空港は何分前・何時間前に到着?国内線・国際線チェックイン時間目安

「空港って何時までに着けば良いの?」

どうも!
常に10分前行動の優等生、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

空港には何分前・何時間前までに到着すべきなのかって迷いませんか?
海外旅行や国内旅行で利用する国内線や国際線では、チェックインの時間やセキュリティチェックの時間もそれぞれ異なります。

人によっては飛行機に乗るまで1時間~2時間ほどかかることも……。
そこで、ここでは空港に何分前・何時間前に到着すべきなのかを国内線・国際線別に解説します。

飛行機は状況によって大きく変化するので、できる限り早めの行動を!
空港も大型連休や長期休暇の際には混雑するので、目安よりも早い行動が必要です。

空港到着の理想時間と限界時間

海外旅行でも国内旅行でも、飛行機を使うことが多いですよね。
そんな時、空港には何分前・何時間前に到着すれば良いのか迷う人も多いのではないでしょうか?

具体的に「何時までに到着すれば良い」ということは言えません。
飛行機の出発時間はそれぞれ異なるので「何分前・何時間前までに到着すれば良い」という指標で判断するとわかりやすいかと思います。

下記、目安となる理想時間と限界時間です。

  • 理想時間:国内線は1時間前、国際線なら2時間前
  • 限界時間:国内線は30分前、国際線なら1時間前

あくまでも空港や飛行機の状況によって左右されるため、早めに行動してください。

また、理想時間でもギリギリになることがあります。
限界時間は間に合わないことも多いですし、空港が混雑しておらず、航空会社への連絡などを事前に入れた時などに限ります。

極力は理想となる時間を目安にして行動するようにしてください。
ただ、空港ではトラブルが発生することもあるので、可能なら国内線は1時間30分前、国際線は2時間30分前くらいには空港に到着しておきたいですね!

飛行機の乗り方・降り方!空港到着後の国内線・国際線の流れ

2017年6月27日

国内線と国際線には何分前・何時間前までに到着?

国内旅行では国内線、海外旅行では国際線を利用することが多いですよね。
ただ、どちらも空港には何分前・何時間前までに到着すべきなのか判断が難しいです。

大まかに1時間前や2時間前とは言われるものの、空港では航空会社カウンターや手荷物検査場、保安検査場、出国審査などなど通過するステップごとに必要となる時間も変わってきます。

ここからは国内線と国際線で何分前・何時間前に到着すれば良いのか解説します。
状況によって大きく異なるので、あくまでも1つの目安として参考にしてください。

大型連休や長期休暇などハイシーズンには1時間~2時間ほど早めに行動しましょう。
オフシーズンでもゆとりを持って行動すると混雑していても安心です。

なお、ここではANAやJAL、LCC各社を基準としています。
空港はもちろん航空会社によっても時間は変動するので、利用するものごとに直近の情報を調べておくとより安心できると思います。

1.国内線は何分前・何時間前までに到着?

ここからは国内線は何分前・何時間前までに到着すべきか解説します。
国内線の場合は出発の1時間前を目安に空港に到着するようにしましょう。

1-1.チェックイン・手荷物は何時までに?

・理想時間:1時間~1時間30分前
・限界時間:20分~30分前

国内線のチェックインや手荷物は1時間前~1時間30分前に済ませておきましょう。
ANAやJALの搭乗手続きだと20分前を締め切り時間に設定しています。
LCCでは20分前~30分前を締め切り時間としていることが多いです。

1-2.手荷物検査・保安検査は何時までに?

・理想時間:40分~1時間10分前
・限界時間:15分~25分前

国内線の手荷物検査や保安検査は40分~1時間10分前には通過しておいてください。
ANAやJALは15分前を締め切り時間として定めていますね。
LCCだと厳密に決めているわけではありませんが、25分前が締め切り時間の目安です。

1-3.搭乗口は何時までに?

・理想時間:30分~40分前
・限界時間:10分~20分前

国内線の搭乗口までは30分~40分前に到着しておきたいですね。
ANAやJALでは10分前を締め切り時間としているので、それまでには待機しましょう。
LCCになると各社で違うものの10分前~20分前が締め切り時間となることが多いです。

2.国際線は何分前・何時間前までに到着?

ここからは国際線に何分前・何時間前までに到着すべきか解説します。
国際線の場合は出発の2時間前を基準に空港に着くようにしてください。

2-1.チェックイン・手荷物は何時までに?

・理想時間:2時間~2時間30分前
・限界時間:40分~1時間前

国際線のチェックインや手荷物は2時間前~2時間30分前には済ませてください。
ANAやJALだと搭乗手続きの締め切り時間が40分前となっています。
LCCだと1時間前に締め切ってしまうところもあるので要注意ですね。

2-2.手荷物検査・保安検査は何時までに?

・理想時間:1時間20分~1時間50分前
・限界時間:30分~50分前

国際線の手荷物検査や保安検査は1時間20分~1時間50分前までに通過しましょう。
ANAやJALだと締め切り時間が30分前ということが多いです。
LCCだと締め切り時間が50分前になっていることもあります。

2-3.出国審査は何時までに?

・理想時間:1時間20分~1時間50分前
・限界時間:30分~50分前

国際線には出国審査というものがあります。
近年は自動審査でスムーズになっていますが、まだまだ手動審査も多いです。
航空会社各社というよりは空港全体の規定で、海外に渡航する時には必ず通る必要があります。

こちらは1時間20分~1時間50分前を目安にしておきましょう。
今後はよりオートメーション化で早くなりそうですが、最低でも30分~50分前には通過するようにしましょう。

2-4.搭乗口は何時までに?

・理想時間:50分~1時間前
・限界時間:10分~40分前

国際線の搭乗口は50分~1時間前には到着しておくように。
ANAやJALでは10分前が締め切り時間なのでできれば20分前に待機してください。
LCCだと40分前が締め切り時間に設定されていることもあるため、早めにゲート前に集合しておく方が安心です。

飛行機に間に合わない時はどうする?

旅行当日は予測不可能なことが発生することもあります。
交通機関の不具合があったり、渋滞に巻き込まれたり、駐車場に止められなかったり、はたまた寝坊したり、迷子になったり……。

まずは利用する航空会社に連絡してください。
もしくは利用した旅行会社や旅行代理店に連絡しましょう。

ANAやJALなどの一般航空会社であれば航空券の予約変更が可能です。
間に合いそうな時間に予約を変更してもらいましょう。

ただ、変更手数料がかかることもありますし、飛行機の座席がすでに満席ということもあるので、余裕を持って予約変更しておくと良いです。
一般航空会社であってもキャンペーンやセールの割引航空券、早割や直前割など特殊な条件がある航空券は変更ができないこともあるので気をつけてください。

その他の格安航空会社であれば航空券の変更ができないことが多いです。
変更できない場合は予約取り消し扱いとなり、予約し直すことが必要となります。
購入し直すことになるので無駄な出費となることも……。

出発まで連絡がない場合は、そのまま取り消しとなります。
そうなると予約した飛行機には乗れないので注意してください。

ギリギリ間に合いそうな場合は、電話することで待ってくれることもあります。
ただ、これは本当に出発時間ギリギリの時だけなので、明らかに遅れる場合は待ってくれるということはありません。

状況に合わせて上手に対処することが必要ですね。

なお、空港には到着しているのに混雑していて時間がかかることもあるかも。
特に手荷物検査場や保安検査場、出国審査などは大勢の人がいて通過できないことも。
そういう理由で飛行機に間に合わないなら、近くの地上係員に相談してください。

すでにチェックインも手荷物も済んでいるにも関わらず遅れそうな時には、優先して搭乗口まで案内してもらうことも可能です。

まとめ

空港は何分前・何時間前に到着しておくべきなのか迷ってしまうことも多いです。
目安としては国内線だと1時間前、国際線だと2時間前が安心です。
ただ、空港は状況も毎回違い、航空会社でも条件が違ってきます。

チェックインカウンターはもちろん、手荷物検査場や保安検査場、出国審査、搭乗ゲートなどなど、飛行機に乗るまでに多くのステップが必要です。
締め切り時間を過ぎてしまうと、原則としては飛行機に乗れません。
そのため、利用する各社ごとに調べて、早めに行動してくださいね。

ここで紹介した空港には何分前・何時間前に到着すれば良いのかを参考に、遅刻しないように飛行機に乗ってくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。