【アイスランド旅行】世界最大の露天風呂温泉ブルーラグーン!最果ての町レイキャビク【観光1日目】

「天国に湧き出た絶景の温泉」

どうも!
絶景温泉の湯けむり案内人、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2016年11月、8カ国目のアイスランド旅行1日目
世界の果てにある未知を求めて火と氷の国アイスランドへ。
絶海の孤島に湧く絹のような温泉、世界最大の露天風呂ブルーラグーン。
青白く光る美しい温泉と溶岩と苔が描く世界は、地球上唯一の極楽浄土。

温泉に心も身体も癒された後はレイキャビクへ。
そこで待つ幾何学的ガラス建築ハルパ、溶岩玄武岩を模すハットルグリムス教会。
火山と氷河が育んだ異世界の絶景旅、世界の果てのその先へ!

アイスランド【レイキャビク】海外旅行記

デンマーク旅行記

【アイスランド旅行】世界最大の露天風呂温泉ブルーラグーン!最果ての町レイキャビク【観光1日目】

2017年9月7日

【アイスランド旅行】黄金の滝グトルフォス!白銀の世界遺産シンクヴェトリル国立公園【観光2日目】

2017年9月8日

【アイスランド旅行】セリャラントスフォスとスコゥガフォス!断崖絶壁の鬼ヶ島レイニスドランガル【観光3日目】

2017年9月9日

【アイスランド旅行】青く爆ぜる氷の洞窟!神秘のヨークルスアゥルロゥンとダイヤモンドビーチ【観光4日目】

2017年9月11日

【アイスランド旅行】スナイフェルス半島で凍死寸前!海賊とパフィンと極寒地獄【観光5日目】

2017年9月12日

【アイスランド旅行】さらば火と氷の国!驚異の乗り継ぎ23時間耐久レース【観光6日目】

2017年9月13日


デンマーク旅行記

アイスランド旅行1日目のエピソード

1.到着早々まさかの事態!ケプラヴィーク国際空港で立ち往生

……世界の果てってどこだろう?
その答えを求めてやってきたアイスランド。

ずっと世界の果てまで行ってみたいと思っていた。
火山と氷河が生んだ溶岩と苔と雪の世界。
想像を超える絶景が広がっている未知の領域。

ある人はこう言う「アイスランドこそが世界の果て」だと……。

その先に広がる世界を思い浮かべるだけで骨の髄から流れる血液まで脈動する感覚。
温泉のように好奇心がとめどなく溢れて、もう頭がとろけてしまいそう。

火と氷の国、地球最後の秘境、極限の氷河、生命の鼓動が闊歩する火山。
訪れた誰もがこの国に一瞬で心を奪われてしまう。
そんな僕もまたアイスランドに心を奪われた旅人の1人

気分はさながら、かつてこの極寒の地を侵略した冒険家。
海賊がこの地に足を踏み入れた時、あまりの寒さにアイスランドと名付けたという逸話。
それを確かめるためにも、この国は自分の足で歩かないといけない。

日本を出発してから約30時間超の長旅の末……ついに世界の果てまで!
ここはアイスランドと世界を繋ぐケプラヴィーク国際空港。
いよいよ体験したことのない史上最大の冒険が始まる!

身体の中にあるマグマがもう沸騰寸前。
まだ見ぬ世界に心臓が噴火しそう。

凍える空気の中、期待と不安が入り交じる顔でこの大地に降り立った僕。
正式名称レイブルエイリークソン国際空港は北欧諸国からだとシェンゲン協定で入国審査がないので、入国審査や税関も楽々突破。

さっそく空港で両替して世界最大の露天風呂へ向かお……ってあれ?
予約したバスがあるはずなんだけどどこからどこから乗るの?
結局バスを見つけられずにタクシーで向かうことに……。
本来はターミナルも1つなのでわからないはずもないはずなんですけどね!笑

ケプラヴィーク国際空港からレイキャビクまではシャトルバス以外の移動手段もあり、その中でもおすすめなのがレンタカーだと言われています。
冬は危険ですが夏は安全なので自分で運転するのもあり。

2.絶景のミルキー露天風呂!ブルーラグーン

ケプラヴィーク国際空港からタクシーで約20分。
レイキャネス半島の地獄のような溶岩大地に苔と雪……異世界の始まり!

タクシーの窓から真っ白な湯気を発見。
目の前に広がる景色は、今まで見てきた景色のどれにも分類できない。

渋い顔の運転手が到着したことを告げるも……運賃の高さに驚愕!笑
数十分で9,500ISKとかなりの高額なのですがこれもアイスランドでは常識とのこと。
ちなみにケプラヴィーク国際空港からレイキャビク中心部までだと20,000ISKほど。

そんなこんなで世界最大の温泉ブルーラグーンに無事到着!
この真っ白の大きなモニュメントが目印。
……でもここからだと雪化粧をした溶岩しか見えません。

手荷物預かり所にスーツケースやリュックを預けていよいよ乳青色の温泉へ。
あの真っ白な看板から溶岩の壁に挟まれつつ一本道を歩く。
……でも、ここでちょっとした珍事件発生!

旅仲間として同行していたアヤカが荷物のタグを受け取ったものの2秒で紛失。
一緒にタグを探して世界の果てまでイッテQ!笑
すぐに見つかったので良かったです。

一本道を進むと見えてくるのが、ひっそりと佇む隠れ家のような温泉郷。
ここがブルーラグーンへの入口となります。
……ようこそ!極楽浄土の露天風呂へ!

ちなみにこちらのブルーラグーンは1976年に生まれた人工の温泉。
一年中営業していて、肌にも良い成分が豊富なんだとか。
いつでも旅人を迎え入れてくれる天国に一番近い温泉と言えますね。

建物の脇道を進むと見えてくるのが一面に広がるミルキーブルーの世界。
ソーダみたいにキラキラしてて美味しそう。
この乳白色こそブルーラグーン最大の魅力ですね。

絹のようにつるつると柔らかそうな温泉。
温泉施設は敷地が決まっているわけではなく、お湯が施設の外にまで広がっています。
天然温泉ではないのですが、それでもこの異様な光景は一見の価値あり。

受付は世界中から癒しを求めて訪れる観光客で大混雑。
世界有数の温泉ということもありネット予約が必須です。
ブルーラグーンの公式ホームページから予約できるので、詳しくはサイトにアクセス。
ベストシーズンであれば前日や当日だと予約できないこともあります。

チケットはコンフォートとプレミアムとラグジュアリーの3種類。
温泉だけを楽しむならコンフォートで十分ですが、贅沢したいならプレミアムかラグジュアリーで!

受付で説明を受け、ロッカーの鍵となるリストバンドを受け取って入場。
ちなみに入場料は大人が6,990ISKで、2歳~13歳までの子供は無料。
入場料は時間帯によって変動するので、その点も注意しましょう。
なお、2歳未満は入浴できません。

ブルーラグーンで気をつけておきたいのはロッカーの使い方ですね……謎です。
ただ、キョロキョロしていると地元のおじさんが教えてくれて無事入場。
アイスランドの人はとても優しい!

ちなみに水着着用必須入浴前に身体も洗うことが絶対条件です。
全身を隅々まで洗い、温泉に入らなくても良いんじゃないかってくらいもうピカピカ。
さぁさぁ、いよいよ地球上唯一の天国に入場しましょう!笑

冬のアイスランドはとにかく寒い。
ちょっと粋を吸うと肺がパキッと凍えてしまいそう
ラグーンへの入口でアヤカと合流して……うひぃい!

足が一瞬で凍って崩れてしまいそうなほど寒い……これがアイスランドか!笑
そりゃこの地に足を踏み入れた海賊もアイスランドと呼ぶよね。

ロッカールームからラグーンに入るまで10mほどあるのですが、足の指がピキッ……。
冬のブルーラグーンを訪れる時にはクロックスやサンダルがあると良いかも。

でもこの時期のアイスランドの太陽はまさに神秘。
朝焼けと夕焼けが溶け合い、ここを黄金一色に染めてくれる。

あふぅぃいやぁあん!
つま先から頭の先まで、じんわりとミルキーな温泉が染み込む。
異国の温泉……まさに天にも昇る露天風呂ですね!
あまりの快感に身体がとろけて、お湯と混ざり合う。

お湯の温度は38℃~40℃ほど。
ぬるいと聞いていたけれど、じんわりと温かくて気持ち良いです。
30時間超の長旅の疲れも一緒に溶けちゃいますね!

……そういえば人生初の混浴だ!笑

ブルーラグーンは世界最大の露天風呂。
温泉と言えば日本にも名湯が多いですが、まさか海の向こうにこんな温泉があったなんて……。

温泉内はカメラの持ち込みも可能です。
写真を撮りたいなら防水のカメラがあると安心かもしれません。
ロッカーと行き来自由なので撮影してからゆっくり入浴ってのもあり。

その他、シリカ泥も置いてあるので肌に塗って泥パックもできちゃいます。
みんな白い顔でのろのろ歩いている姿を見るとゾンビのよう。
天国のような温泉だけど、三途の川だったなんて笑えないですね!笑

なお、ブルーラグーンのお湯は約48時間で入れ替わります。
世界中から訪れる人がいても、常にお湯は清潔に保たれているのも嬉しいですね。
2時間~3時間の滞在が一般的ですが、滞在時間に制限はないので自由に楽しんでください。

世界最高の温泉はここにある!
シリカで肌もぷるぷるになった僕らは施設にあるカフェへ。

軽食はもちろん、飲み物なども売っているのでここらでランチ。
僕はレモネードとハム&チーズサンドを……いただきます!

物価が高いアイスランドではこれだけでも1,500ISKくらい。
1ISKで1円ほどなので計算自体はしやすいと思います。
ただ、どこでもクレジットカードが使えるので現金は必要ないかも。

なお、ブルーラグーンは更衣室と温泉へは行き来自由なのですが、ゲートを一度出てしまうと再入場はできないので注意が必要となります。
ただ、エントランスから抜けて景色を見渡すことはできます。

入浴時にカメラを持ち込めなかった方はこちらから撮影するのもあり。
乳白色のミルキーな温泉に浸かっている幸せそうな人々にほっこり。

もちろん温泉だけではなく、サウナやスチームサウナ、打たせ湯などもあります。
シリカは貴金属や髪には天敵ですが、それさえ気をつければ楽しみ方も千差万別。

マッサージなども受けられるので、体験したい人は予約すると便利です。
ただ、マッサージは30分で10,200ISK、60分で16,300ISKとちょっと高め。

温泉内にはバーもあるのでドリンク各種が楽しめるのも特徴です。
ビールやワインなどの王道もあれば、スムージーやジュースもあります。
ただ、アルコール類は1人3杯までとなっているので、泥酔しないように!笑

長時間入ることも多いブルーラグーンは脱水症状にもなりやすいので、適度に水分補給を。

なお、おすすめのお土産を聞かれることが多いですが、やはりブルーラグーンオリジナルのコスメがおすすすめですね。
シリカマスクや珪藻マスクも人気です。
その他、石鹸やクリームなども定番とのこと。

青白く光る水面はゆらゆら揺らめく天国のよう
絹を溶かしたような絶景温泉に心も身体もとろんとろん!

アイスランドで……いや世界で一番美しい温泉ブルーラグーン。
アイスランド旅行の際にはぜひ一度訪れてみてください!

3.レイキャビクへ!バスの優しいおじいさん

名残惜しくもブルーラグーンを後にする僕ら。
相変わらずレイキャビク行きのバスがわからない。
アイスランドはシャトルバスも多くてわかりやすいと聞いていたけれど謎は深まるばかり!笑

そんな中、あるバスのおじいさん運転手にお願いすると「ふむぅ……乗れい!」と言わんばかりにレイキャビクへ送ってもらえることに。
わからない時は運転手にとにかくお願いすればOK!笑

困っている人を見たら放っておけない、それがアイスランドの人なのかもしれません。

レイキャビクに到着すると「ここがホテルだよ」運転手のおじいさん。
こんな見知らぬ日本人を乗せてくれてありがとう……アイスランドの人々の優しさに感動

平和で幸せな国だからこそ、みんな優しくて余裕があるのかな。
アイスランドの人は自然とありのままの自分で生きているという感じ。

無事に今夜の宿、センターホテルアーナルフォル(Centerhotel Arnarhvoll)に到着。
チャーミングな笑顔のスタッフに迎え入れられ、しばしホテルの部屋で休憩。

こちらのホテルは無料Wi-Fi完備でインターネット無料。
部屋はそこまで大きくないものの、海を一望できる好立地。
中心部からは徒歩数分圏内ですがアクセスも不便ではありません。
何より従業員の接客がとても良いのでおすすめ。

4.北極光の乱反射!幾何学的ガラス建築のハルパ

太陽が沈みかけてきたということで、完全に暗くなる前に市内観光へ。

ホテルを出るとそこにはミラーボールのような建物を発見。
……ここはダンスホールか何かかな?
いえ、ここは2011年に完成したハルパという観光名所です。

正式名称はハルパレイキャビクコンサートホール&会議センター
幾何学的にガラスパネルを敷き詰めている柱状玄武岩がモチーフの外観が特徴。
夜になるとライトアップされ、エレクトロニックな光を放ちます。

夕焼けに染まる最果ての町、レイキャビク
どこにでもある田舎町という雰囲気ながらも、異国情緒があって美しい。

ハルパはレイキャビクの海岸通りに建てられていて、ここからの夕焼けがまた幻想的。
どこか物寂しそうな街並みを見ていると切なくなってくる。

北極圏に近いアイスランドは街中からオーロラを見ることもできるそうです。
このハルパの上空にもオーロラが帯び、乱反射させることもあるとのこと。
先ほどのブルーラグーンでオーロラを見た人もいるようです……羨ましい!

そんな絶景を見られると信じハルパの周りをぐるぐる。
夕焼けを反射するモダンガラスアートの建築に思わず巨匠も唸るはず。
もちろん、オーロラを見たいなら太陽が完全に沈まないと見られませんので注意。

田舎町にはそぐわない芸術品のような建物。
まるで鏡のような建物は、アイスランドを代表とする新時代のランドマーク。

5.世界の果てで市内観光!巨大怪鳥現る

レイキャビク市街地にやってくると賑わいの声が聞こえてくる。
寒空の下、厚着をした地元の人が歩く切ない雰囲気の街が素敵。
観光客も多く、このメインストリートもクリスマスの様相。

11月ということもあり、街はクリスマスムードが漂う。
建物がカラフルでポップなので、絵本の中の世界を歩いているみたい。

なんでここにマリオが?!
こんなところに26歳なのに、老け倒したメキシカン配管工がいる。
キノコを食べるでもなく、踏みつけて時計を見てやがる!笑

レイキャビクって最果ての町と聞いていたからもっと廃れているのかと思った。
でも、本当はコミカルでユーモアに満ちた町なのかもしれない。

街はリトルヨーロッパという感じで愛らしい。
レイキャビクは可憐で洗練された小さな町だからこそ徒歩での観光がおすすめです。
歩くだけでアーティスティックな街並みを堪能できちゃいますよ。

ただ、意外にも極寒の地と言われるほど寒くはないです。
普通に僕が住んでいる北海道の方がもっともっと寒いかも。

これは島を囲うように流れる暖流の影響らしいです。
ただ、天気が変わりやすい国なので防寒着は必要ですけどね。

世界有数の治安が良い国とも言われていて、女性が1人で歩いていても大丈夫。
チキンが1匹で彷徨っていても大丈夫なので、海外旅行初心者にもおすすめ!

ぼんやりと佇む黒い火山!
幻想的な一本道の先に火山のようなミステリアスな教会がある。
シルエットだけ見ると、舌を出している大きな大きな幽霊のよう。

天辺には白く光る十字架と小窓から漏れる温かい光。
アイスランドが思っているより暖かいのは、温もりある街並みのおかげなのかもしれない。

見たこともない巨大怪鳥!……喰われる!

お土産屋のショーウィンドウから突如として現れた巨大怪鳥
これはマスコット的存在として愛されているパフィンという鳥。
大きなくちばしに、キュートな目が何とも言えないね!

レイキャビクのお土産屋にも立ち寄りつつ、市内観光を大満喫。
予想以上に寒くはないものの、もちろん氷点下の世界
パフィンの羽毛が欲しくなってくる頃合い。

6.溶岩玄武岩を模す火山建築!ハットルグリムス教会

あの黒い火山の正体は街のランドマークにして最大の建物、ハットルグリムス教会でした。
火山が噴火して溶岩が冷え固まる姿を模して建造され、完成までに40年という歳月がかかったそう。

1937年に設計、1945年に着工、1986年に完成。
アイスランド人建築士グジョン・サムエルソンが手掛けた教会。
この静かな町でも異彩を放つ教会はファンタジーの世界そのもの。

その高さは74.5mにもなり、収容人数は1,000人とのこと。
中には展望台もあり、エレベーターで上がるとレイキャビクの街を一望できます。

到着する頃にはすでに閉まっていたのですが、夜景だけで十分美しい。
世界のどこを見ても、きっとこのような形の教会は他にない
唯一無二の火山を模した教会であり、レイキャビク屈指の観光名所。

その圧倒的な存在感に思わず圧倒されてしまう。

あまり見上げていると、首を痛めちゃうから注意。
ヨーロッパの建物のように細かな装飾などはないものの、シンメトリー調に洗練されたデザインは見事な火山と教会の調和!

さてさて、冷えてきたことだし買い物でもしてホテルに戻ろう。

幻想的な教会に心打たれた後はボーナスというスーパーへ……って入口がない?!
迷っていると「こっちこっち」と地元のファミリーが教えてくれました。

「あ、でも閉店してるね」なんて残念そうな顔でこっちを見つめる彼ら。
「どこから来たの?」「何日間いるの?」「他の店も教えてあげる」なんて本当に親切。

僕らの拙い英語にも笑顔で答えてくれて……なんでこんなに優しいのかな。
親切でフレンドリーで人懐っこくて本当に優しい
優しい人しかいない国、それがアイスランド。

7.地元民の国民食!絶品のホットドッグ

アイスランドは、とにかく物価が高い。
地元民もブルーラグーンに入るために節約しなきゃいけないくらい高い!笑

そんなアイスランドの人にとってリーズナブルで美味しい国民食と言えばホットドッグ。
アイスランドでは破格の420ISKと安くて美味しいソウルフード。
何やら「宇宙一美味しい」とか「世界一美味しい」だとか「アイスランドで一番美味しい」とか言われている店もあるらしい。

僕らもその噂を聞きつけてホットドッグスタンドへ。

かの有名な店だと思って入ったら実は違った店だった!
でもパリパリのソーセージにふわふわのパン、絶品ソースとサクサクなトッピングが絶妙。
これで420ISKならハンバーガーを食べたと思えば安いもの。

……あれ?ほっぺどこいった?!
あぁ、もう床に落ちてたわ。

世界の果てを探してやってきたアイスランド。
そこは今まで体験したことのない未知の体験ばかり。

温泉を愛する日本人なら一度は絶対に訪れたいブルーラグーン。
まさか最果ての国で心も身体も癒されるとは……。

溶岩と苔と雪が紡ぐ絶景の露天風呂はまさにアイスランドの命の源泉。
天国に一番近い温泉はアイスランドにある!

まとめ

アイスランド1日目は絶景の露天風呂温泉ブルーラグーンに心も身体も癒された1日。
こんなにも美しい温泉を僕は初めて見た。
地獄のような溶岩地帯に広がる天国のような温泉。

レイキャビクも幻想的なハルパやハットルグリムス教会もあり、観光にも最適。
最果ての町は寂しい雰囲気ながらも、美しい景色が広がっている。
何よりアイスランドの人々の優しさに触れた日でもありました。
世界中に心優しい人は数あれど、この国の人々は本当に心から優しい。
その気持ちに触れる度、アイスランドが好きになる。

明日は秘境の地に眠る絶景を探しに行こう。
息もできなくなるような光景が待っている。
アイスランドの旅は僕の人生さえも変えてくれそうな気がする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です