【メキシコ旅行】太陽と海賊の国!カリブの五つ星ホテルグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン【観光1日目】

「カリブ海を一望する極上のリゾートへ!

どうも!
海賊王になれなかった男、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2018年4月、13カ国目のメキシコ旅行1日目
カリブに眠る海賊の秘宝を求めてメキシコへ。
親友のミンタとアメリカのダラス経由で約14時間。
眼下に広がるカリブ海の楽園、カンクン。

入国検査と税関の厳しさを痛感しつつ入国。
陽気な人々と灼熱の太陽に迎えられながら、五つ星ホテルに滞在。
そこはどこまでも美しい海が広がる極上のリゾートだった!

メキシコ【カンクン】海外旅行記

【メキシコ旅行】太陽と海賊の国!カリブの五つ星ホテルグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン【観光1日目】

2018年5月7日

【メキシコ旅行】神秘の泉グランセノーテ!古代マヤ文明の世界遺産チチェンイッツァ【観光2日目】

2018年5月14日

【メキシコ旅行】トゥルム遺跡のイグアナとマリオ!海賊の隠し財宝を追え【観光3日目】

2018年6月8日

【メキシコ旅行】幻想のピンクラグーン!リオラガルトス秘境探検ツアー【観光4日目】

2018年6月14日

【メキシコ旅行】死者の日の再来!カンクンからダラス乗り継ぎ記憶喪失【観光5日目】

2018年6月15日

【メキシコ旅行】屍に染み込む濃厚ラーメン!失神の先に見る三途の川【観光6日目】

2018年6月16日

メキシコ旅行1日目のエピソード

1.国内線で乗り継ぎ!乗客が消えたJALの飛行機

太陽はいつも海外旅行の味方!
早朝4時30分に自宅を出発、成田国際空港へ。
新千歳空港までは車でちょっとしたドライブ。
ちなみに新千歳空港に車を止めるならイツモパーキングが安くておすすめです!

新千歳空港から定刻7時55分、成田空港へ離陸。
天気は良好……って雲の上はいつも快晴なんですけどね!笑

今回の目的地はメキシコ。
メキシコを選んだ理由は海賊の隠し財宝を狙うため。
……ではなく、ただただリゾートでのんびりするため。
絶景や世界遺産、秘境もあるということで期待に胸が爆発寸前!

世界一美味しいスープ!笑
世界中にスープはあれどこれが一番。
それは大袈裟ですが、JALに乗るならこれは欠かせませんよね。

旨味が凝縮されたこのスープを飲むためだけにこの航空会社を利用しても良いくらいですね。
……あ、JALの社員ではありませんよ?笑

今回はCanonの超広角レンズを持参
どうってことない写真ですが接写もこの通り。
メキシコの絶景も広角の世界で切り取ってやろう!

……上客が……消えた?
昔こんな映画があったような気がする。
飛行機の乗客がポッカリ消えてしまうミステリー映画。
機内を見渡しても人がいない……漂ってくる事件の香り。

こんなにガラガラだと逆に不安になる。
いや、JALの経営が大丈夫か心配になる。
乗客はどこに消えてしまったのだろう。
これじゃあほぼプライベートジェットだよ!笑

大統領になったような気分で座席を見渡す。
エコノミーの時点で大統領気分は味わえないですけどね!笑
でも、好きな座席を選んで座れるから良しとしましょう。
もちろん、僕とミンタは指定された席にカッチリと座っていたけれども……真面目なんです!

2.アメリカで乗り継ぎ難航!入国審査税関恐怖症

まずはアメリカまで!
定刻10時40分発の飛行機に乗るため国際線へ。
しかし、悠長にしていたらまさかのアナウンス呼び出し。
空港のアナウンスで呼ばれたのなんて初めてで軽いパニック状態!笑

「○○様、○○様、お客様のご搭乗をお待ちしております!」
……やばいやばい、呼んでる呼んでる、急げ急げ!
乗り込んだ飛行機にはすでに他の乗客がびっしり。

平謝りしつつ約10時間のフライト。
成田国際空港からダラスフォートワース国際空港まで。

無事にテキサス州の都市ダラス到着。
ダラスフォートワース国際空港で乗り継ぎ。
この空港での乗り継ぎはわかりづらいとの情報が……。

ちなみにアメリカは乗り継ぎでの入国でもESTAの申請が必要です。
そのため、ESTAは日本で事前申請しないといけません。
乗り継ぎでも必要となることは意外と知らない人も多いかもしれませんので、事前に確認しておきましょう!

入国審査は厳しく、機械での手続きと対人での審査
思っている以上にテロを警戒した厳戒態勢でした。
ただ、観光客にはそこまで厳しくないので大丈夫です。
相変わらずギロッと睨まれるのは慣れないですけどね!笑

……あれ?
ミンタが入国審査から全然出てこないぞ。
これはやられたか……その後30分ほどで合流。
焦ったらお腹も空いてしまったので、ここでまさかのランチパック!

眼下に広がるカリブ海の楽園!
日付変更線を越えて、同日11時50分にダラスを出発。
雲の上から見えてきたのは美しい青さを放つカリブ海。
エメラルドグリーンとコバルトブルーが混ざり合った空。

……ついにやってきたぞおぉぉお!
テンション上がってきたぁぁああ!
ただ、乗り継ぎ時間を含めここまで約14時間。
ヘトヘトの実を食べたのかってくらいヘトヘト!笑

カリブ海でまず襲ってきたのは疲労という名の荒くれ者。

いざメキシコに入国。
メキシコはそこまで入国審査も税関も厳しくはありません。
迎えてくれたのはカリブ海に吹き抜ける風と陽気な「オラ」の声。
オラ……ユカタン半島のリゾート地、カンクンにやってきたぞぉ!

3.極上の五つ星ホテル!ジュニアスイートを満喫

……なんじゃこりゃぁぁあ!
田舎から来た小僧を迎えてくれるジュニアスイート
僕の海外旅行史上、こんなに立派なホテルは初めてかも!

ここは日本人スタッフも在籍している人気の五つ星ホテル
その名もグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン(Grand Fiesta Americana Coral Beach Cancun)……うん、長えぇや!笑

宿泊料は少し高いですが、何十万円もしたりはしません。
数日間の滞在でも数万円で済むのそこは安心!

ハネムーンで訪れる新婚旅行者が多く、ホテルが高いと思うハネムーナーは他のオールインクルーシブに宿泊するのもあり。
カップルで訪れることが多いだけに、ホテル選びは重要。

カンクンはどのホテルもおしゃれなので、ぜひ素敵な宿を!
探してみるとゲストハウスや民宿もあるかもしれませんね。
ただ、高級ホテルが密集するソナオテレラ地区は全体的に高め。

今回はハネムーンでも何でもないただの男臭い旅なので、ご了承ください!笑

180度の絶景オーシャンビュー!
……目の前に広がるのは、名だたる海賊が暴れ回ったカリブ海。
その宝石のような美しさは天国かと思うほどの絶景

部屋のバルコニーからこの海が毎日見られるなんて……。
こんな贅沢をしてしまったら運を使い果たして死んでしまうのではないでしょうか?笑

なお、このホテルにはプライベートビーチもあり。
砂浜のパラソルとチェアでのんびりするのもあり。
イチャイチャするのは僕が個人的に禁止します!笑

ホテルのプールにはサイドバーやスイムアップバーも常設。
アルコールを楽しみながら上質な時間を過ごせますよ!
ただ、海賊のようにがぶ飲みすると痛い目を見るので要注意!

また、屋上テラスやバー、ラウンジもホテル内に常設。
フロントは24時間対応で託児サービスもあります。
キッズクラブもあるのでファミリーにもおすすめですね!

また、このホテルで人気のジェムスパという宝石をテーマにしたスパもあって女子旅にもおすすめできちゃいます。
さすがはカリブ海の楽園と呼ばれるカンクン。
スパにはサウナやスチームサウナ、バスなども!

それにしてもこの絶景よ。
漫画「ONE PIECE」が大好きな僕、目の前のカリブ海に感動。
潮騒に耳を傾けながら、ただただホテルからカリブ海を眺めているのも悪くない……2年くらいそうしていたい!笑

部屋には無料Wi-fiもあってインターネット使い放題
この絶景をいち早くSNSでシェアしたい人はぜひ。
これを見てしまったら「カンクンなう」とつぶやきたいですよね!

その他、フィットネスジムやプレイグラウンドなども。
カンクンで身体を鍛えて、鋼のボディを手に入れましょう。
そのムキムキボディがあれば、ビーチのギャルだってナンパできちゃうかもしれませんね!笑

このホテルだけで滞在中ずっと過ごせる。
それくらい最高のホテルだと思います。
……まぁ、僕らは連日現地ツアーに参加するので、あまりホテルにはいないんですけどね!笑

4.ワインとフルーツのサービス!飲めないけれど……笑

一流ホテルのおもてなし!
コンシェルジュから連絡があり、ワインとフルーツのサービスがあるから「すぐに用意しますので」とのこと。
……ただ、待てど暮らせど全然来ない!笑
そこはメキシカンタイムなのでのんびり。

ノックとともに入ってきたのは猛烈な手際の良さで用意する従業員。
無言で必要なものだけ並べていく……まさに必殺仕事人。
一流ホテルとなるとサービスのスピードも尋常じゃない!

ただ、ここまで30分以上待たされちゃいました。
あぁ……「すぐに用意する」ってスピード的なことだったのかな?笑

……んむぅっ!
飲めないワインを無理して飲んでいる男の図です。
アラサーにもなると大人ぶりたくなるものなのです。

今回のメキシコ旅行では海賊並みに髭を携えて。
誰もが海賊のような男らしさに憧れるものですよね。
こういう冒険も時には必要……ダンディズムが駄々漏れかな?笑

あ、ちなみに竹野内豊さんじゃありませんよ?
……いや嘘です、ごめんなさい調子乗りました!
どちらかというとこれでは髪の毛の生えたクロちゃんですよね。

ただ、僕も相当な竹野内豊さんのファン。
今回の海外旅行ではあんなダンディでセクシーな大人になるという裏テーマもあるので、そこはご容赦ください!笑

こんな贅沢していたら何か悪いことが起こりそう。
事実、メキシコはカンクンこそ治安が良いものの、他の地域はかなり治安が悪いと聞いていたので、ちょっと怖いです。
海賊の国……荒くれ者が未だに暴れ回っているのかな?

ワインは苦手だけど、せっかくのサービスなんで飲まないともったいないという貧乏根性丸出し!笑
この景色と一緒ならお酒も美味しい。

ワインと水平線を重ねながら、夕焼けに染まるカリブ海を眺める。
長旅で疲れていましたが一瞬で癒されてしまいました。
まさにカンクンはカリブ海の楽園ですね。

5.プライベートビーチにて!水平線に続く夢

豪華絢爛なエントランス!
部屋でのんびりするのも悪くありませんが、ここはカンクン。
何かしないと始まらないのでプライベートビーチへ行ってみましょう。

ちなみにこちらがホテルのエントランスです。
レセプションには日本人スタッフはもちろん、陽気なメキシカンスタッフもいるので気軽に話しかけてみてくださいね!

日本語対応の従業員がいるというのは、英語ができない人も安心。
特に新婚旅行など、特別な理由で渡航する人にも安全ですね。

思い描いていた海賊の天国!
これはもう楽園そのものですね。
海賊の隠れ家のようなバーがあっておしゃれの極み。

プールサイドを歩きながら、のんびりとビーチへ。
ハネムーナーならパートナーとの素敵な時間になるはず。

今回は旧友との旅なのでロマンス皆無の珍道中。
単純に海が見たいがためにビーチに向かいますよ。
ここを抜けると白い砂浜が広がっているはず。

紺碧のカリブ海と黄金の雲!
ふわっふわの白い砂浜を抜けると広がる空と海。
どこまでも広がる水平線の向こうまで続く絶景に吸い込まれそう。

カンクンを訪れるならこのカリブ海は見ておかないと損ですね。
もちろん、ホテルエリアからすぐなので見られないことはなし。
ちなみにホテルエリアは陸から切り出された島のようになっているので、ラグーンと海に囲まれているのが特徴となっています。

緑のラグーンと青の海、どちらも合わせて見ておきたい絶景!

カリブ海に夢を馳せる髭男!
カリブ海と言えば海賊。
海賊と言えば逞しい髭。

果てしなく続く海を見つめていると……何も考えたくなくなる。
いや、考えなくて良いのかもしれない。
ここに来れば退屈な日常なんて忘れられる。

ようやくカリブ海にやってきたことを実感!
かつて海賊たちが荒らし回った海に夢を馳せ、ほんのちょっぴりだけワイルドになれた気がした僕だった。

見てよ!この砂のふわふわ感!
さらっさらというよりとろっとろのもっちもち。
いや、これが本当に誇張表現とかじゃなくてふわっふわなんです!笑

足を踏み込んだ瞬間にマシュマロの中に足が吸い込まれていくような……雲の上を歩いているような……そんな感覚。
足の指の隙間に入る砂が気持ち良くて砂に夢中

砂を手ですくってみると指の隙間から流れて消えてしまう。
これは砂ってより綿に近いのかもしれません。
それほどふわふわの砂なので、ぜひ揉みしだいてみてください!笑

思えば今までの海外旅行、こういうベタベタなリゾートはあまり訪れたことがなかったかもしれませんね。
グアムのタモンとオーストラリアのケアンズくらい。
比較すべきものではありませんが、カンクンはそれらを凌ぐ最高のリゾートだと思います。

久々に何も考えずにただただ砂と戯れる時間。
何歳になっても子供心というのは忘れたくないですね。

ふと見上げると太陽もそろそろ休みたいって言ってる。
僕らもさすがにすでに活動時間は20時間超になっているはず。
そろそろ休まないと明日から動けなくなる!笑

夕焼けに染まる雲が綺麗でいつまでも見ていたくなるけれど、僕らも部屋に戻るとしますか!

6.夕日とオーシャンビュー!流行りのナイトプール

カリブ海のリゾートは最高!
カンクンに来てから出てくるのはそんな声ばかり。
初めての中南米で不安もありましたが、カンクンは心配無用!

治安もめちゃくちゃ良いですし、昼も夜も安全。
一人旅で訪れる人はあまりいないと思いますが、1人で出歩いていても問題がないほど治安はとても良いと思います。

中南米は確かに治安も悪いですが、カンクンだけは別格。
もちろん何があるかはわからないので、そこは気を抜かずに!

……おやおやぁ?
こんなところに大きな豆がありますね。
宿泊客用のワインとフルーツの他、豆も用意しているなんてさすが地上の楽園カンクン。

レセプションの前のテーブルに置かれています。
テーブルのサイズに反して豆が大きすぎる。
これじゃあ荷物を置けないじゃないか……!笑

最後にホテル内を散策してみることに。
せっかくの五つ星、めったに泊まれないですからね。
もしかしたら世界的セレブがお忍びで滞在しているかも!笑

ちなみに今日は移動で疲れているので街の散策は後日。

到着日くらいはゆっくりと体力回復しないと大変ですからね。
初日から頑張りすぎると大変なことになるのは経験済み。
過去にはカナダ旅行で気絶した友達もいることですし……!笑

カリブ海の夕焼けは美しいと聞いていましたが……。
まさかここまでの絶景だとは思っていませんでした。

ホテルの明かりで照らされたプールがかなりムーディ。
新婚ほやほやの夫婦なら、もう素敵な夜になること間違いなし!笑

ちなみにこのホテルのプールは夜20時まで解放しているらしいので、ナイトプールを満喫したい方は早めに!

日本を出発してからようやく迎える夜。
飛行機の中で迎えたと思うんだけど、日付変更線を越えるから同じ日に到着して頭が混乱中。

肉体も精神もやば……ってナイトプールが幻想的!
まだまだ眠りたくないと思えるほどムード満点。

ここで数日過ごせばダンディ度もセクシー度も急上昇
逆に海賊みたいな荒くれ者になる可能性もあり!笑

この数日間のカンクン旅行、何を見せてくれるんだろう。
それにしてもカンクンは予想以上に海が綺麗だった。
海賊たちの宝、それはもしかしたらカリブの海そのものなのかもしれない。

そんなありったけの夢をかき集めるへ!

まとめ

メキシコ1日目はカリブ海の楽園カンクンに到着した1日!
そこで待っていたのは太陽のように陽気な国だった。
誰もが陽気に「オラ」と言いたくなる、太陽と海賊に愛された国。

今回の旅の拠点は豪華絢爛の五つ星ホテル。
素敵なホテルすぎて、僕らはちょっと圧倒され気味。
しかし、ここで男を磨き、海賊のような男らしさを手に入れよう。

明日は水中に光が差し込むと美しく輝くグランセノーテ、マヤの古代遺跡チチェンイッツァを観光。
メキシコに散らばるありったけの絶景をかき集めに行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です