【ベルギー旅行】帰国後にフレッシュネスバーガー!美食の国ジパング【観光6日目】

「日出ずる美食の国ジパング」

どうも!
東洋の島々に住む美食家、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2016年6月、6カ国目のベルギー旅行6日目
凍えそうな飛行機の中、気絶しながら何度も浮かんだ走馬灯。
中世の世界にタイムスリップした初ヨーロッパ旅行を終え無事に帰国。

あっという間の旅だったけれど、しっとり感じる日本の安心感。
帰国後にはあまりの空腹に耐えきれず成田国際空港のフレッシュネスバーガーへ。
ここは日出ずる国、誰もが安心できる美食の国!

ベルギー【ブリュッセル】海外旅行記

【ベルギー旅行】ヨーロッパの中心都市へ!前泊で成田東武ホテルエアポート【観光1日目】

2017年8月16日

【ベルギー旅行】世界遺産グランプラス!世界で最も美しい広場でビール【観光2日目】

2017年8月17日

【ベルギー旅行】美しき教会と美食巡り!グランプラスの夜景に潜む亡霊【観光3日目】

2017年8月19日

【ベルギー旅行】中世の世界遺産!花の都ゲントと水の都ブルージュ【観光4日目】

2017年8月21日

【ベルギー旅行】足の血豆が爆発!極寒のKLMオランダ航空で気絶【観光5日目】

2017年8月22日

【ベルギー旅行】帰国後にフレッシュネスバーガー!美食の国ジパング【観光6日目】

2017年8月23日

ベルギー旅行6日目のエピソード

1.日本食最高!フレッシュネスバーガーは心の友

極寒の機中、震えながら耐えること数時間。
ベルギーは直行便でない限り乗り継ぎが必要となるため所要時間も長め。
時間にすると10時間以上はかかるのが普通です。

そもそもヨーロッパは、フランスもイタリアもスペインもイギリスもフライト10時間以上かかる地域ですし、乗り継ぎとなればさらに時間もかかりますね。
僕自身、今回の飛行機は猛烈に長く感じました!

海外旅行をするようになって早数回ですが、いよいよ未知の世界を旅している感覚。
アメリカを訪れた時と似たような、頭がふわふわする感覚がヨーロッパにはある。

飛行機の中「このまま遠くに行ってしまったら、帰る場所がなくなるんじゃないか」って思うこともあるかもしれません。
僕は海外旅行中はそう思うことも少ないですが、飛行機の中でそう思うことも多いですね。

特に僕は海外を旅する前、日本の悪いところばかり見てました。
でも、日本は僕が帰ることのできるたった1つの国でもあるんです。
世界から見ると日本に生まれただけで幸運だと思うことも山ほど。
なんだかんだでやっぱり故郷なんだと実感しちゃうってこと!笑

ベルギーを訪れて、この国には美味しいものがたくさんあることを知りました。
でも、それ以上にやっぱり日本にも美味しいものがたくさんあると再確認できました。

さて、フレッシュネスバーガーを食べて、新千歳空港に向かいましょう。
ハンバーガーを日本食と呼ぶかわからないけれど、やっぱり日本食最高!笑
成田国際空港の第3ターミナルのフードコートに入っているのでぜひぜひ!

ここでフレッシュネスバーガーの豆知識を1つ。
実はここ、ほっかほっか亭の創業者の1人が1992年に創業したんですってね!
完全にどうでも良い情報を紹介したところで、今回の旅も終了です。

ついに臆病者の僕もヨーロッパに足を踏み入れました。
人間にとっては小さな一歩ですが、臆病者にとっては偉大な一歩。
これからもこうやって未開拓地に足を踏み入れていきたい。

フランスやイタリア、スペイン、イギリス、ドイツ、オーストリアにチェコ、クロアチア……ヨーロッパにはまだまだ行きたい国がある。
全部制覇するまで、きっと何度もこんな気持ちになるんだろうな。

さぁ、次の目的地まで歩き続けよう。

まとめ

ベルギー6日目は帰国して日本の良さを改めて実感した1日。
世界のどこかに自分の帰る場所があるって素晴らしいこと。
きっと帰る場所があるから僕は安心して旅を続けられるんだろうなぁ。

初めてのヨーロッパで「ベルギーに行くよ」と言えば「え?もっと他に良い国あるでしょ」と言われることも多いですが、ベルギーだって素敵な国なのよ!
日本と同じように美食の国として知られる国だけに、魅力は尽きません。

ヨーロッパ旅行の海外旅行先としてベルギーを選んでいる人、それ正解です。
時代を超えて歴史を刻み続ける中世の時代に迷い込んできてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です