【クロアチア旅行】首都ザグレブへ!世界遺産に寄り添う田舎町コレニツァ【観光2日目】

「美しい世界遺産に添えられた田舎町」

どうも!
旅人に寄り添う腰巾着野郎こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2017年10月、11カ国目のクロアチア旅行2日目
カタール航空でドーハのハマド国際空港へ。
乗り継ぎで巨大テディベアとアラビアン色男に遭遇。
そのまま首都ザグレブまで空の旅。

向かうは世界遺産と美しい自然に囲まれたコレニツァ。
そこはプリトヴィツェ湖群国立公園に寄り添う小さな小さな田舎町だった!

クロアチア【ザグレブ】海外旅行記

【クロアチア旅行】カタール航空でドーハへ!評判の良い航空会社に初潜入【観光1日目】

2018年1月11日

【クロアチア旅行】首都ザグレブへ!世界遺産に寄り添う田舎町コレニツァ【観光2日目】

2018年1月15日

【クロアチア旅行】世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園の紅葉!ボスニアヘルツェゴビナ国境越え【観光3日目】

2018年1月17日

【クロアチア旅行】世界遺産ドゥブロヴニクで城壁巡り!要塞都市スプリット【観光4日目】

2018年1月20日

【クロアチア旅行】世界遺産トロギール!水上都市の鐘楼から眺めるザダル【観光5日目】

2018年2月7日

【クロアチア旅行】修復中のザグレブ大聖堂!喧噪の濁流渦巻くドラツ青果市場【観光6日目】

2018年2月13日

【クロアチア旅行】ドーハ乗り継ぎ帰国!感動の日本食とインターナショナルガーデンホテル成田【観光7日目】

2018年2月15日

【クロアチア旅行】東欧の余韻に浸りつつ!故郷札幌に帰還【観光8日目】

2018年2月16日

クロアチア旅行2日目のエピソード

1.巨大テディベアと濃い顔イケメン!ハマド国際空港

アラビアンナイトのような空港!
成田国際空港から約11時間で到着したのは、カタールの首都ドーハ
その首都にあるハマド国際空港……おや?
心なしかアラブの香りがしてきませんか?笑

アラブに近未来が猛追したかのような空港に好奇心暴走中。
カタールは未知の国ですが、ここにも面白いものがたくさんありそう。

思っていたよりも巨大で豪華でアーティスティック
さすがは評判の良いカタール航空の本拠地ですね。

どうぅうぁあえぇっっ?!
目の前に現れたのは猫背全開でドシッと座る巨大なテディベア。
これはハマド国際空港の人気スポット、通称ランプベア
……頭にサクッと刺さったランプが特徴のぬいぐるみ。

乗り継ぎまで時間があるのでハマド国際空港を散策。
こんな珍妙なオブジェもあるなんてなかなか乙な空港ですね。

しばらく散策を楽しみ、次の飛行機まで待機……うとうと。

座っているとコツンコツン……膝をツンツンされる僕。
うとうとしつつそちらを向くとそこには顔が濃いぃぃぃイケメン

言葉がアラビア語っぽくてわからない。
でも、僕の搭乗券を指差して「もう搭乗できるよ」と言ってる。
見知らぬ国の僕にも優しいなんて、心もハンサムなのね!笑

アラブ人は美男美女と聞いていたけれど想像を超えるレベル。
僕が女の子だったら恋の迷宮に迷い込んでいるところよ。

美味しそうな機内食!
ドーハを出発して向かうのはクロアチアのザグレブ
評判が良いだけあってカタール航空は機内食も美味しい。

ちょっとモサモサのクロワッサンが海外っぽさ満点。
そこにイチゴのヨーグルトとオムレツ、ポテトにマッシュルーム。
相変わらずカタール航空はサービスが素晴らしくておすすめ。

カタール航空のキャビンアテンダントの接客は世界一かも。
キラキラした笑顔で接客してくれて気持ち良いですよ。
さすがは世界有数の航空会社……旅のモチベーションも上がるってもんよ!

飛行機から見えてきたのはアラブの砂漠地帯……なのかな?
海のコントラストと相まって、砂のパッチワークが意外と絶景。

青々と光る海と特殊な地形が織り成す絵画は窓側の座席の特権。
絶景を求めて向かっているクロアチア旅行も幸先良し。

この不思議な景色を見れただけでも、長旅に耐えてきただけの価値はあるかもね。

2.ザグレブ国際空港に到着!世界遺産の玄関口

奇妙な形状のUFOみたいな空港!
ドーハから移動すること5時間~6時間ほどで到着した首都ザグレブ
この枝豆みたいな変な形の建物こそザグレブ国際空港のシンボル。

海外旅行のおつまみに最適!笑

休憩するのも束の間、旅仲間アッケとバスに乗り込みさらに移動。
目的地は世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園の近くに佇む田舎町。
そこはコレニツァと呼ばれる小さな小さな田舎町

海外のアイスは美味しそう!
海外旅行の醍醐味と言えば地元のコンビニやスーパーに立ち寄ること。
その中でも僕が大好きなのは宝石みたいにキラキラしたアイスたち。

日本のアイスだとピノやチェリオなどチョコとバニラのアイスが好き。
そんな僕は海外のアイスにも興味津々。

無類のアイス好きとして知られる僕ですが、時間がないので我慢。

3.世界遺産に寄り添う田舎町コレニツァ!動物飛び出し注意

ぎょいぃぃん!
ホテルに突如現れたのは生々しいビーバーの剥製。
その形相に腰を抜かしつつホテルにチェックイン。
……こんなところに置くんじゃないよ!

物騒な動物の剥製を飾るあたり、美的センスをビンビン感じる。
ここにはビーバー以外の剥製もあるようなので探してみては?

ちなみに今夜の宿はコレニツァにあるホテルマコラ(Hotel Macola)
世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園から約10kmという立地の良さ。
アクセス良好で国道1号線沿いにあるので、すぐ見つかるはずです。

寂しさの香りが漂う町!
部屋の窓からコレニツァの街並みを一望してみる。
曇り空だからなのかちょっと切なくなる景色……でも素敵。

ここコレニツァは世界遺産として世界的に有名なプリトヴィツェ湖群国立公園に寄り添う長閑な田舎町。
豊かな自然を求めて多くの観光客が世界中から訪れます。
ここを拠点にパラグライダーなどのレジャーを楽しむ人もいるとか。
近くの川ではラフティング、山ではハイキングなども人気。

ただ、プリトヴィツェ湖群国立公園周辺ならラストケ村がおすすめ。
ラストケ村は川や滝が村中に広がっていて、その美しさで有名。
幻想的な世界は妖精が棲む村とも呼ばれるのだそう。

4.レモンビールで晩餐会!寂しそうに佇む月

いただきます!
夕食はホテル内のレストランでいただきます。
このホテルにはレストランの他、カフェもあります。
さらにはスーパーもあるので旅の拠点としてはなかなかのもの。

メニューはチキンステーキとマッシュポテト。
そこに添えられたサラダとフルーツも絶品。
一緒に喉に流し込むレモンビールがまた格別。

長い長い旅の疲れも癒されるというもの。
爽やかなレモンビールで乾杯し、語り合う晩餐会。

静まり返った空に浮かぶ朧月!
狼の遠吠えが聞こえてきそうなほど美しい満月。
こんな夜は世界のどこかにいる自分に思いを馳せながら月見と洒落込むのもまた良し。

総移動距離も総移動時間もやばいのでそろそろ体力の限界。
ヨーロッパ旅行の中でもクロアチアは期待値も高め。
今回の旅はどんな旅になるのか想像もつかない!

ぼんやりとした月を照明代わりにおやすみなさい。

まとめ

クロアチア2日目は世界遺産に佇む田舎町コレニツァに向かう1日!
憧れていた絶景大国クロアチアにようやく足を踏み入れた僕。
そこで待っていたのは妖精たちが棲まう美しき田舎町だった。

ドーハからの乗り継ぎの疲れも一瞬で吹き飛んでしまうほどの田舎町。
そこは美しき世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園観光の拠点。
寂しげな雰囲気を醸し出しつつ、朧月に見守られて就寝。

明日は世界遺産プリトヴィッツェ湖群国立公園観光。
世界一美しい湖とも言われる妖精たちの楽園。
現世で迷い込むことのできる桃源郷で待っていたものとは?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。