【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2018年10月モロッコ旅行6日目。太陽が眠る夜明け前、オアシスの宿からサハラ砂漠に向かって出発。大砂丘の美しい影絵にうっとりしつつ、砂漠の奥深くへと足を踏み入れる。サクッサクッと足を飲み込む砂の感触。ゆっくりと光が差し込む砂の惑星。刻一刻と色のない世界が黄金に染まっていく。そこはまるで黄金の絨毯だった!

モロッコ【カサブランカ】海外旅行記

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の国へ!エミレーツ航空深夜便で映画三昧【観光1日目】

2019年1月4日

【モロッコ旅行】ドバイ乗り継ぎカサブランカ!ハッサン2世モスクからラバト【観光2日目】

2019年1月10日

【モロッコ旅行】青い街シャウエンと黒猫たち!絶景に溺れるSNS映えツアー【観光3日目】

2019年1月21日

【モロッコ旅行】雨の迷宮都市フェズ!世界遺産の迷路となめし革職人街タンネリ【観光4日目】

2019年1月25日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠のオアシスで星空撮影!メルズーガ村に舞う天の川銀河【観光5日目】

2019年1月29日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2019年2月4日

【モロッコ旅行】世界遺産アイトベンハッドゥ!マラケシュのジャマエルフナ広場に巣食う蛇使い【観光7日目】

2019年2月12日

【モロッコ旅行】幻想の国の蜃気楼!カサブランカからドバイへ帰路の途【観光8日目】

2019年2月13日

【モロッコ旅行】空港間違いと飛行機欠航に撃沈!ファーストキャビン関西空港に宿泊【観光9日目】

2019年2月14日

【モロッコ旅行】予定調和の人生に喝!無言のまま北海道へ【観光10日目】

2019年2月15日

モロッコ旅行6日目のエピソード

どうも!砂の惑星の遭難者、チキンジャーニーのハルです!

2018年10月、16カ国目のモロッコ6日目はサハラ砂漠の朝日鑑賞のため、早朝から砂漠の中へ!流れるような砂に足を掴まれながら、砂丘を越えてその先へ。そこはまるで砂の惑星。ゆっくりと照らされる砂の世界。そこに広がっていたのは黄金に染まる砂の絨毯だった!

1.砂海の夜明け!世界最大のサハラ砂漠

ロマンスドーン!冒険の夜明け。まだ寝静まっている砂漠の中にやってきました!……いや、この絶景!砂の絶景を語るのなら、絶対に欠かせないのがこのサハラ砂漠

夜は影だけだった砂丘も、朝にはその色がじゅんわり砂に沁み込んでいく。砂が朝日によって刻一刻と色を変えていく。日の出までもうちょっと。

何やら絶景が見られるポイントがあるようなので、しばし砂漠の中をぐーるぐる。これだけでも絶景中の絶景と言って良い!

とぉおぉぅうっ!砂漠の中を歩いてやってきたのは、砂に囲まれた大砂丘の上。ベルベル人ガイドのおじさんもめちゃくちゃハイテンション!笑

一緒に写真を撮ったり、ナイスなアングルで写真を撮ってくれたり、かなり観光客慣れしてる!それほどここは観光客も多いのかな。

ちゃっかりおじさんのジャンプが女の子っぽいのも、チャーミングで面白い!笑

ベストフレンド!モロッコ人というかアフリカ人はとっても愛嬌があるんだけど、お金が大好きな人もたくさんいます。だからなのか、僕は疑ってしまうことも……。

でも、ここに住むベルベル人は本当に良い人ばかり。もちろんチップのために頑張っているガイドたちも多いけれど、彼は「ベストフレンド」と言ってくれました。その言葉だけで嬉しい。

モロッコは古くからヨーロッパとの交流があったため、多種多様な人が住んでいます。白人系ベルベル人や黒人系テダ人、さらには中東のアラブ人やムーア人もいるんですよね。その中でもベルベル人は本当に素敵!エジプト人並みに人懐っこくて好き!

アフリカ大陸北部を覆う世界最大の砂漠、それがサハラ砂漠です。世界一大きな砂漠。厳密にはサハラの意味が砂漠や荒野なので、サハラ砂漠だと「砂漠砂漠」「砂漠荒野」という重言となってしまいますけどね!笑

アラビア語でも最大なる砂漠という意味があり、英語ではグレートサンドシーと呼ばれることもあるそうです。大海原ならぬ大砂原ってやつですね!

無限に広がる砂の世界!このツアーで旅仲間になってくれたカオリさんとも写真を!

一人参加限定の海外旅行ツアーなどが増えている昨今、こうやって旅をすればするほど仲間が増えるのが楽しいなぁ。個人手配で旅するのも良いですが、こういう出会いがあるからこそ、僕もたまにツアーを使いたいなって思っちゃうんですよね。

ツアーだと一人旅の人も複数人旅の人もいるので、交流の輪も砂漠並みに広がっていきますよ!笑

サハラ砂漠はその面積も広大で、アメリカとほぼ同じ面積なんだとか。長い歴史の中で緑化と砂漠化を繰り返してきた砂漠ですが、近年はより一層広がってきているのだとか。

遭難したらきっとやばい。多分死ぬ。寒暖差が激しいと聞いていた砂漠は思っていたよりも過ごしやすかったけれど、それは冬だから。夏になるとこの砂の海は灼熱の大地に変わり、旅人をミイラにしちゃうだろうね!笑

いやぁ、でも「これぞ旅」「これぞ冒険」という感じがたまらない!ずっとゴロゴロしてたい。

まるで砂の惑星。好奇心が飲み込まれる蟻地獄。さらっさらな砂を歩いていると、気分はすっかり冒険者。絵画のような世界をただただ歩く。

サハラ砂漠自体が世界遺産に登録されているわけではありませんが、サハラ砂漠の各地には世界遺産もたくさんあります。いつか、そのすべてを制覇を夢見て砂丘のその先へ。

うぉぉおぉおおぉぉお!日の出までもうちょっと。もう少しで夜明け。……叫びたくなる!

ちなみにこのサハラ砂漠は行き方がいくつもあって、どこがベストなのかはわかりません。モロッコだけではなく、エジプトやチュニジア、リビア、アルジェリア、西サハラ、モーリタニア、マリ、ニジェール、チャド、スーダンなどからアクセス可能です。

もちろん、観光として訪れるのならモロッコやエジプトがおすすめですね!場所はそれぞれ違っていて、行き方もアクセスも千差万別。だからこそ、旅の数だけ絶景がある

2.朝焼けに輝く大砂丘!大砂原の黄金絨毯

太陽が空に昇る!ようやく目を覚ました太陽。金色の光が差し込むと、凸凹した砂丘に影ができ、より美しい絵画のような絶景に!

シルクのように波打つ砂の大地は、何もないのに美しい。植物や動物などの生物が生きることのできない場所……だからこその美しさがある。厳しい自然ほど、危険で儚く美しいのかもしれませんね。

砂に残った足跡!海外旅行では「ここにいる」という実感が沸く瞬間がある。砂漠は自分の足跡がはっきり残る。もちろん、時間が経つと消えてしまうけれど、確かにここに来た証。

訪れた旅人の数だけ、足跡を刻んできた砂。もちろん、遭難して亡くなった人もいる。逆に厳しい環境でも生き抜いた人もいる。そんな生態系のドラマが残る場所。

日輪!ラクダ乗りのガイドの提案もあり、頭の上で輪を作ってみる。カメラを渡すと、うまいこと太陽を入れて撮影してくれました!

僕の頭で皆既日食を作ってやろうかね?笑

なぜか指をちょこんと突き出すベルベル人ガイドのおじさん。かの名作、スティーヴン・スピルバーグ監督映画「E.T.」をサハラ砂漠で体験することになるとは!笑

砂の惑星に墜落した旅人。彷徨った果てに助けてくれたのはラクダ乗りのベルベル人。もうここまでくれば、確かに親友だね!笑

心温まるストーリーを砂に描くかのように、彼らとの限りある時間を心に刻むのでした。

何かの足跡を発見!……こ、これは?

……隊長!こらぁ何の足跡ですかねぇ?……モンスターハンターワールドの生態調査ばりに徹底探索。小さな生命の足跡も見逃しませぬ。

生物など到底生きていけなさそうな環境ですが、それでもここで生きている生物もいるようですね!ガイドに聞いてみるとフンコロガシの足跡らしいです!笑

太陽が昇ると辺り一面、遥か先まで黄昏色。金色に光る魔法の絨毯にふんわりと足を埋めながら、ずっと遠くを眺めてみる。

今でも広がり続けるサハラ砂漠は、いつか地球を飲み込んでしまうかもしれない。そんな気持ちになほど雄大な砂の世界。

地球温暖化によって緑化の兆しはあるようですが、それでも人口爆発で砂漠化は急激に進行中。いつか地球が砂の惑星になったとしたら、また砂漠の中を旅しよう。

あぁ……その美しさに思わず言葉を失う。黄金の絨毯を歩くラクダのキャラバン。ゆっくりと熱を帯びる砂。サッサッと砂を蹴る心地良い音。

世界の絶景を巡る旅をしてきた僕も、こんな絶景は見たことがない。比べる比べないの話ではなく、これはまた別次元の美しさ。あまりの絶景に火照らされた太陽も、とっぷりと膨れてる。

黄金の砂絨毯!このまま時間が止まれば良いなんて言ったら、どこぞのロマンチストだと思われるかもしれない。でも、こんな絶景を見てしまったらもうね……。

モロッコを海外旅行する人は、ぜひサハラ砂漠をじっくりと堪能してください!ラクダに乗るのもおすすめですし、自分の足で歩くのもおすすめです!もうとにかく絶対訪れてもらいたいです!

サハラ砂漠への行き方やアクセスに関してはツアーがおすすめです。個人手配でも良いですが、やはり治安が気になるところですし、そもそもサハラ砂漠に通っている道路があまりありません。

しかもサハラ砂漠に通っている道とは言っても、その条件はやはり過酷です。途中で燃料切れを起こそうものなら遭難と同義。生きては帰れません。

こんなにも美しいサハラ砂漠ですが、その環境は極めて厳しいです。ちなみにサハラ砂漠を横断する道路は存在しませんし、今まで単独で横断に成功した人も存在しません。観光の際にはぜひツアーで!

地球上で最も過酷かつ生き物にとって厳しい場所の1つ、それがサハラ砂漠。

この景色は死ぬ前に一度見ておいた方が良いかも。目の前に広がるのは言葉で表現することはできないほど広大な砂……砂……砂の海。

砂漠に舞う砂嵐に反射して、太陽がもう破裂しちゃうんじゃないかってくらい大きい。スーパームーンならぬスーパーサンですね、こりゃ。

今度は何かの巣穴を発見!危険生物の影あり……!こ、これはやばいぞ!飛び出すぞ!笑

砂漠と言えばサボテンやサソリのイメージがありますが、動植物があまりいない。でも、この巣穴は明らかに怪しい!ガイドに聞いてみると、何やらネズミの巣穴らしい。

あれ?でもこんなふわふわな砂の中に巣穴なんて作れるのかな?……いやぁ、砂漠は謎が深まるばかりですね!

すごく絵になる。砂漠に日本人がいるよりも、やっぱりベルベル人がいる方が絵になりますね。

モロッコは日本を出発して移動に24時間ほど飛行機で移動し、さらにサハラ砂漠まで相当な時間がかかったけれど、それでもこの絶景は訪れて良かった!感動です!

さっきの足跡を一生懸命作っていたフンコロガシかな?そんなに急いでどこに行くの?

砂に描かれた砂紋!美しい大砂原を描くのは大小重なり合う砂丘はもちろん、この砂紋もそう。

モロッコ旅のハイライト、ここで見納め。この旅では青い街シャウエンとサハラ砂漠を目的に訪れたけれど、どちらも晴れて良かった。これが雨だったら残念だったからね。いや、そもそも砂漠に雨は降らないか!笑

天気にも恵まれたサハラ砂漠観光。こんなに美しいのなら、また訪れても良いかも。

3.荒れ果てた荒野に掘られた……井戸?

真っ赤なラクダ!これ、モロッコの国旗になっているんですよね!モロッコの国旗は赤い旗に緑の星が特徴です。

ここがどこかって?……僕もわかりません!サハラ砂漠の観光が夜明け前からだったこともあって、急に睡魔が襲ってきましたよ!んでガイドの話を聞き逃すっていうね!笑

これは……井戸?なんだかもっこりした砂の隆起に木組みの装置が置かれています!それもあっちこっちに!あ、怪しいぞ!

でも、ようやく人の営みらしきものが感じられた。砂漠を歩いていると人間の文明なんて感じられないからね。そういう意味では、ちょっと嬉しくなる。

枯れた地球……まるで文明が滅びた砂の町。人の営みがあるはずなのに、生命の息遣いが感じられない。命を枯らす不毛の大地。

頭の中でとっぷりと膨らんだモロッコの景色がここにあった。本当は彩り豊かな町があり、夜空に広がる星空もある。

でも、生きていくのも厳しい環境だからこそ良い。表裏一体の国。旅をするのがめちゃくちゃ楽しい国なんですよね。

4.カプチーノで休憩!ぐつぐつ煮込んだタジン鍋

ホッとするぅう!モロッコと言えど冬は結構冷えるんで、温かいカプチーノをいただきます!夏のモロッコも訪れてみたいけれど、これはこれで素敵な過ごし方よね。

モロッコを海外旅行する時は、ツアーで回る人も多いと思います。ツアーの場合は休憩で立ち寄る店も多いので、小銭があると便利かもしれませんね!

ぐっつぐつのタジン鍋!モロッコ料理と言えばすでにこの旅でも安定のタジン鍋。事実、ツアーで周遊する時はタジン鍋の料理を食べることが多々あります!

ただ、タジン鍋はあくまでも鍋のことを意味していて、料理のレパートリーは店によって大きく違います。そのため、美味しい店と美味しくない店の差も結構あるんですよね。

もちろん、好き嫌いは言っていられないので、僕も贅沢を言わずに黙々と食べますけども!笑

5.大迫力の大渓谷!断崖絶壁トドラ渓谷

岩盤が迫る大渓谷!ここはモロッコの田舎町にあるトドラ渓谷。ノマドと呼ばれる人々が生活している地域であり、季節ごとに砂漠と渓谷を行き来して生活しているのだとか。

僕はパソコンとインターネット環境と水と食料と衣服と住処、それと映画と海外旅行と……うん、それだけあればどこでも生活できるポンコツノマドワーカー!だからなのか、縛られないノマドの人々の生活には憧れますね!

そんな欲望を抱きつつ、威圧感満点のトドラ渓谷をまったり歩きながら堪能。道沿いに並ぶお土産屋も味があって素敵。

どこもかしこも岩の四面楚歌。グググ……と迫ってきそうな渓谷の圧迫感に頭がくらくらする!

モロッコと言えば広大な砂漠をイメージする人も多いですが、こういう大渓谷もあるんですよね。地域によって千差万別な景色を見せてくれるのが、モロッコ旅の醍醐味じゃないかなと思います!

このトドラ渓谷はロッククライミングの聖地とも呼ばれているらしく、世界中のロッククライマー憧れの地なんだとか!

ヨーロッパ圏はもちろん、アメリカ圏などからもロッククライマーが訪れることもあり、運が良ければ壁を登っているクライマーたちを見られるかもしれませんね!

ドドンッッ!ここトドラ渓谷は、かのアメリカの世界遺産グランドキャニオンを彷彿とさせる絶景とも言われていますね!

ただ、僕もアメリカを旅しましたが、ここはグランドキャニオンほどの衝撃はないかも!もちろん比べるものではなく、トドラ渓谷はトドラ渓谷で絶景だと思いますけどね!

モロッコ屈指のパワースポットとも言える場所なので、ぜひ観光で訪れてみては?

6.枯れた地に咲く砂漠のバラ

今夜の宿へ向かう途中、たまたま立ち寄った店で見つけたのが、この砂漠のバラ。鉱物などの化合物が結晶化した石で摩訶不思議な花の形

本来は透明で滑らかな結晶らしいのですが、砂と一体化しているためにこのような砂の色になるのだとか!

モロッコの他にもチュニジアやメキシコ、オーストラリアなどで見られるそうな。砂漠のバラは水から溶けだしたミネラルが結晶化するため、オアシスがあった証拠にもなるんですって!

鉱物ザックザク!鉱物マニアが目を宝石のように輝かせそうな石の数々。僕も鉱石大好きな堅物野郎なのでこの石が宝石の山に見えてくる!笑

ちなみにモロッコでは鉱石採掘も活発で、色々な石が露店で売られているところを見ることができますよ。こういう武骨な石の世界もたまらないよね!

サハラ砂漠の玄関口として知られるワルザザードに向けてのんびり移動。ワルザザートとも呼ばれており、世界遺産アイトベンハッドゥ観光の拠点になる町でもありますね。

荒涼とした景色は、まさに異世界。モロッコはこういう幻想的なアラビアロレンスの世界が広がっています!この景色だけでも絶景ですよね?

今夜の宿はワルザザードにあるケンジアズゴール(Kenzi Azghor)です。ツアーで利用することも多いようで、他の日本人観光客もいました!

部屋はシンプル!無駄なものは一切ない!必要なものもあまりない!笑

でも清潔感があって落ち着ける部屋ですし、他のホテルに比べてもちゃんとしたバスルームで温かいシャワーも使えました。食事はビュッフェ形式、いわゆるバイキング形式だったのですが、他のホテルよりも美味しかったです!

食後はホテルにあるプールサイドから、ワルザザードの夜景を堪能することができます。高い建物がないので、遠くの方まで眺めることができますよ!

連日の疲れが溜まっていたのか、ここで疲労がドカッと押し寄せてくる。ツアーで仲良くなったカオリさんも何やら原因不明なものの、具合がめちゃくちゃ悪そう!……恐るべし、モロッコ。

ただ、朝に見たサハラ砂漠の日の出は世界屈指の絶景でした。あの光景を目に焼き付けて就寝することにしましょう。

まとめ

モロッコ6日目はただただ感動に染まった1日!夢にまで見た夜明けのサハラ砂漠は、まさに息もできなくなるような絶景だった!波打つ砂丘の砂海は、一度訪れる価値あり!むしろ死ぬ前にもう一度訪れたい場所!

太陽がゆっくりと昇ってくる時間は、まさに永遠の時を感じられるほど。刻一刻と大きくなる太陽を背に、黄金に染まる砂の絨毯は必見。

明日は世界遺産の城塞集落アイトベンハッドゥを観光!さらには赤い街マラケシュの旧市街にあるジャマエルフナ広場にも潜入!そこで待っていたのは屈強な蛇使いのぼったくり!案の定絡まれた僕は……。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です