【グアム旅行】タモンの水族館!ディナークルーズとポリネシアンダンスショー【観光2日目】

「陽気な南の島に乾杯!」

どうも!
南国の熱気に火照らされている「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2013年2月、1カ国目のグアム旅行2日目
グアムに到着したのも束の間、朝からタモン市内観光へ!
南国の島に降り注ぐ熱々の太陽、眩しい。

あまりの暑さに水族館へ逃げる僕ら。
そんな爆発しそうな太陽が沈む頃、海に出てディナークルーズ。
夜には熱気が弾けるポリネシアンダンスショーに誘惑され……。

グアム【タモン】海外旅行記

【グアム旅行】東京浅草ぶらり散歩!立ち塞がる入国審査官【観光1日目】

2017年6月12日

【グアム旅行】タモンの水族館!ディナークルーズとポリネシアンダンスショー【観光2日目】

2017年6月13日

【グアム旅行】シーウォーカーで海底探索!シュノーケリングもおすすめ【観光3日目】

2017年6月14日

【グアム旅行】タモンビーチでナマコ投げ大会!熱帯夜のナイトマーケット【観光4日目】

2017年6月15日

【グアム旅行】厳しい保安検査場!飛行機遅延で廃人に【観光5日目】

2017年6月16日

グアム旅行2日目のエピソード

1.燦々と降り注ぐ太陽!タモン市内観光

夜中だったからわからなかったものの、ここが僕らが宿泊するホテル。
タモンの中心部から少し遠いパシフィックベイホテル(Pacific Bay Hotel)です。

深夜のフライトで疲れていたにも関わらず、早起きして市内観光へ!
グアムは小さな島なので、観光のメインとなるのはタモン中心街。
初めての海外に心の高鳴りが鳴り止まない!

もわぁあぁ……太陽が熱すぎる!
ジリジリと焦がすような炎天下の中、朝食探しへ!
みんなでワイワイと食べる海外での朝食、想像するだけで素敵。

朝からコーヒーをいただきました!
コーヒーって身体の熱を冷ましてくれる効果があるって聞くけど、グアムでは無意味!

それを上回るくらいの太陽光なんで、観光には日焼け止め必須
むしろ日焼け止めがなかったら、きっと北京ダックになっていた。

「皮だけ食べて美味しいね」……言うとる場合か!笑

外国って看板とか表札がおしゃれね!
中心部から少し離れているホテルだったから、シャトルバスが便利。
本当に海外旅行初心者に優しいですよねぇ。

ちなみにグアムはシャトルバスも多いので安心です。
中心部と近郊の地区を繋いでくれているので、市内移動も楽ちん快適!
しかも日本語表記があるから、本当に観光しやすい!

……いやぁ、それにしてもこれが海外かぁ。
こうやって散策をすると実感が湧いてくるね!
初めての海外、見るものすべてが新鮮!

……ん?
地下女将軍ってなんだろう。

なんかやばい店なんじゃないかと不安になる一方で、入ってみたい!笑
好奇心に勝てなくなりそうな誘惑だらけ。

大人向けの店……いや、変態向けの店?笑
違っていたらごめんなさい!

2.タモンにある水族館!ひんやりアンダーウォーターワールド

グアムの炎天下で歩いていると、頭がぼんやりしてくる!
それくらい紫外線が強いから、本当に日焼け止めがないと肌が黒焦げになっちゃう。

日サロに通うくらいなら、グアムに通った方が良いってくらい!笑
こりゃやばいってことで、タモン地区にある水族館アンダーウォーターワールドにやってきました!

ここはアミューズメントの一角となっていて、イルカのオブジェが目印です!
タモン地区の通りにあるのでアクセスはとても簡単です。
迷うことは絶対にありませんし、見逃すこともありません!笑

ここは水族館以外にもレストランやギャラリー、ギフトショップなどがあります!
何より室内が涼しいので、ちょっとした避暑地としておすすめです。

受付を済ませるとガラガラを回させてくれて、抽選でプレゼントがもらえることも。
僕はサメの牙が当たりました!
歯を失ったらサメの牙を差し歯にします!笑

空を飛ぶウミガメ……!
暗いトンネル状になっている水族館は、幻想的なエンターテイメントそのもの!
暗さも相まって、ウミガメが空飛ぶ円盤に見えるよ。

ひんやりしていて冷蔵庫みたい……とまでは言わないけれど、涼しいね。
熱中症や熱射病の対策としても最適!
子連れでグアムを訪れる時にもおすすめなスポットですね。

アンダーウォーターワールドはグアム唯一の水族館で全長100mの水中トンネルが魅力。
海の動物たちの生活を覗ける他、触れ合うこともできちゃいます!

なお、トンネル内は薄暗いので、転倒注意です。
海外旅行保険に入っていないと大変なことになっちゃいます。

これはすごいかも!
水族館の中にエスカレーターがある!
これは子供だけじゃなくて大人も楽しめる!
普通にデートとかでもおすすめだね。

まるで探検しているような気分になれるね!
この体験はなかなかできるもんじゃない!
脱出まではまだしばらくありそう。

僕の大好物、クラゲもぷかぷかしてて癒される。
大好物って言っても食べるわけじゃなくて、見るのが好きってことね!

僕はクラゲになりたい……そう思えるほどクラゲ自身も気持ちよさそう。
一生海を漂流して生きるのも悪くないんじゃないかな?笑

こいつぁ、あのサンゴを食い散らかすというオニヒトデだなぁ?
こいつのせいでオーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフが死滅してるって噂だぜ。

かなり刺々しくて普通のヒトデより恐ろしい図体をしてやがる!
なんでヒトデなのにこんな棘だらけなんだよ。
そりゃ、最初に発見した人も鬼と名付けるはずだぁ。

タツノオトシゴは一生懸命水草に掴まっていて、これまたキュート!
それにしても神秘的なボディをしているなぁ。

尻尾できゅって掴んでる!
流されないように一生懸命に掴むその姿に思わず胸キュン。

3.灼熱の太陽!ジェラートが一瞬で溶けるほどの気温

水族館で身体もクールダウンしたってことで、再びこの灼熱の大地に舞い戻りました。
それにしても、グアムで水族館なんてロマンチックだったなぁ!

……長い長い竜宮城、涼しかったよ。
グアムを訪れる人は、ぜひアンダーウォーターワールドを観光してみてください。

それにしても、グアムは快晴!
気温もぐんぐん上昇!

こんな晴れ晴れしているんだからもっともっともっと楽しまないと!
それこそ体力が尽きるまで海外旅行、楽しもう!

偶然見つけたドルチェフルッティジェラテリアでジェラートをいただきまする!
僕が頼んだのはキャラメルのジェラート……たまらん。
甘党の僕もいざ実食……と思ったらもうドロドロやないかい!笑

グアムでジェラートを食べる時は、一瞬で食べないと太陽に食われちまうぞ!
……かなり急ぎで食べちゃいましたが、味は格別でした!
キャラメル味のものって正直なんでも美味しい説!笑

4.南国の海でディナクルーズ!

ロマンチックな海上の宴!
太陽との死闘を終え、沈みかけてから向かうのは海の上。
ビールを片手に音楽を楽しむディナークルーズに参加。

数人でクルーズに乗り込み、水平線に沈んでいく太陽を見ながら宴だーっ!
こんな楽しい時間、終わらせたくない。

頑張った太陽も相当疲れたようですなぁ。
あの暑さからは想像できないほど、夕暮れは涼しくなるグアム。

空には飛行機雲。
海にはジュッと溶ける太陽。
ノスタルジックな気分になってくるよね。

船上ではツアーガイドの弾き語りがあるなど、小粋な演出もあり。
船の上にアコースティックギターの音色が心地よい!

クルーズが終了する頃には、夕暮れってよりも夜に近くなっていました。
このヨットハーバーの雰囲気、切なくて素敵

グアム旅行なら、ディナークルーズは本当におすすめです!

5.ポリネシアンダンスショーとバイキング!

ひぃぃはぁぁあ!!!!!
ジャングル中の動物が集まってきそうなほどの雄叫び!

夜はポリネシアンダンスショーで身を焦がすぜぇ!
マッチョな男たちと妖艶な女たちの熱気に満ちたダンスショーが開演。

それぞれ自分で好きな料理を食べられるバイキングスタイルのディナーも。
食事をしながらショーまで楽しめる熱々な時間!
グアムの夜はまだまだ終わらないねぇぇぇえ!

腰をくねらせながらダンスする美女がセクシーすぎて、もうメロメロですよぉ。
……って鼻の下伸ばしている場合じゃない!
あまりのショーの熱気に思わず写真を撮るのを忘れていました!笑

ショーが終わってからはホテルに戻り、みんなでトークしつつ語る。
大学時代4年間一緒に過ごした仲間たち。
そんな友達と卒業旅行ができて、僕は幸せ者です。

でもね、でも……全然寝かせてくれない!笑
グアムの夜は、本当にまだまだ終わらないのだった。

まとめ

グアム2日目はタモン市内観光を満喫し、ひんやりした水族館に癒されました!
タモンは小さな地区なので、徒歩での散策もできちゃいます。
ただ、紫外線が肌のバリアを突き破ってくるので、逃げ場を確保しておくこと!

海の上ではディナークルーズ、陸の上ではポリネシアンダンスショー。
海外旅行の魅力のどんどん脳が溶けていく感覚。
これ以上海外旅行の楽しさを知ってしまったら戻れなくなる!笑

ちなみに友達と海外旅行に行くと、夜は眠れないので注意!笑
この睡眠不足が後々ボディーブローのように効いてくるとは……誰も知らない。
明日はマリンスポーツ三昧な日だ!
泳ぐぞぉ、潜るぞぉ!笑

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です