海外旅行に一緒に行きたくない人の特徴!誘われても断りたい要注意人物

「こんな人とは一緒に旅行したくない!」

どうも!
人見知りが引くほどの人見知り、「CHICKEN JOURNEY」のハルです!笑

海外旅行に行くのが決まったのは良いけれど、ある懸念材料が……。
それは一緒に行きたくないと思う人がいるということ。
相手によっては行きたくないと思う人もいるのではないでしょうか?

しっかり計画もして予約も購入も準備万端なのに行きたくない。
実はそう思ってしまう原因のほとんどが同行する相手で左右されます。
そこで、ここでは海外旅行に一緒に行きたくない人の特徴を紹介します!

人によっては仕方なく社員旅行や卒業旅行に参加することもあるかも。
では、そもそもどういう人とは行きたくないと思ってしまうのでしょうか?

海外旅行で一緒に行きたくない人の特徴

海外旅行をするなら誰かと一緒に観光することも多いですよね。
彼氏や彼女など恋人と行く人もいるでしょうし、友達や親友など友人と行くという人もいるかもしれません。

……本来なら海外旅行は楽しいことだらけ!
でも会社の人と行くことになったり、半ば強制的に同級生と行くことになったりすることも……修学旅行というものもありますしね。

僕は人に恵まれているので、毎回の海外旅行は楽しく過ごせています。
ただ、一緒に行く相手によっては行きたくないと思ってしまうこともあるかもしれません。

そこで、ここからは海外旅行に一緒に行きたくない人の特徴を挙げてみます。
当てはまるという人は要注意人物に指定されてしまうこともあるので注意しましょうね!

社員旅行に行きたくない!その理由と上手な海外旅行の断り方・言い訳

2019年6月7日

1.何もしないで他人任せ

旅行で嫌われる人は何もせずに他人任せだったりします。
旅行の計画もせずに飛行機からホテル、現地ツアーまですべて人任せになってしまっている人も多いですよね。

自分では何もしないのに「これって微妙じゃない?」と発言すれば……。
もうその人とは一緒に海外旅行したいと思わなくなりますよね。
せっかく予約から購入までしたのに納得してもらえない時は、僕も悲しくなってしまいます!笑

海外旅行に慣れている人は自分の予約だけで済みます。
しかし、誰かと一緒に行くとなると予約だけではなく、航空券の購入までやってあげなくてはならず、おんぶにだっこ状態なんてことも!

海外旅行をするのなら自立していることが大切です。
同行する人に「全部やって♪」というスタイルはなかなか大変なもの!

なぜ大金を払ってまで旅行会社や旅行代理店に頼る人がいるのか。
……その理由は、結局のところ面倒ってことなんですよね。
その面倒を押し付けるような人になっていると「もう一緒に行きたくない」と言われてしまうかもしれません。

2.体力がなくて疲れやすい体質

海外旅行は思っている以上に疲れるものです。
飛行機移動は長時間で疲れますし、観光やショッピングだって疲れます。
アクティビティやレジャーに参加すれば、その疲労感はもっともっと辛くなってしまうことも!

そのため、疲れやすい人は一緒に行きたくないと思われてしまうことも。
僕も疲れることは疲れますが、体力を振り絞って観光もフルスピードで楽しみ尽くしています!笑

やはり旅行中に言われて嫌なのが「疲れたぁ」という言葉
ちょっとしたことで「もう歩きたくない」「どこかで休憩しようよ」と何度も言うと、同行者に嫌われてしまうことになるかもしれません。

僕は足腰の筋肉が裏返りそうになろうが、靴擦れで足の皮が剥けようが歩きます!笑

3.カツカツの金欠でケチ

せっかくの海外旅行なのに財布が紐が瞬間接着剤並みにカチカチ
そういう人は一緒に行きたくないと思われてしまうことも。
旅行を楽しむためには、やはりお金がかかってしまうものです。

もちろん節約のために安宿に泊まるのも良いですよね!
食費を浮かせようと食事をカップラーメンにするのもあり!
僕はそういう旅、もうたまらなく好きです!

ただ、一緒にアクティビティやレジャーを楽しみたいのに「お金がないから私はやめておこうかな」と言われると、ちょっとガッカリなんてことも。
旅のスタイルは人によって違うので、みんなで格安旅行にするのは良いと思います。

海外旅行はお金を使えば楽しめるものだとは言いません。
お金をかけなくたって海外旅行は楽しいです。
ただ、あまりケチなのも良くないってことなのかもしれませんね!

4.自己中心的で自分勝手

海外旅行に誰かと行くなら妥協しなくてはならないことも多々あります。
自分が行きたい有名な観光地や人気のスポットがあっても、同行する人と意見が分かれてしまうこともあるかもしれません。

しかし、例えば相手が自己中心的で自分勝手だとどうでしょうか?
どこに行くにもその人の意見を通していたら、自分が楽しめなくなってしまうかもしれませんよね。

そういう人と一緒に行かなければならない時は気が重いもの。
やはり行きたくないなって思ってしまうことも多くなりそうですね。

お互いが満足できるスケジュールを組むことが必要となりますね!

5.冒険心・好奇心が皆無

何にも興味がない人とは海外旅行に行ってもつまらないものです。
何を見ても「こんなもんか」、何をしても「もう十分だな」という人とは、旅行をしていても楽しくありません。

もちろん何も知識を持たず、事前情報なしで旅行するのも楽しいです。
ただ、その国のことを何も知らずに渡航するのは、楽しみも半減です。
まだ見ぬ絶景や世界遺産、秘境があるかもしれません。

海外旅行は「何があるんだろう」という冒険心や好奇心が大切!

何も知らないからこそ感動があるのは事実です。
ただ、冒険心や好奇心がない人と旅行すると無難すぎることも。

僕自身がとても感受性豊かですぐ感動していまうのもあるのかもしれませんが、やっぱり感動しない人とは旅行しても微妙ですね。
無理に「感動しろ」とは言いませんが、冷めている人は一緒に旅行したくないと思われても仕方ないかもしれません。

冒険心や好奇心は、人生を楽しむ上でも重要なスパイスだと思いますし!笑

要注意人物の撃退法

一緒に旅行したくない人であっても、どうしても同行しなくてはならないこともありますよね。

そんな時にはどうやって撃退するのが一番なのでしょうか?
やり方によっては関係が壊れてしまうので、穏便に済ますのが一番です。
ただ、どうしても耐えられないという人もいるかもしれませんね。

そこで、ここでは一緒に海外旅行に行きたくない人の撃退法を紹介します。

1.指摘する

どうしても気になってしまう時には指摘しましょう。
相手もどこが悪いのかわかっていないと改善しようもありません。
無意識に旅行に行きたくない人認定されてしまっていることもあります。

そのため、一緒に行きたくない人には正直に伝えるのもありです。

ただ職場の人や学校の人だとなかなか言えないの事実。
社員旅行や卒業旅行であれば、空気を悪くしないように自分自身が配慮することも必要となります。

2.無視する

社員旅行や卒業旅行など、自分の意思に反して参加する時は無視が鉄板
そういう一緒に行きたくないと思う人のことは放っておき、せっかくの海外旅行なら思う存分楽しむというのが大切です。

旅行先ではイライラすることもあるかもしれません。
ただ、無視するようにしていれば案外気になりません。

そのため、どうしても相手に改善の意思がないなら無視しちゃいましょう!

3.別行動をする

修学旅行など行動が決まっている海外旅行の場合は難しいかもしれません。
ただ、可能であれば別行動をするというのも良いです。

社員旅行や卒業旅行とは言っても、必ずみんな一緒に行動するという決まりはありません。
ちょっとギスギスしてしまった時には、距離を置くことも大切。
そしてまた一緒に行動したくなったら笑顔で誘いましょうね!

まとめ

海外旅行の直前になって行きたくないと思ってしまうこともあるかも。
その原因の多くは、一緒に行く人に影響されています。
実際に行きたくない相手との旅行は楽しめないことも多いです。

ただ、どういう人だと行きたくなくなってしまうのかに知っておけば、ある程度は旅行の楽しみ方などについても考える時間ができるかもしれません。
ここではあくまでも旅人の声をまとめただけなのですが、僕自身も一緒に行きたくないと思ってしまう人はいます。
もちろん、すべての人がそうとは限りませんのでそこは要注意!

ここで解説した海外旅行に一緒に行きたくない人を参考にし、今一度海外へ旅立つモチベーションを考えてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です