【カナダ旅行】YOUは何しに日本へ?成田空港で取材クルー発見【観光6日目】

「みんなはなんで日本にやってくるの?」

どうも!
外国人観光客大歓迎な「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2017年6月、10カ国目のカナダ旅行6日目
カルガリー国際空港から飛行機に揺られること約8時間。
優雅な空の旅を終え、成田国際空港に到着した男3人。

疲労困憊で帰国した僕らの目の前には人気番組の取材クルー。
外国人に突撃取材するあの「YOUは何しに日本へ?」だった。
僕らもインタビューされるかと思いきや……当然の如く完全スルー!笑

カナダ【バンフ】海外旅行記

【カナダ旅行】ロッキー山脈のバンフ国立公園へ!ヒッピーとの遭遇と旧友の気絶【観光1日目】

2017年10月23日

【カナダ旅行】太古のジュラシックワールド!恐竜眠るロイヤルティレル博物館【観光2日目】

2017年11月1日

【カナダ旅行】ボウ湖とペイトー湖巡り!コロンビア大氷原とグレイシャースカイウォーク【観光3日目】

2017年11月6日

【カナダ旅行】絶景のレイクルイーズ!モレーン湖とエメラルド湖巡り【観光4日目】

2017年11月14日

【カナダ旅行】元海軍特殊部隊の警備員現る!カルガリーから帰国【観光5日目】

2017年11月21日

【カナダ旅行】YOUは何しに日本へ?成田空港で取材クルー発見【観光6日目】

2017年11月23日

カナダ旅行6日目のエピソード

1.YOUは何しに日本へ?帰国の路で取材クルーに遭遇

ようやく到着したぁあぁぁ!
カナダから日本へのフライト、所要時間は約8時間。
のんびりと優雅に空の旅を楽しむも……メンバー全員疲労困憊
精魂尽き果てたその顔はもう廃人の如く。

鉛のように重くなった身体のまま成田国際空港に到着。
入国審査と税関を済ませてゲートを通りようやく帰国……とそこで待っていたのはテレビ東京の大人気番組「YOUは何しに日本へ?」の取材クルー。

当然、日本人にはインタビューはしない番組なのでそのままスルー。
彼らがいつ突撃取材しているのかはわかりませんが、基本的には毎日いるはず。
成田国際空港であれば第1ターミナルや第2ターミナルの到着ロビーにいるので、番組のファンという人は乗り継ぎ時間にでも探してみると良いかもしれませんね!

たまに第3ターミナルでも取材していることがあるようなので、運が良ければ会えるかも!

番組では日本を訪れる面白い外国人がたくさん登場します。
彼らがどんな目的で日本を訪れているのかを知れるのは面白いですよね。
ただ、その裏では何時間何十時間というインタビューが行われ、苦労があってこその人気番組となっているということです。

番組を見たことがない人はぜひ見てみてくださいね!笑

僕らはそのまま屍のような顔で成田国際空港から新千歳空港へ。
新千歳空港からは僕の運転でようやく地元まで帰宅。
なお、運転中は同行したミンタもオバラも爆睡するという悲劇
深い霧の中、意識が朦朧としながらもみんなを送り届けた僕を褒めてくれ!笑

記憶が混濁しつつもこの旅の思い出がフラッシュバック。
今回訪れたのはバンフだけですが、そこは果てしなく広大なカナダ。
まだまだ見たこともない世界が待っているはず。

この旅もまだまだ終わりそうにない。
この国に眠るロマンを求めてきっとまた。

まとめ

カナダ6日目は飛行機に揺られて疲労困憊のまま帰国した1日!
廃人のような空気を放ちながら成田国際空港を乗り継ぎ新千歳空港へ。
そこで待っていたのは某人気番組の取材クルーでした。

今回の旅でカナダを選んだのは大正解だったと思います。
カナダで出会ったすべてのことに感謝したくなるほど素敵な旅になりました。

素敵な宝物がたくさんある国なのできっと思い出もたくさん作れるはず。
大自然の中に眠る湖や山、化石やミイラ、新鮮な空気ももちろんね!
自然を愛する人すべてに贈りたくなるほどバンフは素敵な田舎町。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です