海外旅行の空港ホテル間の送迎は必要?旅行会社や客引きで断る方法

海外旅行をする時、空港ホテル間を送迎してもらうかって迷いますよね!正直「自分で移動するのは大変そう」「送迎だけで数千円はもったいない」という声も多いです。そこで、ここでは海外旅行の空港ホテル間の送迎が必要かどうかや上手に断る方法を解説をします!

海外旅行の空港とホテルの送迎は必要?

どうも!幼稚園はいつも送り迎えしてもらっていたチキンジャーニーのハルです!

まったく知らない空港、どこにあるかわからないホテル……海外旅行は不安もいっぱいですよね。僕も知らない国に行く時は、やっぱり空港とホテルの間の移動が不安だったりします!

交通機関を使うって方法もあるんだけど、間違ったらどうしよう!!!……そんな時、便利なのが送迎サービスです!

送迎サービスは色々な会社が提供しており、現地のオプショナルツアーや現地ツアーを取り扱う会社が対応していることが多いです。予約は日本の旅行会社を通して行うことができる他、ツアーの予約に特化したサイトなどでも可能となっています。

僕の場合、基本的に送迎は予約するようにしています!

やはり何時間も飛行機で移動してから、現地でまた交通機関を見つけて移動するというのは骨が折れます。翌日からの観光に響かないように大人しく送迎してもらった方が楽なんですよね!移動が気になって現地に到着してからもドタバタするなら、送迎してもらった方がホッとしませんか?笑

送迎サービスが必要なのかどうかは人によって違うのですが、海外旅行初心者は予約していた方が安心です!

もちろん、一人旅やバックパッカーなど、より旅を楽しみたいのなら自分で見つけて移動しても良いかもしれませんね。ただ、交通機関が充実している国ばかりではないので、インフラが整っていない国などは特に注意が必要です。

海外旅行の送迎のメリット

ここからは海外旅行の送迎サービスのメリットを紹介するので、予約の参考にしてみてくださいね!

1.移動手段を探さなくて良い

空港に到着したのは良いものの、そこからホテルに行くためにはどのような移動手段があるのかを考えなくてはなりません。一般的なのは交通機関を利用することですが、必ずしも交通機関が整っているとは限りません。

そんな時でも、送迎サービスを予約しておけば移動手段を探す必要がないのです!

予約している場合は、予約名が書かれたプレートを持って係員が待機してくれています。その人に予約してあることを予約確認書と一緒に伝えれば、すぐに送迎してくれます。手間も面倒もまったくありませんね!

2.確実に移動できる

現地の交通機関はわかりづらいことも多いです。飛行機疲れを引きずっていると、移動の際に間違ってしまうことも多くなります。気づいた時には「あれ?ここどこ?」なんてことも……そんなの恐いですよね!笑

また、タクシーを使う場合、ドライバーが場所を把握していないこともあります。アジアや中東、アフリカや南米などは、場所がわからなくてもとりあえず客を乗せて走り始めてしまうということもあるそうで……もう恐怖でしかありませんよね!

送迎サービスを日本から予約していけば、とりあえずは確実に移動することができるので安全です!

3.飛行機の遅延にも対応してくれる

飛行機によっては、現地の到着時間が遅れてしまうこともあります。雨や雪、霧に機材の不調などなど、飛行機の遅延は意外と頻繁に発生するものです。

そんな時でも送迎サービスを予約しておけば、遅延すれば遅延した時間に対応して待機してくれるのです。遅れそうな場合は早めに連絡しておくと、送迎サービスの人も対応しやすくなりますね。日本を出発する時点で遅延が決定している場合は、送迎サービス会社に連絡しておくと安心です。

基本的には送迎サービスの予約時に、乗車するフライト便名とフライト時間を伝えるので、状況によってしっかりと合わせてくれます。これが送迎サービスの大きな魅力だと思いますよ!

4.待たなくても良い

現地空港への到着時間が、夜中になってしまうこともあるかもしれません。そんな時、交通機関が動くまで待機しなくてはならないこともあります。タクシーがなかなか見つからないこともありますし、車を手配するにも時間がどうしてもかかってしまうんですよね。

送迎サービスは到着時間に待っていてくれるので、待たなくて良いです!これ、本当に楽なんですよね!

荷物をピックアップして入国審査と税関を通過すれば、すぐに送迎車に乗ってホテルに向かうことができます。長時間フライトで疲れそうな人は、ぜひとも予約しておくべきだと思います!

5.言葉がわからなくても大丈夫

英語が話せる人は良いですが、僕みたいに英語がなかなか話せないという人にとっては、移動する時に言葉がわからなくてパニックになるということも多いですよね!

送迎サービスさえあれば、言葉がわからなくても大丈夫です。自分の名前をローマ字で書いたプレートを持っている人がいるので、その人に予約している旨を伝えるだけで送ってくれますよ。

また、英語が世界共通語と言われていますが、意外と英語が通じる国というのは少ないです。英語圏以外に旅行する時も、送迎サービスはあった方が良いと思います。

海外旅行の送迎のデメリット

ここからは海外旅行の送迎サービスのデメリットを解説するので、ぜひぜひ予約の検討に活用してくださいね!

1.料金が高い

普通に交通機関を使って移動するよりも、送迎サービスは料金が高いです!本当に高い!

送迎サービスの中には「ミネラルウォーター1本付き!」なんてキャンペーンをやっているところもありますが、水1本じゃ補えないほど料金は高いです。交通機関の相場の1.5倍ほどの送迎サービスもあれば、2倍~3倍ほどかかる送迎サービスもあります!

こればかりは送迎してもらうわけなので仕方ないですが、安く海外旅行したい場合には送迎を削った方が良いかもしれません。そもそも旅人と呼ばれる人は、送迎などほとんど使わないと思いますけどね!笑

2.寄り道ができない

送迎サービスはタクシーではないので、目的地と目的地を結ぶだけの移動となります。途中に「あ!あの店入ってみたい!」「お!面白そうなところ発見!」と思っても、途中で止まってもらうことはできません。

もちろん「ちょっと止まってくれませんか?」と言えば対応してくれるドライバーもいますが、ほとんどの場合は送迎が完了するまでは止まりません。

寄り道したいと思っている方は、やはり交通機関を使った方が良い場合もあります。ただ、送迎してもらってからでも観光はできるので、そこまで急がない人は送迎サービスでも十分だと思いますよ!

3.混載になることがある

送迎サービスの中で近年増えているのが混載です。現地の会社としては、やはり一度に大勢の人を乗せた方が効率が良いですからね。逆にプライベート送迎車なんてものも増えていて、どちらかを選べるようにもなっています。

疲れている中で混載移動となるのは意外と体力を使います。また、他の人の送迎先にも立ち寄っていくので、普通よりも時間がかかるんですよね!

そういう混載が嫌な人は、プライベートで乗れるタクシーの方が良いということもありますね。

海外旅行の送迎を上手に断る方法

海外旅行を楽しむためには、移動もまた楽しむべきですよね。知らない世界に飛び込んで、その国の交通機関を使って移動するというのは、かなりワクワクするものです!

そのため、送迎に関しては断りたいという人も多いかもしれません。ただ、そんな時、どのように断れば良いのでしょうか?

ここからは上手な断り方について紹介するので、ぜひ試してみてくださいね!

1.旅行会社に聞かれた場合

旅行会社を通して飛行機やホテルを予約した時、よく聞かれるのが「送迎サービスは必要ですか?」ということですよね。必要なら「必要です」、必要ではないならい「必要ではありません」と答えれば良いです!

近年は現地ツアーに含まれていて、必要であれば予約するという選択肢が多くなっています。必要ない場合は、そのまま現地に飛んで、自分の力で移動してみましょう!

なお、断りたい場合は、旅行会社に最初から送迎の必要がないことを伝えておけば良いだけです。断るのに気を遣う場合は、最初に必要ないことを伝えて起きましょう。そうすれば寄り道し放題ですし、旅を思う存分楽しむこともできますね!

2.客引きに聞かれた場合

現地の空港やホテルの周辺では、「俺の車綺麗だぜ?」「どこかに行くのかい?」「乗ってけよ!」と声をかけられるのは普通です。もうめちゃくちゃ客引きはしつこいです!

そういう客引きは高確率でぼったくりなので、極力は断るのが賢明です。しかし、あまりにも圧力のある誘い方に負けて、そのまま送迎を頼んでしまうということもあるかもしれません。

こういう客引きの場合の断り方は、無視するのが一番です。現地の人に話しかけられて無視するのは心が痛いかもしれませんが、相手は「安くするよ(観光客だから吹っかけよう)」と思っているのが普通です。無視するのが一番効果的で楽な方法です。

その他、どうしてもうるさい場合は「No thank you!」とだけ言い放って逃げましょう!笑

まとめ

海外旅行に慣れていない人は送迎があると便利です。もちろん一人旅やバックパッカーはホテルや飛行機すら決まっていない人も多いので、送迎の必要もないかもしれません。ただ、やはり送ってもらえるというのは楽ですし、安心ですよね!

もちろん送迎してもらうかどうかは人それぞれなので、ここで紹介した海外旅行の送迎の必要性、断り方などを参考に、ストレスのないよう上手に移動してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です