【モロッコ旅行】サハラ砂漠のオアシスで星空撮影!メルズーガ村に咲く天の川【観光5日目】

「銀河からの贈り物と砂漠を包む星降りの夜」

どうも!
人間界の系外惑星、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2018年10月、16カ国目モロッコ旅行5日目
荒々しい山々を越えて目指すはサハラ砂漠。
そこは命さえも拒絶する世界最大の砂の海。
……いざ、冒険の舞台に相応しい不毛の禁足地へ。

しかし、このモロッコ旅行最大のハプニング!
砂漠を目指す中、立ち塞がったまさかの猛吹雪。
アフリカに降る雪、封鎖される道、山で立ち往生。

その先で待っていたのはサハラ砂漠のオアシス。
光が消えた世界はまるで純度100%の宇宙。
目の前に広がるのは砂漠の夜に降り注ぐ天の川だった!

モロッコ【カサブランカ】海外旅行記

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の国へ!エミレーツ航空深夜便で映画三昧【観光1日目】

2019年1月4日

【モロッコ旅行】ドバイ乗り継ぎカサブランカ!ハッサン2世モスクからラバト【観光2日目】

2019年1月10日

【モロッコ旅行】青い街シャウエンと黒猫たち!絶景に溺れるSNS映えツアー【観光3日目】

2019年1月21日

【モロッコ旅行】雨の迷宮都市フェズ!世界遺産の迷路となめし革職人街タンネリ【観光4日目】

2019年1月25日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠のオアシスで星空撮影!メルズーガ村に咲く天の川【観光5日目】

2019年1月29日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2019年2月4日

【モロッコ旅行】世界遺産アイトベンハッドゥ!マラケシュのジャマエルフナ広場に巣食う蛇使い【観光7日目】

2019年2月12日

【モロッコ旅行】幻想の国の蜃気楼!カサブランカからドバイへ帰路の途【観光8日目】

2019年2月13日

【モロッコ旅行】空港間違いと飛行機欠航に撃沈!ファーストキャビン関西空港に宿泊【観光9日目】

2019年2月14日

【モロッコ旅行】予定調和の人生に喝!無言のまま北海道へ【観光10日目】

2019年2月15日

モロッコ旅行5日目のエピソード

1.アフリカで初雪観測!砂漠の国の雪だるま

ほっぺが赤くなるほどの快晴!
昨日とは打って変わって今日は清々しい晴天。
砂漠の国モロッコでも10月の朝はひんやり。

向かうは世界最大の砂漠、その名もサハラ砂漠
そこは数千数万数億という年月が生んだ砂の海。
ずっとずっと子供の頃から夢だった冒険の舞台
……美しくも厳しい自然の驚異を肌で感じたい!

コンディションは抜群、天気も申し分ない。
しばらくバスに揺られ、気づけば眠りの中。

……ぬわぁあぁあにぃぃいぃ?!
思わず目の前に広がる景色に眠気も吹っ飛んだ。
フェズを抜けて山道を進む中、眼前に広がったのはまさかの白銀世界

アフリカなのに雪降ってるよ。
いつも初雪は故郷の北海道で見るんだけど……。
まさかのアフリカで初雪ですよぉおぃ!
雪を見ると走り出す僕もこれにはさすがに狂喜乱舞

それにしてもアフリカで雪を見るなんて感動。
雪なんて完全に無縁の国だと思ってた。
でもそんなイメージが一瞬で吹っ飛ぶほどの雪化粧。
海外旅行はいつも想像を超えてくるほど予測不能

……ここ本当にアフリカだよね?
まるでヨーロッパの街角のような空気。
冷えた空気と吐息が混ざり合って気持ち良い。
心臓を刺すような冷気に全身の震えが止まらない!笑

しんしんと降り積もった雪を見つめてにんまり。
雪国で生まれ育った人ならきっとわかってくれる。
初雪を見た時の「今年も来たか」というあの気持ち。

極寒の山岳リゾートで紅茶をいただきます。
砂糖過剰摂取大国のモロッコだけど量は普通。

幻想的な雪を見ながらモーニングブレイク。
もう一度確認したいんだけど……ここ本当にアフリカだよね?笑

砂漠の国に現れた雪だるま!
モロッコの人も雪だるまとか作るのかな?
それともどっかの旅人が作ったのかな?

なぜか猛烈に懐かしい気持ちになるね。
もう雪だるまを作ることなんてなくなったけれど、子供の頃は友達とワイワイ作って遊んだなぁ……なんてアフリカで思い出すなんて!笑

まだまだサハラ砂漠までは遠い。
こんなとこでのんびりしてるわけにはいかぬ。
アフリカの初雪に感謝して出発。

2.豪雪で道路大渋滞!通路封鎖で観光中断?!

まさかの大雪で大渋滞に遭遇!
予測不能なハプニングに全員が膠着状態。
さすがに天候のことだけはどうしようもない。
降雪量世界一の記録を持つアメリカのベーカー山も仰天するほどの大雪だけに、進むも地獄退くも地獄

これにはガイドもドライバーも険しい顔。
どうやらこの大雪で道路が封鎖されてしまったみたい。
北海道などの雪国ではよくあることなのですが、実はモロッコでも雪が降る時期には道路を封鎖してしまうことがあるようです。
……これ本当にサハラ砂漠に到着できるの?

砂漠を見るためにモロッコにやってきたのに!
砂漠とは真逆の光景に驚きながらしばらく立ち往生。
でも考えていても仕方がないので、ツアーで仲良くなった旅仲間のカオリさんと面白写真を撮ってしばしの暇つぶし。

抜けたぁぁあぁああぁああ!
ゲート封鎖で暗雲立ち込めたのも束の間。
しばらくして封鎖していたゲートが解放。
その場にいた全員が思わず声を上げて大歓喜。

峠を抜けるとそこは雪化粧をした無限の荒野
顔面蒼白になったものの、この絶景には思わずため息。
むしろ貴重な体験に感謝しなくてはなりませんね!

ただ、アフリカ旅行をする際には標高が高い山岳地帯ほど雪が降るので、観光するシーズンには気をつけておくべきですね。
迂回ルートもあるのですが、いかんせんそこはアフリカ……通過できるルートが変わると旅程が大幅に変わるので注意してください。

現地の人もてんやわんや!
モロッコでも山岳地帯では毎年のように雪が降るそうですが、この日はドカッと一気に降ったこともあって現地の人も大変そう。
家族総出で雪かきしている姿は日本と同じだね。

ここは雪国出身の僕が手伝ってあげたいところだけど、見知らぬ国からやってきた日本人がいきなり雪かきし始めたらさすがに引かれそう。
トイレ休憩で立ち寄った小さな山の町なんだけど、とにかくアフリカとは思えないほど寒すぎる。

砂漠は寒暖差があると聞いていたけれど……思っていたのと違う!笑

銀世界広がる山々の田舎町!
山の谷間に作られた小さな町も真っ白。

モロッコの絶景と言えば青い街シャウエンや赤く染まるサハラ砂漠が有名ですが、この真っ白な景色も絶景じゃあありませんか?
色彩の国と呼ばれるモロッコで見たのは白の世界。

そこは想像と180度違うアフリカの大地だった。

3.サハラ砂漠の玄関口!エルフードまで

これぞアフリカらしい景色!
モロッコらしい景色が見えてきて一安心。
遠くの雪山は霞んで見えないことにしておこう。

やっぱりモロッコを旅しに来たんだから、この荒涼とした荒地を見ないと始まらないよね……でも雪景色も素敵だったなぁ。
ゆらゆら蜃気楼のように心を揺さぶられる。
それがモロッコ旅行の面白いところ。

昼食は新鮮かどうかはわからない魚の姿焼き。
日本のように1本ずつ小骨を取り除いてくれている……なんておもてなしの心はありませんので、そこは文句を言わないように!笑
骨もバリバリと食べるのがマナーってもんよ。

……あぁ、早くも日本食が恋しくなってきた。
海外旅行をする度にその国ならではの素敵な食事に出会えるのですが、それでもやっぱり日本食のサービス精神が世界一だと実感しますね。
これはこれでワイルド、顎の成長にはちょうど良いですけどね!

さて、本格的にエルフードに向けて出発。
サハラ砂漠の玄関口と呼ばれるエルフードですが、そこは砂漠に佇むオアシスの中に作られた町なのだとか……もうドラクエの世界!

それにしても何もなくて空気が綺麗だな。
砂漠はもっと砂が舞っていて息苦しいのかと思っていたのですが、全然そんなことなくてむしろ空気が新鮮だと思えるほど。
料理は微妙だけど空気は日本より美味しい!笑

さらに山を越えて谷を越えて。
名前も知らないゴツゴツした大渓谷で休憩。

何もないのが好き。何もないから良い。
でもそれは何でもあるからこそそう思えるもの。
何でもあることに感謝して何もないことにも感謝しよう。

それからしばらくミイラのように眠った。
眠って眠って眠り続けて夢の中。

4.砂漠のオアシスに宿泊!メルズーガ村へ

……んはっ!気づいたらもう真っ暗!笑

無事にエルフードに到着し、そこからさらに車で砂漠の中を走り続けた先の先……そこは無数の星々が空に舞うメルズーガ村
サハラ砂漠のオアシスとして知られる小さな村です。

今夜の宿はそんな素敵な村にあるホテル。
星空の邪魔をしないよう灯りは最低限のみ。
その粋な計らいがまた嬉しいところ。

ディープなアラビアンナイトの世界!
砂漠の中にあるホテルだからか雰囲気が抜群。
頭の中でドラクエのBGMがヘビーローテーション。

これぞ旅の宿って感じ。
ここなら旅の疲れも吹き飛ぶね。

ちなみにモロッコでのサハラ砂漠観光ではこういう雰囲気の良いホテルがあるので、ぜひぜひメルズーガ村に宿泊してみてください。
他のホテルも開発中ですが、添乗員付きツアーではこのホテルオーベルジュヤスミナ(Hotel Auberge Yasmina)になることが多そうです。

砂の匂いと冒険の香り!
このホテル……いや、あえて宿と呼ぼう。
そう呼びたくなるほど部屋が可愛いぃぃいいぃんだもの!

ただ、ちょっと暗くて不気味な雰囲気も……。
このホテルの何がすごいってそれぞれの部屋が2階建てになっていて、屋上から星空も観測できるっていう粋な計らいなのさ。

場合によっては2階建てではない部屋もあるみたいなので、この宿に泊まるということなら予約の際に希望を伝えておくと良いです。
……って言っても宿の裏口を抜けるとそこはもうサハラ砂漠ですけどね!笑

部屋の前はこんな感じの薄暗い廊下
物陰から幽霊が出てきそうな雰囲気。
でも、この雰囲気がもうたまらないよね。

砂漠の夜をミステリアス一色に染めたいならここで決まり。
でも、砂漠で迷った挙句に命を落とした旅人たちの怨念が……なんてことはないので大丈夫ですからね!笑
とっても素敵なホテルなのでおすすめ。

夕食は野菜のタジン鍋です。
野菜たっぷりで美味しそうですね。
いただきま……味付けは日本人好みではないかも!笑

でも、砂漠の宿で食べる特別感だけで十分。
ここまで来ちゃったら食事よりも雰囲気が大切。
あまり美味しくない食事もまた海外旅行の醍醐味さ。
乾いた土地では食事ができるだけでありがたい。

さて、食事を済ませて本当のメインディッシュ……一眼レフカメラと三脚を持って砂漠の夜の星空観測に出かけましょう!

5.砂漠に流れる天の川銀河!夜空に咲く星空撮影

……うわあぁああぁっ!
これはどんな言葉でも表現できない空間。
星空よりもずっと近くて手が届きそうな宇宙

ここは地球にある砂の惑星
サハラ砂漠の大砂丘の上を流れる星の川

いや、星の海って言葉の方が似合うかな。
海も湖も川もない代わりに無数の星々が浮かぶ空。
夜になると降るような星が浮かんでそこに光の海ができる。

あぁ……モロッコに来て本当に良かった。
こんな絶景なかなか出会えない。

振り向くとそこにあるのはオアシスの宿。
サハラ砂漠の中にある宿、それだけでロマン。
星の世界を満喫できるよう灯りを抑えてくれているのがありがたい。

子供の頃、こうやって砂漠を旅するのが夢だった。
あの頃描いた夢の中に座って見上げる星降りの宴。
ゲームの主人公になって旅した想像の世界。
そこから飛び出した少年は、今こうしてゲームのような世界の中でポツンと星を見上げてる……寝っ転がっちゃおうかな?

妄想や空想の世界だけでは決してわからない。
だからこそ世界を旅して夢を現実にしたい。
……間違いなく今までの旅で一番の宿だ。

冒険の舞台にこれほどぴったりな絶景は他にない……と言っても過言ではないくらいにこの場所は僕が思い描く冒険の世界そのもの。

星が照らす真っ暗な異空間にひとりぼっち。
世界から人が消えてしまったみたい。
雑音も何もない完全なる無の世界に惚ける。

この星空を持って帰ろう!
初めて本格的に星空撮影をやってみる。
一眼レフカメラを三脚に固定してレンズは無望遠、シャッターを開いて露光時間を長くし15秒ほど、ISO感度は3200~6400で十分かな。

シャッター音だけが響く砂漠の夜。
宝石が散りばめられたかのような不思議な夜空
目の前の星空をひたすらカメラに閉じ込める。

星空撮影はカメラ初心者の僕には難しい。
ピントが合わなかったりノイズが入ったり。
でも、それでも良い……自由に撮れば良いさ。

その後、しばらく砂の上に座りながら星空をただただ眺めてた。
瞳の中に流れ星が飛び込んでくるくらいに。

こんなに美しい星空を見たのは人生で初めて。
広大なサハラ砂漠よりももっと広大な宇宙の世界。
系外惑星の遥か先まで見えそうなほど澄んだ星空

砂の惑星に座って眺める途方もない時間。
何も聞こえない静かな静かな夜
真っ暗なのになぜか心がふっと落ち着く。
心臓に沈殿した毒が流れ星と一緒に黒いキャンパスに溶ける。

そこにスーーッと光の帯を纏った流れ星。
願ったのは「これからもこんな絶景が見たい」ってこと。
その夢ももう叶ってしまっているけどね……僕は欲張りなのさ!笑

寝るのも忘れて星空がもっともっと深くなるまで。
それくらいこの絶景は僕の心に残るものだった……。
星の王子様が降ってくるまで、ここに座っていようかな。

まとめ

モロッコ5日目はまさかの猛吹雪というハプニングに阻まれたものの、無事に雪山を越えてサハラ砂漠に到着した1日!
長い長い旅路の果てにあったのは宇宙と砂の惑星。

夜空に広がる天の川は銀河そのものだった。
こんな美しい星空、今まで見たことがない。
しっとりとした砂の上でしばらく眺めてたけど、永遠に見ていられるくらい……どんなに言葉を並べても表現できない世界がそこに。

明日は太陽が燃やすサハラ砂漠の朝焼けの中へ。
砂丘に昇る太陽、それはそれは絶景なのだとか。
……太陽が差し込む刹那、サハラ砂漠は黄金の絨毯に変わる!

関連記事

2 件のコメント

  • なんか感動しています❗モロッコは底なしにたのしそうだ4月に私も行きますよ❗ヤスミナの情報ありがとう楽しみが益々膨らみました❗

    • タカタマスミさん、コメントありがとうございます!
      モロッコはきっと感動の旅になると思います!僕自身、モロッコには感動しました!
      ヤスミナはホテルというよりは古き良き民宿のようで、個人的にとても良かったです!
      4月、ぜひぜひ楽しんできてくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です