【クロアチア旅行】世界遺産ドゥブロヴニクで城壁巡り!要塞都市スプリット【観光4日目】

「アドリア海に浮かぶ箱庭の旧市街にて」

どうも!
城壁巡りで太ももが崩壊、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2017年10月、11カ国目のクロアチア旅行4日目
煌めく水面を背にロープウェイでスルジ山へ。
その山頂から見えるは世界遺産ドゥブロヴニクの旧市街。
海に浮かぶその箱庭はまさにアドリア海の真珠!

そんなドゥブロヴニクの城壁巡りで太もも崩壊。
迷路のような旧市街で愛を拾い集める迷子の旅人。
そこに溢れていたのは歴史と文化が紡ぐ絶景の物語だった!

クロアチア【ザグレブ】海外旅行記

【クロアチア旅行】カタール航空でドーハへ!評判の良い航空会社に初潜入【観光1日目】

2018年1月11日

【クロアチア旅行】首都ザグレブへ!世界遺産に寄り添う田舎町コレニツァ【観光2日目】

2018年1月15日

【クロアチア旅行】世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園の紅葉!ボスニアヘルツェゴビナ国境越え【観光3日目】

2018年1月17日

【クロアチア旅行】世界遺産ドゥブロヴニクで城壁巡り!要塞都市スプリット【観光4日目】

2018年1月20日

【クロアチア旅行】世界遺産トロギール!水上都市の鐘楼から眺めるザダル【観光5日目】

2018年2月7日

【クロアチア旅行】修復中のザグレブ大聖堂!喧噪の濁流渦巻くドラツ青果市場【観光6日目】

2018年2月13日

【クロアチア旅行】ドーハ乗り継ぎ帰国!感動の日本食とインターナショナルガーデンホテル成田【観光7日目】

2018年2月15日

【クロアチア旅行】東欧の余韻に浸りつつ!故郷札幌に帰還【観光8日目】

2018年2月16日

クロアチア旅行4日目のエピソード

1.アドリア海の楽園!映画のような世界

映画の中にいるみたい!
おはよう……と眠たげな町、ネウムを見下ろして窓を開ける。
そこに広がっていたのは冷たい空気で青く染まるアドリア海

蛇行する海岸を縫うようにオレンジ色の屋根。
活き活きとした森の中から顔を覗かせる。
聞こえてくるのは朝食を作る心地よい音

新鮮な空気をスーッと吸い込めば、ムリニの香りに心が満たされる。
今日はクロアチアで一番有名なあの世界遺産を見に行こう。

朝食はこれまた贅沢なビュッフェスタイルでいただきます。
角切りのベーコンに薄切りのハム、スクランブルエッグにポテト。

盛り合わせのフルーツやサラダまであるので栄養満点。
今日の観光は歩く時間も長くなるのでしっかりエネルギー補給しないと!

美しい海を眺める愛らしい街並み!
アドリア海に面する世界遺産ドゥブロヴニクに向けて出発。
車窓からの街並みを眺めていると絵画の世界に溶けてしまったかのよう。

オレンジ色のおしゃれな屋根を見ているとふと思う。
「ここで暮らせたらどんなに素敵なんだろう」って。
……いや、割と本気で移住を考えてしまうほど素敵な町。

到着したのはドゥブロヴニク旧市街、入り口の町。
かの有名な城壁の中を探索したい……ところですがここはグッと我慢。
ドゥブロヴニク観光は、まずスルジ山から全容を見ないと始まりません!

心臓の奥底から熱い好奇心がドロドロに溶けてどうにかなってしまいそう。
向かうはドゥブロヴニクを一望できるスルジ山山頂へ繋がるロープウェイ。
世界遺産ドゥブロヴニク観光ではその絶景をぜひ……まさに宝石の箱庭ですよ!

2.海に浮かぶ箱庭!スルジ山から望むジブリの世界

山頂で待っている絶景とは?
スルジ山の山頂へのアクセス方法はケーブルカーを利用するのがマストです。
いわゆるロープウェイで、ここが乗り場の目印となっています。

ここを訪れる観光客の多くはケーブルカーに乗る行き方を選びます。
徒歩や車で登る方法もあるので、好きな方法で山頂を目指しましょう。

今回は時間もないので、ロープウェイでアクセスします。

乗り場まではドゥブロヴニクの城壁から徒歩で約10分~15分。
ドゥブロヴニク周辺は傾斜も急なので、歩きやすい徒歩がおすすめです。
なお、チケット売り場から乗り場まで離れているので地図を確認しましょう。

山頂までの所要時間は5分~10分前後ですが、ハイシーズンは混雑します。
ローシーズンでも観光客はとても多いので注意が必要ですね。

ベストシーズンには長蛇の列になることも……。
列に並ぶ時間も考慮すると、さらに30分前後かかるかもしれません!

ケーブルカーの運賃は大人が往復140HRK、片道85HRKです。
4歳~12歳までの子供だと運賃は往復60HRK、片道40HRKとなります。
4歳未満は無料なので年齢に合わせてチケットを購入しましょう!

スルジ山の現地ツアーもあるのでそちらに参加するのも便利。
なお、3人以上で自由に観光したい場合はタクシーを利用した方が安く済むので、ツアーに参加しないならタクシーを利用するのもありですね。

なお、営業時間は季節によって変動します。
夏は朝9時~夜24時まで、冬は朝9時~夜17時まで。
月ごとに変わるので、詳しくは下記の公式サイトを参考にしてみてください。

ただ、近年は市との契約協議がまとまらず、停止中とのこと。
タクシーで訪れる人が多いですが、中心部からスルジ山山頂までは300HRKと日本円で5,000円ほどかかるので注意が必要です。

眼下に広がる絶景に唖然!
標高412mのスルジ山山頂から見えるのは世界遺産ドゥブロヴニクの旧市街。

全身を包み込む潮風が気持ち良い。
目の前がクラクラするほどの絶景に世界が回る。
あまりの絶景に目が……ぐるぐるぐるぐるぐーるぐる。

まるで海に浮かぶ美しき箱庭
一目惚れしてしまうほど美しい。

アドリア海の真珠と呼ばれるその場所は世界屈指の絶景。
一瞬で心を誘惑してくる……これは奪われてしまうよ!笑

あ、あそこに黒髪の魔女がっ……いやいや、空飛ぶ豚がっ!

紺碧の海に映えるジブリの世界!
堅牢な城壁に囲まれている旧市街はジブリそのもの。
ここだけ切り取られてしまった絵画のような世界

ジブリ映画「魔女の宅急便」「紅の豚」が浮かぶ人もいるはず。
あの頃見たアニメの世界をこうして眺めている感覚。
溶けだした冒険心が今になってようやく追いついてきた。

空飛ぶ魔女や飛行艇に乗った豚を見かけたら、ぜひぜひ声をかけてみてくださいね!笑

……地球は丸かった!
海岸から反り立つスルジ山山頂から眺めると地球の丸さを感じる。
これが嘘じゃなくて本当に丸く見えるから不思議なのだ。
もしかしたら本当にアニメの世界に入り込んでしまったのかもしれない。

アドリア海に引っ張られて丸くなった水平線。
息を吸って膨らんだ胸いっぱいの感動がここにある。

ここは地球が大きな飴玉だって教えてくれる場所
こんなに美しい地球には、きっとまだまだ見たことない絶景がある。
そこで容姿も性格も宗教も文化も違う人々が暮らしてる。
時には愛し合ったり喧嘩したりしながら玉乗りをしているんだろうね。

世界遺産ばかりに目を奪われていたけれど、遥か向こうの景色も絶景。
イタリアのアマルフィのように、断罪絶壁が延々と続く大地。

アドリア海にグググッと伸びる大地がどこまでもどこまでも。

美しいという言葉では足りない町!
僕の海外旅行史上、こんなに美しい町を見たことがあったかな。
訪れた町ごとに魅力はあるのですが、このドゥブロヴニクは格が違う。

吸い込まれそうなほどの紺碧の海や岸壁に佇む要塞。
そこに寄り添い広がるオレンジ色の街並み
どこを切り取っても絶景という言葉が似合う町。

いつか小さな時に見た西洋の映画の中にいるような。
そんな不思議な気持ち。

ぶわぁあぁあぁああぁあ!
城壁に囲まれた旧市街が評判のドゥブロヴニクですが、それだけじゃない。
城壁を囲うように広がるこの街並みも見逃してはなりません。

古くから伝統を守ってきた街並みは洗練された芸術品。
ヨーロッパの町々は屋根や壁を政府が定める色に統一することも多いです。
そのため、こういう美しい景観を保っているんですよね。

さて、いよいよ城壁の中に攻め入ってみましょうか。
難攻不落の城壁に囲まれた旧市街……果たしてどんな街並みなんだろう。

3.難攻不落の城壁!世界遺産ドゥブロヴニクの旧市街

仁王立ちする城壁の威圧感!
これが壮絶な戦火から旧市街を守ってきた城壁か。
美しさとは裏腹に放たれる威圧感にただただ圧倒される。

50m級の大型巨人にしか破壊できなさそうな……まさに難攻不落。
全長は約2kmで厚さは5m、そして高さは20mの巨大建造物。
まさにこの一角だけが1つの箱庭のようになっているわけです。

堅牢な城壁を守るのは4つの要塞と4つの城門
その1つからいざ潜入してみましょう!

門を抜けた先に見えてきたのは美しい迷宮都市
砂色の細い路地をアドリア海の風が撫でていく。

まるでここの住人になったかのような気分。
光の先に見えるのは悠久の時を超えてきた旧市街

狭い路地なのに空が広いからなのか、想像以上の解放感に満たされる。
階段を下りるだけでこんなに楽しい町は他にないかもしれない。

さぁさぁ……歴史が眠る迷路で迷子になる準備はできていますか?笑

巨大迷路のような旧市街を抜けると、海が出迎えてくれる。
それにしても天気が良くて絶好のロケーション。
こんな日はここに座って魚釣りに興じるのもありだね。

ちなみにこちらの埠頭には観光客向けのクルーザーやヨットが停泊中。
小型から大型まで船も多くて、観光で乗る人もいるのだとか。
近くの島までクルージングと洒落込むのも良さそうですね。

語り合う背中もまた味わい深い。
歴史が色濃く残る旧市街を歩くなら、こういう日常を切り取るのも乙なもの。

ゆっくり歩けば良いのさ。
人生と一緒で生き急ぐのはやめよう。

旧市街の中にドンと現れるのが、こちらのドゥブロヴニク大聖堂

この大聖堂は18世紀頃に建てられたもの……歴史を感じる。
宝物庫には聖遺物や守護聖人である聖ウラホの遺骸などが展示中。
世界的に見ても貴重な美術品が保管されているので観光でぜひ!

毎日開館していて入場料も無料となっているのでおすすめです。
ただ、宝物庫だけは有料なので注意してくださいね。

ひだまりで昼寝する白黒の猫!
こ、これがドゥブロヴニク名物のマシュマロ猫か。
そこかしこでマシュマロみたいに丸くなって昼寝している猫たち。
猫を愛でる町ってこともあって観光なんてしていられない!笑

世界遺産で昼寝ができるなんて、本当に贅沢な猫だ。
でも、この気持ち良さそうな顔を見てしまうと許せてしまう。
猫が起きてしまう前に異国からの邪魔者は退散するとしましょう!笑

メインストリートのストラドゥン周辺では青空市場も開催中。
食べ歩きできるカットフルーツやお土産も販売しているので観光に最適。
カップに入っているから、観光しながら食べ歩きするのも良し!

それにしてもこのイチゴのカップ……美味しそう。
綺麗に並べられた果物を見ているとルビーやサファイアに見えてくる。

ドゥブロヴニクは見るものすべてを宝石に変えてしまう町なのかもしれないですね。

この鼻だけテカテカピカピカの銅像は……?
ここはドゥブロヴニク市庁舎、その前にあるのがこのマリン・ドルジッチの像

観光客が我先にと鼻を撫でたり摘まんだりしている。
ここはちょっとしたパワースポットで幸運が訪れるとのこと。

よく見たら手や膝も金ピカ。
どうしても幸運を引き寄せたい人は触ってみてください。
ただ、1日に何百何千という人が触るんで衛生面は……!笑

青空を突き抜ける飛行機雲がまた綺麗。
これはキキのものでもポルコのものでもありません。
ただの飛行機雲ですが、それすらジブリを思い起こさせる。

ドゥブロヴニクは本土と陸続きになっていない飛び地なので空港もあり。
もしかしたらその飛行機雲なのかもしれませんね。

なお、手前に見えるのはオノフリオの噴水です。
12kmほど離れたドゥブロヴァチュカ川から引かれた水。
そのため、観光客の水分補給にも使われています。
ただ、お腹が弱い人はお腹を壊すかもしれないので要注意!笑

4.観光の定番は城壁巡り!めくるめく中世都市の世界

城壁巡りが地獄巡りになる予感!
膝に爆弾を抱えている僕にとってこの傾斜は危険。
でも、ドゥブロヴニク観光の目玉と言えば城壁巡りってことでいざ参る!

城壁に登るまでの階段はかなりの急勾配
膝が古びた家の廊下のようにギィーギィーと軋む。
伸びきったゴムのような膝では耐えられるかわからないけれど、ここまで来たら行くしかない。

頼むから城壁巡りが終わるまで不発弾でいてくれ。
地雷の撤去をするように……慎重に慎重に膝を労わりながら登る。

ふぅいぃぃぃいぁあ!
爆発しそうな心拍数を代償に、見えてきたのはストラドゥン通り
その先に見えるのは16世紀頃建てられたというスポンザ宮殿とその鐘楼。

いやぁ、それにしても旧市街で登山でもしてるのかってくらいの汗。
背中にじりじりとした熱気を感じながら、その心地良さに頬がほころぶ。

ちなみに城壁への入り口は全部で3か所あります。
ピレ門周辺とプロチェ門周辺、そして聖イヴァン要塞周辺です。
僕が参加している添乗員付きツアーではピレ門から入場しました。

ピレ門の近くだとオノフリオの噴水があってわかりやすくておすすめ。
また、ピレ門からだと海側の城壁を半周することができるので、アドリア海を眺めたい人には絶好の絶景ポイントばかりですよ!

なお、チケットはピレ門から入ったツーリストインフォメーションで購入可能。
入場料は150HRKなので、日本円にすると約2,500円。

うぁ……うわぁあぁああぁぁあ!
傾斜のある城壁を抜けた先、目の前に広がった絶景の入り江。

この絶景を見るためだけに訪れても良いかもしれません。
もう城壁を降りても良いくらいですよ!笑

ただ、まだまだ絶景ポイントがあるので城壁巡りを続行。
そもそも城壁巡りは反時計回りで一方通行なので一度入場したら戻れません。

城壁巡りは半周だけではなく一周することもできます。
ただ、一度城壁の外に降りてしまうと再入場が不可能なのでご注意を。
所要時間は30分~1時間というところなので、ぐるっと回れる準備をしてから入場しましょう。

僕は写真を撮りながらゆっくり回ったので、半周でも40分以上はかかりました。
観光客で溢れる時期にはもっと時間がかかるかもしれません。

崩壊した建物の中にはそのままにされているところも。
これは歴史の爪痕をあえて残そうという市の配慮。

そこには穏やかな1日を過ごす老紳士の姿も。
世界遺産の中に住むなんて羨ましい限り。
羨ましすぎる……恨めしい……怨めしい!笑

ドゥブロヴニクは世界遺産なのですが、住民もいます。
城壁巡りではこの地で暮らす人々の日常を覗くのもあり。
もちろん、プライベートを覗きすぎるのは厳禁。

なお、城壁が解放されている時間は月ごとに異なるので注意。
春から秋にかけては朝8時~夜18時前後まで、冬は朝9時~夕方15時前後まで。
シーズンによっても違うようなので事前にチェックしておきましょう。

それと日中は太陽光がバシバシで紫外線もジリジリ。
10月に訪れた僕でさえ汗びっしょりの大洪水。

太陽光に腰を折られたゾンビのようにダラダラと城壁の先まで。
城壁の入り口から見た入り江とはまた違った角度の入り江。

シムシティやシティーズなどの都市開発シミュレーションが好きな僕。
こういう街並みを作りたいと思っては挫折しています。
こんな街並みが作られているだけでもう感動しかないのです。

ここからの景色が本当に絶景。
ピレ門周辺の入口から数分進むと見えてくる絶景ポイント。

城壁都市と入り江の絶景!
こんなに素敵な景色が見られるなら膝が爆発しても良い。
膝の皿が崩壊してでもここまで歩いてくるべきだと思う。

ゾンビの行進の先に見えたのは胸がギュッと満たされる絶景だった!

城壁の隙間からカフェも発見。
何やら多くの人で賑わっていますね。
奥の浮島を眺めながら休憩でもしようかな。

城壁内にはこのようなカフェもあります。
ただ、料金が高いのであらかじめ飲み物を用意しておくべき
旅費を気にしないならここで休憩しながら注文するのもあり。

他にも帽子やサングラス、日焼け止めなどがあると快適に城壁巡りできます。

家と家、壁と壁を繋いで洗濯物が干されている光景もまたおしゃれ。
ジブリ映画でもこんな風景があったような気がするけれど、気のせいかな?

……海賊だぁあぁああ!
ってのは笑えないつまらない冗談。
こういう船の往来を見ることができるのも港湾都市ならではの魅力。

深い青の中で弾ける太陽が眩しい。
その光の中を進んでいく船を見つめてしばらくのんびり。

さらに城壁を歩いていると隠れ家のようなスポットを発見。
城壁の外にあるけれど、どうやって行くのだろうか。
もしかして、セレブしか知らない隠し通路でもあるのでしょうか?笑

その後、城壁巡りを満喫しつつ、膝も限界ってことで城壁巡り終了。

それにしてもドゥブロヴニクの城壁巡りは天気が良いと格別。
曇天だと色が映えませんが晴天だと一生記憶に残るほどの思い出に!
ドゥブロヴニクを訪れるのなら、ぜひぜひ城壁巡りにも挑戦してみてください。

5.旧市街通りの達人!愛に溢れる人々の営み

迷子を誘い込む旧市街!
ドゥブロヴニクは箱庭のように城壁に囲まれた旧市街
そのため、城壁の中は建物同士が窮屈にひしめき合う。

高く伸びた建物の隙間に迷い込むと似たような街並みに脳内も混乱。
でもこんなに居心地が良い迷路は、世界のどこを見ても他にないはず。
迷子になるとわかっていても彷徨うのをやめられない。

迷子になればなるほど、気分は通りの達人に。
ヨーロッパの街は迷ってこそ楽しめるものがある!笑

ふらふらと迷子を満喫していると、再びストラドゥン通りに出てきた。

時間も時間だけあって観光客が大爆増中。
世界遺産ドゥブロヴニクを観光するなら早朝の観光がおすすめですね。
日中は大勢の観光客がひしめき合い、歩くスペースもなくなるほど!笑

でも、そこに溢れる人の数だけ愛が溢れる大通り。

……黄金人間現る!
ストラドゥンをのんびりと散策していると全身金色のおじさんに遭遇。
壁とちょっと同化してるし、本当にどうかしてるぜ!笑

金色の像を表現しているのかピクリとも動かない。
動くのは目だけ……かと思いきや愛嬌たっぷりのサービス。

いやいや、動くんかい!笑

観光を満喫した後はオノフリオの噴水で休憩。
座っていると観光客のおじさんが話しかけてきたりします。
でも、言葉は全然わからない……それがまた良い!

ちなみにオノフリオの噴水は独創的な人面彫刻が特徴。
その口から常に水が出ているので、飲みたい人はぜひ。
他にも手を洗ったり、身体を冷やしたりするのにも最適ですね。

プシュッと爽快なスカイコーラ!
コーラ好きの僕もこのスカイコーラは飲まずにいられない。
口の中にシュワシュワな炭酸が広がって……生き返る!

10月だってのに気温も高いから炭酸でシュワッとやりたくなるのよ。
ただ、味は普通のコーラとそこまで変わらないので要注意!笑

愛のペンダントを配る人!
オノフリオの噴水近くには愛のペンダントを配る人の姿も。
この人の顔が良い人すぎてこっちまで幸せになってくる。

近づくと微笑みながらペンダントを渡してくれます。
いつでもいるかはわかりませんが、探してみては?

ペンダントを受け取った男性は一緒にいる女性の首に。
そんな光景がここドゥブロヴニクでは日常なのかもしれない。
そんなロマンチックな雰囲気に僕の心は愛でいっぱい。

まさに愛溢れる町ドゥブロヴニク。

6.要塞都市スプリット!堅牢なディオクレティアヌス宮殿

イカ料理は世界共通で美味しい!
イカってどこで食べても美味しいですよね。
敷かれているほうれん草とじゃがいもも美味なり。

次の目的地の道中、遠くに映える夕焼けに照らされた岩の町
ゲームの世界に迷い込んでしまったかのような絶景の町。
こんなにもちょっとした町が絵になる国、それがクロアチア。

旅の道中はこういう何気ない場所が印象に残ったりしますよね。
ここもそうで心がふわっとなる感覚……わかってくれる人いるかな?

到着したのはダルマチア海岸の町、要塞都市スプリット
別名スプリトと呼ばれ、その美しい街並みはドゥブロヴニクと肩を並べる。

ドゥブロヴニクの城壁都市とは違い、解放的なリゾートのような町。
太陽が沈んできて、より一層雰囲気もグッと良くなる。

まずはディオクレティアヌス宮殿の地下迷宮に潜入。
まるで巨大な迷路のように広がる地下空間にゾッとする。
剥き出しの石柱が支えているものの、風化した化石のような建物に震える。

見事なまでに積み上げられた石柱は歴史の重みそのもの。
数々の歴史を宿した空間にいると神妙な面持ちになってしまいます。

ちなみに現在はお土産屋などが並ぶマーケットになっていますよ。
クロアチアらしいお土産もあるのでショッピングにもおすすめですね!

宮殿内を散策していると、突如聞こえてくる逞しい歌声。
耳を澄ませば聞こえてくる美声のハーモニーに思わず聞き入る。

突然始まった路上ライブも数曲で終了。
ちゃっかりCDの宣伝もしちゃってます!笑

おしゃれなソベもある!
別名ソーベ、もしくはアパルトマン
これは欧米で見られる文化で、日本で言うところの民宿みたいなもの。
旅人の間ではこういう民泊も人気なので、挑戦してみたい人はぜひ!

クロアチアはホテルに宿泊すると高いので、若者の間ではソベが定番。
本来は一般の住宅で、空き部屋を活用した宿泊施設みたいなので安心です。

クロアチアでドゥブロヴニクやスプリットに宿泊するならおすすめ。
中には朝食や夕食で家庭料理をご馳走してくれるところもあるのだとか!

7.闇夜の怪しい地下市場!ダルマチア海岸の夕焼け

闇夜の紛れて街歩き!
夜になると宮殿地下は怪しくも美しい空間に様変わり。
幻想的な迷宮への入口に思わず誘われてしまいそうになる。

ふらふらと街頭に焼かれる羽虫のように、地下の迷宮へ。
好奇心がより深く、深く、深くなっていく。

クロアチアは大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地。
そのため、海外ドラマグッズもお土産屋に並べられています。
それらの面影を感じながら散策するのも楽しいかもしれませんね。

こちらのグッズもそうなのかな。
「へへっ……旦那、寄ってってくだせぇ!」
「骸骨の仮面にシルクハット、うちは珍品ばかりよ!」
……そんな声が聞こえてくるような気がする。

夕暮れと船を眺めながらしばしゆっくりと休憩。
生暖かい潮風が吹いてきて、何とも言えない満たされた気持ち。

こちらがスプリットの立体地図
クロアチアにはこういう立体地図が各観光地に置かれていることも多し。
街全体がどうなっているのか立体的に把握できて便利ですね。

旧市街が多いクロアチアは迷子になる確率も高し。
そんな迷子になりやすい国だからこその配慮なのかも。
地図を読むのが苦手な僕からするとこれはありがたいです!

アドリア海のリゾートにて!
ダルマチア海岸に吹く気持ち良い風と薄紫色に染まる空
夕焼けはたくさん見たけれど、スプリットの夕焼けは素晴らしい。

ベンチでひっそりと座って観光客の賑わいに耳を傾ける……最高です。
こんな優雅な時間を独り占めできるなんてたまりません。

情熱色に染まるスプリットの夕景はノスタルジック。
ただただこの時間を抱き締めて、胸に焼き付ける。

まるで失恋を理由に旅をしているのかってくらい。
僕の背中からは哀愁という二文字が零れ落ちているのだろう。

旅に歌を添える老人!
この旅を一瞬でムーディなものに変えてくれる老人の声。
観光地でチップをもらって稼ぐ粋な生き方もまた味がある。

知らない町で知らない老人が口ずさむ知らない歌
……幸せな音色が聞こえてくる町、スプリット。

夜の宮殿内にはのんびりと過ごす観光客が大集合。
欧米の人に多いですが、こういう広場にペタンと座って雑談するの素敵。
僕もいつかはそんなおしゃれなこともできるようになりたいものです。

贅沢な時間の使い方を知っている人たちの雑談会
どんな話をしているのだろう。

宮殿内の石畳もまた味があって素敵ですね。
まさに異国の空気を感じさせる場所。

8.ホテル到着!目がチカチカするベッド

歩き疲れてバタンキュー!
今日もクロアチアの名所をたっぷり観光したということでヘトヘト。
スプリット観光を終え、到着したのはダルミナホテル(Dalmina Hotel)

もう会話をする気力すらない無言の状態。
同じくツアーに参加していた人たちも体力が底を尽きた様子。

部屋は広いし清潔だしベッドも……って目がチカチカする!
このベッドで寝るというのはどうにも落ち着かなさそう。

クロアチアのホテルはこういう奇抜なデザインもあり。
部屋が緑の色調で統一されているから、人によっては癒されるかも。
僕の場合は部屋が広くて落ち着かないのですが、疲れていてもう関係なし!笑

いきなりステーキ出てきた!
夕食は疲れた胃袋にガツンとボディブローをぶち込んでくるステーキ。
……うぐっ……これは美味しいけど胃袋が悲鳴を上げそうだ。

付け合わせのサラダとマッシュポテトが美味しい。
そんなことよりビールが美味しい!
もともとそんなにビールが得意じゃないのですが、その美味しさもわかってきたところ。

疲れているのになぜか眠れない。
これは海外旅行あるあるなのかもしれない。
そんな中、スーパーで非常食用に買っておいたスナック菓子を実食。

味は濃いけれど、これは美味しい。
……ってこれ夕食後に食べるもんじゃねぇな!笑

この夜、疲労困憊で入った温かいシャワーは最高だった。
全身を包み込まれるように身体を溶かされ、そのまま眠りの中。

世界遺産を数多く持つクロアチア。
その中でもドゥブロヴニクの旧市街は別格。
アドリア海の真珠と呼ばれるその美しい箱庭は必見!
ジブリ映画が好きな人はぜひぜひ訪れてみては?

まとめ

クロアチア4日目は世界屈指の絶景都市を満喫した1日!
世界遺産ドゥブロヴニクの美しさは一見の価値あり。
海に浮かぶように作られた城壁都市では、ぜひ城壁巡りを!

城壁都市ドゥブロヴニクと要塞都市スプリット、人気の二大都市を制覇。
東欧や南欧を代表とする屈指の絶景を彷徨う珍道中。
地下迷宮や地下迷路の甘美な誘いに乗ってみるのも悪くない。
まだまだ迷っていたくなる……人生もまた然り。

明日は古都トロギールとザダルを観光!
そこで待っていたのはユーモアに溢れんばかりの人たち。
そんな奇跡のような出会いが僕を変えていくのだった!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です