【ニュージーランド旅行】オークランド経由深夜便!座席の後ろに潜む中坊【観光1日目】

「満点の大自然と満天の星空を求めて!」

ハル
どうも!大自然の中で冬眠して暮らしたい「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2019年2月、17カ国目のニュージーランド旅行1日目
苔が生えるまで大自然を思いっきり満喫したい。
抑えきれない衝動に駆られて南半球の楽園へ。
そこで待つのは満点の大自然と満天の星空。

乗り込んだのはニュージーランド航空。
空路オークランド経由からのクイーンズタウン。
それは快適な空の旅……になるはずだった。

無事飛行機に乗り込むも、周りの乗客全員中坊。
海外旅行史上初の過酷で地獄なフライトの始まりだった!

ニュージーランド【クイーンズタウン】海外旅行記

【ニュージーランド旅行】オークランド経由深夜便!座席の後ろに潜む中坊【観光1日目】

2019年12月17日

【ニュージーランド旅行】ワカティプ湖と市内観光!激辛激ウマチョリソーピザ【観光2日目】

2019年12月19日

【ニュージーランド旅行】ミラー湖の幻想水鏡!世界遺産ミルフォードサウンドクルーズ【観光3日目】

2019年12月22日

【ニュージーランド旅行】世界遺産マウントクックの大自然!流れる氷河と煌めく星空【観光4日目】

2019年12月25日

【ニュージーランド旅行】フッカーバレーの吊り橋と木道!テカポ湖の星空観測ツアー【観光5日目】

2019年12月29日

【ニュージーランド旅行】ルピナスが咲くテカポ湖!絶品の日本食湖畔レストラン【観光6日目】

2020年1月3日

【ニュージーランド旅行】南島から北島へ!国内線乗り継ぎで帰国【観光7日目】

2020年1月6日

ニュージ―ランド旅行1日目のエピソード

1.目指すは大自然!ニュージーランドへ出発

出発を祝う金一封の夕焼け!
新千歳空港から成田国際空港まではいつも通り。
せっかくの旅行記だけど語ることないので省略。
夕刻、無事に経由地の東京……いや千葉に到着。
黄金色に染まった空港、そこで働く乗り物たちが大集合

目的地は大自然に囲まれた国ニュージーランド。
聞いたことはあるけど、どんな国かわからない。
でもわかっていることが1つ……そこは大自然に埋もれた島!

旅に目的なんて必要ないけれど、あえて目的を挙げるとすれば大自然の絶景に包まれながらその中を歩いてみたいということ。
それと世界遺産登録を目指す星空観測をすること。
なお、ニュージーランドはクック海峡を挟んで北島と南島があるのですが、今回は星空観測で有名なテカポがある南島に決定。

何やら他にも世界自然遺産もあるのだとか!
世界遺産と聞いたら行かないわけにはいかない。
プランを立てている最中に見つけたアオラキ(マウントクック)ミルフォードサウンドも観光するため、旅の拠点はクイーンズランド

温泉も有名だから入ってみたかったけど我慢。
今回はあくまでも大自然の絶景を見るのが目的。
また訪れた際には絶対に北島で温泉入る!笑
乗り継ぎ時間はひたすら空港の窓から働く車を眺めるだけ。

気づけば定刻の18時30分。
まずはニュージーランド航空よりオークランドへ。

2.眠らせてくれない深夜便!中坊たちによる残虐な宴

お願いだから寝かせてくれぇぇぃい!
オークランドへ向かう機内で束の間の休息。
出てきた機内食を無心で食べる。
いや、無心というよりは黙々と食べる。

この過酷なフライトは一体いつまで続くのか。
オーストラリア旅行の再来、全然眠れない。
厳密に言えば寝かせてくれない……座席後ろの中学生が!笑
4年に1回しか怒らないことで知られる僕がなぜこんなにもイライラしているのかというと、それは周辺に座っている中学生たちのせい。

ホームステイか何かかわからないけれど、とにかく僕らが座っている座席は中学生たちによって完全に包囲されている状態だった。

「中学生+飛行機=???」
……一体どうなると思いますか?

そう、とにもかくにもテンションが高い
やたらとモニターをタップする力が強い
しかも高橋名人が如く連打してくるわけよ。
腰痛持ちの僕の脊髄まで刺激が伝わるくらい。
わかる……気持ちはわかるけどこれで約10時間は地獄です!

火山のように爆発しそうなイライラと格闘すること数時間、気づけばフライト時間ももう残り2時間くらいになっていました。
いや、これは中学生が悪いわけじゃないんだ。
先生がもうちょっと注意するとか……ね。

引率の先生、背中8時間くらいタップしたろかぃ!笑

とりあえず中学校の先生に言いたいです。
中学生を飛行機に乗せる時には注意喚起を。
もうちょっとだけで良いのでマナーを。

でも逆にこれで良かったのかもしれない。
なぜならこの飛行機で感じたストレスも一緒に現地で癒せるんだから……そう前向きに捉えてニュージーランド旅行開幕!

まとめ

ニュージーランド1日目は最悪の飛行機移動。
みなさんもテンションが高い中学生にはご注意を。
いや、厳密には眠れない乗客たちを無視して爆睡していた引率の先生らしき人にこそ、ちゃんと注意してもらいたいところですね。

ただ、いよいよ始まる大自然に囲まれたツアー。
ストレスが溜まれば溜まるほどそこは楽園。
どんな大自然が待っているのかと思うだけで興奮。
宇宙のような星空は果たして本当に見れるのか!

明日はクイーンズタウン到着してフリーな1日。
保養地として知られる観光地で待っているもの。
市内観光でいきなりお土産買いまくるぞ!笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です