海外旅行のインフルエンザ予防接種!発症したらキャンセル?帰国?保険は適用?

海外旅行目前なのにインフルエンザになるとキャンセル必至です!そのため、インフルエンザが流行しているなら予防接種が有効です。ただ、旅行中に発症することもあり、帰国も余儀なくされるかもしれません。そこでここでは海外旅行のインフルエンザの予防接種やキャンセル、帰国、保険適用など気になるポイントを解説します!

海外旅行前はインフルエンザの予防接種

どうも!旅行業界のインフルエンザこと、チキンジャーニーのハルです!笑

海外旅行前や海外旅行中にインフルエンザになったら大変ですよね。僕は幸運にも海外旅行前にも海外旅行中にもインフルエンザにかかったことはありません!

ただ、日本でもインフルエンザ患者数が史上最悪かつ史上最高の人数に到達したことでも話題になりました。それほど、いつでもどこでも感染や発症のリスクがあるのがインフルエンザなんですよね!

もちろん、日本だけではなく海外でもインフルエンザは季節によって流行の傾向が違います。万全を期すのなら渡航前に予防接種をしておくと良いかもしれませんね!

1.インフルエンザのピーク

日本のインフルエンザの流行は、季節性のインフルエンザだと冬から春にかけてがピークとなりますね。インフルエンザ自体は実は通年で感染するリスクもあり、近年は海外からウイルスが持ち込まれるなんてこともあるかもしれませんね!

日本は人口密度も高いので、一度インフルエンザが猛威を振るうと加速度的に蔓延してしまう可能性が高いです。だからこそ、予防接種しないと発症する確率も高くなってしまいます。

ただ、注意しておきたいのは海外のインフルエンザの流行です。海外は日本とは当然季節も違うため、季節性インフルエンザのピークも違います。できれば、渡航前に渡航予定の国のインフルエンザ事情も確認しておくと良いかもしれませんね!

北半球と南半球では季節が逆ですし、地域によって温帯や熱帯、亜熱帯、寒帯、亜寒帯、さらには赤道直下など風土の特徴は異なります。インフルエンザはそれらの環境に適応して流行するので注意してくださいね。

2.インフルエンザの種類

インフルエンザの種類はA型やらB型やらがあるのですが、実際にインフルエンザとして流行するものは毎年違っていて、何に感染するのかは予測が難しいです。

インフルエンザも毎年のように変異を遂げているため、実は完全にブロックするということは難しいとも言われています。ただ、種類を把握しなくてはワクチンの効果も発揮できないので、そこはインフルエンザの予防接種を行っている医療機関に相談してみてください。

僕の場合は流行時期でも予防接種はしませんが、予防のためのマスクの着用や手洗い、うがいなどはしっかり行っていますよ!それも立派な予防です!笑

3.予防接種の目安

ワクチンによる予防接種は、どれくらいを目安に行っておけばよいのでしょうか?

まず、インフルエンザの予防接種は発症直前だとあまり意味がありません。いつ症状が出るのかも予測できないため、目安としては早めにやっておくという意識が重要です。

具体的には2週間ほど前に予防接種しておくと良いと言われています。つまり、海外旅行に出発する2週間前には予防接種をしておくと安心ということですね!

ちなみに予防接種の効果は3ヶ月~6ヶ月ほど持つと言われていますが、その効果は人によって違ってきます。体質も体格も生活習慣もライフスタイルも違うからこそ、ワクチン接種の効果を過信しすぎないことも大切ですね。

それなら「毎年2回~4回予防接種すれば無敵だな」と思うかもしれません。ただ、予防接種は効果を上乗せすることはできないので、再度摂取する意味はあまりないかもしれません。それらを目安にまずは早めにワクチンを打っておきましょう!

4.予防接種の副作用

インフルエンザの予防接種は、副作用が出ることもあると言われています。インフルエンザを防ぐことができるなら副作用なんて小さなものですが、それでも気になる人はいるかもしれません。僕も基本的に医療機関嫌いなので、副作用とか出るともう人間不信になっちゃいます!笑

ワクチンの摂取による副作用としては、以下のものが考えられます。

  1. 発熱
  2. 悪寒
  3. 頭痛
  4. 倦怠感
  5. 意識消失・意識朦朧
  6. めまい
  7. リンパ節の腫れ
  8. 嘔吐
  9. 下痢
  10. 関節痛
  11. 筋肉痛

他に局所的な副反応として発赤や熱感、疼痛などが認められる他、人によってはアナフィラキシーショックやその他のショック、痙攣などを引き起こすこともあるようです。

ここまで聞かされると「いやいやいや、予防接種ってリスクでしかないじゃん」と思うかもしれませんが、全員が全員副作用に悩まされることはないので、そこは安心してください。むしろインフルエンザになるより遥かに楽です!体験者は語る!笑

海外旅行前にインフルエンザになったらキャンセル?

海外旅行前にインフルエンザになってしまったら、基本的にはキャンセルが望ましいです。

楽しみにしていた海外旅行をキャンセルするというのは、断腸の思いがあると思います。ただ、インフルエンザになると症状も悪化し、海外という慣れていない環境では命の危険もあるかもしれません。

また、無理に渡航することでインフルエンザウイルスを蔓延させてしまうこともあります。特に空港など不特定多数の人が集まるところでは、その感染率もかなり高くなってしまいます。自分自信がウイルスの運び屋になってしまうこともあるのです。

そのため、海外旅行前にインフルエンザになってしまったら、残念だとは思いますがキャンセルするようにしましょうね。

インフルエンザは潜伏期間が1週間前後あるため、気づかずに海外旅行目前になっていることもあるかもしれません。個人手配の場合はそのままキャンセルしても大丈夫なことが多いです。ただ、ツアーの場合はキャンセル料が必要となることもあるので注意しましょう。

「インフルエンザなのにキャンセル料が必要なのか」とクレームを入れたくなることもあるかもしれませんが、基本的には他のキャンセルポリシーと同様のことが多く、キャンセル料もかかることが多いです。

それでもさすがにインフルエンザで渡航することは難しいので、原則は泣く泣くキャンセルすることになるでしょうね。ただ、海外旅行保険に加入しておくと、それらの予測不可能な事態に対しては補償してくれることもあるかもしれません。

海外旅行中にインフルエンザになったら帰国?

海外旅行中にインフルエンザになってしまったら、基本的には帰国が必要です。

インフルエンザの治療期間は1週間前後ですが、どうしても体調が優れない時には帰国を余儀なくされることもあるかもしれません。

ただ、ここで注意しておきたいのは現地の国によっては、飛行機に乗せてくれないことがあるということです。飛行機などは密室となるため、インフルエンザウイルス感染のリスクも高まります。空港の判断で変わってきますが、実際に飛行機の搭乗を断られた人も多いです。

海外旅行の最中にインフルエンザになった時には帰国するべきですが、それは治療が完了してからとなります。つまり帰国が遠のいてしまいます。

会社や学校を休んでいる人は心苦しいかもしれませんが、しっかりと治してからではないと帰国が難しいかもしれませんね。

そうなると当然ですが現地の病院での治療が必要です。不安なお金に関しては、海外旅行保険でカバーするのが良いでしょう。海外の医療費はとても高いので、インフルエンザに感染しそうな時には必ず海外旅行保険に加入しておくようにしましょう!

海外旅行時のインフルエンザは保険適用可能?

海外旅行時のインフルエンザには、保険も適用可能です。ただ、それは海外旅行保険などに加入している場合に限ります。何も保険に入っていないのに、インフルエンザになってから「補償してくれよ!」と言っても難しいです……。

まずは海外旅行保険の中でも、保険料が安いものでも良いので加入しておきましょう。僕は保険料が高いものに加入できるほど余裕がないので、いつも最低限のものだけです!笑

それでも安心感がやっぽり違ってきますので、海外旅行保険はインフルエンザの予防接種と合わせて行っておきたいですね。

1.インフルエンザは海外旅行保険も適用

インフルエンザにかかってしまうと、気になるのが治療にかかる諸費用ですよね!

海外旅行時にインフルエンザにかかる確率は低いですが、それでも実際にかかったらお金も当然かかります。ただ、海外旅行保険に加入しておけば適用可能です。

インフルエンザで緊急搬送されたら費用もかかりますし、帰国が伸びたりすると飛行機などの費用もかかりますよね。もちろん、病院での診察や診断、治療にも費用がかかります。さらにはキャンセルなどでも費用がかかるかもしれません。

海外旅行保険は加入するものによって違ってきますが、それらの出費をカバーできるものもあります。

2.海外旅行保険の補償条件

インフルエンザとはいっても、いつ感染して発症、治療するのかどうかで補償条件も左右されます。そのため、事前に補償条件は確認しておきましょう。

まず海外旅行前にインフルエンザになった場合には、原則として海外旅行保険は適用できません。そもそも海外旅行中のハプニングではないので、補償の対象とはなりにくいです。

逆に海外旅行中にインフルエンザになった場合には、基本として海外旅行保険も適用できます。ただ、注意しておきたいのは帰国してから、どうするのかということですね。

インフルエンザの場合は、海外旅行中に感染して72時間以内に発症し、なおかつ医療機関で治療が開始された場合に保険適用となります。帰国後も一定の期間内、72時間以内が補償の対象となることを頭に入れておきましょう。

海外旅行中にインフルエンザになったら、帰国してからすぐに医療機関に相談し、保険会社にも相談してみてくださいね!

3.海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険は、加入するものによって補償内容も変わってしまうことがあります。

基本的に保険金としては、下記のもので補償されると考えておきましょう。

  1. 疾病保険金
  2. 治療保険金
  3. 死亡保険金
  4. 治療救援費用保険金
  5. 旅行変更保険金

これらの保険金に関しては、条件を満たさない限り支給されることがないので、それぞれの保険会社ごとに確認しましょう。もちろん、支払っている保険料によって補償金額も変わってくるので、そこも注意が必要となりますね。

僕は保険の知識はあまりないので、とりあえずカバー範囲の広い海外旅行保険に加入していくことが多いですね。インフルエンザはいつどこで感染するかも発症するかもわからないので、流行シーズンではなくても、海外旅行保険には入っておくことをおすすめします!

まとめ

海外旅行前や海外旅行中にインフルエンザになると、思わぬトラブルで気が動転してしまうこともあるかもしれません。でも、インフルエンザでキャンセルや帰国する場合は、予防接種や海外旅行保険の加入があれば安心ですね!

インフルエンザ自体そこまで毎年感染するということはありませんし、僕自身も海外旅行前や海外旅行中に発症したことはありません。ただ、キャンセルや帰国が必要となることもあるので、体調管理には注意しておきたいですね!

ここで紹介した海外旅行のインフルエンザの予防接種やキャンセル、帰国、保険適用について知っておき、体調も万全な状態で旅行を楽しんでください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター、ブロガー、フォトグラファー。 チキンだけど世界の絶景、世界遺産、秘境を求めて彷徨っています。 臆病者だからこその目線で、海外旅行初心者の方のために情報をまとめています。