海外旅行でタバコ・ライターは預け荷物?飛行機で機内持ち込み手荷物にして我慢する方法

海外旅行に行く時、喫煙者の方にとって欠かせないのがタバコやライターですよね。喫煙者はどんどん減っていますが、それでも海外旅行で必要となる人も多いかもしれません。そこで、ここではタバコ・ライターを機内持ち込み手荷物にする方法や我慢する方法を解説します。

タバコ・ライターを飛行機の機内持ち込み手荷物にする方法

どうも!地球にとってのニコチン野郎、チキンジャーニーのハルです!

喫煙者にとって海外旅行の移動で不安なのが、タバコやライターのことなのではないでしょうか。

毎日吸っている人は「そもそも何時間も我慢できるのか」と不安になる人もいるようですね!また、飛行機に乗る場合にはタバコやライターをどうすれば良いのか悩む人もいるかもしれません。

基本的にタバコは機内持ち込みが一般的です。個数の制限もありませんし、預け荷物にしても良いです。ただ、ライターは預け荷物にできず、機内持ち込みのみにしか対応していません。個数も1個までとなっています。

タバコは銘柄や形状も関係ないのですが、ライターは使い捨てライターやオイルライター、マッチだけとなっています。ただし、大きな葉巻ライターや吸収剤のないタンク式オイルライターなどは持ち込みもできません!

航空会社ごとに複雑なルールやマナーがあるので、まずは手順や流れを確認してみましょう!

1.チェックインカウンターで確認

タバコやライターを持って海外旅行したい場合は、まずはそれぞれのチェックインカウンターで荷物を預けることが必要となります。この時、カウンターで「危険物はありませんか?」という文言の確認をされると思います。

そこでタバコやライターを持っている人は、念のため申告しておくと良いかもしれません。

タバコは常識の範囲内であれば申告の必要はないです。銘柄も関係ありませんし、基本的には手荷物として機内へ持ち込むことができます。

ただ、ライターを持っている場合は確認してもらうことが必要となります。ライターの持ち込みは1個まででマッチなどと合わせても1個までとなっています。基本的には預け荷物ではなく機内持ち込み手荷物にすることが必要です!

それらの点も含め、まずは自分が利用する航空会社のカウンターで聞いてみると良いかもしれませんね。

2.保安検査場を通過

保安検査場を抜ける時、ライターやタバコの確認をされるということは原則としてはありません。ただ、近年は電子タバコが多くなってきたこともあって、国によっては確認されることもあるかもしれません!

また、空港によってはライターなど火気が発生するものに関しては、一度確認が必要な場合もあります。手荷物検査の時などに、ライターが入っていることを伝えておくとスムーズですね。

そこで没収されるということはありませんが、規定を超えるライターや形状が特殊なライターは没収される可能性があります。タバコはそのまま検査を受けずにスルーしてもらえるのが一般的なので、特に気にする必要はありませんけどね!

3.飛行機に持ち込む

タバコはそのまま、ライターやマッチは1つだけ持ち、搭乗ゲートが開けば普通に搭乗することができます。

搭乗ゲートを通る際には、特に手荷物の検査などはないので、もうこの時にはカバンやバッグに入れておいて大丈夫です。

ただ、航空会社の職員によっては聞かれることもあるかもしれないので、そこは国ごとの対応が違うという点を理解しておくことが必要となりますね!

4.バッグやカバンに収納

飛行機に乗り込んだら、タバコやライターは安全なところに収納してください。

衝撃によってオイルが漏れたりすることはもちろん、タバコが破けて漏れたりすることもあるかもしれません。特に足元に置く場合は踏んだり踏まれたりすることもあるので、極力は上の収納棚に入れておくようにしてください。

また、近くに子供がいたりすることもあるので、ライターもタバコも手が届くところには置いておかないようにすることが重要です。

さすがに他の子供たちが自分の荷物を漁るということはないでしょうが、万が一ライターやタバコが紛失してしまうということもあるので注意してください。

ちなみに、飛行機内は完全禁煙となっているので、取り出す必要もありません。飛行機に乗ったらバッグやカバンに入れて、飛行機を降りる時まで保管しておきましょう。

昔はタバコもライターも機内持ち込みできた?!

近年は飛行機内は完全に禁煙となっていますが、実は昔は普通に持ち込むこともできたし吸うこともできたんですよね!

その名残でトイレをはじめ、座席にも灰皿が用意されていることがあります。

また、勘違いした人が間違って吸ってしまった場合、すぐにタバコの火を消せるようにするために灰皿が残されているという話もあります。

確かにライターやタバコを持ち込めると聞けば、それは吸って良いと思ってしまうこともあるかもしれませんね。

ただ、今は禁煙なので絶対に吸わないようにしてください。もちろん電子タバコも吸ってはいけないので、気をつけてくださいね!

吸いたい気持ちを我慢する方法

僕はタバコを吸っていないのでわかりませんが、長年吸ってきた人は我慢したくても我慢できないということがあるかもしれません!

海外旅行となると、飛行機のフライト時間は最低でも3時間~5時間ほどかかりますし、長ければ9時間~12時間なんてこともあります。もっと多いところだと24時間以上かかることも……。

乗り継ぎ便であれば一度飛行機を降りて吸うことはできますが、直行便であればずっと我慢しなくてはなりません。それは愛煙家にとっては地獄の苦しみかもしれませんね。

ここからはタバコを吸いたい気持ちを我慢する方法を紹介します。

1.寝る

海外旅行は現地に到着してから観光するのが目的ですよね。そのため、現地で疲れないように寝ることが大切です。

一度寝ると数時間は吸いたい気持ちを我慢することができるので、一石二鳥だと言えますね。旅の疲れを残さないためにも寝るべきですし、タバコを吸いたい気持ちを抑えるためにも寝てしまった方が良いです。

飛行機は気圧の変化によって眠りに入りやすい環境なので、離陸直前と着陸直前が寝やすいです。その他、航空券を購入する時に深夜便にするなど、寝るための工夫をしておくとわざわざタバコを我慢することを考える必要性もないかもしれません。

2.お菓子を食べる

タバコを吸いたくなったら、何かお菓子を食べましょう!

おすすめなのは禁煙をサポートしてくれる飴やガムです。これらの飴やガムは、タバコが吸いたくなる気持ちを抑制してくれるので、数時間のフライトであれば我慢することができます。

刺激の強い味が効果的なので、梅味やレモン味の飴やガムを食べてみるというのも良いでしょうね。唾液がより多く分泌されることで口の中が潤い、タバコを吸いたい気持ちも自然と落ち着いていくと言われています。

その他、単純に口が寂しくてタバコが吸いたくなるという人も多いので、スナック菓子などもあると良いかもしれません!

海外旅行に行く前に、好きなお菓子を買い出ししておくと、よりストレスなく飛行機移動ができますよ!

3.ニコチンパッチを貼る

禁煙用アイテムが増えている昨今、ニコチンパッチなども増えています!

これは身体に貼っておくことで、吸いたい気持ちを抑えることができるものです。「もう数秒数分我慢するのも苦痛」という人は、こちらのニコチンパッチを貼っておくようにしましょう。

あの吸いたい気持ちは、ニコチンなどに依存しているからこそ沸き立つ感情です。つまり、その感情をニコチンパッチで刺激してあげれば、満足してくれるでしょう。

飛行機に持ち込む時の注意点

タバコやライターは形状もそれぞれ違いますし、タイプも違います。そのため、飛行機に持ち込む際には注意しておきたいことも多いです。

1.持ち込める個数

タバコは良いのですが、ライターに関しては1個と決められています。これは揺るぎないものなので、当然ですがそれ以上持ち込もうとすると没収されてしまうでしょう。

この持ち込める個数は、どの飛行機でも1個ということが一般的です。ただ、世界の航空会社や空港によって、状況も違ってくるかもしれません。人によっては1個だけだったのに没収されたという人もいます。

持ち込める個数は、事前に航空会社や空港を調べておくようにしましょう!

2.形状やタイプ

タバコは基本的に持ち込みに制限はないのですが、ライターの場合は形状やタイプによって持ち込めるかどうかも大きく変わってきます。

基本的にどの航空会社や空港でも、使い捨てライターやオイルライター、マッチが一般的です。それ以外のライターは形状やタイプによって没収されることもあります。

そちらも事前に確認しておくことが必要となってくるでしょうね。

まとめ

普段からタバコを吸っている人は、海外旅行の時も必要となるでしょう。もちろん、吸うためにはライターも必要となります。最近は電子タバコも主流ですよね。ただ、これらは飛行機にスムーズに持ち込めるというものではありません。

個数やタイプ、形状によって大きく変わってくるので、飛行機に乗る時には注意するようにしてくださいね!

ここで紹介したタバコ・ライターの機内持ち込みの方法を参考に、愛煙家の方は対策をしておきましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。