海外旅行でタバコやライターは預け荷物?飛行機で機内持ち込み手荷物にする方法

ハル
どうも!完全無欠のニコチンバスターこと「CHICKEN JOURNEY」のハルです!

海外旅行に行く時であっても、喫煙者の方にとっては欠かせない持ち物の1つがタバコやライターではないでしょうか?
近年は電子タバコが必需品の人もいますね。

そんな人たちにとっての難関が飛行機です。
飛行機ではタバコやライターの預け入れも持ち込みもそれぞれルールを設けており、それに従わないと……大変なことになります!
でもどのような制限なのかわからない人もいるのが事実。

そこで、ここではタバコやライターを預け荷物や機内持ち込み手荷物にする方法について詳しく解説します。
電子タバコについても解説するので要チェック。
さらには我慢する方法についても紹介しますね。

飛行機の火気と電子機器に関する制限

世界各地を繋ぐ航空会社では飛行機の搭乗に関して厳しいルールを設けており、乗客はそれに従うことが必要です。
特に注意しておくべきは火気に関する制限

海外旅行初心者の人は紙巻タバコや電子タバコはもちろん、ライターやマッチをどうすべきか迷ってしまうと思います。
でも、ルールを知っておけば心配は無用です!

ここからは航空会社が設定している火気に関する制限を解説するので、預け荷物にする人も機内持ち込み手荷物にする人も確認しておいてくださいね。

ただ、国によってはもちろん、それぞれの国の国内線と国際線でルールが異なるのでそこは注意が必要となります。
また、時代背景によって航空会社ごとにルールが改定されることもあるので、航空会社に直接問い合わせるのが安心です。

1.紙巻タバコの制限

紙巻タバコの預け荷物・持ち込み手荷物制限は以下。
なお、1人当たり200本までが免税範囲です。
それを超過すると税金がかかるので要注意。

  1. 預け荷物の制限:個数制限なく預け入れ可能
  2. 持ち込み手荷物の制限:個数制限なく持ち込み可能

2.電子タバコの制限

電子タバコの預け荷物・持ち込み手荷物制限は以下。
扱いとしては爆発や燃焼の可能性がある危険物であり、リチウムイオン電池を搭載した携帯型電子機器となるので注意してください。

  1. 預け荷物の制限:原則として預け入れ不可
  2. 持ち込み手荷物の制限:条件付きで持ち込み可能

3.ライターやマッチの制限

タイラーやマッチの預け荷物・持ち込み手荷物制限は以下。
扱いは発火の可能性がある危険物となります。

  1. 預け荷物の制限:原則として預け入れ不可
  2. 持ち込み手荷物の制限:条件付きで1個まで持ち込み可能

海外旅行に一眼レフカメラ持参!飛行機で機内持ち込み手荷物にする方法

2018年1月9日

飛行機でタバコを我慢する方法!長時間フライトも耐えられる禁煙のコツ

2019年9月25日

タバコやライターを飛行機の機内持ち込み手荷物にする方法

ヘビースモーカーほどの喫煙者であればあるほど、海外旅行でもタバコやライターが手放せないのではないでしょうか?
僕はタバコも吸わない非喫煙者ですが、職業がライターなので吸いたい人の気持ちもちょっとだけ……わかります!笑

ただ、タバコやライターは預け荷物にする際にも持ち込み手荷物にする際にも、航空会社のルールを守ることが必須となります。
当然ながらマナーを守ることも大切ですよね。

基本的に紙巻タバコは預け荷物でも持ち込み手荷物でも個数の制限がないので、特別なことがない限り心配する必要はありません。
免税範囲などの注意が必要なものの、現地で吸う分しか持っていかないということならまず大丈夫です。

ただ、電子タバコは預け荷物にはできないので注意しなくてはなりませんし、持ち込み手荷物にする際にも厳重な管理が必要です。

また、ライターやマッチも預け荷物では不可
基本は機内持ち込みのみにしか対応していません。
個数も1つまでと決まっていて、使い捨てライターやオイルライターやマッチのみが持ち込み可能となっています。

航空会社ごとにわかりにくい規定があるので、そこはルールやマナーと合わせて確認しておくようにしましょう。
ここからはタバコやライターを機内持ち込み手荷物にする方法を紹介するので、愛煙家は出発前にチェックしてくださいね!

1.チェックインカウンターで預け入れ

飛行機に乗るためには、まずそれぞれ搭乗する航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けることが必要となります。

航空法では爆発や燃焼、危害や損傷の可能性があるもの危険物と定めており、搭乗機への預け入れや持ち込みを制限しています。
タバコやライターは燃えやすいものということもあり、航空法での扱いでは立派な危険物!

紙巻タバコは預け荷物でも持ち込み手荷物でもOK。
免税範囲であれば出入国の際、申告義務もなし。
ただし、電子タバコは預け荷物にはできません。
危険物や電子機器の扱いなので、安全管理をしっかりしつつ飛行機の機内へ持ち込むことが必要となります。

ライターやマッチも預け入れすることは不可。
そのため、原則は機内に持ち込むのが鉄則です。
ライターやマッチの持ち込みは1個までで形状やタイプによっては禁止となっているため、持ち込みに関しては注意してくださいね!

なお、国内線と国際線ではルールも若干変わってくるので、利用する航空会社ごとに確認しておくのが安心だと思います。
また、航空法は改定となることもあります。
渡航前にそちらも確認しておくと安心です。

2.セキュリティチェックを通過

保安検査場や手荷物検査場などのセキュリティチェックを通過する際、ライターやタバコを確認されることは原則としてありません!
ただ、近年は電子タバコの持ち込みも増加したことで、日本の他にも国によってはチェックされることがあるのは要注意です。

空港によっては火気の危険性があるものは一度チェックされることもあるため、指示があればすぐに取り出してくださいね!
金属探知機などを通過する際には、タバコもライターもトレイに入れて赤外線でチェックを受けておくとより安心です。

日本では没収されることもまずないと思いますが、常識の範疇を超えるタバコや特殊なライターは没収される可能性があるので注意。
海外では電子タバコを没収されたり、持ち込み禁止だったりする例もあるので、そこは現地のルールに従いましょう。

3.搭乗する機体へ持ち込み

紙巻タバコや電子タバコはそのまま持ち込み可能ですので、セキュリティチェックを無事通過したなら搭乗ゲートに向かいましょう。
ただ、ライターやマッチは1つだけなので注意。

出発時間になってゲートが開けばいよいよ搭乗。
ここで機内に持ち込む手荷物を確認されるということはないので、搭乗券を見せてそのまま飛行機に乗り込んでくださいね。

ただ、間違って預け荷物の方に電子タバコやライターやマッチを入れてしまっている人も多いので、稀に呼び出しを受けることも!
搭乗ゲートでの呼び出しは以下のような文言。

「○○便にご搭乗予定の○○様、お伝えしたいことがございますので、○○番ゲートまでお越しください」

このようなアナウンスで呼び出されるとドキッとしますが、その多くは荷物に関するものなのですぐに該当のゲートに向かってください!
何か指示があればそれに従いましょう。

4.バッグやカバンに収納

何事もなく無事に飛行機に乗ることができたら、もう紙巻タバコも電子タバコもライターもマッチも出番はありません!
飛行機内は完全禁煙で火気厳禁なので、誤作動を起こさないように安全なところに収納しておくようにしてください。

衝撃によってオイルやリキッドが漏れたりすることはもちろん、圧迫によって紙巻タバコが破けてしまったり、電子タバコの電源が入ったりすることもあるかもしれません。

特に足元に置くと自分で踏んだり他の乗客に踏まれたりするので、極力は頭上の収納棚に入れておく方が安心だと思います。
そもそもこれらの火気は全面的に使うことができないため、離陸から着陸まで利用することもまずありません!

また、周辺の座席に子供がいることもあるので、ライターもタバコも手が届くところには置いておかないようにすることが重要です。

さすがに他人の子供が自分の荷物を漁るということはないでしょうが、万が一にもライターやタバコが見つかれば大惨事に!
そこまで大袈裟ではないですが、管理には十分注意してください。

飛行機に持ち込む際の注意点

タバコやライターに関しては国内線と国際線でルールが違う他、個数や数量、形状やタイプ、喫煙や使用、免税範囲や税金申告もそれぞれ違ってくるため注意が必要です。

飛行機に持ち込むとは言っても、預け荷物にするのか持ち込み手荷物にするのかによっても全然違ってくることも……。
そこで、ここからは飛行機に持ち込む際の注意点を紹介するので、海外旅行に持っていく人は確認しておきましょう。

最悪、国によっては罰金や逮捕の可能性も!
たかがタバコやライターですが、国によっては禁止しているところもあれば、没収しているところもあるので注意してください。
できる限り渡航先の情報も調べておきましょう。

1.国内線と国際線

飛行機は国内線と国際線ではルールが違います。
国内線ではタバコやライターがOKでも国際線ではNGとなることもあるため、海外旅行で搭乗する航空会社ごとに確認が必要です!

国によっては法律で禁止しているところもあるため、誤って預け荷物や機内持ち込み手荷物にして罰金や逮捕……なんてことも!
せっかくの海外旅行なのに、そんなことになってしまっては思い出も灰色に染められてしまいます。

感覚としては国内線よりも国際線が厳しく設定されているため、渡航する国ごとにルールをしっかり確認しておきたいところです。

2.個数や数量

タバコは個数や数量がオーバーするということはほとんどないですが、ライターやマッチに関しては原則1個と決められています。
これは例外がなく、誰であっても絶対に1つまで!
それ以上の持ち込みは禁止で没収が確実です。

持ち込める個数や数量は航空法で決められているので、どの航空会社でも1個までなのですが、これは日本でのことです。
海外の航空会社ではルールもまた違ってくるため、世界各地の航空会社ごとにどのような決まりなのかを調べておきましょう。

また、免税だからという理由でタバコを大量に購入する方がいますが、出入国の際に免税範囲を超えていると課税対象となります。

3.免税範囲と税金申告

日本では1人に対して1カートン相当の日本製タバコ200本と外国製タバコ200本までが免税範囲となっているので注意してください。
それを超える分には税金がかかってしまいます。

免税範囲を超えた分は1本ごとに11.5円の課税となり、免税範囲を超過しているにも関わらず無申告だと罰金を払うことに!
免税店で購入すれば安く買えることも多いですが、課税対象となる文が多いとそこまで変わらないこともあるので注意しましょう。

単純に吸う目的で海外に持っていく分には大丈夫ですが、海外で珍しい銘柄のタバコをお土産に購入する人もいるかもしれませんね。
1カートンを超える分を購入する際には申告が必要となるため、そこは出入国の際のことも考えて購入することをおすすめします。

4.形状とタイプ

紙巻タバコは基本的に持ち込みに制限はないのですが、近年は電子タバコの登場によって状況も大きく変わりつつあります。
利用する海外の航空会社によって持ち込みできないこともありますし、預け入れすらできないこともあるので注意してください。

また、ライターやマッチは形状やタイプによって持ち込めるかどうかも大きく変わってくるため、良く確認しておきましょう。
基本的にどの航空会社や空港でも使い捨てライターやオイルライター、普通のマッチであれば許可していることが普通です。

ただし、それ以外のライターは没収されることも!
以下、ANAやJALで禁止しているライターです。

  1. オイルタンク式ライター
  2. 葉巻用ライター
  3. プリミキシングライター(ターボライター、ジェットライター、ブルーフレームライター)

これらは受諾手荷物などの預け荷物にもできないですし、機内持ち込み手荷物にもできないので十分に注意してください。

5.喫煙や使用

タバコもライターも飛行機内では厳禁
電子タバコは火も煙が出ないものが多いので大丈夫だと思っている人もいますが、ANAやJALに聞いた限りでは全面禁止とのこと!

理由としては火や煙が出ないものだとしても他の乗客が不快に思うことも多く、分煙の時代においては迷惑だと感じる乗客も多いため。
当然、電子タバコだけではなく他の喫煙器具もNG!

さらには電子タバコ本体や予備バッテリーを機内で充電することも禁止されているので、そこも注意が必要となります。
つまり、持ち込んだとしても出番はないということ。

飛行機に灰皿がある理由

近年は飛行機内は完全禁煙となっているのですが、実は昔は普通にタバコを吸うこともライターを使うこともできたのです。
機内での一服も普通だった時代なんて驚きですね。

しかし、近年はほとんどが全面禁煙なので注意!
万が一にもタバコを吸おうものなら、キャビンアテンダントから注意を受けるだけではなく、乗客にも嫌がられてしまいます。

その一方で、飛行機に灰皿があるという矛盾
そもそも飛行機に灰皿がある理由……それはかつての名残で、タバコもライターも許可されていた時代の産物なのだとか。
また、勘違いした人が誤って吸ってしまった際、すぐにタバコの火を消せるように灰皿が残されているという説もあります。

事実、ライターやタバコを持ち込むことができて灰皿もついているとなれば、飛行機で吸えると思っても不思議ではありません。
ただ、今は禁煙なので絶対に吸わないように!
もちろん、電子タバコでもダメなので注意です。

まとめ

愛煙家にとっては海外旅行の移動が1つの壁です。
時代はより喫煙者に厳しく非喫煙者に優しくなっているため、もともと吸っていた人は「納得できない」なんて思うかもしれません。
ただ、今までは吸わない人が我慢してきた時代なので、そこは甘んじて受け入れることが必要です。

飛行機では紙巻タバコと電子タバコ、ライターとマッチそれぞれルールが違っており、預け荷物なのか持ち込み荷物なのかも違います。
扱いも危険物や電子機器とされることがあるため、そこは航空会社ごとに確認しておくようにしておきたいです。

ここで紹介したタバコやライターの機内持ち込みの方法を参考に、愛煙家の方はルールとマナーを守って海外旅行を楽しんでくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です