【モロッコ旅行】青い街シャウエンと黒猫たち!絶景に溺れるSNS映えツアー【観光3日目】

2018年10月モロッコ旅行3日目。この旅の目的の1つだった青い街シャウエンへ!切り立った山肌に作られたその町は、砂漠の国の人々が心を癒す青いオアシス。喉の渇きに耐えかねた旅人が集まる蜃気楼の如く美しい町。青い街並みに黒猫、階段に飾られた花瓶、細い路地の雑貨屋。僕はそんな青の絶景に溺れてしまうのだった!

モロッコ【カサブランカ】海外旅行記

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の国へ!エミレーツ航空深夜便で映画三昧【観光1日目】

2019年1月4日

【モロッコ旅行】ドバイ乗り継ぎカサブランカ!ハッサン2世モスクからラバト【観光2日目】

2019年1月10日

【モロッコ旅行】青い街シャウエンと黒猫たち!絶景に溺れるSNS映えツアー【観光3日目】

2019年1月21日

【モロッコ旅行】雨の迷宮都市フェズ!世界遺産の迷路となめし革職人街タンネリ【観光4日目】

2019年1月25日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠のオアシスで星空撮影!メルズーガ村に舞う天の川銀河【観光5日目】

2019年1月29日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2019年2月4日

【モロッコ旅行】世界遺産アイトベンハッドゥ!マラケシュのジャマエルフナ広場に巣食う蛇使い【観光7日目】

2019年2月12日

【モロッコ旅行】幻想の国の蜃気楼!カサブランカからドバイへ帰路の途【観光8日目】

2019年2月13日

【モロッコ旅行】空港間違いと飛行機欠航に撃沈!ファーストキャビン関西空港に宿泊【観光9日目】

2019年2月14日

【モロッコ旅行】予定調和の人生に喝!無言のまま北海道へ【観光10日目】

2019年2月15日

モロッコ旅行3日目のエピソード

どうも!美しいオアシスの迷い猫、チキンジャーニーのハルです!笑

2018年10月、16カ国目のモロッコ3日目は色彩の国ならではの絶景を誇る青い街シャウエンへ!その前にラバト市内観光でムハンマド5世廟を探訪!ついでにウダイヤのカスバも!……でもでも、この旅の目玉はシャウエン!目の前に広がる砂色の景色のさらにその先。旅人憧れの絶景の地。そこにはSNS映え必至の幻想的な青い街並みが広がっているのだった!

1.聖なる霊廟!雨に濡れるムハンマド5世廟

ほいっ!ラバトの朝、どっしりとした雨雲が空を覆っていて、なんだか雨が降りそ……いや、ってかもう降ってる!いつも海外旅行は晴ればかりな僕ですが、なかなかの雨に気分もどんより。

そんな中やってきたのはラバトにあるムハンマド5世廟。モロッコの国王だったムハンマド5世が眠る霊廟として知られ、現地の人の中では神聖な場所となっています。観光客にとっては一種の人気スポットですけどね!

……ムハンマド5世のパワーなのか、雨雲がこの霊廟を中心に散っていく!!!すげぇ!晴れた!笑

いつの間にか雨雲が空に溶けてなくなり、濡れたモスク遺跡に光が差し込む。濡れているからなのか、より一層美しいですね。……これは神々しい!

雨って嫌なことばかりじゃないですよね。むしろ写真を撮るのなら、雨上がりが一番綺麗かもしれませんね!濡れた床に光が反射して幻想的です。そんな神秘的な光景にシャッターも自然と切れちゃう。

1971年に完成したムハンマド5世廟は、中もぜひ見てもらいたいですね!時間帯によってはコーランを読む人の姿も見られます。まさにモロッコの聖地という感じ。

この大広間の中央に鎮座しているのが、ムハンマド5世の霊廟であり、ここには彼の息子も一緒に収められています。ハサン2世とアブダラーも埋葬されているそうです。

濡れたまま失礼して……っと!傘を忘れてしまったので全身びちゃびちゃですが、気にしないでくださいね!そこの「足短いなぁ」って思っている人、傷つくからやめてください!笑

ちなみに一眼レフもスマホも濡れちゃってます!でも大丈夫!なぜかってここは聖なる場所だから!笑

段々と青空も差し込んできました!もしかしたらムハンマド5世も歓迎してくれているのかもしれませんね。えぇ……モロッコ大好きになっちゃいましたよ、もう。

2.雨が上がって虹が出た!元要塞都市のメディナ散策

ぱぁあぁあっ!雨が降ったせいなのか、いや雨が降ったおかげなのか……虹が出たよ!虹って素敵よね!しかもこんなにはっきりした虹、久々に見たかもしれない。

何てことない景色でも、虹が出ると一気に色が映える。さぁさぁ!景気も良いことだし、シャウエンに向かおうぞ!

ついに到着しました!はい!ラバトから移動してきて、ようやく到着したのが元要塞都市シャウエンです。シャフシャウエンとも呼ばれていて、その青い街並みが有名です。早速出てきたのがそんなシャウエンを象徴とするかのような青い壁画

ここはリーフ地方の山岳地帯にあり、タンジェテトゥアンから内陸に進んだところに位置していますよ。僕はツアーだったからツアーバスで楽々到着したのですが、個人で手配して移動するのはちょっと大変かもしれませんね。

シャウエン自体が迷路のような街並みなので、アクセスや行き方も迷ってしまうかも。ただ、タンジェからもテトゥアンからもアクセスできるので、個人で訪れる場合はタクシーやバスなどの行き方がマストですね!

シャウエンは街並みのほとんどが青いのかと思っていたのですが、実はそうじゃないんですね。普通はこのように砂っぽいような土っぽいような建物が並んでいます。これはこれでアラビアンな雰囲気があって素敵

ちなみに、かの有名な青い街並みを見るためには、この入り口から入っていくことが必要です。アクセスや行き方は他にもあると思うので、旅をするなら情報収集しておくと良いかもしれませんね。おそらくツアーの場合は、ここから入ることになると思います。

心の高鳴りを抑えつつ、まずは昼食にしましょう!ツアーだと食事が用意されているので楽ですが、逆に言えば自分で店を選ぶ楽しさはないので、そこはちょっと残念かも。でも、変な店でぼったくられるよりは良いかもしれませんね。

モロッコ料理は正直、どんなものが出てくるのか全然想像できませんでした。出てきたのは野菜にライス、フルーツに……ツナ?

まぁ、美味しいか美味しくないかで言ったら、感想は難しいかも!でも、素材の味がそのままって感じがして、これはこれでヘルシーだしダイエットにはちょうど良いかな!笑

……こ、これが!かつてポルトガルの侵略と戦うために作られた要塞の名残……なのかな。入り組んでいて迷路のような街並みなのに、どこか要塞のような堅牢さも覗かせる景色。

3.ブルーに染まる青い街!絶景のシャウエン観光

いよいよ待ちに待った青い街シャウエンの散策。青いシャツとパンツを持ってきて正解!赤とか緑とか青に反する服が良いらしいんだけど、逆に同じ色もあり。

……この青さ。空と海を溶かして壁に塗ったかのような色。なんでこんなに青いんだろうね?

おしゃれぇぇえ!植木鉢がちょこんっとあるだけなのに、なんでこんなにおしゃれなのかな?笑

SNS映えを狙って僕も写真を撮りまくる。撮りまくり過ぎてシャッターが擦り切れるんじゃないかってくらい撮る。口から出るのは「映えるなぁ」だけ。

うねうねと迷路のように広がる細道をゆっくりと散歩。……いやぁ、それにしてもどこを見ても青い。まるで海の中。海底都市は海の中じゃなくて山の中にあったんだ!笑

このシャウエン、青く幻想的な街並みですが、そもそもなぜ青いのかというと色々な説があります。天や神を表す神聖な青という説もあれば、聖なる水が湧き出るオアシスの青という説も……。

中には町おこしの一環として青く塗ったなんて説もあるくらい!笑

モロッコはアフリカでありながら、北部ということもあってヨーロッパからの観光客がとても多いようですね。ここシャウエンはそんなモロッコの中でもさらに北部の町ということもあって、ヨーロッパの影響が強いのかもしれません。

アフリカの街並みというよりは、確かにヨーロッパのような街並み。いや、どちらの良さも混ざり合って素敵な青に染まった町。そんなシャウエンはモロッコ観光では絶対に訪れたいスポットだと思います!ぜひぜひ!

4.絶対にSNS映え間違いなし!砂漠の国のオアシス

はぁぁぁいぃ!絶対に誰も買わない僕史上初の写真集を出すのなら、この写真で決まりですね!ってかこれ、某ファッション通販サイトの社長みたい!笑

僕はあの人のようなセレブになれないし、センスもありません。でも、いつか自分が好きな絶景だけを集めた写真集、出したいなぁ!

ってな感じでとってもおしゃれな写真が撮れてしまうのが、ここシャウエン。どんな人でもおしゃれなインフルエンサーになれちゃう場所です。

空と海を抱いて飛ぶ!迷路のような街角がそれぞれ描く絵画のよう。歩けば歩くほど出会える絶景の数々。こんな景色があるなんて……これだから海外旅行はやめられないよね!

絶景の中に溺れていく感覚。溺れたって良いじゃない、人間だもの。息をしていれば溺れることだってあるさ。むしろ生きている限り溺れ続けよう!

……なんてポエティックな言葉が溢れてくる。まさに誉め言葉の源泉……そう、ここはオアシス!笑

山肌に作られているシャウエンは、急坂もたくさん。膝小僧がどっかに旅立っちゃっている僕にとっては、こんな坂も骨折り迷路

杖をついた紳士が元気に歩く。自慢げに見せてくる膝老人。それが絵になるちょっとしたおしゃれな街角。

青く塗られた大きな大きな扉。シャウエンには巨人でも泊まりに来るのかな?

扉の半分しかない僕ですが、この絶景の中では逆におしゃれに映えますよね。いや、映えているのか、これは。どっちかって言うとただのひょっこり……いや言わない!笑

いつかまた訪れる時は、色んな意味でビッグな男になって戻ってこよう!

ちょっとしたものが素敵に変わる街。きっとここは小さな幸せがいっぱい詰まった街なんだ。

青く染まった壁に挟まれながら、細く伸びる道をただただ歩く。それだけでシャウエン観光は楽しめちゃう。十二分に楽しめるのさ。

自撮り祭りに疲れてきた僕ですが、これは撮らないともったいない。何枚何十枚と「ここに来た」という証を残していく。

写真はツアーに参加していたカオリさんに撮ってもらっています。新しく旅仲間も増えて、より海外旅行が楽しくなる!楽しくなるなるモロッコ旅!

それにしても、服が壁と同じ色だからめちゃくちゃ溶け込んでるね?笑

あまり自撮りばかりアップしたところで需要は皆無なので、ちょっと休憩。モデルや俳優みたいなイケメンだったらみなさんの眼福にもなれたのですが……顔面偏差値不足で申し訳ありませぬ!笑

話はちょっと変わって……人生でも休憩は大切ですよね。みなさん最近休んでますか?人間、休まないといつか心と身体のネジが吹っ飛んで壊れちゃうよ。

今度の休暇はモロッコへ海外旅行してみては?

はい出た!自撮り再開です。だってSNS映えしまくりなんだもの!撮っちゃうでしょ!InstagramだってFacebookだってTwitterだってやってるもの!そりゃ撮っちゃうよ!笑

青い街から這い出るように現れた透明人間。もともと薄顔醤油顔塩顔の顔面平坦デルタ地帯な僕だから、どこでも同化しちゃうんだけどさ。どうせなら肌も青に塗って完全に同化してやろうかな?

どっかの10万飛んで年齢不詳のデーモン閣下なら「お前を透明人間にしてやろうかぁあぁ!ぐへへ」と言うはず!……いや、最近の若い子は知らないか。笑

壁と同化した透明人間の撮影会は続く。蝋人形みたいな顔になっちゃってるけど気にしないで!笑

いやぁ、それにしても服のチョイス間違ったかな?いや、これが正解かな!

ファッションとか興味ないからいつも適当に選んじゃうんだけど、もっとおしゃれに決めれば良かったかなって思ったり思わなかったり……。こういう映えまくりスポットだと、おめかしは必須かもね!

これだよ?こんなに青くて綺麗な街並み、他にはきっとどこにもないよ!

いや、インドのジュードプルも青い街として有名だし、エジプトにもヌビア村って青い村があるんだけど、シャウエンはまた別格。

迷路のように続く道が本当におしゃれ!これしか言えないのが悔しいけれど、これだけで十分!笑

SNS映えを狙うのなら、シャウエンで間違いなしだと思います!色のないモノトーン人間な僕でも、ここに来ればちょっと背伸びできちゃう!

良いんです!背伸びしたって!小さな自分をちょっと大きく見せてくれる街、それがシャウエンなのですから!

5.迷い猫がちらほら!黒猫も三毛猫も映える街角

ギロッッ!鋭い眼光でこっちを睨んでくる黒猫。街並みが青いから、黒猫も映えちゃうねぇ!

こういう色のある街並みだと、逆に色のない黒は目立つ。いや、黒も色だけど……とにかく黒猫も絵になっちゃうってこと!不吉なんて言われることがある黒猫だけど、ここでは幸運の猫になっちゃうわけ。

ピトッと手形がバチンッ!青く塗っている時に、ついつい手で触っちゃったのかな?笑

この街の営みが手に取るように伝わってくる。手を合わせてみると伝わってくるんだ。ここで生きている人たちの賑わいに満ちた話し声や笑い声がね。

ちょっと海と空の中ではしゃぎすぎて力尽きた僕。でも、階段で休んでいるところまで絵になっちゃう。

ちなみにここシャウエンには、約200軒近くのホテルがあるんだとか。こんなに素敵な街だから、どっかのホテルに泊まって朝焼けや夕焼けを見てみるのも良かったかも。太陽があれば青く美しく光るんだけど、夕暮れは赤く紫になるんだってね。

こんな入り組んだ道もあったりなんかして、きっと一人旅やバックパッカーで訪れていたら迷子になってたかもね。いや、迷子になるのも良いんだけど、モロッコは迷宮都市と呼ばれる街並みばかりだから、一度迷ったら帰れなくなっちゃいますよ!笑

見かけるのはほとんど観光客で、地元の人は実はあまりいません。また、地元の人の中にはカメラを向けられると嫌がる人もいるので注意してください。男性は許してくれることも多いですが、女性にカメラを向けるのは避けたいですね!

エジプトの時はむしろ「撮って」と言われることが多かったけれど、モロッコはよりイスラム教の色が強いなって実感します。

おや?何かを見上げている三毛猫を発見!黒猫も映えるんだけど、三毛猫もこの通り。黄と白と黒が絶妙に混ざり合って、この青い街だからこそ映えちゃうんだよね!……それにしても何を見ているんだろう。

6.幻想と色彩に溺れる!魔法の粉と雑貨

こ、ここだっ!シャウエンの青い絶景と言えば、この街並みがよくガイドブックやパンフレットで紹介されていますね!

にやけ顔のチキン野郎さえいなければ、めちゃくちゃ素敵な写真になること間違いなし!笑

カラフルな花瓶が置かれている階段……なんておしゃれなのん!こんな素敵な町で暮らしていたら心にもきっと色が芽吹くだろうね。

青に青を足して、青を作って青を塗って、青で溺れた街シャウエン。そんなシャウエンに赤や緑の花瓶が並ぶと華やかさが一気に溢れてくる。上までずっと続く階段のその先まで、絶景の街並みが続く。

絶景と言えば大自然を表現することが多いのですが、ここシャウエンが街並み全体が絶景の宝庫。ちょっと場所が変われば、街並みも一気に変わる。だから自分の心にグッと来る景色を探してみたくなる。

もっと良い絶景がないかって冒険したくなる。冒険心に火をつける青い街、それがシャウエンなのかもしれませんね。

鮮やかな魔法の粉!モロッコを旅していて思ったけれど、この国は本当に色鮮やかなものが多いなって思う。砂漠の国って聞いていたから、もっと砂に塗れた色ばかりなのかと思っていました。でも、違う。

モロッコは素敵な色にたくさん出会える国。魔法にかけられたかのようなファンタジックな景色がたくさんある。絶景を求めて旅する人は、ぜひこのシャウエンにも立ち寄ってみてくださいね!

モロッコと言えば有名なのがタジン鍋ですよね!そんなタジン鍋が所狭しと並んでいるのがこちらの雑貨屋。こんなに並べるの大変だろうなぁ。でも、すごく映えるよ!

ちなみにシャウエンにはウールの毛織物や衣服がある他、手工芸品も売られています。他の地域ではなかなか手に入れることができないものも多いとのことなので、ぜひ買ってみてくださいね!もち、ぼったくり注意だけど!笑

ここから見えるのがシャウエンの全景です。……あれ?こうやって見ると青くない!他の写真や画像で見た時には、もっと青く見えたんだけど、場所によって違うのかもしれませんね!

ここにきて今日のファッションがようやく光る!シャウエンでは同化していた僕ですが、色が芽吹きました!本当にテンションが上がりすぎて、どうかしていたと自分でも思いますよ!笑

かけられていた魔法が解けちゃったんで、フェズにある今夜の宿に向かいましょうか!

7.心と身体のオアシス!ホテルにてのんびり

シャウエンからフェズに向けて約4時間の移動。モロッコは周遊することが多くなると思うのですが、移動時間がかなり長くなるので、むしろそっちで疲れてしまうかも!観光のために体力は温存しておきたいけれど、まぁ移動も楽しみの1つですからね!

流れゆく景色を眺めていると、今夜の宿ホテルムーニア(Hotel Mounia)に到着しました。綺麗なホテルでテンションも上がる!

シャウエン観光でヘトヘトになったけれど、すぐに回復しちゃった。でも、明日も観光尽くしだからちょっとは休憩しないよね。それじゃあおやすみ!

それにしてもシャウエンは絶景だった。このまま夢の中に溺れよう。夢の中でももう一度訪れたい、シャウエン。

まとめ

モロッコ3日目は夢だった青い街シャウエンにテンション上がりまくりな1日。彩り豊かなその街並みは、一度見たら一生忘れられない絶景だった。シャウエンにいる黒猫や三毛猫も映えまくり。絶景に溺れるとはまさにこのこと。

世界にはまだまだ見たことがない景色があるって再び実感させられました。こんなにも素敵な街が世界の各地にあると思うと、冒険心が止まらない。生きている間に後どれくらい見られるのかな。

明日は迷宮都市と呼ばれるフェズ旧市街を終日観光。しかし、迷宮で迷子になるのを楽しみにしていた僕の前に、重くて暗くてどっしりした雨雲が迫っているのだった……!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です