【カナダ旅行】絶景のレイクルイーズ!モレーン湖とエメラルド湖巡り【観光4日目】

「吸い込んだ空気と放り込んだおにぎり」

どうも!
顔面おにぎり饅頭野郎こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2017年6月、10カ国目のカナダ旅行4日目
世界遺産に囲まれた湖畔の町レイクルイーズへ。
バンフ周辺の三大国立公園をぐるっと巡るのんびり旅。

ルイーズ湖にモレーン湖、エメラルド湖など湖の絶景巡り。
ぽっかりと空いた心を満たしてくれる動物たちにも遭遇。
最後の晩餐ではロブスターとステーキにほっぺがとろけるのだった!

カナダ【バンフ】海外旅行記

【カナダ旅行】ロッキー山脈のバンフ国立公園へ!ヒッピーとの遭遇と旧友の気絶【観光1日目】

2017年10月23日

【カナダ旅行】太古のジュラシックワールド!恐竜眠るロイヤルティレル博物館【観光2日目】

2017年11月1日

【カナダ旅行】ボウ湖とペイトー湖巡り!コロンビア大氷原とグレイシャースカイウォーク【観光3日目】

2017年11月6日

【カナダ旅行】絶景のレイクルイーズ!モレーン湖とエメラルド湖巡り【観光4日目】

2017年11月14日

【カナダ旅行】元海軍特殊部隊の警備員現る!カルガリーから帰国【観光5日目】

2017年11月21日

【カナダ旅行】YOUは何しに日本へ?成田空港で取材クルー発見【観光6日目】

2017年11月23日

カナダ旅行4日目のエピソード

1.世界遺産に包まれる神秘の光景!レイクルイーズ観光

窓が切り取る絵画の世界!
やってきたのはカナダでも屈指の絶景を誇る湖畔の町レイクルイーズ
そこにある高級リゾートホテル、フェアモントシャトーレイクルイーズ(Fairmont Chateau Lake Louise)からの眺め。

絵画かと思って眺めているとそこは窓から見える景色でした!笑

レイクルイーズはカルガリーから西に約180kmに位置する小さな村。
バンフ国立公園の中でも屈指の美しさで観光客からも人気を博する町です。

……な、なんと美しきかな!
目の前に広がる美しい湖はルイーズ湖
そして遠くの山々から流れる氷河はビクトリア氷河

その氷河から溶け出した水によって満たされた湖は宝石の如く。
あまりの美しさからカナディアンロッキーの宝石とも呼ばれる場所。
雪化粧をした山々が囲う景色は息を吸い込むほどに胸が満たされる絶景。

氷河の粒子に太陽光が屈折することでターコイズブルーになるのだそう。
バンフ国立公園周辺にある湖は氷河湖が多く、このような色合いになっているものが多いですね。

カナダは2017年7月1日で建国150周年
少し早いけれどみんなでお祝いしましょう。
優しき人々が暮らす多民族国家に祝福を……いつまでも平和でありますように。

今日もいつもの男たちによる珍道中。
ここも多民族国家らしく多くの観光客で大賑わい。
世界中がカナダのように平和になれば良いですね。

おちこんだりもしたけれど、僕はげんきです!
ジブリ映画「魔女の宅急便」よろしく突っ伏す男。
これでは魔女ならぬ魔男の宅急便……って誰が間男やねん!笑

冒険家らしき人物の銅像があったので股下から失礼。
レイクルイーズを初めて見つけた人はどれほど感動したんでしょうね。
ちなみにこれはスイス人ガイドの銅像らしいです。

ルイーズ湖は水面の標高だけで約1,536m。
それゆえに空気が凛としていて深呼吸が世界一美味しい場所です。
空気の汚れた都会で肺を汚しているみなさん、ぜひここに集合!笑

どこから切り取っても絵画になる絶景がここにある。
ちなみにルイーズ湖周辺には遊歩道があるので、1日かけてゆっくりと散歩するのもおすすめとのことです。

レイクルイーズで湖面からの絶景を楽しむならカヌーがおすすめ。
バンフ周辺にはカヌー体験可能な湖が複数あり、ここルイーズ湖でも乗ることができちゃいます。

カヌーだけではなく、パドルやライフジャケットのレンタルも可能。
詳しくは現地ツアーを探してみると良いかもしれません。
当日現地で申し込むのもありですが、日本で予約していくのもあり。
カヌーやに乗ったことがない初心者でもレクチャーを受けられるので安心ですね。

せっかくカナダ旅行をするのなら、カヌーはマストアクティビティ。
カヌーと言えば、アメリカのアラスカ州からカナダのユーコン準州まで流れるユーコン川でのレジャーが有名ですよね!
いつかは挑戦してみたいなぁ。

2.悶絶注意報発令!可愛い動物たちの森

荒々しくうねりを帯びる岩肌と優しく包み込むような森林を抜けた森の奥。
その奥深くへと進む僕らの前にひょっこり出てきた動物たち。

ポケモンみたいな動物に遭遇。
このキュートなもっちりとしたケツに癒される!

こういうモフモフした動物って抱きしめたくなりますね。
もちろんカナダに生息する動物たちは貴重な生き物も多いので、決して傷つけてはいけませんよ!

この荒々しいトレイルを必死に登っていく。
ピクニックというよりハイキング……いや登山だ!笑
涼やかな風を感じつつトレッキングでアニマルウォッチング。

ちなみにバンフ周辺で見られる動物はエルクやムースが有名。
その他にブラックベアやグリズリー、ビーバー、リスなどなど自然の中で目を凝らしていると……ぴょこっ!

この仁王立ちである!
まるで観光案内をするかのように綺麗に立ち上がるリス。
どこぞのレッサーパンダも真っ青になるほど美しい立ち姿。

人間に慣れているのか全然逃げません。
どうすれば餌をもらえるのか知ってる顔をしてるっ!笑

こういう小さな動物たちとの出会いもカナダ旅行の醍醐味。
登山を楽しみつつ森の動物たちと語り合うのも悪くないですね。
ただ、人間の食べ物はあまり与えないようにしてくださいね。

3.青緑の宝石が溶けた絶景!テンピークスとモレーン湖

おにぎりが美味しいぃいぃぃぃいぃい!
人生でこんなに美味しいおにぎりを食べたのは初めて。
それくらい衝撃的なまでに美味しいおにぎりだったかも。
胸に吸い込んだ空気と口に放り込んだおにぎり……どっちが美味しいか迷っちゃう。

さて、やってきたのはバンフでも一番有名なスポット、モレーン湖
青緑の湖に影を作る山々はテンピークスと呼ばれる10の山頂が特徴。

切り立つカナディアンロッキーに囲まれた湖と森の絶景。
はぁ……絶景かな絶景かな……おにぎり美味しかろ美味しかろ。

やっほぉおぉおぉ!
おにぎりでお腹が満たされて眠い……こんなとこにちょうど良いベッド。
腹ごしらえの後はこの絶景を堪能しつつ昼寝ってのも悪くないですね。

ちなみにこの岩の下は断崖絶壁
岩が落ちてしまったら僕らも下まで真っ逆さま。
転落事故も発生しているようなので、くれぐれも安全にご配慮を!

モレーン湖はルイーズ湖と合わせてカナディアンロッキーの宝石と呼ばれます。
世界遺産にも登録されており、カナダの紙幣にも使われた景色です。

ここもバンフ国立公園内にあるので、アクセスは心配無用。
行き方は車で訪れる人が多いですが、タクシーもあり。
バンフ発着の現地ツアーもあって快適に観光できちゃいます。

岩もゴロゴロ危ないぞ!
モレーン湖が一望できるこの山肌は岩がゴロゴロなガレ場。
体重をかけるとゴロッと転がる石もあるので要注意。
足元が悪い場所も多いので、訪れる際にはスニーカーなど歩きやすい靴で!

それと標高が高くて遮るものがないため体感温度が低いです。
天気によっては暑いですが気温が低くて寒いこともあります。
何よりロッキー山脈からの山風が突き抜けていくので冷えます。
アウターとしてマウンテンパーカーやウインドブレーカーが必要です。

湖の絶景を語るならここ!
世界には数々の湖がありますが、美しさで言えばトップ10には確実に入るかも。

壮大なテンピークスは特に朝焼けや夕焼けの時間帯がベスト。
僕が訪れた時は日中で霧がかかっていたので少し霞んでいますね。
太陽の向きで見え方が大きく変わるので、ベストな時間帯を選んで訪れるのがおすすめです。

なぜこんなにも青く美しいのかというとそれは氷河湖だからです。
氷河湖というのは文字通り氷河から溶け出した水が溜まった湖のこと。
モレーン湖では6月になると雪解けが進み、透き通るような美しい水がこの湖に満々と溜まります。

その氷河によって削られた微量の鉱物に光が反射してこのような色になるそう。
まるで絵具で描いたかのような深い青碧の世界は、まさに世界屈指の絶景。
これこそがおにぎりを最高に美味しくしてくれるスパイスなのです!笑

モレーン湖は荒々しい山脈と湖で知られるのですが、それだけじゃありません。
この剣山のように広がる針葉樹林も絶景……えぇぇ?
どうやらオバラは罪人になってしまったようです。

……ってこれギロチンじゃないですけどね!
観光で訪れていた現地のおばさんたちも大笑い。
このオバラの珍妙な行動に目を奪われがちですが、森の木々が織りなす景色も絶景ですよね?笑

4.天然のナチュラルブリッジ!ヨーホー国立公園

針葉樹林の中に迷い込んだ!
本来はタカカウ滝を観光予定だったのですが、まさかの雪崩で封鎖。
6月の暖気の影響で雪崩が発生して立ち入り禁止になってしまったのだとか。

気を取り直してやってきたのは大自然に囲まれたヨーホー国立公園
バンフ周辺の国立公園の中では小さいですが、それでもここにしかない奇妙な光景があるようですよ。

自然が作り出した天然石橋!
ここはヨーホー国立公園内にあるナチュラルブリッジと呼ばれる場所。
キッキングホース川の激流が川底を突き破り、それによってできた自然の橋です。

最初は小さな小さな水が始まり。
それがこの岩に小さな小さな穴を開ける。
そして長い年月とともに大きな浸食が進み形成されたのだとか。

もちろん、橋とはいっても途中に切れ目があるので渡るのは厳禁。
流されてしまっても誰も助けることができません!

ゴオオォォ!
ナチュラルブリッジは小さいながらもその音は身体の奥まで響くほど。
そこまで絶景スポットってものでもないからなのか、僕らのテンションも若干低めなのはご了承ください!笑

海外旅行は限られた時間でぐるぐると回るので目も回る。
すでにルイーズ湖とモレーン湖に感動した僕らには刺激が足りない!笑

5.男たちのカヌー体験!曇天のエメラルド湖

カナダと言えばカヌーでしょ!
やってきたのはヨーホー国立公園内でも最大のエメラルド湖です。
同国立公園内にある61もの湖や池の中で最も大きな湖として知られています。

レイクルイーズからだと国道1号線を40kmほど進んだところに位置しています。
こちらも現地ツアーでセットになっていることも多いため、アクセスや行き方が不安であれば現地ツアーの申し込むと楽です。

レイクルイーズでカヌーができなかったので、僕らも意気揚々とカヌーに乗船。
海賊並みの勢いで乗り込むかと思いきや船が倒れそう……慎重に慎重に!笑

風が強い日は湖面が揺れて景色がぼやけるのですが、風がない日は水面が鏡のようになって景色を反射するのだとか。
その美しさに息を呑む人もいるようです。

明鏡止水の水面を進む!
鏡のように山影を映すエメラルド湖は水面がピシャッと止まっているかのよう。
船が進むというよりは水面に押し上げられて浮いているような感覚。

音が何もない世界をスーッと進む感覚に近いかもしれません。
僕はというとミンタとオバラにパドルを任せ、カメラマンに徹しています!笑

天気は芳しくないけれど海外でカヌーに揺られる贅沢な時間の使い方。
日本にいると仕事ばかりで忙しい日々ですが、たまにはこうやって時間を贅沢に使っちゃうというのも大切ですよね。

大人になると毎日本当に忙しいですよね。
でも、忘れちゃいけない。
時間だけは誰にとっても平等なもの。

優雅な時間をありがとう!
カヌー乗り場を紹介し忘れていたのでこちらにて紹介。
船着場兼ギフトショップを抜けるとここに出てきます。

ここでライフセイバーとパドル、カヌーをレンタル可能です。
初めての人でもスタッフがサポートしてくれるので問題はなし。
とても優しいスタッフなのでエメラルド湖を訪れた時にはぜひカヌー体験を!

6.断崖のマーブルキャニオン!クートニー国立公園

なんじゃこの異世界!?
断崖に挟まれた激流が響く渓谷をズイズイッと散歩。
ここはクートニー国立公園内にあるマーブルキャニオン

マーブル模様の地層を持つ石灰岩が特徴。
柔らかいライムストーンが氷河から流れる水で削られて形成された場所。
好奇心に誘われるように森の中へ……さらにその奥へ……。

マーブルキャニオンは約600mもの遊歩道が整備されています。
その途中には橋がかかっており、足元に目をやるとそこは激流。

トレッキングのように登っていくと突然の断崖絶壁に全身がブルッとする。
この高度感こそがマーブルキャニオン最大の魅力。
ただ、浸食され続けているのでいずれはさらなる絶壁に!

岩肌に染み入る渓流の音。
心地良くも人間を寄せ付けない危険な香り。

山火事によって焦土と化した渓谷、森は寂しげな様子。
焼け払われた山脈はまるで象の頭みたい……。

ちなみにカナダでは大規模な山火事も度々発生するそうです。
何年かに一度大規模な火災が発生し、このような焼け山になることも。

重なり合う岩のミルフィーユ!
長い年月をかけて圧縮された岩が重なって完成したミルフィーユ。
世界で活躍するパティシエもびっくりするほどの自然の力。
でも僕はミルクレープが好き!笑

ただ、ふんわりしていると思って齧ったら歯が欠けるので要注意。
こういう面白い奇岩も見られるのがマーブルキャニオントレッキングの楽しみ。
バンフ周辺の国立公園でも個人的におすすめなのが、ここクートニー国立公園。

さらに遊歩道を登っていくと見えてくるのは豪快に叫ぶ怒号の滝
喉の奥まで響きそうな音と激しい水しぶきに圧倒される。
浸食する側と浸食される側が奏でる円舞曲にしばし耳を傾けて休憩。

岩の隙間をぶつかりながらうねる水は、まるで大地を食べながら這う大蛇の如し。
こんなにも荒々しいのに水の青さが際立って美しい。
これも氷河の水だからこそ。

水の力だけで空いた穴!
自然の中で一番恐ろしいもの、それは水だったりする。
岩を抉る水の破壊力は人間ではどうにもできないほどの力。

万が一落ちてしまったらあの世まで一直線の激流下り
……なんて笑えない冗談なのでくれぐれも落ちないように!
遊歩道にはフェンスもありますが、たまにフェンスが途切れているところもあるので観光の際には注意してくださいね。

所要時間は1時間~2時間というところ。
ツアーに参加するとガイドが誘導してくれるので迷うこともありません。
そもそも遊歩道はわかりやすいので迷子になることもないはず。

ただ、グリズリーの目撃情報も多いので単独行動には要注意。
できれば現地ツアーで知識のあるガイドと回るのがおすすめ。

冬になると雪山トレッキングなども楽しめるのだとか。
バンフは特にウィンタースポーツの聖地としても人気があるので、ぜひ冬に訪れてスノートレッキングなんてのも楽しんでみてはいかがでしょうか?

7.ほっぺ行方不明!絶品ロブスターとステーキで顔面崩壊

最後の晩餐はここ!
絶景の湖巡りを終え、バンフに戻ってきました。
お腹が減りすぎた男たちの目はグリズリーの如く。

血に飢えた獣のように店を探していると雰囲気の良さそうなレストランを発見!
ここはメリッサズレストランアンドバーというステーキの名店です。
メリッサズミスティークとも呼ばれたりしているようですね。

店に入ると見えてくる細い廊下の先にカウンター。
英語が話せない僕はスタッフに「How many?」と聞かれ、動揺するかと思いきや「Do you have a table for three?」と普通に受け答え。
……自分が思っているよりも成長できているのかもしれませんね!笑

注文でも調子に乗って「What do you recommend?」とか聞いてみる。
普通に英語が通じるのは嬉しい。

メリッサの愛称で親しまれるこの店は、日本人観光客にも慣れているので安心。
ニコニコしながら注文も聞いてくれて英語ができない人でも大丈夫です。

……うまぁぁああぁぁあ!
ナイアガラの滝のようにとめどなく溢れる唾液。
噛み砕くと溢れてくるジューシーな味わいに顔面崩壊。

飲み込んでさらに突き抜けていく旨味。
胃袋に落ちてから爆発する旨味。
何度も押し寄せる旨味の波に顔もにんまり。

この店のロブスターとステーキは本当に美味しいです。
人生初のロブスターだったのですがプリプリのブリンブリン!

本能を突く肉汁が溢れるステーキも噛むことをやめさせてくれない。
……気づけば目の前からロブスターもステーキも消えてなくなっていた!笑

8.素敵な出会い溢れる町!最後の市内観光

石鹸の香りに誘われて……!
絶品のロブスターとステーキを堪能した後は最後の市内観光。
バンフにあるショップをぐるっと回ってみます。

やってきたのは石鹸専門ショップ、ロッキーマウンテンソープカンパニー
ハンドメイドの石鹸を販売している有名な店で、一歩店に入ると……ふわぁ!

鼻がとろけるような良い香りに思わず気を失いそうになるほど。

大きな大きなバスソルトも販売されています。
かなりの巨大バスソルトだけど、どんな巨人が使うのかな?

日本人が珍しくないのか、店員さんもニコニコしながら話しかけてくれる。
こういう出会いは旅をより一層楽しいものにしてくれますよね。

ちなみに本社はバンフの隣町キャンモアにあります。
キャンモアにも店舗があるので、観光の際にはぜひぜひ。

もしかしたら、僕らは宝石に心を奪われているのかもしれない。
初日に立ち寄ったロックペーパーシルバーまた来てしまった!笑

石は良いぞぉ、石は良い。
無骨ながらも個性のある輝きを放つ石はどれも宝石のよう。
鉱山の町としても知られるバンフで採掘された石はお土産にも最適です。

こ、これは?!
本当に石なのかを疑ってしまうほどの造形美。
この幾何学的な構造は人間が創造したかのような形。

自然の力って本当に予想できないほど不思議に満ちていますね。
ちょっと高価な宝石も多いですが、クレジットカードも利用可能なのでお土産にいかがでしょうか?笑

食後にデザートはいかが?
やってきたのはガイドのイイジマさんおすすめのティムホートンズ

カナダでは人気のドーナツチェーンとして1964年に誕生。
同国最大のファーストフードチェーンにまで成長した店ですね。

バンフにもあって小腹が空いた時にはここがマスト。
おしゃれな店内もSNS映え間違いなしでおすすめです!

さてさてこのカナダ旅行もそろそろ終わりです。
明日は朝一で帰国するということで早めに荷造り。
男3人の絶景とロマンを追う旅、最高の珍道中でした!

今回は歴代の海外旅行でもトップクラスに素敵な体験の連続でした。
本当に帰りたくなくなるほど素敵な思い出だらけ。
オバラは移住を本気で考えてるレベル。
ミンタも僕も帰りたくないと駄々をこねる……ってのは嘘だけど。

人生でも忘れられないほどの絶景がここにあります。
何より美しい湖で食べるおにぎりは世界一美味しいこと間違いなし。
ぜひぜひ美味しい空気と一緒に飲み込んでみてください!笑

まとめ

カナダ4日目は湖畔の町レイクルイーズ周辺を回る絶景ツアーな1日!
バンフ国立公園からヨーホー国立公園、そしてクートニー国立公園を大周遊。
現実とは思えない色のルイーズ湖にモレーン湖、エメラルド湖などなど感動の連続でした。

何よりあの大自然に囲まれて食べるおにぎりは格別!
もちろん美食の国カナダで食べたロブスターとステーキも別格。
これは食べなきゃもったいない……きっとほっぺが落ちるどころか溶けてなくなっちゃうはず!

明日はバンフに別れを告げて帰国。
カナダの世界遺産を堪能し、絶景を堪能し、グルメを堪能した僕ら。
その背中はすでにグリズリーのように逞しくなっているのだった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です