海外旅行で日本語が通じる外国ランキング!旅人に聞いた現地の英語事情

海外旅行で日本語が通じる外国ランキング!旅人に聞いた現地の英語事情

海外旅行の初心者であれば、日本語が通じるかどうかは重要なポイントですよね!僕も現地で日本語を聞くと安心して思わずニヤニヤしちゃう!そこで、ここでは日本語が通じる外国と英語事情について紹介します!

日本語は通じる?通じない?

どうも!日本語を話せる外国人だったら簡単に心を許しちゃうチキンジャーニーのハルです!

海外旅行では、日本語が通じるかどうか気になりますよね。ここで厳しいことを言うようで気が引けますが、まず日本語が誰にでも確実に通じるという国はないと思っておきましょう!

英語とは違って、日本語は世界共通語ではありません。

最近は日本語に興味を持ってくれていて、勉強してくれている外国の方も多いですが、それでも日本語がペラペラという方はいないです。

どうしても日本語を使って海外旅行がしたいという方は、現地の日本人ガイドや日本語が話せるガイドのツアーに参加しましょう!もしくは英語ガイドでも少し安心です。

日本語が海外旅行先で通じるか、それとも通じないのか質問された場合、僕は全般的に通じる国はないと言いたいです。

日本語が通じる外国ランキング

海外旅行では、英語が話せないと不安ですよね。僕も英語は勉強しているのですが、難しい。できれば、日本語が話せる人がいる国に行きたい!笑

ただ、日本語を完璧に話せる人ばかりの国というのはほぼありません

また、僕が言う「通じる」の定義は、会話ができるだけではなく、日本語表記があったり、日本人観光客が多かったりする点も加味します!個人的な意見なので、注意してくださいね!笑

それと基本的に国の主要都市や中心部での話を前提にしておきます。

1位.ハワイ

・日本語が通じる度:★★★☆☆

ハワイは日本人観光客にとても人気のある世界的なリゾートです。日本人が多いということもあり、中心部のホノルルなどは日本語が溢れています!

多くの観光地や人気スポットはもちろん、飲食店からホテルまで日本語が通じる場合が多いです。また、現地に移住している日本人が多いですし、日本人観光客も多いのが特徴。

不安な方は「Do you speak Japanese?」と聞けば、日本語が話せるスタッフに変わってもらえます。飲食店やホテルでは特に日本人向けのサービスも多くて安心ですね!

なお、交通機関は基本的に英語なので、日本語が通じやすいと言っても英語を勉強していく方が安心です。

2位.グアム

・日本語が通じる度:★★★☆☆

グアムもハワイと同様に日本人観光客がとても多いリゾートです。日本からも近いということで、気軽に行けるアメリカとしても人気がありますね!

飲食店やホテル、レジャー施設、アクティビティまで日本語で表記されているところが多いのがグアムの特徴。また、街を歩いていると日本語が聞こえてくる安心感もあります。

スタッフや店員もカタコト日本語までは使える人も多く、旅行で行くくらいなら十分安心できるレベルです!

また、現地ツアーなども日本人ガイドや日本語ガイドがいるので、安心して遊べます。

【グアム】東京観光!強面の入国審査官現る【海外旅行記1日目】

3位.台湾

・日本語が通じる度:★★★☆☆

日本統治時代に発展した台湾は、日本人に対して感謝している人が多く、世界一の親日国とも言われているほどの国です。

日本との関係も良好で、現地の高齢者は日本語が話せる人が多いです。事情はどうであれ、当時の日本語教育により、高齢者で日本語が話せる人が多いのです!

ただ、台湾の若い人も親日家が多く、日本語を積極的に勉強している人がたくさんいます。英語が話せる人も実は多いんですよね。

台湾は日本語も英語も通じない人もいるけれど、主要な観光地では日本語で対応してもらえることも多いです!

英語ができなくても日本語を理解してもらえなくても、現地は漢字表記となっていることもあります。日本人も漢字には慣れているので、筆談でも意味自体は理解してくれる方が多いです。

それに日本からのツアーも豊富で、現地にいる日本人も多いので、何かと日本語サポートも安定していますよ。

【台湾】台北一人旅!悪臭漂う雙城街夜市の絶品グルメ【海外旅行記1日目】

4位.サイパン

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

サイパンは日本人観光客も多く、それでいて太平洋戦争時に日本が統治していた背景もあり、日本の文化に触れている方が多いです!

かつての日本の名残も多く、日本語の看板や日本家屋的な廃墟も有ります。そこは、昔の日本を彷彿とさせてくれるでしょう。日本が統治していたことに感謝している方もいます。

日本語自体が普通に通じるという可能性は少ないものの、日本人観光客向けに対応しているところも多くて安心です。

ただ、「日本語が使えるから英語は必要ない」という意見もありますが、それは間違いです。比較的日本語は多いものの、通じる人自体は少ないので注意してください。

5位.トルコ

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

トルコは世界屈指の親日国ということで、長い歴史の中で国交を深めてきた国でもあります。

エルトゥールル号遭難事件でトルコ人を救ったこと、イラン・イラク戦争で日本人が救われたことなど、お互いに助け合ってきた歴史がある国でもあります。

また、日本人観光客がとても多い国でもあり、主要な人気スポットや有名観光地では日本語が通じることも多いです。

何よりフレンドリーに日本語で話しかけてくれるので「こんにちは」「ありがとう」などの言葉が飛び交っています!トルコ人の人柄の良さもあって、観光をするには最高の国ですね。

また、主要都市には日本語表記の店もあるなど、日本語が通じるというよりは日本語に触れやすい海外旅行先でもありますね!

僕も訪れたのですが、現地の人は日本人が本当に好きという感じで、とても優しくしてくれます。そういう意味でも日本人だからこそ行きたい国だと言えるでしょうね!

一緒に写真を撮ったり、買い物を楽しんだり、親日家たちとの楽しみは尽きません!

【トルコ】関西国際空港で足止め!ホテルサンプラスユタカにて前泊【海外旅行記1日目】

6位.インドネシア

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

インドネシアは意外と知られていませんが、世界でも有数の親日国です。東南アジアの国でポカポカ陽気のため、人柄も穏やかで優しい人が多いのが特徴となっています。

特にバリ島に関しては、日本語が意外なほど通じるという旅人たちの意見も多いです。現地人の人懐っこさも相まって、海外なのに日本語を使えちゃう場合もありますよ!

バリ島は日本語を勉強している若者も急増していて、近年は特に日本人観光客が多くなっています。そのため、日本語ガイドを目指す人や日本で働くことを夢見る人がいるのも日本語が通じやすくなっている理由です!

日本語学校も増えているのですが、バリ島の人は日本人に声をかけ「ビーチで日本語を学ぶ」という人もいるほど。そのまま仲良くなっちゃうというのもリゾートらしくて面白いですね!

7位.タイ

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

タイは一人旅やバックパッカーに人気の国で、多くの日本人が滞在しています。首都であるバンコクは日本人に慣れている人も多く、日本語が使える場面も少しだけあります。

現地の飲食店やホテルはもちろん、お土産屋などでも使えることがあります。日本語ペラペラの人はほとんどいませんが、観光大国ということもあって日本語対応のレベルは高いです。

また、日系企業も多く拠点にしているし、日本食レストランや日本人が経営する宿などもあるため、比較的安心して旅行できます!

その他、カオサン通りなど一人旅やバックパッカーが多い地域では、同じ日本人の旅人を発見できるかもしれません!それが素敵な出会いになることも!

【タイ】旅人の聖地バンコクでバックパッカーデビュー!臆病者の一人旅珍道中【海外旅行記1日目】

8位.パラオ

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

パラオは世界の色々な国に支配されていた歴史を持つのですが、中でも「日本統治時代が一番良かった」という方が多いです。親日国で日本語を話せる人もいます!

会話できるほど日本語が話せるという方は少ないですが、街中には日本人向けのサービスなども多く、飲食店やホテルも日本語に対応できるスタッフがいるところもありますね。

また、「ちちばんど」や「あじだいじょうぶ」など、日本語が基になっている言葉も多くて、面白いのも特徴。

歴史的背景を見ても、文化的背景を見ても、一度訪れたい国ですね。

9位.シンガポール

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

シンガポールは、マーライオンなどの観光名所で人気の観光大国ですよね。中心市街のほとんどで英語が通じるため、旅人の間でも旅行しやすい国として知られています。日本語表記などもあり、日本人も多いです!

現地の人が日本語を使える可能性は低いですが、日本人観光客に向けて色々なサービスも展開されています。飲食店やホテルでも「日本語メニューがあります」「日本語が話せるスタッフがいます」というのを売りにしているところもありますね。

アジアの中でも近未来都市として発展を続けている魅惑の国ということで、一度は訪れてみたいですね!

ちなみに、欧米人観光客がとても多いということで、英語さえ話せればこの国は完璧に楽しめるはずです。

10位.ミクロネシア

・日本語が通じる度:★★☆☆☆

ミクロネシアは、実は5人に1人が日系ミクロネシア連邦人だと言われています。日本人の血を引いている人が人口の2割を占めているのだとか!

高齢の方は日本語が話せることも多いし、若い人でも日本語を使ってくれる人もいます。日本人旅行者を歓迎してくれる国ということもあって、実は隠れた人気海外旅行先。

少しの日本語なら知っている人も多いので、気持ち良く観光が楽しめるでしょうね!中には日本人と聞くと、優しくしてくれる現地人もいます。

日本語が完璧に通じるということはありませんが、人によっては会話できるほど話せる人もいるらしいです!また、日本語が語源の言葉も多くあり、面白いという意見もあります。

その他の国

韓国や中国は日本の隣国ということもあって、日本語を話せる人も少しだけいます!日本人観光客が世界一多い国としても知られているため、日本人向けに観光地化されている部分も大きいです。

反日感情が強い人がいる一方で、日本のことを好いてくれている人もいます。また、日本人観光客に向けて日本語表記もあるなど、意外と観光しやすい点も。

日本にも英語や中国語、韓国語の表記が多いですよね。それと同じ感じです。

まとめ

海外旅行では、日本語が通じないと不安になることもあるでしょう。ただ、僕からすると日本語が通じないからこそ、海外旅行の醍醐味を感じられるとも思います。

どうしても日本語を使いたい場合は、日本人ガイドや日本語ガイドが同行してくれるツアーに参加するのも手です!

ここで紹介した日本語が通じる外国を参考にして、次の旅行先を決めてみるのも良いかもしれませんね!

旅行コラムカテゴリの最新記事