海外旅行の旅先で気を付けたい食べ物・飲み物の注意点5選

海外旅行の楽しみと言えば、やっぱりグルメですよね!しかし、海外旅行では「水道水は飲んじゃダメ」「生野菜には気を付けて」など、不安な情報が飛び交っているのもまた事実!せっかくの海外旅行でお腹を壊したら大変ですよね!そこで、ここでは海外旅行の旅先で気をつけたい食べ物・飲み物の注意点を紹介します!

食べ物・飲み物の注意点

どうも!クセがなくてまったく覚えてもらえないチキンジャーニーのハルです!笑

海外旅行ではグルメも楽しみの1つですが、海外旅行先によっては「これ大丈夫かな?」なんて思ってしまうこともあります。もちろん、過剰に嫌がると現地の人に失礼ですが、やはり衛生面など、日本よりも劣っている国は多いです!

そこでここからは海外旅行で知っておきたい食べ物や飲み物の注意点を紹介します!

食事に関するアレコレは、知っておいて損はありません。海外旅行での食事が不安であれば、以下の点に気を付けてみてくださいね!

1.食事の前後に手洗い・うがい

海外旅行で病気や体調不良になる原因の多くは、食べ物や飲み物です。それらに病原菌がいる場合、多くの人は、手を経由して口から感染することが多いです!

食事の前後に手洗いとうがいをすることによって、リスクを未然に防ぐことが可能です。ただ、明らかに不衛生な水で手洗い・うがいしても意味がないので、利用するのは市販の水が良し!でも、ミネラルウォーターとかだともったいないので、そこは適宜判断してくださいね!

もちろん、毎回手洗いやうがいができるわけではないので、清潔なウェットティッシュなどを日本から持参することをおすすめします!

これも命を守るため!できれば石鹸を利用して洗うのはもちろん、消毒されたものを使うなど、気をつけておきたいですね!

2.水道水や生水を飲まない

海外旅行に行く時、よく聞くのが「水道水は飲まないで」「生水に気を付けて」ということですよね。もちろん、国によっては水道水や生水を飲める国もありますが、極力市販されている水を飲むようにしましょう。

コンビニやスーパーで販売されているミネラルウォーターであれば、衛生面は安心できることが多いです。

水道水や生水には、色々な菌が繁殖している可能性もあります。インフラが整っていない国などに行く場合は、特にその手の水は飲まないこと!どうしても不衛生な水を飲まなければいけない場合、1分~3分沸騰させて飲むと安心です。

また、日本は基本的に軟水なのですが、海外は硬水のところも多いです。その場合は、水が綺麗でも腹痛を引き起こしたりするので気を付けてくださいね!

……まぁ、屈強な旅人になると水道水でも普通に飲んでしまうようですけどね。僕も「飲んじゃダメ」と言われる国で水道水を飲みましたが、特に体調の変化はありませんでした!ただ、極力は飲まないのが正解かもしれません。

3.氷にも注意しておくべき

海外では、不衛生な水をそのまま氷にしている国もあります。ジュースなど大手メーカーが提供している安心できるものでも、それを冷やすために氷を使っている場合は注意が必要。

また、冷蔵庫・冷凍庫の機能が低い場合もあるので、その店の食料品にも気を付けておくことが必要です。食料品の管理が杜撰はところは、やっぱり怖いですよね。

衛生面の管理が行き届いている国であれば大丈夫ですが、それ以外の国では氷にも注意しておきたいところ!

4.生肉・生焼けは口にしない

海外の高級レストランや世界的なチェーン店だと大丈夫ですが、衛生状態が良くない環境での生肉や生焼けは注意が必要です。食べるものはしっかり火が通っているかどうか確認してください。

本来、危険な菌や微生物であっても、火を通せば大丈夫なものも多いです。しかし、海外では生焼けの魚や生の肉などが普通に出てくることも・・・。食べ物は調理済みかつ時間が経過していないものを食べましょう!

心配な場合は極力食べないようにし、場合によってはもっと焼いてもらうように注文するなど、自分で危機管理をすることが必要です。

5.野菜や果物に気を付ける

海外旅行では、現地の人の好意で野菜や果物を出してもらえることもあります。そういうものは、不衛生な水で洗浄されていることも多いです。また、虫や菌、微生物がそのままなんてことも!

もちろん、現地の人は悪気がないのですが、気になる場合は注意したいですね!

僕の場合は現地の人が出してくれたものは基本食べますが、腹痛になることもしばしば!いつか死ぬんじゃないかなと思っております!笑

野菜や果物は、調理の段階でもサラダだったり、そのままだったりすることも多いです。注意しておいて損はないでしょう!

過剰反応しすぎるのはNG

僕はベトナムで水道水を飲みましたし、マレーシアで果物も野菜も食べました!腹痛にはなることもありますが、重篤な体調不良なんて全然なりません!

海外旅行先での食べ物・飲み物は注意すべきですが、過剰反応しすぎるのも良くありません。現地の人はそれを普通に食べているし、飲んでいるわけです。それを日本人が「危ない」「汚い」と言って拒否するのも、僕はどうなのかなと思ってしまいます!

ただ、自分の身を守れるのは自分だけなので、危険だと思った場合は気を付けておくに越したことはありませんね。どうやって対応するのかは、自分の判断で考えてみてくださいね!

まとめ

海外旅行先での食事は、危険な食べ物や危ない飲み物もあります。悲しいことに、それは事実でもあります。だからこそ自分で気をつけておくことが必要ですね!

こちらで紹介した注意点は、あくまで目安となるものです。それぞれの国や地域によって、注意点はさらに変わってくるでしょう。自分が渡航する国の食事事情を調べてみて、そこから注意点を判断していくことが必要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です