって夜でも解放されていてのんびりできるところって限られているんじゃないでしょうか。

夜はヨーロッパの街並みも違った一面を見せる。
その幻想的な世界に僕はすっかり心が奪われてしまった。

……おわかりいただけるだろうか?
行き交う人々に紛れてぼんやりと写り込む亡霊の姿
まぁ、ただ眠そうな顔をしている僕なんですけども!笑

グランプラスの夜景があまりにも美しく、その場にいながら生霊になった僕。
本来は生霊ってどっか違う場所に出るらしいんだけど、いかんせん神出鬼没な生霊なもんでして!笑

この身体の曲がり具合、本当に生霊になっちまったのかも。
軽く幽体離脱しているんじゃないかな?笑

なお、これは膝がグニャグニャな僕だからこそできる神業です。
決して真似はしないでください!笑

見てこれ!この写真めちゃくちゃクールでしょ?
世界で活躍するアーティストも嫉妬するくらいのおしゃれな1枚。
奇跡の1枚と言っても過言ではないかもねぇ!笑

旅仲間とこうやって写真を撮ると色褪せない思い出になりますよね。
写真撮影をしている間に時間は老け込んで24時に。

もうそろそろ帰らないと!
……ベルギーの中でもブリュッセルは治安が良いと評判ですが、それでもここはヨーロッパなので油断禁物だと思います。

夜遅くまで出歩いていたら街角から危ない香りが漂ってくる。
昼に嗅いだチョコレートの香りとはまた違った香り。

名残惜しいですが、夜景を背にヌーブ通りを歩いてホテルへ。

美しい夜景に見惚れていた人もビックリしたでしょう!
そりゃいきなりマイケル・ジャクソンレディー・ガガが出てきたら驚くよね。

この絶妙な表情、イラッとするけれどそれがまた面白い。
実はこれチョコレートでして……ちょっと似てるのが腹立つ!笑

いやぁ、今日は1日中歩いていたから歴代海外旅行の中でも屈指の疲労感。
どこかのスポットに行くなら移動時間もあって休憩できますが、1日市内観光だとずっと歩き回っているからさすがに足も疲労困憊。

石畳に破かれた足の裏の血豆……ヨーロッパ旅行の洗礼。
運動不足の人にとってヨーロッパ旅行は幽体離脱するほど大変かも!笑

まとめ

ベルギー3日目は幽体離脱してしまうほど、足に血が滲む1日でした!笑
ブリュッセルは1日観光しても時間が足りないかもしれない。
チョコレートやワッフルなど食べ歩きをするなら余裕を持って計画を。

夜のグランプラスは、言葉にならないほどの絶景でした!
歩きすぎて足が痛いけれど、そんなこと忘れてしまうほどの絶景だった。
でもまさか僕自身が生霊になってしまうとはねぇ……。

明日は中世の街並みがそのまま残るゲントやブルージュを観光。
もっともっと僕を中世の世界に連れ出して歴史の中に埋めてくれ。
歴史のその先に見える次なる絶景は果たして……?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です