【沖縄旅行】川平湾へ石垣島一周ドライブ!玉取崎展望台と平久保崎と御神崎【観光2日目】

「琉球に眠る宝を求めて石垣島一周!」

どうも!
島人の宝を狙うトレジャーハンター、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

2016年9月、沖縄旅行2日目
小さな紺碧の楽園、石垣島をレンタカーでぐるっと一周。
八重山鍾乳洞植物園や玉取崎展望台、平久保崎灯台、伊原間海岸のサビチ鍾乳洞、川平湾、御神崎灯台などなど、石垣島の観光名所を絶景ハンティングドライブ。

古の琉球から残る絶景を求めてレンタカーを走らせる。
そこで見た宝石のような絶景、それこそが美しき島人の宝だった!

沖縄【石垣】国内旅行記

【沖縄旅行】人生に疲れて石垣島へ逃避行!ユーグレナモールと琉球料理【観光1日目】

2017年8月29日

【沖縄旅行】川平湾へ石垣島一周ドライブ!玉取崎展望台と平久保崎と御神崎【観光2日目】

2017年8月30日

【沖縄旅行】神秘の西表島と琉球の竹富島!月夜のマングローブカヤックツアー【観光3日目】

2017年8月31日

【沖縄旅行】那覇と東京で乗り継ぎ地獄!天国のような多良間島【観光4日目】

2017年9月1日

沖縄旅行2日目のエピソード

1.怪しくて怖いB級スポット!八重山鍾乳洞動植物園

うきみそぉちぃ!
みなさんは石垣島南西部にある屈指の珍妙スポットをご存知でしょうか?
なんでも世にも奇妙な世界が広がっており、SNSでも「怪しい」「怖い」との評判を集めているB級スポットなのだとか……。

今日はレンタカーを借りて石垣島一周ドライブに出発!
最初の目的地はそんな奇妙奇天烈スポット、八重山鍾乳洞動植物園です。

石垣島中心部からのアクセスだと、石垣浅田線を内陸に向かって車で数十分のところ。
一休食堂を目印にすると、行き方もわかりやすいです。
ただ、石垣島鍾乳洞と間違いやすいので注意。

入口にはシーサーが置かれているけれど、汚くて廃れた公園という雰囲気。
その禍々しい雰囲気の中を進むと受付が見えてきます。

鬱蒼と茂る密林にポッカリと空いた道。
受付で説明を受けた後、小さな園内入口から散策開始。
変な動物の声がする密林のジャングルに早くも逃げ腰。

受付の人の説明によると、ジャングルの中にハブや毒ガエルがいるらしい……。
そんなところを観光地にしちゃダメ!笑

ハブに毒ガエル……大丈夫なのかな?
噛まれたり触れたりしたら死んじゃうよね。
……もう色んな意味で怖いスポットだよ。

でも、あまり良い口コミは聞かないものの、この秘境っぽさにどこか惹かれる自分がいる!笑

……コロコロコロ!
何か変な音が聞こえてきて背筋が凍る。
沖縄は霊感が強い人だと体調不良を起こす場所があると聞くし……。
この寒気の正体は心霊のような怖さも関係しているのでしょうか?笑

これぞ南の島の密林
……どこからともなくハブが降ってきそう。
もし崖から落っこちてきたらハブ酒にしちまおう。

この八重山鍾乳洞動植物園は3つの鍾乳洞の他、植物園と動物園と博物館が併設されているのが特徴となっています。
総面積は7万坪もあるそうで日帰り観光では足りないかも!

ハブや毒ガエルに怯えながらゆっくり進むので余計に時間もかかります!笑
観光するなら時間に余裕を持ってくださいね。

寂しさが漂う園内はまさに異世界という感じ。
広場もあるのですが正直に言ってしまえば不気味ですね!笑

まるで東南アジアのような雰囲気が漂っていてエキゾチック。
雨上がりということもあって湿気が不気味さをより一層駆り立てる。

……こ、これは!
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てきたカエルっぽくないですか?
これが受付の人が言っていた毒ガエルなのかな?笑

こんにゃろめぇ、正座しながら合唱してて気持ち悪いなぁ。
一言で言えば不気味でしかないこの八重山鍾乳洞動植物園。

この銅像をずっと見ていると摩訶不思議な世界に足を引かれそう。
不気味……ゲコゲコという声もまた不気味。

柵なんて関係ねぇ!
モッチャモッチャと近寄ってくるアヒルがいます。
それにしても柵の幅が広すぎて、動物たちが自由に出ちゃってる。
こういうところが沖縄らしいですね!笑

七色の羽を持っているクジャクも……ちょっと濡れて汚いけども!笑
動物園と植物園の両方を一気に楽しめるという意味では、この八重山鍾乳洞動植物園も悪くないかもしれませんね。

臆病な探検家としても活躍の場を広げている僕、こんな洞窟に潜入。
ひんやりとした空気が包む鍾乳洞内は幻想と恐怖が混ざり合う。

自然に溶け込んでしまった洞窟内の階段を見ていると古代遺跡を彷彿とさせる。
八重山鍾乳洞植物園はそんなロマンもあるのかもしれない!

巨大なシャコ貝もあるよ!
密林探検を終えて少し休息。

園内がとても広いので、歩き疲れることもしばしば。
これが炎天下の中だったらもっと体力を消耗していたかも。
観光の際には歩きやすい靴とこまめな水分補給を忘れずに!

こんな大きな貝、足を挟まれたらちょん切られる……なんて妄想をしていたら、怖くて海に潜れなくなりそうだね!笑

もう1つの鍾乳洞もせっかくなので潜入してみましょう。
ここはずっと奥まで薄暗い空間が続いていて心なしか息苦しいかも。

そんな冒険の匂いに誘われて、ギュッギュッと地面を蹴りながら進む。
……奥には何があるんだろう?

鍾乳洞の先にあったのは天空の洞窟に続く階段
そこに太陽の光が差し込んで、それはそれは美しい光景。

好奇心に吸い寄せられ、階段をヒタヒタと上がっていく。

宝物はどこだ?
ふと天を仰ぐと、そこから太陽光が差し込み、何とも幻想的な情景が!
宝物はなかったけれど、この景色は宝物と言えるかもしれません。

ちなみに八重山鍾乳洞動植物園は営業時間が朝9時から夜18時となっています。
年中無休とのことですが、不定期で休業していることもあるようなので、電話で確認してから訪れても良いかもしれません。

駐車場が完備されているので車でのアクセスが便利です。
むしろ交通機関が少ないから行き方は車がマストだと思いますよ。
石垣島市街地からも近いのでぜひ!

2.亜熱帯の原色豊かな絶景!玉取崎展望台

レンタカーに乗り込み、僕らが次に向かったのは玉取崎展望台
石垣島でも屈指の名所として知られる場所で、石垣島の北東にあります。

ちなみに石垣島を一周するなら、時計回りよりも反時計回りの方がおすすめですね。
時計回りだと先にメインの観光地となる川平湾などを訪れることになるので、できれば反時計回りでラストに川平湾を訪れるのが良いと思います。

ここは駐車場が2つあり、東側と西側に車を止められます。
個人的には展望台にも近いし、駐車できる台数も多い西側の駐車場がおすすめです。

僕らは石垣島市街地から向かいましたが、南の島石垣空港からも車で約20分です。
空港でレンタカーを借りてそのまま石垣島を一周するというコースもおすすめかも。

石垣島有数の人気スポットということもあって、人もポツポツいる。
小道を進んで小高い丘に上がると、赤瓦の展望台があります。
ここが頂上なので、徒歩でもそこまで疲れません。

観光客が少ない時には、お弁当などを持参して食べている人もいるそうです。
美しい海を眺めながら食べるお弁当はきっととっても美味しいでしょうね!
トイレや自動販売機もあるので安心です。

また、近くにはおしゃれなカフェもある他、夏にはかき氷やフランクフルトの屋台も出るそうです。

ちゅらぁあぁああぁ!
このパノラマとオーシャンビューを見てくださいよぉ!
原色豊かな亜熱帯の絶景が目の前に広がっていて、美しい海とのコントラストも完璧です。

青と緑と赤と白。
それぞれの色彩が絵具のように広がっています。
ソテツやアダンなどの亜熱帯の植物はもちろん、ハイビスカスなどの花も見逃せません。

……島の人にとっては、きっとこの絶景こそ宝物なんだろうなぁ。

3.目指せ石垣島最北端!平久保崎灯台

錆びて朽ちたガードレール越しに見える放牧地。
次なる島人の宝を求めてやってきたのは石垣島最北端の観光名所である平久保崎

石垣島一周をする人は平久保崎灯台という看板を目印に小道を入りましょう。
灯台までは黒毛和牛の牧草地が広がっていて、それだけでも絶景です。

遥か遠くまで続く石垣島の景色に思わず息を呑む。
美しい青さを帯びた海に緑生い茂る丘。
自然の美しさはいつ見てもどこで見ても変わらず美しいですね。

この平久保崎には無料駐車場もあります。
ただ、駐車できる台数が限られていて大混雑していることも。
脇道に止めても良いですが、邪魔にならないように駐車しましょう。

もっともっとこの海の先へ!
ここは平久保埼灯台と呼ばれる白い灯台が有名で、大地と空と海のコントラストがとても美しい場所です。

遠方に見える小さな島も気になっちゃいますね。
ああいう島にこそ宝物が隠されていそうだね。
僕が海賊ならあの島に隠すだろうな!笑

この平久保崎からの景色も絶景中の絶景だと思います。
ちなみにこの平久保崎はシーサーの尻尾とも呼ばれているそうです。
隆起した島の形状が特徴的で、うねるような小道だけがある。

自然に囲まれた石垣島でもっともっと自然を肌で感じたいならここですね!
メリメリと肌に入り込む太陽光も気持ち良くなってくる。

ただ、周辺にトイレはなく自動販売機などもありません。
レストランなどもありませんので、観光の際にはお菓子やお弁当があると良いかも。
もちろん、ゴミはちゃんと持ち帰りましょうね。

4.伊原間海岸の秘境!サビチ鍾乳洞の隠れた砂浜

次に向かったのは石垣島北部のとある場所。
そこには隠れた砂浜の絶景があるのだとか。
そんな島民たちの噂を聞き、僕らがやってきたのは伊原間海岸

果たして、こんな廃れた場所に絶景があるのかな?
相変わらずハブや毒ガエルが出てきそうで怖いなぁ!笑

隊長!前方に洞窟を発見しまし……ん?
秘密の砂浜を探しに来たのに、洞窟しかない。

でも、このサビチ鍾乳洞を抜けた先に島人の宝があるらしい。
ってか、サビチってイビサに似ていませんか?
イビサ島はスペインのパーティーアイランド……まぁ関係はないけどね!笑

受付もあるので、受付を済ませて入場してくださいね。
ちなみにこの鍾乳洞は数億年前の地殻変動によって生まれた鍾乳洞で、鍾乳洞入口の池には巨大な主がいるそうです。

じとじとしてるし、ハブがいそうだし……眩しっ!
洞窟を進んでいると見えてきたのは抜け道!
早くこんな怖いところ抜けよ!

一緒に旅しているイセも「ハブが怖い」なんて震えてやがるぜ。
ハブは確かに怖いけれど噛まれたってDr.コトー診療所に行けばなんくるないさ!
って言ってもあれは波照間島にあるんだけどね!笑

洞窟を抜けるとそこに広がるのは絶景の海岸。
ぶわっと舞い込んできた風に包まれ、目の前に広がったのはエメラルドの海!

ちゅら……さんっ!
そのあまりの美しさに言葉が出てこなくなる。
あまりの蒸し暑さで頭がふやけてしまったのかも。

石垣島に宝物があるとすれば、きっとここだと思う。
数多くの絶景を持つ石垣島ですが、個人的にはここが一番おすすめ。
こんな絶景が隠れているなんて、伊原間は侮れない。

ゴロゴロとした岩と緑に挟まれて、冒険心が止まらなくなる。

悠然たる岩々から見える海が本当に綺麗。
人生に疲れたって理由で石垣島にやってきた僕ですが、この景色を見る頃には疲れなんて忘れていました。

ただ、とんでもねぇ湿気と熱気で汗が止まりません。
もう全身びっちゃびちゃで、一瞬で脱水症状になりそう。
水分補給しないと本当に死んじゃうと思います。

岩の先を抜けて隠れた砂浜に到着。
人が全然いないこともあり、秘境のビーチという雰囲気。
誰もいないビーチで男二人旅……こういう旅も悪くない。

ホワイトサンドというよりは、ゴールデンサンドですね。
そこに透明度抜群の波が寄せては返す。
いつまでも、ここに座っていたくなりますね。

ただ、この炎天下でずっと座っていたらミイラになっちゃう!
島の伝説になるにはまだ早いので、僕は生きてここから脱出します!笑

数ヶ月分の汗をかき、再び鍾乳洞を抜けて戻る。
太陽光から守ってくれる鍾乳洞は天然のマイホームですね。

9月は台風が一番多い時期なのですが見事に回避できました。
旅行の前後に台風が接近したものの、今回の旅では嵐との遭遇確率皆無。

なお、このサビチ鍾乳洞の営業時間は年中無休で朝9時から夜18時です。
訪れるなら夕日が美しい夕方がおすすめかも。

5.激旨ソーキそば!川平湾の絶景ビーチ

石垣島の名店と名高い明石食堂に行こ……と思ったのですがあまりの行列に断念。
休日だったこともあって2時間待ちだったので、そのまま川平湾を目指すことに!

やってきたのは川平湾にある島の駅、カビラガーデンです。
道の駅は知っているけれど島の駅なんてものもあるんですね!
ってことは、西表島とか竹富島とかにもあるのかな?

僕らは反時計回りで一周してきましたが、時計周りであれば石垣島の中心地からもそう遠くはありません。
バスもありますが、車だと約35分で到着するのでレンタカーがおすすめです。
行き方も一本道の県道を看板に合わせて進むだけです。

ほぉぉぉら、出た!
沖縄に来て初めてのソーキそばをいただきます!
八重山諸島には八重山そばなどもあるのですが、じゅわっとほどける肉が乗っているソーキそばが本当に美味しいです。

本能を突き刺すような上質な旨味が凝縮した肉が、口の中にじゅんわり広がる!
ちなみにソーキとは沖縄の言葉で豚の骨付き肉のこと。

あまりの美味しさにとろけてしまう。
肉もとろけて、骨もとろけて、僕自身もとろけて大満足。

ほい!やってきたのは石垣島で一番美しいと名高い川平湾のビーチです。
浮島がポコポコと点在していてそこにミルキーブルーの海が広がる絶景スポット。

あの日本百景にも選ばれている石垣島屈指の観光地です。
島の北西部にあり、天気によってはエメラルドグリーンの海になることも。

水が澄んでいてとても綺麗。
ただ、そんな美しい海を守るために遊泳禁止となっています。
どうしても海の中を見たいならグラスボートがおすすめです。

しっとりとした白い砂にキュッと足を飲み込まれる。
その心地よい感触が残る砂浜は幻想的で美しい。

恋人と来たらきっとキャッキャウフフな雰囲気になるに違いない。
もちろんカップルだけではなくファミリーも多いので、独身の僕らでも安心です!笑

まぁまぁ、そんな野暮なことは置いときましょう!

展望台からは川平湾の景色を一望できます。
海はミルキーブルーとエメラルドグリーンを溶かしたような色
天気が良ければもっともっと美しかったはず。

海の色は太陽や雲によって色が変わるそうです。
濃くなったり、薄くなったり千変万化。
ずっと石垣島の人が守ってきた海。

そう、ここに石垣島の宝物がある!
教科書に書いてあることだけじゃわからない。
この景色そのものが宝物ってこと。

6.海の宝石が待つ!御神崎灯台

わっさいびぃん!
のんびりと走る謎の乗り物に乗ったおじさんを追い越し、次は石垣島の西部へ!

やってきたのは御神崎という石垣島最西端の場所。
ここも御神崎灯台として人気スポットの1つとなっています。
展望台から岬の先を眺めることもでき、絶景スポットとしても知られていますね。

石垣島をぐるっとドライブしてきましたが、ここからの景色も本当に綺麗でした!
景勝地が多い石垣島の中でもトップクラスの人気を誇るのだとか。

海の声が聞こえる!
荒々しい海岸を優しく撫でる波音に何も考えられなくなる。
これが沖縄の人が口にする「ぱいかじ」かぁ。

ザザー……ザザー……カランコロン……カランコロン。

僕のミミガーをここに置いていこう。
どんなに美しい音楽よりここの波音の方が美しい。
空の声も風の声も海の声も聞こえてくる

天気が良ければ西表島も見えるらしいです。
期間限定で灯台も一般公開されるので、そこからの景色は石垣島屈指と言えそうですね。

……ようやく石垣島を制覇!
1日中ドライブで島を回ったけれど、どこも素敵な景色ばかり。
石垣島には数えきれない宝物がある。

この石垣島そのものが宝物なのかもしれない
島の人が大切に守ってきた宝物ばかり。

7.ぶっるんぶっるんのテビチ!終わらぬ宴

残影で輝く石垣島の港で石垣島一周の余韻に浸る僕ら。
いやぁ、それにしても石垣島は思っているよりも広かった!笑
ぐるっと回るには最低でも1日は必要だし、ゆっくり観光するなら2日~3日は必要かも。

それにしても南国の夕焼けってなんでこんなに綺麗なんだろうね。
人生の疲れも旅の疲れも癒されてしまうほどの夕日だと思います。

今夜の夕食は海人居酒屋のでいただきます。
ぶらっと歩いて見つけた粋な店。

沖縄料理のうさぎやも有名ですが、この源も石垣島に数店出店しています。
僕らが利用したのはおそらく本店の方だと思います。
ちなみに本店の他に美崎店があるのですが、どちらも市役所通りからすぐです。

もちろん頼むのは、オリオンビール!
普段はあまり飲まないビールも、うだるような暑さの沖縄では最高に美味しい!

沖縄なら景気よく泡盛でも良いのですが、お酒が弱い人は要注意。
僕も弱いので、泡盛なんて飲んだら死んじゃいます!笑

源の自慢は新鮮な海産物だそうで、刺身がとても美味しいです。
うんうん、店の人も親切だし……んおぅわっっ!
僕の手が揚げられて出てきた……って誰が豚足やねん!笑

こちらの大きな豚足、現地ではテビチって呼ぶんですよね。
コラーゲン豊富でぶっるんぶっるんなんです。
ちょっと好き嫌いは分かれそうですが、僕は好き。

「こりゃ肌もぷるぷるになりそうだなぁ」なんて食べていたら、隣のカップルがイチャイチャし始めたので、早々に退散!笑
幸せそうな2人を邪魔しちゃいけない!

石垣島の熱気にも負けないくらい熱い夜を過ごしてください。
僕は特にロマンスもないので大人しく寝ますよ……こんちくしょうめ!笑

まとめ

沖縄2日目は石垣島にある宝物を求めてレンタカーで一周した1日!
冒険心をくすぐる鍾乳洞や好奇心をくすぐる洞窟、隠れた砂浜に美しい海。
その絶景の数々は、そのどれもが沖縄の宝物だと実感しました。

石垣島には島人たちの宝がたくさんある。
それを見つけられるかどうかは、ここを訪れた人次第。
自分だけの宝物を求めて石垣島をぐるっと周遊してみてはいかがでしょうか?

明日は西表島や竹富島など、絶海の離島をアイランドホッピング。
絶景に次ぐ絶景の石垣島で、さらなる絶景を求める離島巡り。
琉球の海賊王に、俺はなる!笑

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です