【マレーシア旅行】バブルバスで絶頂!心の故郷と呼べる移住したい国【観光6日目】

「故郷を探し求めている人に送りたい国」

どうも!
世界中に自分だけの故郷を作り歩く「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2017年2月、9カ国目のマレーシア旅行6日目
田舎と都会で過ごした思い出が乱反射するバブルバスに悶絶。
全身とろける最高級おもてなしに思わず漏れる声。

癒し癒されたマレーシア旅行の思い出が弾けて消える。
旅の疲れを癒す極上のお風呂体験で大満足のまま帰国。
移住したい国No.1と言われる国はいつかまた帰ろうと思えるもう1つの故郷になった!

マレーシア【クアラルンプール】海外旅行記

【マレーシア旅行】絶品なANAの機内食とスープ!熱気に満ちたクアラルンプールへ【観光1日目】

2017年9月23日

【マレーシア旅行】市内観光後にペナン島へ!プロの超絶マッサージで昇天【観光2日目】

2017年9月25日

【マレーシア旅行】世界遺産ジョージタウン!オランウータン保護島に棲む森の王【観光3日目】

2017年9月27日

【マレーシア旅行】キャメロンハイランドの紅茶畑!双璧の摩天楼ペトロナスツインタワー【観光4日目】

2017年9月30日

【マレーシア旅行】世界遺産マラッカ散策ツアー!大繁華街ブギッビンタン通り【観光5日目】

2017年10月4日

【マレーシア旅行】バブルバスで絶頂!心の故郷と呼べる移住したい国【観光6日目】

2017年10月7日

マレーシア旅行6日目のエピソード

1.深夜にバブルバスで悶絶!ふわふわの泡とビール

ほわぁぁあぁん!
怒涛のマレーシア周遊を終えて、ゆったりと過ごす夜。
夜中0時という峠を越えても頃、僕は人生初のバブルバスに悶絶。
モッコモコのふわっふわな泡が全身を包み込み……思わず声が出る。

夜中にお風呂から変な声が聞こえたら勘違いされてしまいそう!
でもホテルは防音もしっかりしていて隣の部屋の音はほとんど聞こえませんので、安心してバブルバスを楽しんでくださいね!笑

それにしてもインターコンチネンタルクアラルンプール(InterContinental Kuala Lumpur)は予想以上に素晴らしいホテルだと思います。
僕の海外旅行ではスタンダードホテルばかりなので、こういうホテルは添乗員付きツアーくらいじゃないと宿泊しないので貴重な体験です。

ちなみにインターコンチネンタルホテルは世界100カ国以上にあります。
総部屋数では世界最多のホテルグループとして知られているのだとか。
ラグジュアリーホテルだけではなくカジュアルホテルも手掛けているので、海外旅行に行く人はぜひ宿泊してみてくださいね!

ふぅ……連日ギュッと詰まったスケジュールだっただけに、疲れが溶けていく。

早朝、僕らは空港に向かって帰国するのでした。
往路も復路もANAなので快適フライト。
言わずもがなANAには何も言うことがありません!笑

マレーシア旅行は日本からも数時間で行けて弾丸海外旅行におすすめ。
もちろんリタイア生活の拠点に選ぶというのもありかも。

初めてマレーシア旅行でしたが、ここは癒しに満ちている国だと感じました!

貧富の差は感じても現地の人々は常に笑顔で迎えてくれます。
心も身体も癒される大自然を持つ反面、急成長を続ける大都会もあります。
激動の歴史を持ち、特有の文化も持つ国だけあって魅力は尽きません。

海外旅行と言えばアメリカやヨーロッパという人も多いですが、アジアもやっぱり旅行してみてわかることがたくさんある。
好きな国や嫌いな国もやっぱりあるかも。

でも、旅をすればするほど世界中が自分の故郷になります。

そんな故郷に1つ、マレーシアはいかがでしょうか?

まとめ

マレーシア6日目はバブルバスに悶絶したまま帰国した1日!
インターコンチネンタルホテルは一度宿泊してみるべきホテルです。
アメニティの充実度で言えば、他のホテルを圧倒するものでした!笑

緑溢れる大自然や摩天楼がそびえ立つ大都会。
マレーシアは田舎と都会が見事に共存している国。
王宮や独立記念碑、モスクで歴史を感じ、世界遺産ジョージタウンで文化を感じ、オランウータンと心を通じ、キャメロンハイランドで紅茶の香りに誘われる。
そんな感動の連続がこの国に溢れています。

この国は世界中にいる人たちの故郷になれる国。
きっとまだまだこの世界のどこかに自分だけの故郷があるはず。
それを見つけるまでは、海外旅行はやめられない!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です