【タイ】線路市場と水上マーケット観光!旅人の聖地カオサン通りへ!【海外旅行記4日目】

【タイ】線路市場と水上マーケット観光!旅人の聖地カオサン通りへ!【海外旅行記4日目】

2018年8月タイ旅行4日目。タイの市場の中でも、観光客から人気を集めるメークロン線路市場とダムヌンサドゥアック水上マーケットに潜入!そこで出会ったお土産屋の看板美少女に一目惚れ!さらには世界中からバックパッカーが集まる旅人の聖地、カオサン通りにも足を踏み入れる!旅人が旅人を呼ぶ旅人のための聖地へ!

タイ【バンコク】海外旅行記

1日目:旅人の聖地バンコクでバックパッカーデビュー!臆病者の一人旅珍道中
2日目:仏教寺院の絶景黄金郷!世界遺産アユタヤ遺跡巡りツアー
3日目:摩天楼マハナコンとルンピニ―公園!SNS映えの絶景・奇景巡り
4日目:線路市場と水上マーケット観光!旅人の聖地カオサン通りへ!
5日目:深夜の直行便で帰国!飛行機から見る地平線の日の出

エピソード

どうも!存在自体が旅人の聖地こと、チキンジャーニーのハルです!笑

2018年8月、15か国目のタイ4日目はバンコク周辺の市場・マーケット巡りへ!危険度MAXなメークロン線路市場や賑わい溢れるダムヌンサドゥアック水上マーケットをぶらぶら散歩!観光も買い物も恋も楽しめる迷宮市場巡りに脳が爆発!タイ旅最後の目的地は旅人の聖地!カオサン通り!足を踏み入れた僕は、ようやく旅人になれた気がした!

1.ギリギリ鉄道危険地帯!奇想天外なメークロン線路市場

世界一臭い果物!朝から何か臭いと思ったら、こんなところに大量のドリアン!そう、ここは鉄道市場として知られるメークロン線路市場

ドリアンは王様の果実と呼ばれる反面、悪魔の果実とも呼ばれるフルーツ。東南アジアでは熱帯果実の魔王としても恐れられ、ホテルやレストランでは持ち込み禁止にしているところも数多くあるそうな……忌々しい!笑

もちろん、味は美味しいらしいけどさ!臭いものは美味しい!偉人もそう言ってるから一度は食べてみたい!

眩しいや!メークロン市場でも写真撮影で人気なのが、このメークロン駅の表札!逆光で目玉を焼かれた結果、目閉じちゃってるけど気にしないでね!

……あれ?メークロン線路市場って、もっと線路ギリギリに露店が立ち並ぶ光景が有名だと聞いていたけれど。思ったよりもスペースあるね!笑

いやいや、この駅舎はスペースも十分!問題なのはここから道路を1本挟んだその先なのさ。どんな景色が待ってんだろうね!気になるね!

んおぉっ?これはジャガイモ……じゃあないよね!果物なのか、野菜なのか。

女の子が重さを計量して袋に詰めてる!それにしても、タイの子供たちは家を手伝っている子が本当に多い!これはすごいことだよね!偉い!褒めてあげたい!

出たぁぁあぁあ!そうそう、僕が思い描いていた線路市場ってこういう景色!

雑多に並べられた野菜や果物が所狭しと並んでいて、不安になる!……電車が来たら本当に片付けられるの?笑

ジブリ肉だっ!あっちに肉!こっちに肉!生々しい生肉の匂いとこんがり焼かれた香ばしい肉の香りに、頭がクラクラする!

この肉、ジブリ映画好きならわかってくれるはず!「千と千尋の神隠し」とか「天空の城ラピュタ」で食べてたやつに似てる!……肉らしい肉

一度食べてしまえば豚にされちゃうよ!いや、自ら豚になってやろうじゃないか!笑

2.珍品だらけ!通過する電車に熱狂する観衆

線路から建物までの距離がギリギリ!もうね、これ電車通ったら建物ごと持ってかれちゃうよ!笑

こんな景色、アジアでしか見られないと思う!ここ、メークロン線路市場にしかない魔力がある!線路の上をふらふら歩きながら、市場を彷徨う楽しさったらないよ!

おっ!ドライマンゴー発見!こういうドライフルーツも南国タイならではの名産品!ただ、200バーツなのでタイにしては高い!日本円にしたら600円くらいかな。

ちなみに、ここでも女の子が店番をしていて、ドライマンゴーを試食させてくれます!……噛めば噛むほどウェットマンゴーになる!美味しい!

「美味しいね!」って言っても日本語は伝わらない!英語も伝わらない!こんな感じで照れちゃってました!店番してても子供らしくてかわいいね!

メークロン線路市場を訪れるなら、こういう現地の人たちとの絡みも忘れてはいけませんね。せっかく線路との距離だけじゃなくて人との距離も近いんだから!笑

ぐぉぉおんぬっ!これはなかなかショッキングな光景!これもジブリ肉みたい!笑

……ただ1つ言いたいのは、生肉を常温でそのまま置いておかないでってこと!ハエたちが血気盛んに群がっちゃうからさ。

これ……さすがにモザイク入れないとやばいかな?笑

ナマズが大量に詰め込まれたバケツはまだ良いんだけど、その隣にある……ナマズの頭がぁっっっ!!!

何だか賑わっていた線路市場も閑散としてきた……ん?ガタンゴトンガタンゴトンって聞こえるような気がするようなしないような。

おっ!これは電車が来たってことなのかな。何だか周りの店も慌ただしくなり、片付けを初めている様子。そろそろ来るっ!

怖いわっ!いやいや、電車が……じゃなくてそれに群がって手を伸ばす観光客たちが怖い!笑

ロックスターがライブでもやっとんのかってくらい、みんな手を上げてワーワー言ってる!ここまで混雑していると、とてもじゃないけれど写真なんて撮影できない!笑

電車の運転手が若干ブチ切れつつ、観光客に避けるよう促しています!それでも腕を掲げて群がる観光客たち!まるでゾンビだよ、これ!笑

ちなみにこちらの電車は30分に1回通るらしいので、結構な頻度ですよね!朝でこの賑わいですから、昼になればもっともっと混雑しそう。タイの熱気とゾンビの熱気でムンムンですわ!

通り過ぎていく電車にも、観光客が乗っているという状態。外にも中にも観光客って何とも不思議。これぞメークロン線路市場の名物!

ただ!こういうところで自撮り棒だらけってなんだかなぁ!だっふんだ!

もちろん僕の一眼レフカメラも邪魔だろうし、スマホを伸ばす腕も邪魔なんだろうけど、自撮り棒がそこかしこにニョキニョキ伸びているのって景色の味がないなって思っちゃう。特に韓国人と中国人は自撮り大好きだから勢いもすごい!笑

3.船上のバックパッカー!濁り深き水の都

これ何だろう!移動の休憩がてらに立ち寄った場所。なんかドロッとしたものを入れてる。入れまくってる。

焼いている感じでもないし、まったくもって謎の食べ物。いや、そもそも食べ物なのかな!ホットケーキとかパンケーキみたいなもん?……粉もん?

さぁて、小舟に乗っていざ進まん!ってスピード出し過ぎじゃない?

船に乗って優雅な旅かと思ったら、濁った水の上を爆走!もはやこのレベルだと滑走!船が水の上を滑ってるよ!角を曲がる時だけ減速!んでまた滑走!……首おかしなるわっ!

ふぅぉぉお!ここがタイの水上都市かぁ!何でも東洋のベニスと呼ばれているそうな!

ただ、濁りを帯びた水の色がアジアっぽさを醸し出す。道路の代わりに水路が広がっており、まるで水没した都市のよう。どことなく幻想的だけど退廃的。

水面に揺れながらしばし小舟の旅。水路に沿うように作られた街並みは、日本の田舎を思い出させるね。もちろん、日本の田舎でこんな景色は見られないけれどね!

水の上をどこまでも!のんびりと楽しむタイ最後の1日。旅らしい旅って何かわからないけれど、こういうのもまた良いね。

ここが清流のように透き通っていたら、きっと絶景だったろうなぁ。いや、濁っているからこそ味があるってもんよ!

この景色!何だか段々とこの場所の魅力に染まっていくような。水は汚いし変な匂いがするってのに、心底ここが気に入ってしまったのよ!

水上都市と言えば確かに絶景を思い浮かべてしまうかもしれない。でも、青い空に緑の水、雑多な建物を見ていると心が躍る!これぞ旅!これが旅なのさ!笑

4.お土産屋の看板美少女!ダムヌンサドゥアック水上マーケット

ごちゃぁ~!よくもここまで綺麗に並べたもんだよねぇ!そう、ここはダムヌンサドゥアック水上マーケット!そこにあるお土産屋なんだけど、おそらくタイで一番仏像が集まる場所!笑

バンコク周辺を巡って仏像はたくさん見てきたけれど、おそらくここでその数を超えた!笑

タイのお土産を買うなら、このダムヌンサドゥアック水上マーケットがおすすめ!品揃えも豊富だし、愛想が良い人ばかりだからさ!

……ベタ惚れ!お土産屋をぶらぶらしていると、突然話しかけられた僕!振り返るとそこにいたのは笑顔が眩しい看板美少女!エキゾチックな雰囲気があって、めちゃくちゃかわいい!

もうね、買う予定のなかったお土産、買っちゃったよ!こんな看板娘がいたら、お土産が何個あっても足りないよね!

もう一度言うけれど、お土産を買うならダムヌンサドゥアック水上マーケット!これ絶対!むしろここで買いなね!笑

小舟たちの交差点!ダムヌンサドゥアック水上マーケットでも一際観光客で賑わっているのがここ。タイを訪れる人の中には、水上マーケットと言えばこの景色を思い浮かべているのではないでしょうか!

食べ物を売っている小舟が行き交う他、両岸に飲食店やお土産屋がズラッと並んでいる小舟の交差点!観光するのに飽きない場所!

小舟には車にでも積んでいるのかってくらい大きなエンジン!この情緒漂う場所には似つかわしくない珍品。

タイには色々な商売があって、動物との写真撮影が人気

黄色いスローロリ……いや、黄色いTシャツを着ている青年が持っているのがスローロリス!青いTシャツの青年が持っているのがニシキヘビ……かな。

アジア諸国、特に東南アジアでは定番のアクティビティ!度胸がある人は撮影体験してみては?

辛くて美味しいぃ!昼食は大衆食堂みたいなところでトムヤムクンがベースのタイ風ラーメン!ピリリとした酸味と辛味がクセになる!美味しい!こりゃハマる!

でも、蒸し暑いタイで食べると汗が止まらない!これが真夏だときっとやばいよ!

それにしてもタイのグルメは日本人の口に合うね!辛いのが苦手な人のために、辛さ控えめのメニューもあるみたいなんで、安心して満喫できますよ!

パッケージと中身が違う!こりゃ日本だったらモンスタークレーマーが血眼になって苦情入れてくるぞっ!笑

ただ、このアイス!タイの中でも高級アイスらしく、味は本当に美味しい!何やらアイスの中にゴロゴロした物体が入っているんだけど、これが意外に美味しいのよね!

タイ風ラーメンで体温が急上昇したところに、このひんやりアイスよ!これはたまらないのさ!

5.旅人の聖地!世界中のバックパッカーで賑わうカオサン通り

これが……海外旅行を初めて早数年、ついに訪れました!そう、ここは旅人の聖地と呼ばれているカオサン通り

バックパッカーが集まる安宿街であり、カオサンロードと言えば世界中の旅人が知っている場所。まさに人種ごちゃ混ぜワールド!

ついに足を踏み入れたぞぉぉぉお!これで僕も生粋の旅人たちの仲間入り……できたのかな。バックパックを背負ってきた甲斐があった!

I LOVE KHAOSAN!太めのドナルド・マクドナルドが歓迎してくれる!どうせならドナルドもバックパックを背負ってたら面白いのにね!笑

ちなみにこのカオサン通り、欧米のバックパッカーらしき人がたくさんいます!日本のバックパッカーはあんまりいないかも。

旅人になれる場所!……口に出して「旅をしている」って言うと、ちょっと気恥ずかしさみたいなものがあるよね。でも、ここでは胸を張って言える。僕は旅人なんだって!

ただ、昼よりも夜の方が賑わうらしく、太陽が出ている間は閑散とした一面も……。

カオサン通りは交通機関が近くにないため、若い旅人の間では観光しづらさがネックとなっているのだとか。日中は観光客も少ない!

周辺にはバンコクでも有数の仏教寺院が数多くあるので、それらと合わせて観光するのがおすすめ。

僕のホテルはシーロム周辺なので、カオサン通りまで距離があるんだよね。ノープラン旅も良いけれど、もっと計画しておけば良かった!笑

旅の締めくくり!タイ旅の最後に訪れるのがカオサン通りって、なかなか粋だと思わない?思うよね!

今回は弾丸旅行となったけれど、タイは直行便もあってすぐに行けるから、北海道の人にもおすすめ!新千歳空港からの直行便は本当に助かる!

濃厚過ぎる旅となった今回の海外旅行ですが、タイは本当にスパイシーな刺激に満ちた国です!バックパッカーデビューにもおすすめ!

歴史が深い仏教寺院の数々はもちろん、世界遺産の古都もありますし、SNS映えするスポットもたくさん!市場やマーケットの賑わいも欠かせませんね!旅の醍醐味がギュッと凝縮された国

現地の人は無愛想な人やぼったくる人もいるけれど、微笑みの国らしさを感じられる人ばかり!何よりエキゾチックな美女にも癒されること間違いなし!そんな出会いもまた旅の思い出。

……僕の旅は終わらない!本当の旅は、きっとまだまだ始まったばかりなんだと思う。

まとめ

タイ4日目は、喧噪に満ちたメークロン線路市場とダムヌンサドゥアック水上マーケットをぶらぶら散歩!そこで出会う景色は、今まで見た景色とのどれとも違う世界。ごちゃごちゃな市場に揉まれて自分磨き。

バックパッカーの聖地、カオサン通りで本物の旅人になった気がした1日だった!旅をすれば世界が変わる。世界が変われば自分も変わる。ダサくても良いからこれからも旅を続けよう!そう思った1日!

明日は故郷北海道に帰国!台風や地震など災害続きの日本。果たして無事に帰国できるのか!……この時はまだ、自分が被災者になるとは思っていなかった僕だった。

【タイ】深夜の直行便で帰国!飛行機から見る地平線の日の出【海外旅行記5日目】

アジアカテゴリの最新記事