【デンマーク旅行】世界最古の遊園地!チボリ公園のイルミネーション【観光1日目】

「世界最古のおもちゃ箱の中で……」

どうも!
顔面蒼白なサンタ野郎こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2016年11月、7カ国目のデンマーク旅行1日目
アイスランド旅行の経由地として北欧の玄関口、デンマークへ。
まだ見ぬ世界へ期待に胸躍らせるものの、まさかの飛行機遅延で顔面蒼白。

血の気の引いた顔のまま旅仲間と合流して向かうはコペンハーゲン。
クリスマスに浮かれる世界最古のチボリ公園で楽しむイルミネーション。
そこはまるでおもちゃ箱のような世界だった!

デンマーク【コペンハーゲン】海外旅行記

【デンマーク旅行】世界最古の遊園地!チボリ公園のイルミネーション【観光1日目】

2017年9月2日


アイスランド旅行記

【デンマーク旅行】ニューハウンの幻想夜景!橋に繋がれた愛の南京錠【観光2日目】

2017年9月4日

【デンマーク旅行】難攻不落のカステレット要塞!人魚姫に恋した男【観光3日目】

2017年9月5日

【デンマーク旅行】スカンジナビア航空で帰国!おとぎの国の飛行機【観光4日目】

2017年9月6日

デンマーク旅行1日目のエピソード

1.飛行機遅延で顔面蒼白!向かうはコペンハーゲン

数ある国の中でも、僕が死ぬまでに絶対に行きたいと思った国がアイスランドだった。

ありのままの自然が残されたアイスランドは、ありのままの自分を受け入れてくれるような気がしていた。
何より絶景を求める旅人にとっては行かないという選択肢がない国。

ただ、アイスランドに行くにはデンマークで乗り継ぎが必要。
そこでアイスランド旅行のついでにデンマーク旅行も楽しむことに。

……早朝、僕は体調不良でもないのに顔面蒼白!
濃霧で飛行機が遅延し、東京行きの飛行機に乗り遅れそう。
そうなるとコペンハーゲン行きの飛行機にも乗り遅れてしまう。

全身を凍えさせるほどの冷や汗。
海外旅行史上初の尋常じゃないほどの焦燥

予定の1時間遅れで成田国際空港に到着するも、今度は手荷物検査場で保安検査を受けた際に一眼レフカメラと腕時計を忘れる始末。
時計は良いけれどカメラを忘れたら大惨事どころじゃないよね!笑

空港の地上係員に事情を説明し、ハリウッドスター凱旋並みの待遇を受けつつ、優先して誘導されながら搭乗ゲートへ。
美人な係員の方と旅仲間アヤカの迅速な対応でなんとか……間に合ったぁぁあ!!!もう泣きそう!笑

自己責任ではない遅刻であれば、ある程度の航空会社は待ってくれます。
ただ、今回ばかりは本当に海外旅行に行けないと思ったので焦りまくりでした!笑

一足早い腹黒サンタからのプレゼント……さすがにこれは笑えないよ。
って遅延したのは濃霧のせい!
濃霧のバカ!もう知らない!

「いやぁ、アイスランドの温泉でかこうと思っていた汗、全部かいちゃったよぉ」なんて11時間のフライト中、そればっかり!笑
初めて旅をするアヤカと打ち解けつつ今夜の宿に到着。

初っ端から真っ赤な鼻をへし折られた僕ですが、こういうトラブルも旅の思い出になる……と思いたい。
いや、でもアヤカにも迷惑をかけてしまうことになったのは本当に反省しないといけませんね。

そんなこんなの珍道中で今夜の宿に到着!
今は見たくない飛行機がホテルの部屋を飛び回っている。

このおしゃれな雰囲気がおとぎの国デンマークらしいよね。
ちなみにここはパークインバイラディソンコペンハーゲンエアポート(Park Inn by Radisson Copenhagen Airport)というホテル……うん、長い!笑

コペンハーゲン空港からメトロですぐのところでアクセス便利。
メトロのフェモレン駅の近くで、空港から所要時間3分ほど。

無料のジムやサウナもあるし、Wi-Fiも無料なので安心ですね。
素泊まりで安いので、デンマーク旅行の拠点にも良いかも!

闇夜に包まれたコペンハーゲンを歩こう!
さて、今夜訪れるのはアヤカが行きたいと言っていた世界最古の遊園地として知られるチボリ公園という一大観光名所。

僕は知らないスポットだったのですが、度肝を抜かれました。
いや、度肝は日本で抜かれてきたけども!笑

ってな感じで、まずはコペンハーゲン空港にある駅からコペンハーゲン中央駅へ。
デンマークは空港からの交通機関がとても発達していて、24時間運航しているので移動で困ることはないと思います。

2.レトロで幻想的な駅!コペンハーゲン中央駅

忘れていたけれどデンマークは単なる乗り継ぎの経由地。
ただ、アイスランドへ向かう飛行機の出発時間までは15時間以上もある!

ちなみにコペンハーゲンは国鉄やメトロが充実しているので、数時間あれば市内観光が可能だと思います。
乗り継ぎ時間もかなり長くなることがあるので、パパッと日帰り観光や半日観光しても良いかもしれませんね。

空港の駅から電車でコペンハーゲン中央駅まで約15分。
……なんてロマンチックな駅なの?
まるでロンドンのような雰囲気……行ったことないけど!笑

北欧コペンハーゲンには、こういうレトロなメトロがあり、その雰囲気はまさにおとぎの国という名に相応しいですね。

基本的に改札などはなく、切符を自分で購入して乗るスタイル。
日本では改札を当たり前のように通りますが、特にヨーロッパなどは改札がない交通機関も多かったりしますね。

M1とM2と呼ばれるメトロの路線が空港から直通なので、その2つの路線を使いこなせればコペンハーゲンの移動は完璧です。
ただ、切符を買う場所がわかりにくかったり、買い方が難しかったりするので情報収集してから行った方が良かったかも!

「改札がないなら買わなくて良くない?」と思うかもしれませんが、定期的に巡回する係員がいるので、バレたら罰金になるので注意してくださいね。

ここでコペンハーゲン中央駅のちょっと怖い話。
裏路地などに入ると治安が悪いらしいです。
暗闇に紛れて悪人がうろついているとの噂も聞くので、駅舎の周辺で人で賑わっていても油断しないように!

3.世界最古の遊園地!チボリ公園に潜入

やってきたのはコペンハーゲン中央駅のすぐ近くにあるチボリ公園。
駅舎から徒歩4分~5分くらいなので迷子になることはないです!

駅側の入口とは別側の入口もありますが、どちらでも入場可能。
今回はアヤカがチケットを予約していてくれたので、そのままピピッと簡単に入場できました。

こちらの入場券は当日購入も可能ですが、クリスマスシーズンは大混雑するので予約してから行った方が安心だと思います。
それにしてもクリスマスに浮かれる人ばかり。

ひゃわぁあぁあん!
このメルヘンな世界は何?!

イルミネーションとオーナメントが眩しい。
おもちゃ箱に観光客がギュッと詰め込まれたみたいな雰囲気。

僕の目の保養になるのは世界中の女性だけだと思っていたのですが、クリスマスシーズンのチボリ公園も目の保養になるかも……んん、セクシーだ。

このチボリ公園はディズニーランドができるまで、世界最古で世界最大級のテーマパークとして知られていました。
日本の岡山に倉敷チボリ公園があったので、そちらで知っている人もいるかもしれませんね。

ゲオ・カーステンセンが「階級に限らず誰もが楽しめる場所」として作った遊園地で、歴史深いテーマパークでもあります。
スクールカースト最底辺だった僕も関係なく楽しめるかな?

世界中の人がここに来れば、誰もが身分など気にせず楽しめる。
そんな思いを詰め込んだおもちゃ箱。

世界最古で世界最大ということもあって、歴史を肌で感じながら歩く。
創業者の想いとか訪れた人の想いとかを考えると……メルヘン!

確かに豪華絢爛な夢の国、ディズニーランドも良いのはわかります。
でも、この素朴で味のある遊園地も素敵じゃありませんか?

そもそもウォルト・ディズニー自身、このチボリ公園を頻繁に訪れて、ディズニーランドのモデルにしたとも言われています。

ここは誰もが子供に戻れる場所

トイレの看板だって、こんなにおしゃれなんだからぁ!
北欧でこんなロマンチックな時間を過ごすなんて、最高の贅沢。

クリスマスじゃなくても楽しめるチボリ公園ですが、冬限定のイルミネーションやマーケットを楽しめるこの時期に訪れるべきですね。

4.キラキラ輝く光のイルミネーション

キラキラと輝く北欧式のクリスマスを過ごせるチボリ公園。
ここは1843年に建築された遊園地で、年間来園者数は約350万人にもなる世界屈指の人気観光地となっています。

入園料は大人110DKRで、週末だと120DKRになります。
季節や時期によっては80DKRになることもあるようなので注意。
乗り物に乗る時には大人220DKRが必要です。

なお、8歳以下の子供は無料なのでカップルだけじゃなくファミリーで訪れても楽しめることと思います。

乗り物はゆったりと乗れるものもある他、ジェットコースターなどの絶叫マシンなどもあって、園内だけで約30種類ものアトラクションを楽しめるのだとか。

宮殿のような建物もあってメルヘンな世界が目の前に!
11月~12月頃にはクリスマスイルミネーションの他、野外ステージやコンサートホールにて演劇などのイベントも開催されています。

観光で訪れるならぜひクリスマスシーズンがおすすめですね!
なお、営業時間は朝11時から夜23時ですが、週末は24時まで延長されることが多いです。

時期によって変わるので、こちらも直近の情報を調べておいてくださいね。

ほら!ツリーにも電飾が飾られていて眩しい。
アヤカも僕もテンション高めで、どんどんこの世界に迷い込む。

チボリ公園内部には写真スポットがいくつか設置されています。
係員に撮ってもらうこともできますので、カップルやファミリーで訪れた時にはぜひぜひ撮ってもらってください。

メリーゴーランドが不似合いな僕もこの通り。
こりゃ1人で撮ってもSNS映えはしないかもしれませんね!笑

5.時計台とクリスマスツリーの幻想的な公園

生きている間に絶対見たい時計台と言えば、イギリスのロンドンあるビッグベンですよね。
そんなビッグベンにそっくりな時計台が!
あれ……あそこに見えるのってビッグベンだよね!

クリスマスツリーの輝きの中で、朧気に光る時計台
宝石のようなオーナメントも良いけれど、ひっそりと街の時を刻む時計台が僕は好きだったりする。

ぼんやりと光る時計台の存在感が、よりチボリ公園を彩ってくれる。
もちろんロンドンのビッグベンも良いけれど、コペンハーゲンの時計台も見る価値あり。

厳密にはチボリ公園内にある時計台ではなく、コペンハーゲン市庁舎のものなんですけどね!

サンタも見惚れる光の空間
こんな綺麗なクリスマスは人生で初めてかもしれない。
子供の頃はよくサンタクロースにお願いしていたものです。

大人になったらこんな風になるとは思っていなかったけれど。
あの頃過ごしたクリスマスが一番楽しかった……とアンデルセンみたいなことを言ってみる。

大人になってそういう気持ちもどこかに忘れている人はいませんか?
大人になったからこそもう一度子供に戻ることって大切。
……みなさんは今なら何をお願いしますか?

あらぁ、ハートがこんなにたくさん。

僕の真っ赤な心臓もドキがムネムネですよ!
こんなところにカップルで来た日にゃぁ、もうすごいことになりそう。

ムードが良すぎて2人の距離もグッと縮まるはず。
デートで訪れるという人にとってもおすすめですね。

6.海賊船襲来!シダレヤナギの電飾花火

チボリ公園には数々のアトラクションごとにテーマがあります。
エリアごとに分けられているので、まさにディズニーランドの原型とも言えるかも。

ここはクリスマスマーケットエリアですね。
クリスマスに賑わう人々が買い物を楽しんでいますよ!

海賊襲来!
ぼんやりと揺れる水面に浮かぶ海賊船。
チボリ公園にあるという秘宝を求めて海賊が襲撃してきたのか。

……と、そんなことはなくあの海賊船、実はレストランなのです。
こんな平和なテーマパークで何を食べるのかな?
トロールの肉古代魚の骨毒リンゴかな?笑

シダレヤナギの電飾がチリチリと光る花火みたい。
夜空に打ちあがった花火の光が降ってくるような……幻想的。

幻想的なメルヘンワールドの中にアジアの建物も!
日本らしくもあり中国らしくもある。
エリアごとにじっくり回っていたら終日楽しめるかもしれませんね!

アイスランド旅行がメインの北欧旅行だったのですが、チボリ公園だけで十分満喫してしまっています!笑
デンマーク旅行を計画中の人はぜひ。

7.おもちゃの兵隊!恐怖のくるみ割り人形

北欧のクリスマスはフィンランドが本場だと言われているのですが、同じくデンマークも本場を感じさせますよね。
北欧式クリスマスは世界一ロマンチックでメルヘンだと思う!

こういう小さな建物にも細かく装飾しているのがチボリ公園のこだわり。
クリスマスを心から楽しんでいる感じ……初めて過ごす海外のクリスマスは、ここが良いんじゃない?

寒空の下、ひたすらに歩き回って観光を楽しむ僕ら。
いやいやまだ初日だってのに、こんなにはしゃいじゃって大丈夫かな?

ヨーロッパ旅行だと日付変更線を通り過ぎるわけではないので時差ボケはしにくいですが、それでも初日からこんなに観光を満喫したら体力が底を尽きそう!笑

ひえぇっ!
くるみ割り人形みたいなおもちゃの兵隊が不気味に笑っている。
目が合ったらくるみのように頭を噛み砕かれ……っておとぎの国で怖い話はやめましょう!笑

コペンハーゲンはアマリエンボー宮殿もあり、本物の兵隊にも出会えます。
デンマークらしい光景を見たいなら、チボリ公園と合わせて訪れてみてくださいね!

8.ぐるぐる回る!煌めくメリーゴーランド

緑の電球に写るメリーゴーランドも幻想的。
これ、フォトグラファー見習いの僕のセンスが滲み出てしまった写真だとは思いませんか?笑

このメリーゴーランドは心がメルヘンな人にしか見えません。
……あ、普通に見えました?
ってことは、まだまだ童心を忘れていないということ。

ぐるぐると回るメリーゴーラ……ん?
これ、僕が思っているメリーゴーランドじゃない。
そんな可愛いもんじゃなくて、これ絶叫マシンじゃん!笑

椅子が吊るされていて、回転の遠心力によって浮くアトラクション
夜にはライトアップされていてまるで宝飾品みたい。
でも、意外と回転する速度が早くて……乗りたくはない!

メリーゴーランドというものを初めてこんなにじっくり見たかも。
乙女心の琴線を優しく撫でてくれるのがチボリ公園の魅力でもある。

煌めくメリーゴーランドに、頭がぐるぐるしてくる。
「世界中をぐるぐるぐるぐるしちゃおう」……そう言われているような気がしてくるコペンハーゲンの夜。

今回は新しい旅仲間と訪れたけど、本当に正解だった!
初日からハプニングもあったけれど、この景色を見たらもう忘れちゃうよね。

一人旅ではなかなか来られませんからね。
ロマンチックなところすぎてね。

9.サンタからの本当の贈り物

北欧旅行初日からこんなにも素敵なものを見られました。
これこそが本当のサンタの贈り物だったのかもしれませんね!

チボリ公園ではこういうクリスマスグッズも販売されていますね。
セットになっているのではなく、お気に入りのものを見つけてオリジナルクリスマスツリーを作れるというもの。

クリスマスシーズンならではのものなので、ぜひこの時期に訪れる人はお土産にしてみても良いかも。

こ、これは!
映画「ホームアローン」で泥棒相手に仕掛けたトラップのやつ?
もちろん足に刺さったら激痛なので絶対に映画の真似はしないでね。

「幻想的だったねぇ」……2人とも旅の大切な初日を満喫
チボリ公園、コペンハーゲンで一番おすすめのスポットかもしれません。
友達はもちろん、恋人や家族とでも楽しめる素敵な場所です。

僕らは再びコペンハーゲン中央駅に戻り、見慣れたセブンイレブンに立ち寄ってからホテルへ。

これから始まる幻想の北欧旅行
本当の目的、アイスランドを忘れるほどの感動があった。
でもこの旅はまだまだ始まったばかり。

世界の果てにある秘境、そこでは何が待っているのかな?
北欧の国々が贈る最高のプレゼントを求めて!

まとめ

デンマーク1日目はトラブルだらけの珍道中な1日!
まさにチキンらしいドタバタした旅の始まりで顔面蒼白でした。
でもコペンハーゲンはおとぎの国そのもので、不穏な旅の始まりも忘れさせてくれた。

クリスマスはぜひ北欧で過ごしてみてはいかがでしょうか?
きっと素敵な時間になることは間違いないです。
ロマンチックの欠片もない僕が言うんだから間違いない!笑
チボリ公園は誰もが童心に戻って楽しめるおもちゃ箱。

明日はようやく世界の果て、アイスランドへ。
憧れ続けた数えきれない絶景を求めていざ世界の果てまで行こう!
炎と氷の国の秘境には、きっとまだ見ぬ絶景が待っているはず。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です