【モロッコ旅行】世界遺産アイトベンハッドゥ!マラケシュのジャマエルフナ広場に巣食う蛇使い【観光7日目】

「世界遺産の要塞都市から眺める地平線」

どうも!
生粋の人間不信こと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2018年10月、16カ国目のモロッコ旅行7日目
世界遺産の城塞集落アイトベンハッドゥ観光。
数々の映画ロケ地としても知られる要塞都市。
そこはハドゥ一族が築いたと言われる堅牢な城。

しかし、まさかの強風に行く手を阻まれる。
城の頂上に吹き荒れる風は腰骨を食らう臆病風。
地面を這うような暴風……その恐怖の先の地平線。

絶景に震えた後は赤い街マラケシュへ出発。
到着したのは賑わい溢れるジャマエルフナ広場。
しかし、そこで待っていたのは悪徳ぼったくり蛇使いたちだった!

モロッコ【カサブランカ】海外旅行記

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の国へ!エミレーツ航空深夜便で映画三昧【観光1日目】

2019年1月4日

【モロッコ旅行】ドバイ乗り継ぎカサブランカ!ハッサン2世モスクからラバト【観光2日目】

2019年1月10日

【モロッコ旅行】青い街シャウエンと黒猫たち!絶景に溺れるSNS映えツアー【観光3日目】

2019年1月21日

【モロッコ旅行】雨の迷宮都市フェズ!世界遺産の迷路となめし革職人街タンネリ【観光4日目】

2019年1月25日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠のオアシスで星空撮影!メルズーガ村に咲く天の川【観光5日目】

2019年1月29日

【モロッコ旅行】サハラ砂漠の絶景黄金絨毯!砂の惑星とトドラ渓谷ツアー【観光6日目】

2019年2月4日

【モロッコ旅行】世界遺産アイトベンハッドゥ!マラケシュのジャマエルフナ広場に巣食う蛇使い【観光7日目】

2019年2月12日

【モロッコ旅行】幻想の国の蜃気楼!カサブランカからドバイへ帰路の途【観光8日目】

2019年2月13日

【モロッコ旅行】空港間違いと飛行機欠航に撃沈!ファーストキャビン関西空港に宿泊【観光9日目】

2019年2月14日

【モロッコ旅行】予定調和の人生に喝!無言のまま北海道へ【観光10日目】

2019年2月15日

モロッコ旅行7日目のエピソード

1.暴風の城塞集落!世界遺産の要塞アイトベンハッドゥ

果てしない荒野の先に見える要塞!
冒険が詰まったモロッコ旅行もそろそろ終盤。
こんな景色も見慣れてしまっている自分がいる。
異世界が異世界じゃなくなる瞬間も旅の醍醐味。

今日はモロッコの世界遺産を訪れる予定。

未知の惑星のような世界と荒涼とした大地。
その中にある城塞集落と呼ばれる場所……ここから目視で確認!

立ち塞がる複雑怪奇な迷路道!
気持ちの良い汗をかきながら登ってきたまさにここがモロッコの世界遺産、要塞集落と呼ばれるアイトベンハッドゥです。
迷路のようなこの場所は入り口も1つしかないのだとか。

入り組んだ通路はまるで迷路のよう。
集落そのものが迷路であり砦であり城であり村
そこはドラクエの世界……もうこれダンジョンよ!

ゴーレムだとかサボテンボールだとかグレイトドラゴンだとかが出てくるんじゃないかと本気で思えてくるような場所。
RPGというかドラクエ好きなら一度は訪れるべし。

入口ではユネスコ世界遺産公認のマークがお出迎え。
アイトベンハッドゥは歴史的にもたいへん貴重な場所ということもあり、モロッコの世界遺産としては1987年に登録されたそうです。

表記によってはアイットベンハドゥとも呼ばれており、モロッコ旅行でも絶対に訪れておきたい世界遺産の1つだと言いたいです。
世界でも珍しい集落、さてどんな世界が広がっているのか。

想像するだけでワクワクしてきませんか?

アイトベンハッドゥは隊商交易の中継地として栄え、当時強大な力を持っていたハドゥ一族が築いたのが始まりと言われています。
城塞のように入り組んだ街並みになっているのは、盗賊などの荒くれ者から集落を守るため。

孤立した場所だからこそ自分たちで守るしかない!
過酷な環境がこの特異な集落を生み出したというわけです。
高低差のある立体迷路のような構造なので、観光の際には歩きやすい靴を持参するようにしましょう。

ロマン溢れる堅牢な砂の要塞!
アイトベンハッドゥはカスバと呼ばれる邸宅が段々畑のように重なり合っている集落であり、銃眼付きの壁も各所に設置されています。
欲望に満ちた盗賊団が侵入してきたら狙撃するわけです。

んんん……本当にゲームの世界のような話
でも自分を守るため、家族を守るためなら仕方なし。

今にも銃声が内臓まで響いてきそう。
もしかしたら今も銃眼から狙っているかも。
そんな禍々しい雰囲気すらあるので早々に退散!笑

あいっとべん……はどぅ?
壁掛けの看板を見る限り、ここは宿かな?
旅の疲れもこんなおしゃれな宿なら癒される。

隊商交易で栄えたオアシスの中の集落ということもあって、こんな情緒あふれる砂の宿もある……宿かどうかは不明ですけどね!笑

肝心なアイトベンハッドゥの場所がどこなのか。
場所はワルザザードから北西に向かってすぐ。
道路も限られているから地図を見れば単純明快。

アイトベンハッドゥへのアクセスはアトラス山脈の麓、サハラ砂漠の町であるワルザザードマラケシュを繋ぐ街道を通るのが定番。
ほぼ一本道なので行き方はとてもシンプルです。

迷路のような坂道を登るとそこはまるで古代遺跡。
崩れてしまった壁が歴史を物語を語りかけてくる。

遥か先まで雄大な自然が広がっていて気持ち良い。
ただ、暴れ狂う風にひたすらに顔を殴られて悶絶。
風が撫でるなんて詩的な言葉ではなく……これはもはや風の暴力!

石や砂で作られているため、崩落の危険あり。
頑丈な構造ですが、そうは言っても石と砂の建物

脆くなっているところもあるのはもちろん、貴重な世界遺産なのであまりベタベタと触らないようにしてくださいね。

頂上までもうちょっと!
ここまで来たら観光というよりも軽い登山。
足腰が弱いことに加えて、頂上付近はかなりの強風。

登れば登るほどそよ風が暴風へと豹変
冷たい風に撫でられて顔がキンキンに冷える。
顔がガラスのように割れちゃいそう。

あまりの暴風に立っていられないほど!
……いや、大袈裟だろって思っちゃうでしょ?
でもこれが本当なんだってんだから恐ろしい。

うらぁあぁああ!
砂嵐のように地面を這って襲ってくる暴風に負けず、吹き飛ばされそうになりながらもなんとか這いずり回って頂上へ。
顔を上げるとそこに広がっていたのは息を呑む絶景。

絶景大国モロッコの中でも指折りの絶景。
アイトベンハッドゥは遠くから眺めるのが綺麗だと言われているけれど、登った先の頂上から見る景色がまた最高なのさ!
迷路のような道を歩いていたらゲームの世界に迷い込んだ。

……気づけば風の冷たさも感じなくなっていた。

頂上の積み石!
ここが世界遺産アイトベンハッドゥの頂上。
登ってくる旅人を待っているのは石の塔

アイトベンハッドゥの頂上には籠城に備えるために作られた食料庫が置かれているなど、集落なのに要塞の影がちらほら顔を覗かせる
そんな貴重な歴史が詰まった世界遺産……見事なり!

実は現在でもアイトベンハッドゥで暮らしている一族がいて、集落の中にはお土産屋があったりなかったりするそうな。
石や砂で作った窯……ぃやん……これきゃわいい!

ちなみにワルザザード周辺にはこの手のカスバが密集する集落がいくつもあり、映画のロケ地として使われることもあるそうです。
有名な映画としては「ソドムとゴモラ」や「アラビアのロレンス」「グラディエーター」などなど名作ばかり。

いや、だってもうこれ映画の世界の中だもの。

映画の聖地として知られるアメリカ、ハリウッド映画撮影所も近郊にあるなどワルザザード周辺は映画好きにもおすすめの場所。
スタジオがいくつもあるのだとか……無類の映画好きとしてはぜひそっちも行きたかった!

2.極寒のティシュカ峠!アルガンオイルより石

フライドポテトと謎肉を放り込む!
アイトベンハッドゥ観光後は昼食タイム。
今日のメインディッシュは謎の肉の串焼き。

……付け合わせのポテトが一番美味しい
モロッコで食べるならフライドポテトに限る!笑
これはモロッコに限ったことではないですが、海外旅行のツアーで立ち寄る店は味が微妙なところも多いので要注意。
もちろん、本場のモロッコ料理は美味しいものもありますけどね。

……さぁあびびいぃぃい!
目も鼻も耳ももげるほど厳寒に包まれた峠。
ここは灼熱の砂漠よりも過酷なティシュカ峠
ワルザザードからマラケシュへ向かう時に通る峠道です。

雪がちらほらと残るほど寒いの。
写真だけではどうしても伝わらないのが残念。
お土産屋もあって、ちょっとした観光もできちゃうスポットな……びぃやぁああぁさみいぃぃいいぃ!

いやぁ、このままだと死人になってしまう。
冬にモロッコを訪れる人は防寒着が必須ですね。
10月であっても峠の体感温度は氷点下

光を帯びた新鮮で美味しい空気!
ティシュカ峠はモロッコで一番空気が綺麗。
……と思えるくらいに清々しくて気持ち良い。
もう光って見えるほどに空気が澄んでいる

ここでたっぷり深呼吸しておこう。

ちなみにここはアルガンオイルの店の外。
なぜ極寒の峠にも関わらず外で待っているのかというと、アルガンオイルにはどうしても興味が持てなかったから。
女性陣は元気いっぱい、男性陣は興味なし。

ただ、アルガンオイルを作っている現地の人たちと触れ合えるというのは良い思い出……心がほっこり温まる!

レトロでこじんまりしたお土産屋!
アルガンオイルに早くも飽きた僕は向かい側のお土産屋へ。
やっぱりアルガンオイルよりもお土産を見てる方が楽しい!笑

すぐ友達になっちゃった!
アフリカの人はお土産を買えばすぐ友達になれる。
本物の親友というより「ありがとう!友よ」みたいな感覚なのかな。

お土産の質は決して良くないと思うけれど、こういう経験ができるからこそ地元のお土産屋は面白いなって思います。
……それにしても僕の顔、寒さと眠さで顔面蒼白

3.マラケシュの旧市街散策!バヒア宮殿とスーク観光

ようやく到着しました!
ここはモロッコの美しき赤い街。
世界中から多くの観光客が集まるマラケシュ。

賑わいに隠れた混沌が顔をのぞかせる街
その様相は今までの町とは明らかに異質。

聞いていた通り本当に建物が赤い。
青い街シャウエンや黄色い街フェズとはまた違う色彩に溢れていて、気づけば迷路のような街並みに目が泳いでしまうほど。

マラケシュとはベルベル人の言葉で神の国という意味があるそうで、現地では南の真珠と呼ばれているほどの規模を持つ場所です。
旧市街は世界遺産として1985年に登録。

雰囲気の良さ……格別!
マラケシュはシャウエンやフェズのように迷路のような道が入り組んでいて、ゆったり観光を満喫できるなんて思ってもいませんでした。
ただ、こんな美しい広場もあって違う国のよう。

フランスやスペインを彷彿させるヨーロピアンな雰囲気
ちなみにモロッコは植民地支配されていた歴史があるため、統治時代の背景を切り取ったような街並みが残っているのも特徴です。

豪華絢爛な宮殿にて!
ここはマラケシュの観光地、バヒア宮殿
美しいタイルを敷き詰めた宮殿は伝統的な建築。
マラケシュ観光の際にはぜひとも立ち寄りたい場所ですね。

広場を中心に4人の妃と24人の側室の部屋が囲うように建てられており、幾度となく修復されて現在でもその形を残しています。
イスラム建築らしさ溢れるモザイクアートの装飾
それを目当てに訪れる観光客が多いのだとか。

バヒア宮殿観光後はスークと呼ばれる地元の商店街へ。
スークというのはベルベル人やアラブ人にとっての商業地区を意味し、雑貨から日用品まで揃う市場のような場所ですね。
ただ、マラケシュのスークはお土産屋ばかり。

まるで下町の商店街のような雰囲気
今まで経験したことのない音や色、香りが漂ってくる。
ここは軽犯罪の巣窟なのでくれぐれも注意したいところ。

マラケシュはメディナと呼ばれる旧市街が広がっているのが特徴ですが、ここスークも情緒たっぷりで旅感が満載。
歩けば歩くほど迷い込む魅惑の迷路体験。

マラケシュ観光ではぜひ迷子を楽しんでみて。
迷って迷って迷子になって、寄り道して道草食って、最後には自分がどこにいるのかわからなくなってくる……いや本当に迷いそう!

古い建物が迷路のように並ぶスーク散策。
添乗員付きツアーの場合は立ち寄る間もなく歩いていくので、ゆっくりと観光したい人はマラケシュに宿泊することをおすすめします。

珍品だらけで目が回る!
一言では表せない珍品が雑多に置かれたスーク。
欧米からの観光客でごった返しているので注意。

特に貴重品の管理には十分注意が必要です。
気づいたら貴重品が消えているなんてことも!
荷物がある人は抱えるように持つのがコツ。

どの道にどの道が繋がっているのかわからない。
目の前に続く道がどこに向かうのかも分からない。
まるでマラケシュのスークは人生そのもの!笑

迷子になるのが好きな人にとっては刺激に満ちた場所。
ぜひ迷って迷って自分だけの旅を楽しんでみてくださいね。

4.善と悪が渦巻く露店!ジャマエルフナ広場の蛇使い

喧騒と混沌の土石流!
ここはマラケシュでも一際賑わうジャマエルフナ広場
ジャマエルフナという名前はアラブ人の言葉で死人の集会場という意味があるんだとか……何とも不吉な予感。

ティシュカ峠ではすでに死人の様相をしていた僕も、もしかしたらここの死人たちに呼ばれてやってきたのかもしれない。
死人の呼び声が腹の底まで響く禍々しい広場だ。

量り売りの極み!
ここジャマエルフナ広場にはモロッコ中の食材が集まっているんじゃないかってくらい豪快に量り売りしている店がたくさんある。
衛生面は二の次で見た目のインパクトこそ命。

「ほら食べな?」と言われ半ば強制的に試食させられた食べ物は、最後まで何かわからなかった……あれは何だったんだろう。
見たところドライフルーツのような食べ物かな?

生絞り100%ジュースで乾杯!
いやぁ、本当にジャマエルフナ広場は何でもある。
特にメインの広場にたくさんあるのがジュース屋。

この店では選んだ果物をその場でジュースに。
ギュッと絞ってそのまま常温で一気に飲み干す
あんまり冷たくないのがモロッコ流よ!笑

ぼったくりとかはほとんどないですね。
ちゃんと店を構えているところなら大丈夫。
どうしても気になるなら他の店も歩き回ってみて、値段を比較してから購入するようにすると失敗しないと思います。

モロッコのスクランブル交差点
人の波を受け止めきれずに溺れそう。
こんなにも大勢の人が集まっているなんて……フェスでもあるのかな?笑

昼は店も少ないですが夜になると屋台で溢れるのだとか。
そんなアフリカならではの景色も見てみたかった。
珍妙な屋台がギュッと詰まった広場、さぞ混沌としてるはず!

絶賛!ぼったくられ中!
ジャマエルフナ広場を茫然としながら歩いていると、突然近づいてきて首に蛇を乗せてくるインチキおじさんに遭遇。

あれよあれよと写真を撮り「金よこせ」と豹変。
ぼったくりを警戒しなかったのは悪いけれど、これは悪質なインチキ大道芸……これにはさすがのピエロもびっくりだ!
道化師も舌を巻くぼったくり大道芸人だぁ。

腕を掴まれ「金出せ」なんてもはや強盗と一緒だよぉ。
……さすがは死人の集会場と呼ばれるだけはある。
危うく死人にされるところだった!笑

悪質なぼったくり被害に遭って意気消沈。
それでもジャマエルフナ広場が一望できるカフェへ。
ぼったくられないかと怯えながらもペプシを購入し、そのまま見晴らしの良い展望デッキでしばしの休憩!笑

ジャマエルフナ広場は善人と悪人の巣窟
ぼったくりはないと言いましたが、それは店を構えている人限定。
店も持たずにフラフラしているような輩には要注意。

僕が犠牲になったことで「日本人からならぼったくれるぞ」という事実を残してしまったこと、本当に反省しております……。

夕焼けに照らされた出店の群れ!
ぼったくりに落ち込んだけれどこれは絶景。
善と悪が渦巻く市場なのは変わりないけれど、夕焼けに照らされたジャマエルフナ広場は禍々しいほどの絶景ですね!

美しさも汚さも両方持ち合わせた場所。
だからこその良さがあるのかもしれない。
ただ綺麗なだけじゃないからこそ味がある。

臭いものほど美味しいってもんよ!笑
偉人たちもそう言っている。

ジャマエルフナ広場にはこのカフェだけではなく、広場を囲うようにいくつかの展望デッキを持つカフェがあるようですね。
どこから見るかで表情が全然違う!

ちなみに先客がいると上手に写真も撮れないので、夜景を撮影したい人は早めにスタンバイしていた方が良いかもしれません。
このツアーでは夜景の時間まで滞在できないので、ツアーに参加する人は詳細をよく確認しておくと安心です。

ジャマエルフナ広場は煌びやかな夜景が名物なので、次訪れることは……ないとは思うけれど機会があればまた!

5.赤い街のランドマーク!クトゥビアの塔

死人たちに揉まれに揉まれ、終わりの夕暮れ。
最後にやってきたのがここクトゥビアの塔
沈みかけた太陽に照らされるクトゥビアモスクが幻想的。

それにしてもマラケシュの活気は桁違い。
生気を吸い取られるほど活気に満ちた町だった。
そんな赤い街を背に今夜の宿、ホテルマラケシュルセミラミス(Hotel Marrakech le Semiramis)に向かいましょう。

宿に到着して安心したと思ったら疲労も爆発。
全身の骨と筋肉が砕けてベッドに倒れ込む。
とりあえずシャワーに入って寝ることにしよう。

それにしても今日は世界遺産アイトベンハッドゥや極寒のティシュカ峠、赤い街マラケシュのジャマエルフナ広場などなど怒涛の観光。
カビの匂いが充満した部屋で思い出を振り返る

ふぅ……そろそろモロッコ旅も終わりかぁ。

寂しいような嬉しいような不思議な気持ち。
何から何まで衝撃的だったモロッコ旅。
そんな思い出を振り返りながらゆっくりと夢の中へ。

まとめ

モロッコ7日目は感動と幻滅が入り乱れる1日だった!
モロッコは魅力がありすぎて語りきれない国。
でも、確かに言えることは「蛇使いだけには絶対に近づくな」ってこと!笑

絶景だらけのモロッコ旅行もそろそろ終わり。
人生でもなかなか経験できないほどの連続だった。
夢だった砂漠の国を旅する夢が叶った瞬間でもあった。

明日は朝から飛行機に乗って日本に帰国します!
今までの海外旅行とは一味も二味も違った旅だった。
……そう思いつつ飛行機でもう少しだけ余韻に溺れましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。