【ニュージーランド旅行】ワカティプ湖と市内観光!激辛激ウマチョリソーピザ【観光2日目】

「ワカティプ湖を眺めながら市内観光三昧」

ハル
どうも!マヌカハニーでコテコテにコーティングされたい「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2019年2月、17カ国目のニュージーランド旅行2日目
憤怒に満ちたフライトを終え、保養地に到着。
そこは美しい山と湖に囲まれた湖畔の田舎町。
荒んだ心が浄化されてゆく……癒されてゆく!

中心部から少し離れたホテルにチェックイン。
静かな窓から眺める雄大な自然に心が溶ける。

さて、ここからがニュージーランド旅行本番。
とりあえず市内観光に出かけよう……リュックだけ背負って!

ニュージーランド【クイーンズタウン】海外旅行記

【ニュージーランド旅行】オークランド経由深夜便!座席の後ろに潜む中坊【観光1日目】

2019年12月17日

【ニュージーランド旅行】ワカティプ湖と市内観光!激辛激ウマチョリソーピザ【観光2日目】

2019年12月19日

【ニュージーランド旅行】ミラー湖の幻想水鏡!世界遺産ミルフォードサウンドクルーズ【観光3日目】

2019年12月22日

【ニュージーランド旅行】世界遺産マウントクックの大自然!流れる氷河と煌めく星空【観光4日目】

2019年12月25日

【ニュージーランド旅行】フッカーバレーの吊り橋と木道!テカポ湖の星空観測ツアー【観光5日目】

2019年12月29日

【ニュージーランド旅行】ルピナスが咲くテカポ湖!絶品の日本食湖畔レストラン【観光6日目】

2020年1月3日

【ニュージーランド旅行】南島から北島へ!国内線乗り継ぎで帰国【観光7日目】

2020年1月6日

ニュージ―ランド旅行2日目のエピソード

1.山小屋風の宿屋!カマナレイクハウス

風に揺れるクイーンズタウン空港に到着!
成田国際空港を出発してオークランドを経由、そこからクイーンズタウンまでは乗り継ぎ時間含めて約14時間超のフライト。
ようやくニュージーランドの保養地に到着しました。

飛行機で野蛮な宴をしていた中学生たちの影はいつの間にか消え去り、あくびが止まらない僕をのどかな田舎町が迎えてくれる。
クイーンズタウン空港から市内へは送迎を利用、所要時間20分~30分で中心部まで行けるのが嬉しいところですね。

ちなみに「自力で市街地に行きたい」という人は公共交通機関もしくはレンタカーがおすすめです。

空港から数十分で今夜の宿に到着しました。
クイーンズタウンは国民から愛されるリゾート地ということもあってか、これは静かに過ごせそう……心の休憩にぴったり!

ホテルは改装中のカナマレイクハウス(KANAMA LAKEHOUSE)というところで、ワカティプ湖を見下ろせる立地の良さが売りです。
中心部から少し離れているのでアクセスが悪いですが、それでも喧騒から離れたいという時にはこれくらいがちょうど良い。

写真には和製エルモが写ってますが、お気になさらず!笑

2003年から営業しているとは思えないほど綺麗。
ホテルは二階建てとなっているので、クイーンズタウンを囲う絶景がしっかり見えるというのも個人的にはポイント高めです!

足腰が弱い人でも安心なのがさらに評価高め。
ファミリーからカップルまでおすすめできます。
静かな立地なので、のんびり過ごしたいならここ。

なお、僕が訪れた2019年現在は一部改装工事中
客室とファンクションルームの一部は利用不可。
2019年中には工事が終わっていると思うので大丈夫だと思うのですが、これから予約する人はホテルに一度確認しておくと安心です。

ホテル情報はこれくらいにして……っと。
そろそろクイーンズタウン市内観光に出かけよう。
……って中心部まで徒歩約30分かかるだと?!笑

2.中心部まで散歩!蒸気船が浮かぶワカティプ湖

さてさて、ここはどこだろう?
とりあえずホテルから中心部に向かってみよう。
でも、市街地らしきものは見えてきません。
本当にこっちの道で良いのかな……なんてどうだっていいか!笑

……お!クイーンズタウンの湖が見えてきた。
あれは氷河が削ることによって形成された湖でニュージーランドで3番目に大きな湖、現地の人々はワカティプ湖と呼ぶのだとか。

ドローンなどで上空から見ると稲妻の形をしているそうです。

ハリー・ポッターの額にある傷と一緒だ!笑
実際にGoogleマップで確認したら本当に稲妻でした。
ここに巨人が眠っているだなんて伝説もあります。

この湖には古くから語り継がれる伝説が残っており、湖の底にはマタウという名の巨人が眠っていると信じられていたようです。
ワカティプ湖は湖としては珍しい干満があり、数十分に一度だけ10cmほど水面が上下します……それが巨人の鼓動なのだとか!

とても巨人が眠っているとは思えないほど静か。
小さな島国からやってきた僕らを歓迎してくれてるみたい。

周りは遊歩道になっていて散歩もできちゃう
行き交うのはここに癒されに来た観光客たち。

……ほら!巨人みたいな大木だってあります!
あぁ、やっぱり自然は癒されるなぁ。
もしやこの大木、巨人のエネルギーをたっぷりと吸ってここまで大きくなったんじゃないかな?笑

3.クイーンズタウン市内観光!お土産爆買い

いやはや癒される街並みですなぁ!
ホテルから歩くこと約30分~40分前後。
ようやくクイーンズタウン中心部に到着。

写真を撮りながら歩いていたらもう1時間ほど経っちゃってるんだものぉ……もしかしたらこの町は時間泥棒なのかもしれないねぇ。
おそらくクイーンズタウンで一番賑わっているであろうこの場所は、レンガ造り調の時計台が目印

クイーンズタウンは良い意味で目印になる建物があまりないので、待ち合わせなどはこの時計台でするのが一般的なのだとか。
ワーキングホリデーやホームステイをする人たちも、ここを目印にしておけば間違いありません。

ほとんど外国人観光客しかいないこのエリア。
クイーンズタウンで買い物をするならここかな。
様々なショップが並んでいて飲食店も豊富。
さてさて……お土産爆買いしようか!笑

……30分経過。
…………1時間経過。
………………2時間経過。
何を買ったのかはホテルに戻ってからのお楽しみ。

ここはワカティプ湖のクルーズ乗り場ですね。
毎日のように運航しているクルーズはクイーンズランドでも人気の観光となっており、古い蒸気船に乗ることもできるそうです。
赤と白の船体に蒸気機関と煙突を持つTSSアーンスロー号が有名

久々に海外で何もしない日を満喫。
いつもツアーぎゅうぎゅう詰めだからこんな日もあり。

座って休憩してたら鴨肉が近づいてきた。
このぼてっとしたフォルムがたまらない。
ネギ背負ってたら鍋にして食ってやったのに!笑

なんか……なんか……素敵な時間。
ニュージーランドすごく癒されます。
移動疲れもあるけれど、初日の観光はまずまず。
ちなみにこの通りにはバス停もあって移動も楽々

ホテル方面行きのバスが来るまでしばし待機。
ちなみにクイーンズタウンに地下鉄はないのですが、コネクタバスやシャトルバスやタクシーなどの公共交通機関があるので安心です。
日本のように時刻表通りには来ないので、そこは気長に待ちましょ。

なお、トラウトフィッシングなども人気らしく、近くを流れている川で釣りを楽しんでいる人たちを見かけることもあります。
キャンプだったら釣りで食費を浮かせたのに!笑

さぁさぁ……お楽しみのお土産紹介です!
クイーンズタウンで購入したお土産はこれ。

この国で有名なお土産はクッキータイムですね。
1983年から始まったブランドということもあって、ニュージーランドを訪れるならこれをお土産にすればまず間違いはありません。
特徴はエルモの偽物みたいな赤いキャラクター!笑
詳しく知りたい方は公式ホームページをチェック。
クッキータイム:https://cookiebar.jp/

その他、マヌカハニーのクッキーもおすすめ
口の中パサパサになっちゃうけどおすすめ!笑
蜂蜜の濃厚な香りが本当に美味しいです。

それとバターポップコーン味のプリングルズ
正直に言っちゃうとこれが一番美味しかったよ!笑

4.激辛激ウマ!やめられない止まらないチョリソーピザ

うまからぁあぁあいぃぃぁっ!
ピザはいつどこで誰と食べても美味しいや。
ホテルに併設されたレストランで夕食タイム。
注文したのは日替わりの激辛激ウマチョリソーピザ

めちゃくちゃ味が濃くて喉が焼けそう
でも、この旅始まって以来初めてのちゃんとした食事だったので、あれよあれよとピザは消えていくのでした……うまぁ。

それにしても無事に到着して良かったです。
ニュージーランド旅行はまだまだこれから。
クイーンズタウンも素敵な田舎町ですが、それ以上の絶景がこれから待っていると思うと……早く明日にならないかな!

まとめ

ニュージーランド2日目はのんびり市内観光。
山と湖に囲まれたこの田舎町は人生の楽園。
……とまで言ってしまうと大袈裟かもしれないけれど、それでもゆったりとした時間を過ごすのにぴったりな場所だと思います。

リゾート地だから流れる時間もまったり。
それとこれだけは言いたいのですが、世界中どこで食べても美味しいのはピザだということ……ピザには裏切られたことがありません!笑

明日は世界遺産ミルフォードサウンドへ出発。
そこで待っているのは氷河が描いた大自然。
幾重にも重なる峰を越え、世界八番目の不思議の中へ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です